色んな性癖があるものです

この仕事を通じて色んな性癖を実感しました(体感はしてませんが、笑)

それにより変態の認識が変わったのも事実です

以前は少しでも変わった性癖というか趣向を変態と考えておりました

ですが今は犯罪やそういった欲望でなければ変態とは思いません

互いに異論なければ何をやっても良いと思うのです、快楽の追及です、好奇心です

極論、誰にも好奇心はあるでしょ!?そう考えてます

色んなお話しを伺い、色んなシュチエーションなどを目の当たりにしてきたからだと思います

それこそドラマやAVの世界が現実とシンクロし衝撃もうけましたが事実であり現実なのですから否定は出来ません、誰も迷惑していないのです

だから認識が変わりました

結論的には、お好きにどうぞ~ってな心境です

だから恋愛相談で、彼氏が少し変態趣味なんです。。。と伺っても、あなたが受け入れられるなら問題ないんじゃない、嫌なら嫌だとハッキリ言おう、それがお互いの為だよ、くらいの助言です

注意を促すとしたら、避妊とハメ撮りくらいですね

避妊は言わずともご理解頂けるでしょうが、ハメ撮りは後のリベンジポルノなどを危惧してです

まさか!?と思う女性もいるかと思いますが、そのまさかで泣いてる女性は数知れず

リベンジポルノはヌードグラビアみたない写真だけと勘違いしてる人もいるけど、スマホなどで撮られた数十秒の行為動画が山ほどネットに出回ってることを知らない女性は多いのです(内緒で撮られているもの含む)

避妊と同じく自分の身を守るのは自分自身です、女性の方は肝に銘じてください

まあ多少の性癖なら、好きな人の望みだから受け入れたい、嫌われたくない、他の女と関係を持ったれるくらいなら、ってな心境は理解できますが無理や我慢はやはり厳禁ってことですね

で、工作を背景とするような相談で言うなら、特に愛人や浮気相手にそういった好奇心を求める男性が多いので該当者はお気を付け下さい!と助言は変わります

では何故、男は嫁や彼女には言えないことや求められないかことを愛人や浮気相手に求めるのか?

それは結論的に嫁や彼女には、それを求めていないからです

正確には性癖の一致より堅実な家庭の維持運営の方を求め望む思考が優先されてるのです

普段の家では威厳を保ちたいというのもあるでしょう

否定されたり軽蔑される不安もあるでしょう、だけどそれらでは求めない結論には至りません

極めつけの答えとしては、自分の嫁や彼女には変態であって欲しくない、汚したくない、変に染めたくないというエゴがあるのです

これが決定的な理由です

そのエゴを隠し愛情のごとく愛人や浮気相手(=遊び相手)で発散する、これが性癖を満たす男の思考と行動の特徴です

これを踏まえ逆説的にいうなら、癖丸出しのHをさんざんしておいて、さぁ結婚しよう!ってな話にはまずなりませんから、性癖の受け入れはほどほどで止めてことが、結婚相手や本命の彼女となりうる為の最低条件のとなるのです

理解や加減が少し難しいかもしれませんがこれも鉄板の法則(セフレはセフレ止まり昇格なし、95%以上該当)なのです、昇格を狙う女性の方は覚えておいて気をつけて頂きたいお話です

恐ろしいまでの二面性であり棲み分け、男は勝手ですね

でもその勝手を責めても効果は得られませんから、その二面性を逆手に取るのが工作的思考ともなるのです

よって修正は早いほうが効果的です!

あなたは大丈夫!?

勿論、趣味として互いに一致してそこに特化されるなら最初に述べましたように性癖に関しては私が関与するお話しではありませんね。。。

以上、性癖のお話しでした


梟 拝

関連記事