別れさせ屋の月物語

月物語
ある男性に騙された

出会いはパチンコ店

親しくなって相談した

男が助けてくれるといった

お金を払った

でも事態変わらず詰め寄った

言い訳を浴びせられ脅された

男は居なくなった

で、助けでください、、、という相談が舞い込んだ

男は別れさせ屋で働いてたという

彼女の悩みは恋の悩み、三角関係

男は彼女に会社を通さず安く工作を行い解決させると持ちかけたらしい

・氏名
・生年月日
・旧住所
・口座番号
・LINEのID
・写真1枚

手掛かりはこんな感じ

、、、居所は探せるかもしれない

でも、取られたお金と同じくらいの費用が掛かる可能性があるな、と直感しその旨を告げた

また、そんなことを平気でやる奴はお金に困ってるから見つけたところで一括での返済を望めない可能性大、と経験を付け加えた

、、、あらら、泣いちゃった

悔しいよ~泣き寝入りしたくないよ~

安く解決する手段はないですか~と懇願される

あーもうわかったから!ちょっと時間ちょうだい!とその日の相談は終わりにした(あとの予定が埋まっていた)

数日後、彼女と再会した

数日の思案の結果として、警察に行き被害届を出すことを勧めた

彼女は躊躇した

その躊躇が奴らの狙いだからと懇々と諭した

でもダメだった

仕方ないので次に弁護士に依頼する提案に切り替えた

旧住所から現住所を割り出し返金を求めるべく内容証明を送る正攻法

私の勘では男は結婚してるし就学してる子供も居る、だから住所はちゃんと移転してると推測

あと新宿の別れさせ屋に在籍していた可能性があるので、その確認はこちらで行うと提案した

彼女は承諾した

私は弁護士に提出するべく資料の作成に協力した

、、、2週間後、スタッフと立ち食いそばを食べていると彼女から連絡があった

あれから事は思いのほかトントン拍子に運び、男から分割での返済の提案があり、それを受け入れたらしい

ちなみに新宿の別れさせ屋に在籍していた情報はまだ得れていなかったが渋谷の業者に1年以上前に在籍していたことは判明してたので告げた

全額完済されれば回収の為に使ったお金を差し引いて幾らかは貯金に戻せるだろう

本件で私が受け取った報酬は相談料の2回分の21,600円也、弁護士費用はその10倍といったところか、、、

とりあえず一件落着

良かったね~と電話を切った

と同時にスタッフの何か言いたげな視線を感じる

その視線は女性の涙に弱い私を少し責めるようでもあり笑っているようでもあった

私はその視線を避けるように首を回しながら大きく欠伸をした

視線の先に月がきれいに見えていた

おー今日は満月か、、、と独り言をいいながら残りの蕎麦を手繰るのでした


梟 拝
関連記事