別れさせ屋的、人生学

人生学


互いに輝いてこそ恋愛

互いに輝かせるのが恋愛

足を引っ張ったり足枷となるのは立ち止まって考えるべき関係、それが恋愛

だけど結婚ってのはまた少し話が違う

個々が輝くのが恋愛ならば

2人で1つの事をなすのが結婚、それが夫婦

そりゃ結婚しても輝くことも大切だけど、それ以前に相互理解が重要ということです

色んな形の夫婦がある

色んな色の夫婦もある

その形や色は2人で決める、それが夫婦

再構築を目指されるご夫婦は多い

だけど形や色に拘りすぎる方ほど再構築の道は遠く険しい、なのにそれでも夫婦は夫婦

まずは互いを知ろう、認めよう

そうやってもう一度最初から始めてみよう

たかが紙切れ1枚

されど紙切れ1枚

その重みが夫婦の絆

私は別れさせ屋だから知っています

その絆の強さと人の心の弱さを知っています

1から10を目指すのが復縁や再構築の工作ならば、逆に10から1を目指すのが別れさせ屋のお仕事です

まさに表裏一体

成功も失敗も表裏一体

工作の成功はその人にとって失敗の道かもしれないし

工作の失敗はその人にとって正解の道となるかもしれない

人生は摩訶不思議

で、何が言いたいかというと、、、このブログを読んでるあなたは自由だということ

苦しさも辛さも自在に操ることができるはず自由を持っている

まだ何も終わっていない

そして多分、何も始まっていないはず

だから人生は面白い

だから辛くったって面白い

あなたの人生はあなたが決める

全ては、今この時から始まるのでした、めでたしめでたし

別れさせ屋的、人生学でした


梟 拝
関連記事