別れさせ屋の別れさせ工作成功率にまつわるお話

別れさせ屋もどき嘘つき
やはり成功率の質問は多いですね

最近またいい加減な数値を公表してる業者がポツリポツリと出てきてるので今回はもう少し詳しく解説します

別れさせ屋の別れさせ工作、、、

それこそどんな内容でも請け負ったとしたら、その成功率は50%はおろか20%だって10%だって切るでしょう

逆に良い条件が満たせた工作であっても、その成功率はせいぜい78%くらいがMAXです(工作終了後2年以内、梟研究所調べ)

家庭の修復困難な崩壊が露呈しても離婚を決意しない人は存在するのです

その後、3年5年と経過して更に亀裂が深まることや離婚への支障が取り除かれ別れるケースもありますが、そこまでを工作の手柄としてカウントすることには抵抗があるので当方では算出に含めていません(含めても微増程度)

で、そもそも別れさせ屋の成功率は仕込みの量と完成度によって決まるものです

だから悩みや状況を伺った程度では絶対に成功率は計れません

これが別れさせ屋の別れさせ工作における成功率の現実です

このパターンは経験から判断して~なんて数字には全く根拠はないということです

これが嘘のない別れさせ屋の成功率です

巷には成功率を80%だの90%以上だと吹聴してる別れさせ屋がいますが本当なら凄いことです

でもその数値はデタラメな計算なのでちっとも凄くありません、断言します

簡単に成功するかのように偽ってるだけなのです

なんで偽ってまで現実とかけ離れた数値を平気で書くのでしょうか?

それは、人の悩みや欲望はお金になるから!

悩んで弱ってる人や欲望に目が眩んだ人を騙すのは簡単だから!

これが答えです

そんな別れさせ屋もどきが工作の仕込みの量や完成度にこだわるでしょうか?

安さを自慢する業者に何が出来るのでしょうか?

こだわる筈がありません

まともな工作が出来る筈がありません

それゆえに最初に書きましたように、20%はおろか10%以下の確率、、、とつながるものです

これだけ書いたんだから後で騙された~って駆け込んで来ないでね、苦笑

別れさせ屋の成功率のお話でした


梟 拝
関連記事