別れさせ屋の実話のカテゴリ記事一覧

別れさせたい離婚させたいなどの各種工作活動は全国対応。相談や依頼は秘密厳守のお約束、豊富な経験が自慢の安心してご利用いただける別れさせ工作専門店の実話ブログ。不倫と離婚と略奪愛に関する成功率や業界裏話など書いてます。(旧称:別れさせ屋の裏話!)

カテゴリ:別れさせ屋の実話

  • 2015/09/19別れさせ屋の実話

    別れさせ工作は犯罪であってはならない存在としては限りなくグレー、だけどクロじゃないクロだとその存在すら危うい危うい存在では満足な活動なんてのは出来やしない真剣に悩む人の力にもなれない、淡い可能性すら消えるだって検挙される可能性があればまともな工作員なんて集まりゃしないんだ工作員あっての工作、これを絶対に忘れてはいけないだから犯罪行為やそのほう助を行ってはならない、絶対にダメ言い換えるなら、クロを前...

    記事を読む

  • 2015/08/03別れさせ屋の実話

    良い別れさせ屋の条件?そんなものは無い別れさせ屋は別れさせ屋良い悪いの物差しで計るれるものじゃない底辺の底辺、深~い深~い海の底、そこでうごめく者光も届かない深い闇の中、そこが別れさせ屋の棲みか↑これが基準だけど犯罪は行わないギリギリのところの心理戦誤解を招かない事前の説明は大切事後の報告も大切↑これがルール。。。。な筈なのに最近の世間の感覚は少しズレてると思う新手のサービス代行業くらいのつもりで安...

    記事を読む

  • 2015/06/20別れさせ屋の実話

    別れさせ屋ってのはゼロから100を作れる者ではないです別れうる可能性を1でも2でも見出し(理想は10でも30でも多い方が良いに決まってる)、それを50.60.70と増幅させ(積み重ね)100を目指すのが工作です言い換えるとカップルの双方が何かの価値観に基づき絶対に別れないと考えてる状態があるとしたこれはゼロそこに工作の効果は得られません、何をしても無駄(糠に釘と同じようなもの)諦めるか、時期をズラすべきでしょう、これ...

    記事を読む

  • 2014/07/07別れさせ屋の実話

    こう言っては何ですが・・・結果的に別れるカップルや夫婦は、別れるべく隙や闇があり、そこを効果的に利用し刺激できたら別れます逆に別れないカップルや夫婦は、どうやっても別れません、例え隙や闇があっても別れません矛盾するようですが両方とも鉄板の法則ですじゃあその差は何かと聞かれたら、タイミングと環境(仕込み)・・・と別れさせ屋の私は答えるでしょうタイミング?はい、別れさせ工作を仕掛けるタイミングです環境...

    記事を読む

  • 2014/06/27別れさせ屋の実話

    梟印の別れさせ屋が行う別れさせ工作は心理戦心理戦だからこそ依頼者の方が心理的に対象者らを上回ること大切活動中は何かと不安だろうけどここは努めて頑張るべし、演技は不要、何食わぬ顔して普通にしてて頂ければOKです活動中に依頼者が心理的に負けてしまうと工作に支障がでたり、時に効果減どころか自ら大きな墓穴を掘ることとなると覚えておこうちなみに墓穴を掘る方の特徴は、自信過剰故の不安思考、だから目先に振り回さ...

    記事を読む

  • 2014/06/05別れさせ屋の実話

    相談者に意外に厳しいと言われてる私、梟そりゃ厳しくなるよねって話勇気出して相談したのだから優しくしてよって思いはもちろん理解はできるでもその勇気は、幸せになりたいって強く願われたからこそ絞り出せたものならば一緒に真剣にその方の幸せについて考えますよってのが私の存在意義紹介であれブログであれ私達のことを知ってくださって頼ってくださるからこその対応、悩んで苦しんで勇気絞り出して真剣な想いをぶつけてくだ...

    記事を読む

  • 2014/04/08別れさせ屋の実話

    目の前の現実を受け入れること、これ大切結論的には受け入れないと前進はありません、望めませんだから辛くとも謙虚に冷静にその現実を受け入れないとねこの前も言ったけど、過去は戻らないものなの戻らないからこそ、そこから何かを学ぶの、学ばなきゃいけないの学ぶから前進できるんだって話新しい恋愛を探すのも、復縁を目指すのも、全てここから始まるのだからその為には、目の前の現実を受け入れないといけない・・・そういう...

    記事を読む

犯罪はダメ

別れさせ工作は犯罪であってはならない

存在としては限りなくグレー、だけどクロじゃない

クロだとその存在すら危うい

危うい存在では満足な活動なんてのは出来やしない

真剣に悩む人の力にもなれない、淡い可能性すら消える

だって検挙される可能性があればまともな工作員なんて集まりゃしないんだ

工作員あっての工作、これを絶対に忘れてはいけない

だから犯罪行為やそのほう助を行ってはならない、絶対にダメ

言い換えるなら、クロを前提に活動してる奴らがまともな工作をはじめからやる気がないことが分かるはず

法の目を盗んでお役にたちます!なんて話はありえ無いのだ

例えるならば、ブランド品を安く売ります!って本物と偽りコピー商品売ってる図式と同じ

そんなところに本物のブランド品なんて置いてはないのだ

なのに依頼者サイドが何を勘違いされているのか平気で犯罪行為やそのほう助を求めて来られることがある

先の例え話でいうなら、本物を扱う店に来て、コピー商品くださいと言うようなもの

似てればそれでイイ! パッと見は同じだろ! どこが何が違うんだ? あの店と同じようにできるだろ?と言ってることに気付かない

じゃあ、そういったお店に行ってください。。。そうとしか言えない(アナタの求めるものはこの店には無いのだから)

何とかしたい気持ちは分からなくもないけど、愛しさ余って憎さ百倍って心境で切羽詰まって犯罪思考で突っ走る走ってはいけない、犯罪に頼ろうとしてはいけない、ちょっと冷静になろう

嫌がらせもストーカーも立派な犯罪、更にそれ以上は論外

角度を変えていうなら、私たちからすると誰が数十万や数百万でそんな犯罪の片棒を担ぐかよって話

自分が依頼者だってバレなきゃイイんで! プロだからバレないでしょ? って。。。おいおい、まだ言うか!?

そういうことです、勘違いしないでね&目を覚まそう!

業者も二極化、依頼者も二極化

ボタンの掛け間違えにならないようにご注意ください


梟 拝


追伸。。。
悩める依頼者さん、犯罪(思考)はダメです
大切な人を失った悲しみは理解できますが、その人はあなたの全てじゃないです
犯罪に走るとあなたの本当に大切なもの全てを失います
この事実を見誤らないでください
宜しくお願いします
タグ

勘違いしないでね

良い別れさせ屋の条件?

そんなものは無い

別れさせ屋は別れさせ屋

良い悪いの物差しで計るれるものじゃない

底辺の底辺、深~い深~い海の底、そこでうごめく者

光も届かない深い闇の中、そこが別れさせ屋の棲みか

↑これが基準

だけど犯罪は行わない

ギリギリのところの心理戦

誤解を招かない事前の説明は大切

事後の報告も大切

↑これがルール

。。。。な筈なのに最近の世間の感覚は少しズレてると思う

新手のサービス代行業くらいのつもりで安易に相談される方が意外に多いのだ

その背景には勘違いさせてる業者が居ることは否めない

そんな業者自身すら勘違いしてると思われる

だからルールすら知らない

知らないから守る気持ちすらない

安心だの実績だのと平気で嘘をつく

勝手に勘違いして依頼した相談者が馬鹿だと笑ってる

そんなのが居るのが別れさせ屋

よってわたし的にはそんな輩たちがネット上で立派なサービスのごとく振舞ってることにとても違和感を覚えてる

例えるなら見たこともないような深海生物が街の魚屋さんの店頭に並んでるような感じ

目も退化して嗅覚だけで生きてるような漂ってるような生き物がマグロやヒラメと並んでる

食べるとクソ不味いかもしれない、ひょっとして毒があるかもしれないもの

なのに店主は珍しいから新鮮だからと並べてる、イラッシャイイラッシャイと手を叩く

そんな感じ、そんな違和感(相変わらずの例え下手、失礼)

まっ勘違いしないでくださいってこと

それが大切って話です

別れさせ屋は別れさせ屋

生息域は超深海層

いくら魚屋に並んでても安易に手を伸ばすのは危険だってことです、はい

では深海に戻りま~す、そこが職場なんでね

じゃまた


梟 拝

タグ

別れさせ工作を語る

別れさせ屋ってのはゼロから100を作れる者ではないです

別れうる可能性を1でも2でも見出し(理想は10でも30でも多い方が良いに決まってる)、それを50.60.70と増幅させ(積み重ね)100を目指すのが工作です

言い換えるとカップルの双方が何かの価値観に基づき絶対に別れないと考えてる状態があるとしたこれはゼロ

そこに工作の効果は得られません、何をしても無駄(糠に釘と同じようなもの)

諦めるか、時期をズラすべきでしょう、これがプロの見解です

そういった見極めも大切なのです

ただこれを外から見極め見定めるのは簡単ではない

依頼者が対象者らと接点があるならば、その内からの情報も大切でじっくりと伺うのです

また依頼者の言動でそれら情報を引き出せたり関係性の変化も望める可能性もあるので助言など行うことも珍しくは無いです

そして色んな情報を得て重ねて考察するのです

・・・・これが工作

しかし、そんなところはどうでもいいから別れさせてくれりゃいいって人もいる

考えは分かるが、そんな簡単なものじゃないのです

なんでそんなに簡単に考えれるのだろう

簡単だと謳うヤツがいるから?

だとしたら、もうこれだけ長年ブログで書いてるんだから目を覚まそう

それともお金で何でも買えると勘違いしてるからだろうか?

もしもお金で人の心が買えると考えるなら、依頼費用を全部プレゼントに回したらいい(キャッシュでも物品でも)、それがその金額の最高価値であり効果となるでしょうよ

そんなことです

工作は心理戦

可能性あってこその心理戦

お忘れなく&勘違いされませんように


梟 拝


※このブログの主である梟と梟組なる業者とは1mmたりと関係ありません、お間違いなきようお願します


タグ

別れさせ屋の鉄板法則

こう言っては何ですが・・・
結果的に別れるカップルや夫婦は、別れるべく隙や闇があり、そこを効果的に利用し刺激できたら別れます

逆に別れないカップルや夫婦は、どうやっても別れません、例え隙や闇があっても別れません

矛盾するようですが両方とも鉄板の法則です

じゃあその差は何かと聞かれたら、タイミングと環境(仕込み)・・・と別れさせ屋の私は答えるでしょう

タイミング?

はい、別れさせ工作を仕掛けるタイミングです

環境?

はい、別れられる環境の有無および仕込みです

この2点、別れさせ屋にとってとても大切な見極めポイントとなります

恋愛期で例えるならば、一直線にのぼりつめてる最中は余程のことが無い限り別れません

燃え上がり続ける恋の前には多少の障害物など燃え上がる燃料にすらなりうるものです(これはご存知ですよね)

ですがそのまま進み結婚が決まって、ふとマリッジブルーに陥ったりする人はいます

そういった時はタイミング的にチャンスのひとつとなります

ですが皆誰もが陥るものではないのでそこを狙って仕掛けるのは大きな賭けとなりますね(式までの時間少ないと尚更)

また結婚に至らずとも燃え上がる上昇期間は通り抜け少し落ち着く平行飛行、もしくは俗に言う倦怠期を迎えたような状態のカップルならば、どちらかに隙や闇が発生する可能性はあっても不思議ではないでしょう

狙えるならばやはりそういった環境や関係性であるタイミングが望ましいです

次に夫婦で例えるならば、ある一面では妻が離婚して生活の基盤が築ける環境であるかはとても重要

仕事はしているのか
子供の有無
子供の入学のタイミング
離婚して自分の実家の援助や協力は得れるのか
周りの友人で同じようにリスタートをきった者が居るのか
夫からの慰謝料など貰えるのか・・・など沢山あります

そこに、その人の性格は?辛抱強い?潔癖症?夫への不満は?なども加味されます
究極的には、それら全てを払しょくできる環境であったり工作員を作り上げれるのか!?などもポイントとなります

別れさせ屋ってのはそういった広く深い視野が必要不可欠なのです

これら見極めであり仕込みが大切な要素だということです、本物の別れさせ屋はそう考えます

でもインチキ業者や素人探偵は、出来ます、やります、自信あります、今やりましょう、直ぐやりましょう・・・で契約させて、それらタイミングすら計れずに(計る気すら無く)、何もやらずに・・・やりました、駄目でした、もう少しで成功です、追加しましょう、お金なければ終了です・・・って、これでは詐欺だと言われても仕方ないのだけどこんな所ばっかりなのが別れさせ屋という業界です

・・・・お気を付けください

別れさせ屋選びは慎重に!!!


梟 拝
タグ

別れさせ工作は心理戦

梟印の別れさせ屋が行う別れさせ工作は心理戦

心理戦だからこそ依頼者の方が心理的に対象者らを上回ること大切

活動中は何かと不安だろうけどここは努めて頑張るべし、演技は不要、何食わぬ顔して普通にしてて頂ければOKです

活動中に依頼者が心理的に負けてしまうと工作に支障がでたり、時に効果減どころか自ら大きな墓穴を掘ることとなると覚えておこう

ちなみに墓穴を掘る方の特徴は、自信過剰故の不安思考、だから目先に振り回される傾向が強く、自己制御が困難になる(あなたは大丈夫?)

すなわち自信過剰というか自意識過剰でプライドが高いので、万が一そうなったら嫌だ駄目だと思考が先回りし、状況や対象者らの言動に一喜一憂し振り回される訳です

理想とそぐわない言動があれば、そりゃ速攻で頭の中はパニックです

私との約束やお願いはブッとんでしまいます

そして暴走・・・あ~あやっちゃったってな具合です

例るとすれば、別れさせ工作を仕掛ける為に、対象者を色々探ってると依頼者以外の異性との関係が浮かび上がることがある

その場合、その浮かび上がった異性との関係と工作員を仕込むのと合わせて二段構えで心理戦を始めれることとなり、かなり有利な状況が出来上がる

が、しかし、驚き傷ついた依頼者はその状況がとにかく許せないので急発車する

予想だにしない自分以外の異性と関係があったことが許せないのだ

それで対象者への態度を急変させたり、露骨にその事実を問いただす

酷い場合は、その異性とのデート現場に乗り込むなんてことも・・・あ~あやっちゃった(騙された振りはお願いしてたよね!?)

そうなってしまう心理状況や気持ちは分からなくもないが、そんなことされたら折角のネタが使えなくなってしまうし新たな仕込みも困難に!?

我々別れさせ屋が仕込みはいわば養殖、極上の天然のネタがどれだけ美味しいかって話

養殖だと何かと制約も生じるのだが天然だと制約が少なく攻撃のバリエーションが広がり有効的活用が望めるのだ

なのにそれをバラしちゃうなんて、なんともったいない(涙

バラした状況でそのネタを使えば依頼者の関与だって疑われるよね?

そんな問い詰めたら新しい浮気なんて安易にできないよね?

何よりそんな嫌な役を演じてたら、相手も愛想尽かすでしょうに!?

あなた何がしたいの、どうなりたいの????

対象者をとっちめるのは別れさせた後でいいじゃん、何で今なの??と私

これだけ侮辱されてまだ我慢しろというのですか!!と依頼者

じゃあ別れるしかないじゃん、相手はそういう人なんだから、そこはどうにもなりませんよ・・・と私

うぅ、でも嫌です、別れません、続きの別れさせ工作お願いします・・・と依頼者

でもこんなことしてたら仕込みようもないんですけど・・・と私

もう2度としませんからお願いです・・・と依頼者

(私)・・・・・あの、このやりとり2回目なんですけど覚えてます?

ってな感じ、暴走される方との会話は概ね皆同じです

なのでお願いしておきます、工作を無事終わらせたければ視野を広く持ってください、暴走はしないでください

別れさせ屋からのお願いです

別れさせ工作は心理戦

仕掛ける側が心理で負けてちゃ話にならないのです

宜しくお願いします


梟 拝


追伸・・・自分を見失いがちならば、こちらの記事を参考にしてみてください
⇒ 別れさせ屋の裏話、心は自在、自分の心は自分で操作

タグ

相談は真剣勝負

相談者に意外に厳しいと言われてる私、梟

そりゃ厳しくなるよねって話

勇気出して相談したのだから優しくしてよって思いはもちろん理解はできる

でもその勇気は、幸せになりたいって強く願われたからこそ絞り出せたもの

ならば一緒に真剣にその方の幸せについて考えますよってのが私の存在意義

紹介であれブログであれ私達のことを知ってくださって頼ってくださるからこその対応、悩んで苦しんで勇気絞り出して真剣な想いをぶつけてくださってる方にいい加減な会話や対応できますか?

逆に聞きたい、いい加減にあなたの幸せ語って良いのですか?

真剣に考えるからこそ厳しい意見が時折混ざるのです

だって幸せになりたいんですよね?

ならば工作云々の前に幸せを軸に考える方向性確認は必要不可欠

厳しい話をさせて頂くのは偏った思考や冷静でないと思われる方に多い傾向

依頼を検討する上でニュートラルなって頂く為に厳しい話は避けては通れないって仕組み、どうだろう?

中には、相談したら説教された・・・なんてこという人もいるみたいですが、そんな人は幸せを目指してるのではなく単に相手を物として物欲的に欲してるだけなので、当然私も物として扱われて、折角の相談もそんな発言で切って捨てられることとなるのです

例えるなら私なんか自動販売機扱いでしょうね(苦笑

相談者≫暑い、喉が渇いた、何か飲もう
自動販売機に小銭入れて闇雲にボタンを押す

すると自動販売機の私≫そのボタン熱い甘酒ですよ~間違ってないですか?大丈夫ですか?と問う

すると相談者≫間違って押したとわかるんなら冷たいポカりを黙って出せよ!

自動販売機の私≫こういう場合、よく見て押さないと・・・

相談者≫そもそも夏なのだから全部冷たいものじゃないのかよ!熱い甘酒とか入れるなよ!自販機のクセに偉そうに説教してんじゃねぇ~よ・・・っな勢いです

自分自身の感情や思考が絶対で間違いないんだと思い込んでますから、このように対人的な思考が行えず対物化した言動となるのです

このように物欲的に倒錯した愛情を注がれた方の不幸は目に見えてます(そりゃ逃げるわって話)

仮に別れさせて復縁できたって、そこにあるのは物欲的な愛情であり自我だけで結局はまた別れる(フラれる・捨てられる)

フラれた当事者は自分の責にきづかない、いや気づいているからこそそれを帳消しにするかのごとく、更に理屈を並べ立てて相手の責を責める責める

これは愛情では無く、単なる攻撃

相手を思う愛情などほとんど消え失せ自己愛が完全に勝ってる状態

泥沼です、誰も幸せにならない泥沼

犯罪に発展するのはこのパターン、よってそんなお手伝いできません

なので私とコミュニケーションとれない人は結果的にお断りしてる次第です(メールや面談で判断)

故にその辺からの派生で厳しいっていう感想をお持ちの方も存在するようです

頂くご相談は全て真剣なご相談と認識し、精一杯真剣に対応させて頂く、このお約束はこの先も変わりません

今後ともこのスタンスで宜しくです


梟 拝


追伸・・・・・

真実や厳しさを必要としない方は、立派なホームページで大手っぽいなってなところに相談されると良いでしょう

そんなところならアナタを必ずや優しく迎えてくれることを私が保証します(但し依頼者としてお金の続く範囲まで)

ちなみに、この業界に1社たりとも大手などは存在しません、全て零細企業です(笑

それらは大手を装い集客すべく宣伝費など多額の先行投資を行ってますから回収できないと倒産するのです、既にノルマが発生してるのです、だから何でも請けるのです、出来ないことでも出来るかのような嘘をつくのです、全てはお金の為です(本当のお話です)

優し言葉には理由がある・・・のでした

タグ

現実から逃げるべからず

目の前の現実を受け入れること、これ大切

結論的には受け入れないと前進はありません、望めません

だから辛くとも謙虚に冷静にその現実を受け入れないとね

この前も言ったけど、過去は戻らないものなの

戻らないからこそ、そこから何かを学ぶの、学ばなきゃいけないの

学ぶから前進できるんだって話

新しい恋愛を探すのも、復縁を目指すのも、全てここから始まるの

だからその為には、目の前の現実を受け入れないといけない・・・そういうこと

まあ理屈では簡単な仕組みなのだが悲しみや苦しみの中では言うほど簡単な作業ではない

だけど絶対に絶対に大切なことだから今こうして言ってる次第

絶望の今にあってもいつかまた幸せになりたければ、それを目指すならばその通過点は絶対に必要!

ほんとだって!

でもって工作はそこから初めて考えていいもの、現実逃避先で立ち寄る場所ではない!

でないと余計でも現実を受け入れられず泥沼必至

現実逃避に拍車が掛かると幸せなんて絶対に巡っては来ない

仮に工作で相手が別れたって、そんな現実逃避してる人間と復縁を望むなんてありえない

更に工作が失敗に終わったならば200%決定的、不幸街道まっしぐら

自己正当・責任転嫁・嫉妬の嵐、まさに負の連鎖

だから言ってる、別れさせの工作なんてのは現実を受け入れて冷静になって、そこから初めて考えてもいい手段だといってる次第

他所は知らない、だけど梟のところはそういうところ

・・・そういうことです

相談内容が復讐である場合に依頼を断るのは、こういった考えに基づいて別れさせを行っているからなのでご理解ください

幸せへの一歩となるべくお手伝いだと考えるから出来るんだっつうの

人の不幸を金に換えて笑って出来る仕事じゃないんだって

対象者らは別れるべく不実や失望の種があるから別れるの、そうでない人は別れません

だから工作は心理戦だと言ってるの

その種を蒔けるか、大きく育てるのが、別れさせ工作なの・・・どう?ご理解いただけただろうか!?

そういえば最近は別れさせと復讐を同じと考えてる相談者多い

そんな相談があるから業者も金を生むネタと認識して依頼を受ける

結果、犯罪を金で請け負うか、犯罪を依頼した後ろめたさを逆手にとって何もしないか、この2者となる

そりゃトラブル増えるわって話

もう一度幸せになりたければ・・・&トラブル避けたければ・・・、目の前の現実をとりあえず受け入れようって話、以上宜しく!

チャンチャン♪


梟 拝
タグ
Copyright © 別れさせ屋相談室-別れさせたい略奪愛の道 All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます