疑似餌で不倫

不倫ってのは、なんだかんだ言っても多くの場合は単なるセフレだからね

もしくは恋愛ごっこってこと

残念ながら純粋な恋愛という体ではありませんね

それらはあくまで疑似恋愛の域にあるものです

多くの場合は既婚者側が疑似餌(ぎじえ)を用いて恋愛ごっこを仕掛けてるって様相です

疑似餌?

そう釣りで使う偽物の餌や小魚

それを疑似恋愛でも用いているってこと

ちなみに疑似とは、、、

1. 本物によく似ていてまぎらわしいこと。
2. そっくりまねをすること。

不倫男の中に「俺は心が大切なのでセックス抜きでも大丈夫」などと言いますがこれも疑似餌の類

誠実を装ってはいますが口説き文句の1つにすぎませんね

疑似餌の代表「本当に愛してるのは君だけ」

こんなことを何度も繰り返すならばさっさと離婚すればいいだけの話、何年たっても離婚が進展しないのが疑似餌の証です

えっ!そうじゃない人もいるって?

その存在は否定はしませんが皆さんが思ってるよりはかなり低い確立での存在です

まぁ確かに不倫において疑似餌を用いない人は存在します

ですがその大半は現実逃避思考によるものなので、最初は本気モードでも計画性や突破力が貧しことから現実と直面して挫折、そうなれば疑似餌を用いるようになります

そして結果的に進展は望めず恋愛ごっこで終わる傾向にあるといってよいものです

そして、ごくごく少数派として本当に離婚に向けて準備中って方が存在します、ほんと稀に

ですが離婚に向けて準備中という疑似餌を用いてる人はかなり多く、その真偽を見極めるのはかなり困難といえるでしょう

不倫を比率的に表すならば。。。

恋愛・本当に離婚に向けて準備中、5%以下
恋愛ごっこ・現実逃避、30%前後
セフレ・疑似餌、60%以上

こんなイメージです

故に冒頭の、、、不倫ってのは、なんだかんだ言っても単なるセフレだからね

もしくは恋愛ごっこってこと、、、って話になるものです

とりあえず「幸せを最短距離で掴みたければ不倫を経由しない」ということは確実に正しいといえそうです

双方がセフレとして納得してる方には余計なお世話な記事となりますが不倫関係で悩んでいる方に向けて書きました


梟 拝
関連記事