愚痴は愚痴、別れさせ屋は知っている

男の愚痴は現実逃避

愚痴は愚痴

本気じゃない不満

それが愚痴

でも、、、

奥さんの愚痴、アレコレ

彼女の愚痴、アレコレ

そんなの並べられると、可哀想だな私ならちゃんとしてあげるのに、って母性本能発動するよね

そして、、、

○○○ちゃんと結婚すれば良かった~

君が一番だ~

なんて言われたら本気にしちゃうよね

でも残念、、、真剣に奥さんと離婚したい訳でも、彼女と別れたい訳ではありません

あくまでもちょっとした愚痴

都合良く甘えたいだけの愚痴

それで恋愛ごっこが楽しめて、刺激的なHが出来たら、それで満足

それが男の愚痴のゴール、現実逃避

これが愚痴の正体です


本気で離婚しようとすれば離婚は出来るし、別れようと思えば何時でも別れられる

離婚しないのも別れないのも、結局は本気じゃないから!そういうお話、それが答え

えっ何何?奥さんに愛情はないけど子供が可哀想だから離婚できないだけだって!?

ふ~ん、彼は優しいんだね!、、、、、、ってなる訳ないでしょ!!!!!

本当に子煩悩で優しい彼なら、あなたと遊んだりお泊りしないでサッサと家に帰って子供との時間を過ごすでしょ!?

でしょ!?

だよね!?

少しは目が覚めた?

あなたは彼と付き合ってるつもりかもしれないけど、本当はあなたは彼の現実逃避に付き合ってるだけなの

だから公にも出来ないし、また前進もしない、そんな関係

これが現実、そして事実

不倫や二股の大半はこのパターンなのでした

愚痴は愚痴、本気じゃないよ、要注意!

、、、、と、そういうお話をしたら叱られたことありましたね

彼のことをよく知らないクセに何故そこまで言えるのか!と言うことらしい

確かにダラしないところはあるけど優しいところもあるイイ人なの!とも付け加えられましたよ

別れさせ屋ごときに愛する人の悪口を言われたと感じたのか余程悔しかったのだと思う、苦笑(ある意味正しくある意味間違い)

私:じゃあ何の用で私との面談を望まれたのですか?

彼女:えっ・・・・・・・・・・・

私:そういう意味ではあなたも現実逃避してるよね?

彼女:・・・・・・・・・・・私も?

私:あなたが悩んで私に相談したことが彼の本質ではないのかな?

彼女:・・・・・・・・・・・はい

私:イイ人を装うことは誰だって出来るんだよ、それが本物だったらあなたは今ここで悩んではいないはず、違うかな?

彼女:・・・・・・・・・・・はい

私:お金使ってまで何とかしたいなら現実逃避はしちゃダメ、現実逃避に逃げるなら依頼はしないこと、それが賢明

彼女:・・・・・・・・・・・私はどうしたらいい?

私:それは自分で決めなきゃね

ってな面談があったのでした

ちなみに、その彼女はそのまま彼を信じて1年待って状況変わらず、で彼の元を去りました

その報告を頂いた時に、おっしゃるように愚痴は愚痴でした、と微笑む彼女の表情が清々しかったのを覚えています


梟 拝
関連記事