12月の別れさせ屋

モノクロームな12月
この12月、幾つもの悲しい恋の相談を頂いた

街はあんなに賑やかなのに

眩しいのに

楽しいはずなのに

悲しい恋はモノクローム

時は重く無駄に流れてく

自分だけが取り残されたような錯覚に襲われてるんじゃない?

いや錯覚じゃない

恋は、現実は、とても残酷なもの

傍で見てると切なくて、、、

別れさせ屋は万能じゃないんだ、ごめんね

来年の今頃は君に素敵な笑顔が戻ってると信じたい


梟 拝
関連記事