月別アーカイブ:2015年12月

  • 2015/12/31前を向く話|別れさせ屋からの助言です

    もうじき今年が終わる良かったことも悪かったことも全て過去のもの今この瞬間も、過去であり、また未来の始まり時は流れるんじゃない積み重ねるもの今、今、今と積み重ねるものそれが未来。。。皆さん良いお年を!梟 拝...

    記事を読む

  • 2015/12/29恋愛診断と指南|別れさせ屋

    懐中電灯とセフレどちらも便利必要な時だけスイッチ・オン暗い寂しい夜道のお友達家の前でスイッチ・オフ家にはちゃんと電灯あるからねまたの出番を待つのですどちらも便利、懐中電灯とセフレ、似てるよね悲しいくらいに似てるよねお家の電灯になりたいねだけど懐中電灯じゃお家の電灯にはなれないよね頑張ってもキャンプ場のテントの中が限界だよね輝き方が違うからそもそもの仕組みが違うから。。。仕方がないよねだから「輝こう...

    記事を読む

  • 2015/12/26別れさせ屋の日記

    不倫のアリバイ作りで友人などの名前使ったり口裏合わせ頼む人結構多い中にお互い様だからなんて人達も結構いるようだだが私はそんな役割を頼まれたハッキリ断るだって面倒臭いもん直接会ったら私自身が嘘をつかなくちゃいけなくなるじゃん「先日は遅くまで飲んでゴメンね」なんてさそれで私が友人の奥さんや彼女に後ろめたさを抱えるのも嫌なのだ実は以前、後輩がどうしてもって頼むから口裏合わせたのはいいんだけど後日、そいつ...

    記事を読む

年の瀬に。。。

もうじき今年が終わる

良かったことも悪かったことも全て過去のもの

今この瞬間も、過去であり、また未来の始まり

時は流れるんじゃない

積み重ねるもの

今、今、今と積み重ねるもの

それが未来。。。

皆さん良いお年を!


梟 拝

懐中電灯とセフレ

懐中電灯とセフレ

どちらも便利

必要な時だけスイッチ・オン

暗い寂しい夜道のお友達

家の前でスイッチ・オフ

家にはちゃんと電灯あるからね

またの出番を待つのです

どちらも便利、懐中電灯とセフレ、似てるよね

悲しいくらいに似てるよね

お家の電灯になりたいね

だけど懐中電灯じゃお家の電灯にはなれないよね

頑張ってもキャンプ場のテントの中が限界だよね

輝き方が違うから

そもそもの仕組みが違うから。。。仕方がないよね

だから「輝こう」ってのはそういう意識改革もあるんだよね

電池が沢山残ってるうちは気付かないんだよね

でも減ってくると不安になる

そこで無理して電池を入れ替えるのはもうよそう

もう何回入れ替えたの?

何度も頑張ったよね?

もうよそうよ、ちゃんとお家の電灯を目指そうよ

それでちゃんと輝けるようになっても、その家の電灯になれなかったら、その時は諦めよう

スパッと諦めよう

あなたが照らすべき家はそこじゃないんだよ

きっと新築の素敵なお家が待ってるはず

。。。そんなことを思うのです

懐中電灯に罪はない

だけど懐中電灯のように扱われてはいけない

そういうお話しでした


梟 拝

アリバイ作り

不倫のアリバイ作りで友人などの名前使ったり口裏合わせ頼む人結構多い

中にお互い様だからなんて人達も結構いるようだ

だが私はそんな役割を頼まれたハッキリ断る

だって面倒臭いもん

直接会ったら私自身が嘘をつかなくちゃいけなくなるじゃん

「先日は遅くまで飲んでゴメンね」なんてさ

それで私が友人の奥さんや彼女に後ろめたさを抱えるのも嫌なのだ

実は以前、後輩がどうしてもって頼むから口裏合わせたのはいいんだけど

後日、そいつの浮気がバレたの

そしたら私がアリバイに加担した日のことまで全てしゃべってしまって、以来そこの奥さん私は嘘つきだからと敬遠され年賀状まで来なくなってしまったのだ

まっ後輩の家庭がそれで崩壊に至らなかったならまぁいいかっとも思うんだけど、でもやっぱりしっくりこなないところはある(浮気相手や旦那憎しでなく何で俺なのよ!?まぁ信頼を裏切ったらこうなるって顛末です)

そんな苦い経験もあり今は絶対にお断り

嘘は1つ崩れると全て崩れちゃうからね、私が工作を出来るだけシンプルにするようにしてるのもこんな経験のせいもあるかもしれません

で、もうひとつ言うと、少し前に工作依頼があって、妻と男を別れさせて欲しいとの相談だった

相手の男も結婚してるので、妻との浮気をネタに使ってもいいので、相手の奥さんに知らせるなど私(依頼者)の知らないところで終わらせてもらう流れでも良いとのことだった

じゃあ先ずは奥さんの行動を監視して密会現場を証拠として押さえましょう!と提案したところ、密会する日は事前にわかります、と答えが返ってきた

えっ何で!?と聞くと、奥さんの友人がアリバイ協力させられていて、その友人は結婚前から依頼者とも仲がよくて度重なる密会に夫婦の危機を感じ良心が痛み、夫婦関係の修復を約束に依頼者に情報を流してくれてることがわかった

こんなことを言ってはいけないが、これほど簡単に進んだ別れさせ工作はなかったです

もちろん、夫婦仲は再構築成功、友人の裏切り?も発覚せず、こんなハッピーエンドは珍しいな~となりました

。。。ってな2つの事例を交えたアリバイ作りにまつわるお話でした

あなたはどう思った?

色んなん立場で考えてみてね

アリバイを頼んだりしてる?

頼まれたら断れる?

まぁ嘘はつかないのが最善ということは間違いないですね、はい

チャンチャン♪


梟 拝

タグ
Copyright © 別れさせ屋の離婚相談|略奪への道 All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます