別れさせ屋、夏の日の回顧録

背中合わせで不幸せな男女の画像

激しい雨の降った夏の日でした

妻が浮気してるので別れさせて欲しい、、、と相談を受けたのです

疑われる相手は?

疑われる曜日は?

休日の行動先は?

帰宅する時間は?

外出や遅くなる理由は?

   ・
   ・
   ・

情報を得るために質問を繰り返すが、どれも想像の話、抽象的な答え

甘えるように電話してるのを見た聞いた、、、明確な回答はこれだけ

ハッキリ言えば奥さんのことを何も知らないのです

良く言えば、安心?信用?

悪く言えば、油断?興味なし?

極めつけは、奥さんの写真をください...と伝えると15年前の写真を渡されました(その間に写真を撮った記憶なし!?)

あまり変わっていない...と自信満々(んなわけないじゃん)

これでは浮気どころか離婚されても仕方ない、そんな関係性が浮き彫りです

正直な話、奥さんに同情すらしましたよ、はい

そんな夫婦の問題なので、受けていいのか、断るべきか、少し悩みましたがとりあえず相手の特定まで行うことになりました

で、現場に入り写真と現在の比較

、、、、、そ、そりゃよ~く見比べれば同じ人物ではありますが、15年の月日の流れの前では別人ですよ

体形は大きく違うし、もちろん髪形も違う

親子?姪と叔母?そんなレベルでの符合です

変わってない...と伝えた時の旦那の顔を思い出し、イラっと怒りも覚えつつ調査は進みます

で、結果、、、3週間で判明した浮気相手は4人、全員妻帯者

少なくとも週2回

多い時は週4回

4人の男らとのホテル通いを確認

この勢いだと調査を続ければもっと増える可能性あり

セックス依存症の可能性あり

報告書の画像に目を通しながら、絶句した旦那さんの顔が固まるのが見て取れました

流石にこの時ばかりは旦那さんに同情しましたね

今後を考えたいので少し時間をください...と告げられ、そのまま夏は終わりました

秋が来て

冬が来て

春が来て

また夏が来て

今頃、あの夫婦はどうしてるんだろ。。。

離婚?

治療しつつ修復中?

まさかの放置!?

だけど別れさせ屋は知っています

男と女のドラマは摩訶不思議なものだと

なのでどんなドラマがあったとしても驚きはしません

繋がる縁には理由あり、切れる縁にも理由あり

結局は、ふたり次第。。。

別れさせ屋の夏の日の回顧録でした

チャンチャン♪


梟 拝
関連記事