二股かけてた依頼者

股かけてた・・って言っても
彼氏彼女に二股掛けてたんじゃないのよ・・これが
なんと我々業者を二股かけてたの・・

すげ~太っ腹~なんて言ってる場合じゃなくて
正直びっくりしました・・というのが感想です

だって現場に出向いたら、俺やウチの工作員と同じように
対象者を出待ちしているヤツらがいたんですよ

見て直ぐにピンときましたね
あまりにも不自然だっつ~の(笑
しかも怪しい
かなり怪しい
(カッコばかり気にしてるし)

早速その場で私から工作員S君に講義が始まったのでした
だってこんな機会は滅多にないし、駄目駄目見本が目の前に
あるのだから使わない手は無いでしょう~

しかしまあ、よく動くなコイツ!
自然に立ってろよ・・

なんだ緊張してるのか・・

先ほどから缶コーヒーを2本も飲んだけどトイレ大丈夫?
バックアップ班はいないのか?

キョロキョロ・・ うん、居ない・・

おっ対象者が出てきたぞ・・ どうするんだ!?

追跡か・・ おいおい、そんなところでつまずくなよ

あっ、今日は自転車を使うぞ

えっ、自転車用意して無いの?

おいおい、走ってついていくつもり・・
(その心意気は買うよ^^)

あっ、ポケットから携帯が飛び出したぞ・・

ガシャン・・
あ~あ、バッテリーが飛び出した

おいおい、本体とバッテリー拾うのはいいけど
バッテリーの蓋が置いてきぼりだぞ~

えっ、そんな暇は無い・・ そうだね・・
(勿論ひとりごと)

頑張れ~ 対象者との距離200m 210m 220m・・

じゃあ俺らはお先に・・
ってな具合でスクーター2人乗りで・・ ブーン・・

後ろのS君が実況してくれる

「まだ、走っています」

「もう豆粒です」

「歩いてますね、あれは・・」

「あっ見えなくなりました・・ね」

う~ん、彼は何処に消え去ったのでしょう
そして会社に何と報告したのか・・

現在も続けてるので今回はこれ以上書けませんが
いつか必ず書きますね(詳細版を!)

い~や書きたい・・

だって面白いんだもん・・(間抜けすぎで)

その日は、その間抜けな工作員の監視で終りました
ウチの工作員には良い勉強会となりましたね

その後で依頼者に電話して確認したら素直に認めてくれましたよ

どうやらウチに依頼する前に頼んだ業者らしくて
進展しないので何もしてないのかと思って諦めていたとのこと・・

ウチへの依頼が1ヶ月前だから
更にその2ヶ月前の依頼らしい・・

しかし何で今更・・

普通はそう思うでしょう・・

でも結構あるんですよこれ・・

彼らはスケジュールを詰め込みまくるので行動が遅いのです
また、仕事が減ったら成功報酬を取りにくるのです

概ねこのパターンでしょう

ということは結局は契約の着手金狙いという事なのです

結果なんてどうでも良いのですよ・・ 彼らは・・
売り上げ、すなわち、お金が全てなんですよ!

まあ2,3ヶ月もほっとけば勝手に別れるかも知れんしね
そこを目ざとく利用して報告して自分の手柄のように
言って成功報酬を頂くのです

でもまあ今回は依頼者に先方に連絡してもらって
契約の終了を通告してもらいました

だって俺等の手柄を横取りされたくはないし
この先、現場で鉢合わせしてトラブりたくは無いですからね^^

嘘のような本当の話でした

しかし、まあ、この依頼者幾らお金を使うんでしょうね
あるところには、あるもんですね・・
あ~羨ましい~


梟 拝
関連記事