夫婦円満の秘訣!

夫婦円満の秘訣!?

  夫は妻を女性として扱うべし
  妻は夫を子供のように諭すべし

これが私の考える究極の円満策というか基本です

実際、通常の浮気レベルならば多くの場合は元の鞘に戻りますが、本気で他の異性を欲してる場合は上記が欠落してるケースが大半です

なので私のところに相談に来られ、パートナーを愛人と別れさせて・・と言われたならば例外なくこの心構えからお話しております(理解して実行してもらえれば別れやすくなりますからね)

言い換えるならば・・

夫が妻に好みの女性として注文をつけなくなったならばそれは破綻への一歩なのです

妻が夫に大きな母性を持って接する事が出来なくなると、それが破綻への一歩となっているのです

そんな方向へ進んで破綻しちゃえば他に異性を求めるようになっても仕方ないじゃない・・ということ
(ちょっと強引だけど)

どう?
意味わかります?

例えば子供が生まれた場合など、互いをその子の父親母親として位置づけるのは仕方ないにしても、それは子供を軸にした場合の三角関係時のみであり、基本的には夫婦は双方が男と女であると言う認識や対応を絶対に蔑ろにしてはいけないということです

男は子供が生まれてもかまって欲しいし母性を注がれたい生き物
(私は男だから有る程度は断言できます)

女性は幾つになっても見守られながら優しく接せられる事を望む生き物
(これは自信が無いけど感覚的には間違って無いと思うのだが・・)

どうだろ・・?
そして既婚者の皆さんは大丈夫であろうか!?

ヤバイ!と思ったあなた!
遅いということは無いから気づいた時から始めよう、誰のためでもない、これはあなた自身のためなのだから・・ね
(後で泣いても知らないから)

で、何故こんな事を言うかというと工作をする時にはこれらの思考を逆手に取るから・・

これが夫婦関係を破綻に導く際の重要なポイントの一つであり理に適った策での思考の一端となりうるのです

どうです、わかりますか?

 ・・・・・おぉ!

はい、そういうことです^^

工作はパワーゲームではなく心理戦だという意味がお分かりになりましたね!?
(それ故に決して簡単では無いと言うのです・・よ)

夫婦円満の秘訣のその裏は・・工作投入の隙や策となるのでした!

チャンチャン♪


梟 拝
関連記事