君に書きました

楽しい想い出

愛しい想い

それが恋

悲しい別れ

受け入れたくない現実

それも恋

失ってその大きさや大切さに気付くんだよね

まさかこうなるとはね

いや、いつかこうなると分かっていたのかもしれないね

過ぎた時間は戻らない

反省したって戻らない

裏切り者!って怨んだって戻らない

どんより暗く泣き暮らしたって戻らない

まあ終わる恋には理由があるんだから仕方が無いってことなんだよ

例えば。。。

相手がクズだったとか

君がどこか至らなかったとか

単純に縁が無かったってことかもしれない

案外、お前の幸せはその人とじゃない!とか、幸せになりたければ今のままじゃ駄目だ!とご先祖様が導いてくれたのかもしれないね

相手がクズだったなら、よ~く考えたらそれはラッキーなことだよ、なにせ貧乏神が自ら去ってくれたんだからね、運が良いとしかいいようがない

もし君が至らなかったとしたら、これもラッキーなこと、だって反省出来たでしょ?そこを改善したら魅力アップじゃん!

仮にあのまま結婚してたとしても君の至らなさを理由に浮気されたり50や60になって熟年離婚でもされた日にゃ、そりゃ今の100万倍は凹むよ

そこからでもやり直しや反省は出来るだろうけど、想像するだけでも大変だよね

まあそういうことで、今で良かったんじゃないかな?

で結局は、新しい恋にしろ復活の恋にしろ、これを機会にまたイチから始めなさいってことだと思うんだよね

決して悪いようにはしないからここから頑張ってみてごらんってこと

それがこの恋の終わり

それはあくまでも1つの終わりであって、同時にそれは無限の始まりってことになるわけで、その先に必ず幸せはある

だから何も終わっちゃいないんだからね

だから元気だしなよ

そして必ず幸せになろう、なれるから!

少なくとも書いてる俺はそうだと信じてる

ちなみに工作が幸せを運ぶなんてことはないからね

本質的に工作はあくまで可能性の模索であり現状打破への一手

復縁だって別れさせだって同じこと

得れるのはあくまで環境に過ぎない

幸せとは全く次元が違う話(甘えちゃいけない)

幸せは自らが求め感じ得るもの

君が頑張らないと得れないもの、目を覚まさないと感じれないもの、それが幸せ

そこんところをお間違えないようお願いします


梟 拝

関連記事