月別アーカイブ:2017年02月

  • 2017/02/28失恋から立ち直る

    隣の芝生は青く見えるものなんか他が羨ましいんだよねみんなが幸せそうに見え、自分だけが恵まれない、そんな構図それこそ前者が鮮やかなカラー写真なら、後者は白黒、限りなく黒い写真そんな感じでしょうか。。。だけどこう言っちゃなんだけど、青く見える隣の芝生もよ~く見るとたいしたことないんだよね人の裏の顔というか、本当の不幸を沢山見てる私が言うんだから嘘じゃないのです起業が成功して一躍時の人となったあの人も実...

    記事を読む

  • 2017/02/13梟のつぶやき

    工作の依頼や相談がバレてはどうしようもないことだけど稀に対象者などに発覚や疑われたという話は聞くその原因は大きく分けて2つ。。。・業者の失敗でバレた・名刺や契約書、領収書を見られてしまったこんな感じ業者失敗での発覚パターンは、、、工作員がA、B、Cの現場を混乱して辻褄が合わない言動から矛盾が発生(Aの人にBの話、Cの人にAの話)、まだ知らないことになってる話を喋ってしまい疑われる、会社に送ったつもりの報告...

    記事を読む

  • 2017/02/10別れさせ屋の日記

    別れさせ工作が成功しても喜べない時があるそりゃそれを目標に頑張った訳だし、その結果が出て嬉しくないはずがないまた成功報酬も頂けるので嬉しいちゃ嬉しいだけど素直に喜べない時がある、いや正確にはあったんだ常日頃、工作で別れる者達の間には、工作を要因としない別れる理由が既に存在してるのだから、工作により別れたとしても罪の意識はさほど感じはしない、と公言してる訳だがその時は違ったちなみに、別れる要因は例え...

    記事を読む

  • 2017/02/09前向きな話

    出口はある必ずあるだけど苦戦はするよね右か左かすら分からない道があるのかすら分からない何も見えない真っ暗闇まさに四面楚歌絶体絶命暗いよ、寂しいよ、不安だよ、、、とお困りの皆さんに言っておこう出口はある必ずある入口があるんだから出口はあるだから出れる必ず出れる入口に戻るのも手段だろう出口を探すのも手段だろう最悪、もうこんなゲームは止めだ!と立ちあがって天井を突き破って出るのも手段とにかく出れる今居る...

    記事を読む

  • 2017/02/04別れさせ屋の日記

    この季節になると思いだす案件があるそれは対象者となる人物の特定を行いその行動を探る流れでのことだ(1年前に別れた彼女の現状を知り偶然の出会いを演出し復縁希望)私たちは依頼者から1枚の写真をもらい、それを元に対象者の会社で退社を待つこととなった写真は1枚、ピントは甘め、人物自体にこれといった特徴もなく、依頼者に事前に特定が難航する可能性を伝えていたが、他に写真は無いし見れば直ぐにわかるから!と一蹴とい...

    記事を読む

隣の芝生

隣の芝生は青い
隣の芝生は青く見えるもの

なんか他が羨ましいんだよね

みんなが幸せそうに見え、自分だけが恵まれない、そんな構図

それこそ前者が鮮やかなカラー写真なら、後者は白黒、限りなく黒い写真

そんな感じでしょうか。。。

だけどこう言っちゃなんだけど、青く見える隣の芝生もよ~く見るとたいしたことないんだよね

人の裏の顔というか、本当の不幸を沢山見てる私が言うんだから嘘じゃないのです

起業が成功して一躍時の人となったあの人も実は。。。

莫大な資産を相続して左うちわなあの人も実は。。。

あんなに仲の良い夫婦だけど実は。。。

有名な芸術家として成功してるあの人が実は。。。

高学歴で立派な職業についたあの人も実は。。。

結婚して子供も生まれて新築の家建ててピカピカの新車乗ってるあの人だって実は。。。

人気の芸能人だってそう

いつも笑顔の絶えないあの人だって、実は。。。を抱えてる

まーほんと例外なく何かしら問題を抱えているもの

もしくはこれから問題が噴出するのかもしれない

人生ってそんなものよ

更にいうならそういった目立つ人ほど凹みは大きく抱える闇は大きかったりするもの事実

ほんと隣の芝生ってそんなもの

だけど青い芝生に見える隣ってのには共通点がるの

あの人達はね、イメージを大切にしてるの

それこそ白黒写真に色を塗ったり、白黒写真をモノクロの芸術的な写真に見せるような努力をしてるの、それを惜しまないの

だから人が寄って来る

凹みを乗り越えられる

結果、幸せそうだからプラスの相乗効果

それで青く見える芝を演出してるの

そりゃ上辺だけだと単なるメッキだよ

だけど何度も何度も何度も何度も何度も塗り重ねてりゃメッキと呼べなくなる

結局はイメージなんだよね

自分をイメージングする大切さというか、その努力

この有無が青い芝生に見られるかどうかの差だよね

だからそこで泣いてたって何も始まらないよ

自分で駄目だって諦めればそこで終わり

いやいやこんな筈は無い!って思えれば大丈夫

確かに隣なりの芝は青いけどウチの芝も枯れちゃいない!

そう思えれば大丈夫

あなたの庭の芝、どうします?

塗ってもよし、肥料を撒くのもよし

とりあえず伸び放題の雑草を刈ることからはじめましょう

人生の転機ってそんなことだったりしますね!

別れさせ屋からの提案でした


梟 拝

応援&相談 reset.soudan@gmail.com

お気を付け下さい

ターゲティング広告
工作の依頼や相談がバレてはどうしようもないこと

だけど稀に対象者などに発覚や疑われたという話は聞く

その原因は大きく分けて2つ。。。

・業者の失敗でバレた

・名刺や契約書、領収書を見られてしまった

こんな感じ

業者失敗での発覚パターンは、、、

工作員がA、B、Cの現場を混乱して辻褄が合わない言動から矛盾が発生(Aの人にBの話、Cの人にAの話)、まだ知らないことになってる話を喋ってしまい疑われる、会社に送ったつもりの報告メールが間違って対象者に送られていたなど

どれも大手っぽく宣伝してる有名業者さんの失敗です

怪しい業者さん(復讐代行含む)では、警察沙汰になるってのもその理由です

次に、契約書や領収書の発覚での失敗ですが、これは依頼者さんの脇が甘いと言わざるをえません

カマを掛けれれて自白してしまうのもこのタイプに含まれるかもしれませんね

そういう意味では工作に使ったお金を何に使ったかの理由は用意しておいた方がいいです

問い詰められてシドロモドロでは依頼がバレなくても怪しいですし有らぬことまで疑われては損をしますから!

何しても契約書など隠すところはよ~く考えてください、お願いします

で、最近の傾向として気をつけて欲しいことが実はもう1つあるんです!!!

それは自宅や彼氏や彼女宅でWi-Fiを共有してる場合で、俗に言う「ターゲティング広告」と言われるのがそれです

例えばスマホやPCで「旅行」など検索すると、広告スペースには旅行関連の広告が表示されるのです

ネットでユーザーの探してるもの、興味あるものを広告として効果的に表示させることを目的としたサービスです

最近よく目につきますよね!?

でしょ!?

そう、これなのです、これに注意して頂きたいのです

実はこれ、自宅などでWi-Fiを共有してると、あなたが検索したキーワードで、ご主人や奥さん・彼氏・彼女に同じ広告が表示されてしまうのです(各端末ではなくWi-Fiのルーターを1個人と認識し表示)

だから「別れさせ屋」とか「別れたい」「離婚したい」と検索してると、あなたのPCやスマホやタブレットに表示されるのと同じように共有してる相手にもその関係の「別れさせ屋」「離婚弁護士」「探偵」の広告が表示されしまうのです

あれ?なんでこんな広告ばかり出るんだろう???

そう思われたら結構ヤバイです

完全に悟られてしまうとこれは致命的です

だからお気を付け下さいってお話しです

逆に相手が何に興味を持って検索してるのか知りたい時には便利ちゃ便利なんだけどね

だけど依頼が発覚する可能性は一時であれ消しておかねば、、、

↓こちらに対処法が出ています(オプトアウトとはターゲティング広告を停止させることです)

http://www.ddai.info/optout

先ずは楽しいキーワードで検索して広告を変えてから行われるのが良いでしょう

沢山書きましたが全てお気を付け下さい

大切なことです


梟 拝

応援&相談 reset.soudan@gmail.com

ゲームオーバー

恋愛ゲームの終わり。
別れさせ工作が成功しても喜べない時がある

そりゃそれを目標に頑張った訳だし、その結果が出て嬉しくないはずがない

また成功報酬も頂けるので嬉しいちゃ嬉しい

だけど素直に喜べない時がある、いや正確にはあったんだ

常日頃、工作で別れる者達の間には、工作を要因としない別れる理由が既に存在してるのだから、工作により別れたとしても罪の意識はさほど感じはしない、と公言してる訳だがその時は違った

ちなみに、別れる要因は例えるならば種であって、工作は水や肥料を与えること、その種が芽を出しすくすく育ち開花であり実をつけると別れに至る、そういったい認識

で、その案件にも確かに要因はあった

我々は水を撒き肥料を与えた

少し時間は掛かったのだが結果的に最後は別れた、成功である

だが喜べなかった、というお話

何故喜べなかったか、、、、

それは依頼者さんの嘘というか不誠実が露見したから

私達が騙されてというか、私がそれを見抜けなかったというか、そういうこと

契約書にも明記してるように犯罪には手は貸さない

そんな気配が発覚したら即刻中止

しかしその不誠実は犯罪ではない

依頼者いわく、気が変わっただけ

更にいうなら、他にもっと好きな人が出来ただけ、そう言われた

咎めようがない、咎めたところで何も変わらない、男と女とはそんなもの

工作は誰かを幸せにすると信じてるから頑張れるもの

真剣だと信じるから頑張れるもの

だけど誰も幸せにならない結末をみた

そんなドラマに加担した後味の悪さ

約束だから支払いますけど、、、とばかりに喜ばれていない成功報酬の入金

依頼者にとってはゲームのようなものだったのであろうか、、、

成功しても喜べなかった日の苦い思い出

綺麗事を語れる立場にないのはわかってる

だが喜べなかったんだ、そういうお話


梟 拝

応援&相談 reset.soudan@gmail.com

言っておこう

出口はこちら

出口はある

必ずある

だけど苦戦はするよね

右か左かすら分からない

道があるのかすら分からない

何も見えない

真っ暗闇

まさに四面楚歌

絶体絶命

暗いよ、寂しいよ、不安だよ、、、とお困りの皆さんに言っておこう

出口はある

必ずある

入口があるんだから出口はある

だから出れる

必ず出れる

入口に戻るのも手段だろう

出口を探すのも手段だろう

最悪、もうこんなゲームは止めだ!と立ちあがって天井を突き破って出るのも手段

とにかく出れる

今居る場所はゴールじゃない

永遠でもない

出なきゃいけない場所

だけどどうすればいいのか分からない、、、とお困りのあなたに言っておこう

1つ捨てれば1つ得れるという法則知ってる?

詳しくは書かないよ

だけどこの場合は何かを捨てれば出れるってこと、その法則

ここから先は自分で考えてみて

本当に出口がないと精も根も尽きたなら何か1つを捨ててみよう

何を捨てれば出れるか考えてみよう

輝く自分を取り戻す

君は自由なんだ、、、

別れさせ屋のひとりごとでした


梟 拝

応援&相談 reset.soudan@gmail.com

こんなお仕事です

大変な仕事を整理しようと考える人
この季節になると思いだす案件がある

それは対象者となる人物の特定を行いその行動を探る流れでのことだ(1年前に別れた彼女の現状を知り偶然の出会いを演出し復縁希望)

私たちは依頼者から1枚の写真をもらい、それを元に対象者の会社で退社を待つこととなった

写真は1枚、ピントは甘め、人物自体にこれといった特徴もなく、依頼者に事前に特定が難航する可能性を伝えていたが、他に写真は無いし見れば直ぐにわかるから!と一蹴というかゴリ押しされ現場に入ることとなった

初日、2日、3日と過ぎたが特定できずその旨を報告した

やはりこの写真だけでは難しい、仕事を辞めてる可能性は無いか、また季節柄マスクの着用やマフラーで口元が隠れてるので判断が難しいと理由も添えた

すると、特定できないなんて素人じゃん!?そうやって無駄に時間を使うの詐欺だよ!?契約解除できる!?などと侮蔑を浴びせられた(そりゃ彼女も逃げるわ、性格悪い)

馬鹿にするな!と頭にもきた

だが喧嘩しても仕方が無いのである提案をした

それは、退社する人を撮影するからその中から判別して欲しい、という提案だ

判別いただければ撮影日の費用はいらない、だけど判別できない場合は費用を日数分お支払い頂くという条件付き

依頼者は条件を飲んで実施となった

再開1日目撮影画像に対象者居ない、2日目も居ない、3日目も居ない

マスク邪魔だね~似てるけど違うかな?目はこれかな?服装の感じはこっちかな?スタイルではこっち?の迷走

じゃあその人を追跡しましょうか?

いやいや待って違ったらいけないからもう数日撮影を続けて、と頼まれた

私はインフルエンザなどで休んでる可能性ありますよと告げて1週間後の再再開を提案し、そうなった

再再開1日目、2日目、3日目、4日目、5日目と過ぎるも依頼者さんも判別できず

3人には絞れたんだけど、どれだと思う?

、、、、はぁ?付き合っていたあなたが分からないものを1枚のピンボケ写真でどうやって私たちが断言できるの!!と言いたかったがその言葉を呑み込み、髪の分け目の感じだとこの人、目の長さや眉の感じでもこの人、写真より太ってるけどこの人が一番近いと感じると私は進言した

それは依頼者さんからすると3人の中で一番遠い判断の人であった

えーほんとに?デブじゃん!本当にそう思うの?違ったらどうするの?撮影費用半額にしてくれる?

、、、、はぁ?君何言ってんの!?今度はハッキリ言わせていただきました(笑

それでも判別にいたらず、あーでもない、こーでもない

春を待ちますか?そうすればマスクも外すのでは?と提案した

彼は渋々受け入れ2ヶ月後に再再再開、1日目ではわからず、2日目で答えが出ました

やはり私の選んだ人がそうでした(流石でしょ!と自画自賛、笑)

しかし依頼者さんはあーでもないこーでもないとブツブツブツ

出費が増えたのは仕方がないし

彼女が太っていたことは私にはどうしようもないこと

結局最後に復縁叶わずもう一度フラれたのだけどそれは自分の性格の問題だし(彼女がそう言ってた)

それを私にブツブツ言われてもね、ほんと大変な一件でした。。。。。という記憶をこの季節に思い出すのでした

えっ何が言いのかって!?

大変なお仕事なんですよ!ということをご理解いただければ嬉しいですね

大変な現場環境もあれば、大変な依頼者さんも居られるのですよ

そして何より大変な責任感

お金を受け取るということでは何の仕事も責任感は同じだと思うけど、これはまた特殊中の特殊

一言で語れないお仕事

成功したからって自慢できることでもなく

失敗したら何を言われるかわかんない

怪しいストーカーまがいの依頼を断れば悪口をネット上で書かれたり

インチキ業者からの嫌がらせや逆に利用されることだってある(紛らわしい名前やブログタイトルも沢山)

簡単じゃないって言ってるのに、簡単に考えてる依頼者さん多いしね

あーほんともう大変!!

そんなお仕事です、はい

あらら最後は愚痴みたいになっちゃいましたね、すみません(苦笑

う~んちょっと疲れてるなのかな、俺?

夕方の現場入りまで時間があるので近所のスーパー銭湯にでも行ってこよう♪

別れさせ屋の日記でした


梟 拝

応援&相談 reset.soudan@gmail.com
Copyright © 略奪、離婚、復縁|別れさせ屋の裏話! All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます