別れさせ屋はサイコパスと交戦中

サイコパスと戦う別れさせ屋
現在、別れさせ屋はサイコパス(精神病質者)と交戦中

当然、詳細は書けません(謝

で、いつも言っていますが心理戦は対象者目線で行うものです

故に今の私はサイコパス目線の思考多し

実はこれはとても大変です

正直、疲労します

裏の裏の裏まで見ても足りません

嘘と本当の組み合わせが巧み、狡猾

そんなサイコパス目線で思考していると私の体の質が低下します

そういう意味では心身ともに体力勝負の様相とも化すのです

実は負のオーラをまとった者との交戦では時々こうした状況に陥ります

サイコパスの類はほぼ例外なく皆が負のオーラを全身にまとっています(狙った人には負を魅力として逆にアピールする巧みさあり)

当然その負は狙われた人にも及びます(思考の同化、洗脳)

負のオーラってのは怖いですよ

ほんと体の質が低下します、何かと疲弊しますので免疫力が低下します、風邪をひきやすくなったりもします

私は自覚して交わっているので、途中で自らを強制的にリセットするように努めたり、それこそ任務が終わればその環境から脱出するので後に回復は可能です

しかしサイコパスに狙われた方はそう簡単には回復できません

何か大きなものを失ったり、どん底まで落ちたならば、それを区切りに目も覚めますが、サイコパスから与えられてる疑似餌的な魅力に惑わされてるうちは、自らが浸食されている負のオーラの存在やその影響は認識できません

何か違うな~、でも魅力的、疑う自分が未熟なんだろう、だってこんなに献身的、私がもっと頑張ろう、でもやっぱり、いやいやいや。。。といった半信半疑・矛盾との戦いが自らの中で続くのです

心と頭の摩擦の始まりです、頑張れば頑張るほど摩擦は大きくなり疲弊します

まあ、そもそもそのような悪意のある人間が世の中に存在するとは思いませんし、そこに意図された罠があるとは誰も疑わないのが普通です

結果的には、半分は疑い、半分は反省と懐柔の繰り返し、結果として反省と懐柔が勝るのです

半々とはいえそれは既に負に飲み込まれてる状態です(洗脳済み)

それで負の思考が浸透し続けというい組みです

なのでふっと目が覚めたとしても、その洗脳は根深く後遺症が残るので、回復が容易ではないというものです(多くの時間が必要)

何より、一度食らいついたら離さない、すっぽんのような執拗さ、欲深さ、それがサイコパス

私の経験上では、心の清らかな人、真っ直ぐな人、思い込みの激しい人、もしくは自己中な人らがその餌食となっています

、、、って感じのサイコパスと交戦中

矛盾を超越し洗脳するわけですからインチキ臭い新興宗教と同じ仕組みですよ

そんな者との戦い

一刻も早くこの負のオーラ渦巻く環境から抜け出すにはサイコパスの化けの皮を剥がすしかない、、、と交戦中

今しばらくは別れさせ屋とサイコパスの戦いは続くのでした

、、、なんだか最近は強敵ばかりが続いてる感じ、苦笑

まっそれが私のお仕事だから頑張りますよっ!

他社で駄目でも諦めないでね!

メール相談は何でも無料ですからじっくり状況などお聞かせください

みなさんこんな別れさせ屋の応援宜しく~~~チャンチャン♪

※サイコパス関連でお悩みの方はお早めにご相談くださいね、それが一番大切です


梟 拝
関連記事