別れさせ屋の幸せ学

幸せの扉

別れさせ屋だから私は知ってます

誰にだって幸せはあります

平等ではないかもしれないけど必ずある

結論的には、その幸せに気付けること自体が幸せであり、更なる幸せへの入口、幸せの種

しかし幸せは何一つ約束されてはいない

どれかの扉を開ければ幸せって仕組みでもない

だけど必ず何処かに幸せがあると信じて眠り、そして目覚めてる

その繰り返しは間違っていないよ、無駄でもない、、、だからお伝えしておきます

大丈夫、、、幸せはあります

必ずあります

だから焦らず待ちましょう、その時まで

ふっと感じるその時まで

手で掴めないのが幸せです

但し待つ間に、妬んじゃダメ、僻んじゃダメ、自暴自棄もダメ

今はだた、信じて眠り、信じて起きよう

あなたを包んでくれる幸せは必ずある

平等ではないかもしれないけど必ずある

自分を信じて、明日を信じて、その幸せを信じてみよう

それが幸せ探しの極意

幸せへの道

人生のゴールはまだまだ先、焦らず行きましょう

終わりよければ全て良し

そんな人生を沢山別れさせ屋は知っているのでした


梟 拝
関連記事