脱サイコパス

以前書いたサイコパスの記事は反響が大きかったです

その中で、どうしたら別れられるか?という相談を幾つか頂きました

「刺激せずフェードアウト」は現実的に無理だというお悩みです

で、刺激せず・・・というのは、サイコパスを否定したり、拒否したりしないということです

否定や拒否するとタイプにもよりますが更なる自虐行動で同情を引こうとするか、コンコンと説教を始めるか、暴れる危険があります

だから刺激となる否定や拒否をしないことが大切

フェードアウト・・・というのは焦らいないということ、言い換えると長期戦の覚悟です

一刻も早く新しい人生のリスタートを切りたいことでしょうが、ここは暫く辛抱です

焦ると否定や拒否に繋がる恐れがあるのです、だから我慢

作戦としては、偽善に騙されたフリをして少しずつ距離を広げてゆく・・・です

具体的には、残念なフリして会う日を減らのです

例えば、会いたかったな~でも仕事ゴメン♪
落ち込んだ友人が相談に乗って欲しいというから今回はゴメン♪
風邪気味だから今日は帰るね♪
時には浮気しちゃだめよ~ってのも付け加えます

こんな積み重ねです

気をつけたいのは、体調が悪いとか言うと驚くほど献身的な行動を見せたりしてきます

また距離が開いたと感じられてしまうと再度猛プッシュしてきます

だけどその時そこで決して自分の決意を疑わないこと!

サイコパスと絶対に別れる!!!これです

決意を疑うとは例えば、私が間違ってるのかな?
本当はそのままのイイ人なのでは?
私はなんて酷い人間なの。。。これ

本当にこれはダメです

ここに戻ると更に長期化します

というか皆ここで失敗します、脱出失敗です

その罠こそがサイコパスがサイコパスたる所以なのでくれぐれもお気を付け下さい

で、先の積み重ね作戦が何故有効かというと、多くのサイコパスは常に獲物を狙っていますから、そうした時間とういうかチャンスがあると目移りというか浮気するんですね

自分を満たしたくてウズウズするのがサイコパスなのでその特性を利用するのです

その隙を誘発して次の人に興味を持ってくれる時間を与えるように仕向けるのです

簡単にいうと、あなたが解放されるには次なるターゲットが必要だということです

そこにサイコパスなりの価値観を見出し、その者をコントロールできると見透かすと、あなたへの興味は減少します

そして更なる関係が進めば開放のタイミングが訪れるというシナリオです

結論的にいうと、浮気されるように振舞うのです

決して別れるように振舞うのではありません

サイコパス自身がモテ期!?と勘違いするくらい調子に乗せておいて次に触手を伸ばせる時間や隙を与えるのです

目移りや浮気してくれたら成功といえるでしょう

簡単では無いですが、これが1つの手段であることは間違いありません

ご参考までに。。。


梟 拝

関連記事