痴情の縺れは自爆です、と別れさせ屋

冷静に考える

終わらせる関係なら、最後は感情でもなんでも全部ぶつければいい

だけど終わらせたくない関係なら、全部ぶつけちゃダメ、絶対にダメ!

特に相手の浮気をガン詰め(責める・攻める)するのは絶対にダメ

男も女もどちらもダメ

不倫もダメ

夫婦もダメ

そりゃ浮気されたら怒るよね、腹も立つ、ショック、許せない、、、

だけど、あえてそこでは冷静に考えて欲しい

この浮気の着地地点はどこ?

最後は許すのか、許さないのか

感情を全部ぶつけるとそこで浮気が浮気でなくなる可能性あるんです

結論的に痴情の縺れにしてしまっては自爆に等しい終わり方になるのです

相手から離れることへの危惧です、伝えたいのはそのパターン

危惧されるパターンで多いのは、浮気したけどそれには理由があるの!ってな感じで相手の自己肯定思考(居直り)が発動しちゃうこと

夫婦ならまだしも、恋人や不倫だと致命的といえるでしょう

修羅場を山ほど見てきた別れさせ屋が言うんだから本当の本当、実話です

だから終わらせたくないなら賢く動こう、これはとても大事なのでした

沢山の相談を頂いてる中で、本当は終わらせたくないのに終わってしまったパターンの1位は断トツこれです

何で浮気されて怒っちゃいけないの!って声もありますが、感情に任せて怒って暴れたいなら終わりも覚悟してね...ってことを先にお伝えしたいのです、はい

怒って感情ぶつけたら自分が切り捨てられた、それで許せないから別れさせ屋に助けて~ってパターンが実に多いのです

慌てて藁をもつかむ思いでの相談・依頼

だけどハッキリ言ってそんな状況での成績は芳しくないです(お金で何とかなる!?と甘く考えないでください)

だからこそ関係を終わらせたくないなら一旦停止のススメです

された浮気を浮気で終わらせるように冷静に動くこと大切ですよ~、と伝えてるのでした

意味わかりますか?

浮気の是非を語ってるものではありませんよ

あなたが望む未来についての話です、そこからの逆算ですよ

可能性を掴もうとする人

可能性を自ら手放す人

その差を後になって気づいても遅いので、老婆心ながら転ばぬ先の杖...なのでした

少しでも参考になれば幸いです


梟 拝
関連記事