梟印の別れさせ屋が行う別れさせ工作は心理戦

心理戦だからこそ依頼者の方が心理的に対象者らを上回ること大切

活動中は何かと不安だろうけどここは努めて頑張るべし、演技は不要、何食わぬ顔して普通にしてて頂ければOKです

活動中に依頼者が心理的に負けてしまうと工作に支障がでたり、時に効果減どころか自ら大きな墓穴を掘ることとなると覚えておこう

ちなみに墓穴を掘る方の特徴は、自信過剰故の不安思考、だから目先に振り回される傾向が強く、自己制御が困難になる(あなたは大丈夫?)

すなわち自信過剰というか自意識過剰でプライドが高いので、万が一そうなったら嫌だ駄目だと思考が先回りし、状況や対象者らの言動に一喜一憂し振り回される訳です

理想とそぐわない言動があれば、そりゃ速攻で頭の中はパニックです

私との約束やお願いはブッとんでしまいます

そして暴走・・・あ~あやっちゃったってな具合です

例るとすれば、別れさせ工作を仕掛ける為に、対象者を色々探ってると依頼者以外の異性との関係が浮かび上がることがある

その場合、その浮かび上がった異性との関係と工作員を仕込むのと合わせて二段構えで心理戦を始めれることとなり、かなり有利な状況が出来上がる

が、しかし、驚き傷ついた依頼者はその状況がとにかく許せないので急発車する

予想だにしない自分以外の異性と関係があったことが許せないのだ

それで対象者への態度を急変させたり、露骨にその事実を問いただす

酷い場合は、その異性とのデート現場に乗り込むなんてことも・・・あ~あやっちゃった(騙された振りはお願いしてたよね!?)

そうなってしまう心理状況や気持ちは分からなくもないが、そんなことされたら折角のネタが使えなくなってしまうし新たな仕込みも困難に!?

我々別れさせ屋が仕込みはいわば養殖、極上の天然のネタがどれだけ美味しいかって話

養殖だと何かと制約も生じるのだが天然だと制約が少なく攻撃のバリエーションが広がり有効的活用が望めるのだ

なのにそれをバラしちゃうなんて、なんともったいない(涙

バラした状況でそのネタを使えば依頼者の関与だって疑われるよね?

そんな問い詰めたら新しい浮気なんて安易にできないよね?

何よりそんな嫌な役を演じてたら、相手も愛想尽かすでしょうに!?

あなた何がしたいの、どうなりたいの????

対象者をとっちめるのは別れさせた後でいいじゃん、何で今なの??と私

これだけ侮辱されてまだ我慢しろというのですか!!と依頼者

じゃあ別れるしかないじゃん、相手はそういう人なんだから、そこはどうにもなりませんよ・・・と私

うぅ、でも嫌です、別れません、続きの別れさせ工作お願いします・・・と依頼者

でもこんなことしてたら仕込みようもないんですけど・・・と私

もう2度としませんからお願いです・・・と依頼者

(私)・・・・・あの、このやりとり2回目なんですけど覚えてます?

ってな感じ、暴走される方との会話は概ね皆同じです

なのでお願いしておきます、工作を無事終わらせたければ視野を広く持ってください、暴走はしないでください

別れさせ屋からのお願いです

別れさせ工作は心理戦

仕掛ける側が心理で負けてちゃ話にならないのです

宜しくお願いします


梟 拝


追伸・・・自分を見失いがちならば、こちらの記事を参考にしてみてください
⇒ 別れさせ屋の裏話、心は自在、自分の心は自分で操作

関連記事
タグ