別れさせ屋が説くサイコパス最強説

サイコパス最強説

人は誰でも表に出さない顔を大なり小なり持ってたりするもの

もちろん私も、そしてアナタも、、、、でしょ!?

例えば、私は別れさせ屋、隣の人は知りません、知る由もありません

あなたはその別れさせ屋のブログを人目を忍んで読んでいる、でしょ

だけどサイコパスのそれは大きく違う全く違う

別人格とでもいうべき二面性、さらにはそれ以上の驚きの顔や言動あり

私が別れさせ屋を生業として巡りあった最強はサイコパスという存在

一言で言えば、大嘘つき

紐解けば、病質的思考者

更に紐解けば、何かしらの回路を持たない欠陥者

何かしらの回路?

いうなればそれは、人を愛する心、や、人の痛みを感じる心、そのような回路が無いのです

有るのは、、、自分を満たす欲望の回路のみ

そういうバランスの悪さを抱えた者

悪いことを悪いと認識できない者

でもそれがバレたら叱られたり咎められるというのは知ってる

そうした上で自己欲求にだけとても素直に思考する

そしてゲームのように遂行する

どう演じれば良く映るか、どうすればバレないか、どうすれば欲求を満たせるか、そういう思考者

このように逆説で考え動き、他人の心を逆から操作する

どうすれば喜ぶかというツボをピンポイントについてくる、平気な嘘でね

だから受止める側はコロッと騙されちゃう

それがサイコパスの怖さ

別れさせ屋で活動してるとそんなサイコパスによく出会う(類似含め)

なのでその被害者の怒りや悲しみはよく分かる

だけど180度立つ位置を変えて見たら、そんなサイコパスに同情を覚えることがあるのも事実

もちろん悪いことは悪い、人の心を平気で踏みにじる行為は許せるものではない

だけど述べる同情とは、あくまでそうした感覚や感情を持たずして生まれたこと、そういう運命のこと

気づいていない病気

補いようのない欠陥

それを当たり前だと思って生きている人間

もしも自分がそうであったかもと考えると怖く悲しい

そういうところでの同情

そのくらい改善や反省が全く望めない欠陥なんだ

それがサイコパス

故に最強

なので相手がサイコパスと判明したなら、速やかな退却が一番望ましいです

もしも戦いを挑む時は相当な覚悟をご用意ください

遠く広く冷静な視野を備えて挑まないと勝ちは望めません

ちなみに、、、それで勝っても手に入るのはサイコパス、苦笑

取り扱いには十分な注意が必要となるでしょう

ヨロシクです


梟 拝
関連記事