とある案件

主人が愛人と別れました・・と、依頼者からお礼の連絡があった

でもこれはご主人と愛人が不貞関係である証拠を押さえ、それをネタに司法の力を借りて愛人を排除したので皆さんがイメージする別れさせ工作とはちょっと違うかもしれない

こういったケースで何が工作に該当するかといえば証拠を押さえれるようなシチュエーションを作り上げること

実際、巧妙な手口を使われ、不貞の証拠を押さえれない、立証できない・・といったジレンマに悩む人は結構多い

証拠を押さえる探偵や興信所のレベルが低いのは問題外だが、ずる賢く警戒心が強い者達が相手だとこのようなことが起きるのだ

そんな時に我々が工作を仕掛け、それらが罠に嵌ることで状況が一変する

いわば完全犯罪を目論んで密会を重ねる男女を不貞行為の有責者として表舞台に引きずり出すのだ!

それをパチリと写真撮れば、ハイ!証拠の出来上がり~

しかし、このように言葉にすると少々大袈裟になるが、実際はこれまでに何度も言ってるように誰もが持つ思考を基に食いつきそうな餌を撒くだけのこと

聞けば、な~んだ!?とか、そんなので!?と人は驚く・・

でも工作が簡単だと勘違いしてはいけない!!

掛った罠が、な~んだ!?や、そんなので!?といった方法論であって、それが結果の全てでは無いのです

駄目な時は駄目なのです

今回のようなケースでは与えた環境では警戒を解くレベルに達していない場合には更なる安心感を与える必要があります

好物と思って撒いた餌が実は好物でないこともありえます
そんな時は餌を変えなくてはいけません

また、何かで波風が立ち警戒心が強まっているなら時間の経過を持って隙を探すことが必要なのです

要は相手がどんな心理でいるのか知らないといけません
餌に食いつかない時には食いつかない理由も・・

でもそれら状況や本心を知るのは簡単ではありませんから慎重にシンプルに探りながら知りながら仕掛けを考えるのです

この思い込みを排除した思考を持てないと工作なんてできません
だから簡単では無いというのです
そう断言するのです

それゆえに、成功は素直に嬉しいものです

また本件の依頼者にいたっては私にご相談いただく2年前からお悩みだったようで、これで悩みから開放されます!と喜ばれ、それが私も嬉しいです

依頼者さんへ・・
これまで苦しみの中で頑張られてきた分、これからそれ以上の幸せを掴んで下さいね
お疲れ様でした、ご連絡有難うございました


梟 拝
関連記事