月別アーカイブ:2016年12月

  • 2016/12/30お知らせです

    お知らせです1月開始での新規工作のご依頼受付は一旦締め切りとさせて頂きます1月中開始をご希望されるお急ぎの方は大変申し訳ありませんが他所にご相談くださいませこれはあまり予定を詰め込んでは満足な仕事が出来ませんのでこのような対応としておりますことご理解頂けると幸いです2月以降の着手でも構わない、それまでに色々質問したい方などからのご相談は引き続き受付いたしておりますので遠慮なくお問い合わせください今年...

    記事を読む

  • 2016/12/27輝くために

    不幸せな人は不幸せな顔をしてるものいくら美人でも男前でも不幸せは顔に表れているそれを魅力としてる人がいるのは事実だけどやはり不幸せは不幸せ不幸せな顔してると幸せは近づけないから逃げてゆくばかりの負のスパイラルそれに気づかない人、そこから抜け出せない人達が不幸せな顔してるってことでもまだそこから何とか脱出したいともがき苦しんでるならチャンスはある不幸せ(ふしあわせ)と不幸(ふこう)は違うんだもがき苦...

    記事を読む

  • 2016/12/24別れさせ屋の実態

    毎年いくつもの別れさせ屋が現れてはまた消えてゆきますネット検索して表示されてる半数以上の業者さんはここ最近1~3年以内の登場ですねだけどホームページには昔からやってるようなことを書いてるから不思議(笑)全くのデタラメもあれば、別れさせ工作は最近始めたのだけど探偵はその前からやってるのでその開始時期を書いてる人もいるみたいですまあ自己申告だから何でも書けるってことですね創業○○年、実績多数、成功率○○%以上...

    記事を読む

  • 2016/12/24略奪愛

    離婚するには(させるには)、離婚に至る理由が必要それを演出するのが別れさせ工作ですその演出において大切なのは環境把握(現状調査)今現在どういった関係性で何が効果的となるかの見極めですこの見極めが別れさえ屋としての経験値であり腕の見せ所、見極めが甘いと工作を仕掛けても効果は得られませんからとても重要なのです見極めで手ごたえを感じればGOサイン慎重に工作を仕込み仕掛けて離婚に向かうべく組み立てを行う流れ...

    記事を読む

  • 2016/12/20別れさせ屋の日記

    東京と大阪言わずと知れた日本の二大都市おのずと別れさせ屋としての活動が多くなる街だ依頼や相談の内容には差はないのだけど実際活動するとなると少し異なる顕著なのは張り込み現場東京の場合、余程の住宅街でない限り誰も我々を気にしない気になったとしても遠巻きに様子を伺う感じ大阪の場合、普段と違う状況に対し興味がふつふつと湧いてるのが伝わって来る何してはるの?と普通に話しかけらるし、上手い言い訳ができると世間...

    記事を読む

工作受付について

お知らせします
お知らせです

1月開始での新規工作のご依頼受付は一旦締め切りとさせて頂きます

1月中開始をご希望されるお急ぎの方は大変申し訳ありませんが他所にご相談くださいませ

これはあまり予定を詰め込んでは満足な仕事が出来ませんのでこのような対応としておりますことご理解頂けると幸いです

2月以降の着手でも構わない、それまでに色々質問したい方などからのご相談は引き続き受付いたしておりますので遠慮なくお問い合わせください

今年もこのブログを通じ沢山の方から励ましやご相談を頂きましたこと感謝いたします

御拝読誠に有難うございました

2017年も頑張りますので宜しくお願い致します


梟 & スタッフ一同

応援&相談 reset.soudan@gmail.com
カテゴリ
タグ

お気に入りの傘を差す
不幸せな人は不幸せな顔をしてるもの

いくら美人でも男前でも不幸せは顔に表れている

それを魅力としてる人がいるのは事実だけどやはり不幸せは不幸せ

不幸せな顔してると幸せは近づけないから逃げてゆくばかりの負のスパイラル

それに気づかない人、そこから抜け出せない人達が不幸せな顔してるってこと

でもまだそこから何とか脱出したいともがき苦しんでるならチャンスはある

不幸せ(ふしあわせ)と不幸(ふこう)は違うんだ

もがき苦しんでるなら不幸せ、もう諦めてるなら不幸だってこと

この差は大きい

でも今は諦めてるとしても、また何かのきっかけがあったり、心の傷が癒えかけたなら、またもがく時が来るかも知れない

そんな時は笑顔を探そう

自分の笑顔を探してみよう

もがいて苦しい時だからこそ笑顔が必要、だから探す

失ったものを取り戻す、だから探す

しょうもないTVのコントでもいい、美味しいもの食べた時でもいい、本日の星座占いで1位の時でもいい、なんでもいい

ちょっと笑おう、笑ってみよう

以前にも書いたのだけど、例えば雨の日が嫌いならば、晴れた日にお気に入りの傘を1本買おう(レインブーツでもよろし)

どう?イメージしてみて

雨の日が少し待ちどうしくない?

お気に入りの傘差したいよね、ブーツ履きたいよね、お気に入りの傘を広げてちょっと外に出たいよね、ブーツで水たまり避けずに歩きたいよね

その時におもわずニヤッとするよね(してるはず)

その笑顔でいいのですよ

その不幸せでない瞬間が大切なものを取り戻してくれるきっかけになる

もちろん何でもかんでも無理して笑う必要は全く無し

笑えるもの微笑めるものを探してみようってこと

誰にも伝わらなくてもいいの、伝える必要はないの、自分が微笑めればそれでいい

探すのはそんなもの

大切なのはその感覚

これ本当に本当のお話です

不幸(諦め、無表情)

不幸せ(辛い表情)

少しの笑顔(転機)

少しの笑顔 + 少しの笑顔(辛い表情減る)

笑顔(笑顔は笑顔を呼ぶ)

気がつけば幸せ(自然に輝いてます)

これ簡単ながら展開イメージ

運が良ければ良い出会いなんてのは「少しの笑顔」辺りから巡り合えます

周囲の対人関係においてもその辺りから変化が出始めるでしょうかね

復縁を目指すにしてもその辺がスタート地点となるでしょう

要するにまずは自分が何か変わらなきゃ何も始まらないってことですね

さて、あなたは今どんな顔してますか?


梟 拝

応援&相談 reset.soudan@gmail.com
カテゴリ
タグ

別れさせ屋の増減

悪徳業者たち
毎年いくつもの別れさせ屋が現れてはまた消えてゆきます

ネット検索して表示されてる半数以上の業者さんはここ最近1~3年以内の登場ですね

だけどホームページには昔からやってるようなことを書いてるから不思議(笑)

全くのデタラメもあれば、別れさせ工作は最近始めたのだけど探偵はその前からやってるのでその開始時期を書いてる人もいるみたいです

まあ自己申告だから何でも書けるってことですね

創業○○年、実績多数、成功率○○%以上、プロだから安心、、、全部自己申告(笑)

ちなみに業者さんが増える背景は→→→

・苦情が増えて評判が下がったので屋号の変更もしくは新たな屋号を追加するから

・別れさせ屋を辞めた工作員さんが独立

・食えない探偵さんが新規事業として参入

まあ、こんなところでしょうかね

逆に業者さんが消える背景は→→→

・新しい屋号を取得し旧屋号を捨ててる

・思ったより儲からないから廃業

・悪事がバレて廃業

こんな感じです

じゃあ残ってる業者は皆問題なく優秀なのかというと残念ながら答えはNO!

そこにも悪徳業者は含まれています

こう言っては何ですが残ってる悪徳業者らはみな巧みなのです、巧みだから生き残れてるのです

当方ではそれらの報告書やメールのやり取りなど多数入手してますが、廃業するようなところは当然論外のレベルです

そりゃ依頼者を馬鹿にしすぎだろ、、、の露骨な詐欺もあれば、おいおいこれでお金とるの?などあまりにも素人過ぎな内容なのです

それらは状況を表す添付画像が無かったり、有ってもスマホか玩具の探偵カメラで撮ったと一目瞭然のお粗末なボケボケ写真(100点満点で2.30点レベル)、記述も簡単にバレるような嘘平気で書いてたりとツッコミどころ満載なのでした(しかしホームページは立派)

一方、巧み彼らは一応40点以上のレベルの写真が添付されていたりします

報告もそれっぽく行われてるので依頼者自身が慎重に解析できないと判断するのは難しいといえるでしょうが幾つか特徴はあります

それは文章の最後が「○○○のように見受けられました」「多分大丈夫だと担当者が判断しました」など説得力が有るような無いような後に言訳で逃げる準備を前提としたような曖昧な記載を多数用いてるのが特徴なのです

また活動の予定というか実施日が的外れであったり計画性や関連性が無いことでも窺えます

これは詰め込み過ぎた依頼を現場の担当者が対応出来ず、行きあたりばったりで行っているからです(「依頼者の□□さんから催促があったから何か活動しなさい」と管理職から担当者に指示)

なので巧みというより組織的な狡猾さと言う方が正しいでしょうかね

でもそんなところが残ってるのです

では依頼者の方はどうすればいいかというと→→→

・ホームページなどの宣伝文句を鵜呑みにしない(表現の無法地帯だから)

・不安を煽られて契約してはいけない(「早い方がいい」の大半は嘘)

・契約時に工作を説明した者と工作現場の担当者と同一であることの確認

・概ねの活動スケジュールを担当者から受け取る

これらは最低限度の警戒として押さえておいて損はないです、宜しければ参考にしてみてくださいね

あ、あと「安心」を強調するところはインチキ臭いです

誰が何と言おうと胡散臭いお仕事である別れさせ工作や復縁工作

それを「安心」だの「実績」「誠実」だと表現することで既に論理は破綻してるのです

別れさせ屋などは社会的ポジションでは闇金より少し上くらい、もちろん悪徳業者は闇金以下、それが別れさせ屋

公安委員会に届けてるのはあくまで探偵業(尾行・張り込み)としてのこと、別れさせ工作も復縁工作も決して警察や国が認可してる業種ではないのです

その辺を依頼者の方々は勘違いしない様によく気をつけないと悪徳業者に惑わされてしまう原因となるでしょう

詐欺師ほど立派を装うものです、言いたい放題、やりたい放題、全ては信用を得るが為の策

皆さんが考えてるよりずっとずっと深い闇の中、そこから「安心だからおいでおいで」と誘ってるもの、それが別れさせ屋

そりゃ増えもするし減りもするわ!ってお話しです

以上、増えては消え消えては増えを繰り返す別れさせ屋の実態でした


梟 拝

応援&相談 reset.soudan@gmail.com

離婚

離婚の手続き
離婚するには(させるには)、離婚に至る理由が必要

それを演出するのが別れさせ工作です

その演出において大切なのは環境把握(現状調査)

今現在どういった関係性で何が効果的となるかの見極めです

この見極めが別れさえ屋としての経験値であり腕の見せ所、見極めが甘いと工作を仕掛けても効果は得られませんからとても重要なのです

見極めで手ごたえを感じればGOサイン

慎重に工作を仕込み仕掛けて離婚に向かうべく組み立てを行う流れです

もし見極めで厳しい難しいと判断すれば、それ以上の展開中止の進言を行うのもプロの別れさせ屋の役割だといえるでしょう

それは根拠のない希望的観測だけで依頼者心理を煽り無駄な出費を促す悪質な業者が多数存在するからです

現実的に離婚のハードルは決して低くない、だけど悪質業者の偽るハードルは相当低い、この差が依頼者さんを待ちうける罠です

ちなみに以前の悪徳業者は最初に出来だけ高額の契約を結ばせ、そこから更に追加でお金を摂取していましたが、最近は2.30万円とかの小額で契約させ、そこからローンなどで追加費用を摂取しているようです

離婚に限らず工作を検討されてる方はくれぐれもご注意くださいね

色んな意味で工作には見極めがとても重要ということです


梟 拝

応援&相談 reset.soudan@gmail.com
カテゴリ
タグ

東京と大阪

東京の街
東京と大阪

言わずと知れた日本の二大都市

おのずと別れさせ屋としての活動が多くなる街だ

依頼や相談の内容には差はないのだけど実際活動するとなると少し異なる

顕著なのは張り込み現場

東京の場合、余程の住宅街でない限り誰も我々を気にしない

気になったとしても遠巻きに様子を伺う感じ

大阪の場合、普段と違う状況に対し興味がふつふつと湧いてるのが伝わって来る

何してはるの?と普通に話しかけらるし、上手い言い訳ができると世間話にも至る

近所のオバチャンから「大変やなぁ~」とあめちゃんを貰ったこともあるくらいだ

東京の下町あたりでも声を掛けられることはあるが、それは警戒の意図が強く会話は端的かつ明確な説明が必要となる

そう考えるとどちらも一長一短ですね

まあ会社周辺は東京、住居周辺は大阪の方が張り込みしやすいと言える感じでしょうか

あっでも以前に自転車に乗った浮浪者風のオッサンに「兄ちゃん何してんの?探偵か?浮気か?」と捲し立てられて、「違う違う」と言いながら苦笑いして無視すると「他人のオ○コ邪魔して何がおもろいねん!」などと大声で叫ばれながら立ち去られたことがあったな。。。

やはり大阪恐るべし!?

いやいや東京じゃあめちゃんくれる人なんて居ないから(笑)

別れさせ屋には西も東も北も南も関係ありませんね

今日も何処かで頑張ってます


梟 拝

応援&相談 reset.soudan@gmail.com
Copyright © 略奪、離婚、復縁|別れさせ屋の裏話! All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます