不倫

結論的に既婚男性との不倫は密会3回目以内で関係を清算し終了とすることが望ましいです

既婚男性との不倫、大きく分けてパターンは3つ

①男性からの猛アプローチで始まるパターン
②女性からの猛アプローチで始めるパターン
③どちらともなく、なんとな~く始まったパターン

この3つ

結果的に男とすれば、どれも浮気

①の猛アプローチ、本気であるなら、まず離婚しなさいって話

離婚しないなら結局はただの浮気なのです

①で騙される女性も3回目くらいまでには目を覚まそう見極めようって話

②は本人がセフレでOKと割り切ってても回数を重ねると情が募ります

③は「まっいっか・・・」で始まっても②と同じように情が募ります

で、結局泣くのは女性って図式です

で、引き際の逆算と言うか、状況を把握し、尚且つ、清算時のダメージを抑えたいなら、やはり密会は3回まで

そこで退散です

その上で、できるなら2回、更に1回なら尚のこと良い、退散のタイミング

遊ばれた・・・で終わるの悔しいでしょ?

辛いでしょ?

悲しいでしょ?

でも不倫を受け入れた責任は自分に半分あるのです

ならば、遊ばれた・・・ではなく、遊んでやった・・・くらいの主導権や考え方が必要

そうなると潮時は自分が選択(捨てられる前に捨てる)

そういった意味では全3回までかな、それ以上だと情が募るものね

そりゃ不倫に陥らないのが最善

でも陥ったなら早めに清算目指してください

えっ何?男は泣かないのかって?

残念ながら不倫して男が泣くパターンは、浮気がバレて嫁や子に三行半を突き付けられた時くらいです

まず泣きません、辛くは無いです

思考が全く違うのです

まあ落胆するとしたらセフレが居なくなった、恋愛ゲームが終了したと嘆くくらいです

既婚男性にとって不倫って言葉は純愛ではなく、都合よく浮気が出来る(女性もそれで満足)と勘違いして解釈してます

女性は重ねるほどに情が募り、男は重ねるほど飽きてくる

バレなきゃ続けたい、バレないように続けたい、色んなHもしてみたい

これが既婚男性の浮気です、不倫です、女性のそれとは全く違います

好きだ~なんて囁かれても額面通り受け取っては駄目ですね

それが本当ならば離婚してくださいって話です、そこは見抜かないとね

そういったのも含め限度は3回

それ以上は痛みが相当に発生します、覚悟してください

不倫を続ける以上、責任は女性側にも半分あるのです

それが既婚男性との不倫です


梟 拝


関連記事