同じようなご相談が重なったのでこちらでも少し書いてみようと思います

内容は既婚男性の浮気について

結論から言って浮気は浮気です

本気ではありません

戻って欲しい、やり直したいと望むなら、浮気を本気にさせてはいけない・・・この一点が大切

どのように本気にさせてはいけないかというと
浮気はとりあえずどの男でも悪いとは知ってますし心苦しく思ってるのです

故に浮気にいたる理由をもって浮気してるし
もしくは後から言い訳のごとく平素の不満をその理由とするのです

これは自己肯定です

悪いことをしてるけど、俺だけが悪いのではない
こうなった理由は奥さんにあり、結果的に仕方ないことなんだ

これが思考です

ここで止めておいて対応できれば浮気で済みます

火に油を注げば本気になります

火に油を注がない為には
目線を子供に諭すように下げてあげることです

悪いことと分かってるのですから
その結果だけを叱れば更なる反発しか生みません(自己肯定)

その反発のエネルギーが本気ゾーンへ押し上げるのです

だから、言い分を聞いてあげて
一緒に改善しようとするスタンスでいることが大切(心から)

それでもバツの悪さから酷いことを口にしたりします
でもそれは、奥さんが自ら決断して離婚するように仕向けてるのです
(自分が被害者である為に、またそれが楽なのもある)

そしてそうなったら
そらみろ!結局あいつも離婚したかったんだ!と自身を納得させます

で、自分は被害者、この離婚は仕方ない・・・・の完成です

なので何を言われても「一緒にやり直していこう」のスタンスを崩さないこと、これが大切なのです

子供の我ままだとお考え下さい

それくらい稚拙な思考なのです浮気とは

本気ならまず離婚ありきの動きとなります

肉体関係から始まったものは所詮浮気です

なのでやり直したいなら膝を折って目線を下げた対応を心がけてください

この初動を間違わなければ最短の解決が望めます

あと状況にもよりますが親などは安易に巻き込まないのが無難です

男性が後ろめたい浮気を親や友人にどのように正当化し説明しようかと悩むところを
奥さんが先に言ってしまうと後は言い訳をするだけですので更なる泥沼にはまり一気に本気へと加速します

また夫婦の事は夫婦の秘密で収めようとしてくれれば戻りやすくもなるのなのです

雨降って地固まる

これを目指しましょう、浮気なら目指せますからね

凹んだり感情的にもなられるでしょうが、一緒に頑張る気持ちが大切です
実は浮気男も苦しいのですよ
戻るべきか、進むべきか、どちらも険しそうな道だな・・・と思ってます

だから一緒に頑張るくらいの心つもりが必要となるのです

これらが一番、工作はその後です

大切な人を失わない為に・・・


追伸
ちなみに工作ではこれらを逆手にとって利用したりします
それゆえにパワーゲームではなく心理戦なのです

ではではまた


梟 拝


関連記事