月別アーカイブ:2017年06月

  • 2017/06/30別れさせ屋の実態

    最近、危惧することがあるそれは別れさせや復縁工作の相談が低年齢化の傾向にあることに起因しますここでいう低年齢のとは18~22歳くらいのことこれはスマホの普及に伴い簡単に業者にアクセスできることや、業者が低料金の設定を行ってること、ローンを組ませてることなどで利用のハードルが下がったからと考えますで、低年齢化自体が悪いとは思いませんが、未成年はちょっと問題(当方では完全にNG)つうか、こういっては失礼だ...

    記事を読む

  • 2017/06/29ご相談ご依頼、お断り基準

    当方では、相談としてお話を伺って、別れさせなどの工作が不要と判断されれば、改善の助言だけで終了させて頂くこともありますこれには大きく分けて2つの理由があり、①別れさせ工作が必要ないと判断、②別れさせ工作を行ってはいけないと判断、となります①は意外に多く、本質的に工作でお金を使うより別に効果的な方法があると判断されたケースとなります②はいわるゆるストーカー的な依頼で、恋愛思考よりも犯罪思考が勝ってる方の...

    記事を読む

  • 2017/06/28復縁したい

    後悔しない為の選択は大切そういった意味で別れさせ屋の利用を検討される方もおられることでしょう実際、私への相談でもそういった方はとても多いのですが、その場合に確認させて頂いてることが1つあります直球で問うこともあれば、遠まわしに相談者さんの気付きに繋がるように問うこともあるものですそれは行おうとする別れさせ工作が自分の後悔解消の為だけでなく、相手にも自分を選んで後悔をさせない選択となる、、、その覚悟...

    記事を読む

  • 2017/06/26略奪愛

    ゴール目前で足踏みしてる案件が2つあるその2つより後に着手した案件での成功報告がいくつか届いてるだけに少しイライライライラといっても私の焦りとかではなく、あくまで依頼者さんの心情を考えてのイライラです、苦笑ツライ我慢の日々を知ってるだけに、またどちらも心理戦の末のゴール目前だけに心労も相当なものかと、、、なので1日も早くスッキリして頂きたいたいのですしかしながらやはり別れさせ工作ってのは心理戦ですそ...

    記事を読む

  • 2017/06/24別れさせ屋の実態

    別れさせなどの工作料金が高いか安いかは、金額の高低よりも、その金額に見合った活動がきちんと行われるかどうかが一番大切なポイントとなります安く依頼出来ても追加請求を繰り返されれば結果的に高額となりますし、またいくら安くても意味のない活動ではお金をドブに捨てるのと同じことになりますので目先の金額に惑わされないように気をつけることをお勧めいたしますそんな中で最近多く耳にするのは安価を謳ってる工作屋が使っ...

    記事を読む

別れさせ屋としての危惧

危惧する魔の手。
最近、危惧することがある

それは別れさせや復縁工作の相談が低年齢化の傾向にあることに起因します

ここでいう低年齢のとは18~22歳くらいのこと

これはスマホの普及に伴い簡単に業者にアクセスできることや、業者が低料金の設定を行ってること、ローンを組ませてることなどで利用のハードルが下がったからと考えます

で、低年齢化自体が悪いとは思いませんが、未成年はちょっと問題(当方では完全にNG)

つうか、こういっては失礼だけど18~22歳はまだまだ子供、大人だけど子供、目の前の恋愛や失恋に固執しない方が良いと思うのです

真剣な恋だってのはよく分かる、否定はしないしできやしない、だけど君らにはまだまだ無限の可能性がある!本当にある!

目の前のことを全てだと思ってはいけないよ、これからもっともっと広い世界や出会いがあると信じてこの話を聞いてほしい

また若い時のエネルギーをそういった他人任せに使っては勿体ないな~と梟おじさんは思うのでした

で、ついでに言っておくと、ネットってのは嘘が多いよ

情報が操作されてることも珍しくない、つうか操作されてる

先日も書いたけど、なりすましブログからのなりすまし相談、そう自作自演ってヤツ

工作員やってました・依頼経験あります等にはほんと気をつけてほしい

親切を装った自作自演で酷い目にあったという被害話は10や20じゃないからね、ほんと気をつけて

次に、別れさせや復縁工作の低料金化(安い)にも気をつけてほしい

完成されたプログラムが安くなったなら何の問題もない、むしろ企業努力を誉めなくちゃいけないくらい

だけど別れさせ屋にそんなプログラムは無い、人の心を完全に支配できるプログラムがあるはずがない(心理学者にも不可)

仮の仮に100歩譲ってそんな特殊なプログラムが存在したとしてもそこいらのチンピラ探偵が持てるはずがないってこと

なので、その低料金で追加なしで本当に成功するのかよ~く確認してみるべき(安物買いの銭失い、ということわざもあるのです、若い子知ってるかな?)

それでも、大丈夫!成功する!と業者がいうならば、じゃあ成功したら支払う契約内容に変えてください!と伝えればよろし(安易に成功を餌にするインチキ業者はこれで黙る)

そんな怪しい業者を相手にローンまで組んで借金だけが残っちゃ、折角の未来の無限の可能性が曇っちゃうってこと

結局、低年齢化により浮かび上がるのは騙されやすい若年層がインチキ業者に食いものにされてるってことなんです、はい

更なる拡大を危惧しているので書きました

俺らも別れさせ屋だけど、そんな別れさせ屋とは一緒にされたくないので書きました

宜しくです


梟 拝

これ → 昔書いた別れさせ工作の記事 ← 読んでみてね

別れさせ工作について

当方では、相談としてお話を伺って、別れさせなどの工作が不要と判断されれば、改善の助言だけで終了させて頂くこともあります

これには大きく分けて2つの理由があり、①別れさせ工作が必要ないと判断、②別れさせ工作を行ってはいけないと判断、となります

①は意外に多く、本質的に工作でお金を使うより別に効果的な方法があると判断されたケースとなります

②はいわるゆるストーカー的な依頼で、恋愛思考よりも犯罪思考が勝ってる方のケースがそれとなります

これらで偽善を装うつもりは一切ありません、あくまでプロの別れさせ屋としての独自のルールとしているものです

何卒ご理解くださいませ

宜しくお願い致します


梟 拝

後悔しない別れさせ依頼

復縁を願う思い
後悔しない為の選択は大切

そういった意味で別れさせ屋の利用を検討される方もおられることでしょう

実際、私への相談でもそういった方はとても多いのですが、その場合に確認させて頂いてることが1つあります

直球で問うこともあれば、遠まわしに相談者さんの気付きに繋がるように問うこともあるものです

それは行おうとする別れさせ工作が自分の後悔解消の為だけでなく、相手にも自分を選んで後悔をさせない選択となる、、、その覚悟の有無です

いうなれば、あなたはその人と一緒に過ごせれば幸せだと考えていても、相手の人があなたと一緒で幸せであるかはあなた次第、という認識のもとに問うのです

復縁などを望まれる方の中には、この辺の覚悟が足りない方が以外に多かったりするのです

それは多分、時間を巻き戻す作業を別れさせ工作だと勘違いされているからだと私は考えています(終わった理由を正しく理解していない)

で、仮に工作が成功し復縁が叶ったとしても、別れに至った時のあなたのままではまた別れの時が訪れるのは必然です

そうなると、あなたにとっては自業自得でも、相手の方にとってはとても迷惑な話ですから、そこまでの責任を背負った上でのご依頼であるかどうかの覚悟を確認させて頂いてるものです

確認の結果、子供が玩具が欲しいと駄々をこねてるだけと同じような方からのご依頼はお断りさせて頂いてる傾向です(誰も幸せにならない別れさせ依頼はお受けしなくないのです)

そんなことからも、反省、改善、輝くこと、この3つは必需品とお考えください

本当に幸せを掴みたければ全て揃えておかれることを強くおススメしておきます

さて、あなたはいくつ揃っていますか?


梟 拝

別れさせは心理戦

ゴール目前で足踏みしてる案件が2つある

その2つより後に着手した案件での成功報告がいくつか届いてるだけに少しイライラ

イライラといっても私の焦りとかではなく、あくまで依頼者さんの心情を考えてのイライラです、苦笑

ツライ我慢の日々を知ってるだけに、またどちらも心理戦の末のゴール目前だけに心労も相当なものかと、、、なので1日も早くスッキリして頂きたいたいのです

しかしながらやはり別れさせ工作ってのは心理戦です

それだけに精神的に優位に立つことが大切といえるものです

別れさせ工作における精神的優位とは、自分が不利な状況であってもそれを正しく受け止めるということになります

正しく受け止められれば広い視野が得られます

広い視野があってこその心理戦ということです

で、工作は別れさせ屋だけで行うケースと依頼者さんの協力を得て一緒に行うケースがあります

それらの違いは依頼者さんの影響力や対象者との関係性により変わります

今回の2件はどちらも依頼者さんの協力なくしてここまでは来られませんでしたから、その心理戦における頑張りに感謝するとともに心労が気になっている次第です

あー早く離婚しないかな、、、

ここで往生際悪く粘るくらいなら、最初から互いのパートナーを大切にしておけよ!ってな心境です

首をなが~くして吉報が届くのを待っています(笑)


梟 拝
カテゴリ

安い別れさせ屋

安い別れさせ費用
別れさせなどの工作料金が高いか安いかは、金額の高低よりも、その金額に見合った活動がきちんと行われるかどうかが一番大切なポイントとなります

安く依頼出来ても追加請求を繰り返されれば結果的に高額となりますし、またいくら安くても意味のない活動ではお金をドブに捨てるのと同じことになりますので目先の金額に惑わされないように気をつけることをお勧めいたします

そんな中で最近多く耳にするのは安価を謳ってる工作屋が使ってる、メールを送って接触します、、、の手口です

最初に間違いメールなどを送り、その相手から返信があったとして、そこから何度かやり取りして、何とか強引にでも会う約束して、、、と順調だとそのように展開しますが、それだけでは簡単に親密にはなれません

また仮の仮に、親しくなったとしてもそこから別れさせる影響力に及ぶには相当多くの時間が必要、、、これ現実

普通~に考えれば分かること(あなた間違いメールから何人の親友や恋人出来ましたか?)

でも安いから頼んじゃう

そして契約時間が経過し追加を請求される(あともう少しなんです、、、)

お金がないというとローンを勧められる

もう少しで別れるならば、と無理してローンを組むも、しばらくするとまた追加を請求される

もう無理。。。では終了します

残ったのは借金だけ、涙

実は、この手口での成果は追加料金込みでも10%以下だと元某社の工作員から情報を頂きました

また結婚していないカップルなどは時間を稼いでいれば勝手に別れることもあり、それが成功報酬に繋がることもある美味しい仕事とも語っていました

あと、安さで依頼してくる人は適当にあしらっておいても訴訟などには発展しない(泣き寝入りする)から数をこなせ!と上から言われていたとのこと(こりゃ酷い、完全に足元を見られてます)

これらは大変興味深いお話であるとともに当方に寄せられてる被害話とも一致しますので嘘ではないと判断です

と、このように安さの中にも危険はあるということの一例のご紹介でした

嘘のような本当の話

別れさせ屋の裏話、、、でした

皆さん、くれぐれもお気を付けくださいね


梟 拝
Copyright © 略奪、離婚、復縁|別れさせ屋の裏話! All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます