月別アーカイブ:2015年07月

  • 2015/07/27別れさせ屋の日記

    恋愛依存症依頼者がこれに陥ってると何を言っても届かない逆に反論され攻撃されてしまうことも珍しくないいつだったか工作員を効果的に近づけ興味を持たせる為に対象者との距離を少し置いて欲しいと依頼者にお願した一旦は快諾頂いたが、いざ誘われたら私のお願いの件などどこ吹く風で喜び勇んで逢いに行く1度ならずもその次もまた次も。。。それでベットの上でう~んとサービスして対象者を満たしてしまうのだから工作員に対して...

    記事を読む

  • 2015/07/25不倫の嘘

    不倫って何なんですかね?現場への移動中に女性スタッフのIさんからの突然の質問私、う~ん。。。としかと答えれずすると彼女は、何で不倫するんですかね?と問う私、したことないの?彼女、ないですよ私、じゃあこれからもしないことだね彼女、何なんだろって思います私、そこは理屈じゃ語れないよね、だけど流されたり騙されて堕ちてはいけないところだということは知っておかないと女性は損をするだろうね彼女、男性は損をしな...

    記事を読む

  • 2015/07/24別れさせ屋が見たダメな男

    以前、下種な相談が届いたことがあった彼女が妊娠したのだがどうやったら別れられる?工作で別れさせて欲しい内容はこれ↑ふざけるなって話(怒しかもイイ年した男じゃねえか!その上、結婚して産ませてあげたら?の私の返事に、、、結婚は考えれない付き合うにはいいけど家庭向きではない料理下手理屈っぽいので面倒毎日だとキツイ、、、との回答ならばと、避妊はしたの?と問えば大丈夫だと思って中で。。。その時はもしもの時は...

    記事を読む

  • 2015/07/23失恋と別れさせ工作

    悩み事の落とし所は自分との対話恋愛であっても同じ恋愛で悩んでるなら相手に問題があることも大いにあるだろうが最後は自分との対話そこに答えはあるなので悩んで悩んで悩み疲れて思考停止気味の人などは自分との対話を正しく行えていないということになる恋愛において何故正常しく自分と対話できないかというと、悩みからは解放されるかもしれない選択肢には大きな喪失感や孤独感が伴うので、それを希望的観測が打ち消してるのだ...

    記事を読む

  • 2015/07/22恋愛診断と指南|別れさせ屋

    恋愛は弱肉強食選ぶも選ばれるも戦い平和に共存共栄なんてのはあり得ないこれ本当ですもしも平和に暮らし恋愛成就してる人がいるとしたら戦い方を知ってた(悟ってた)ってこと弱肉強食を認識してたからこそ優位に戦い勝ち得たのだそういう人に限って、そんなの知らな~い。。。って顔してるけど隠してるだけ戦士の顔を武器を隠してるだけそれが恋愛これは肉食男子や肉食女子が勝つってこといってる訳じゃない草食系には草食系の戦...

    記事を読む

  • 2015/07/15輝くために|別れさせ屋からの提案です

    輝けない人の特徴として、輝きを見て欲しい人を意識しすぎ!というのがあるまあ意識するのは仕方がないことなんだけど、でもそれじゃ駄目輝くってのは誰かのものじゃなくアナタ自身が輝くってこと当然その光は1人の人を照らすのではなく周囲の沢山の人を照らすものそうでないと本当の魅力とはならないまた1人の人を照らすように追いかけてると照らされた者も迷惑だし、周囲の人達も明らかな一方向への明かりが点いたり消えたり、あ...

    記事を読む

  • 2015/07/14別れさせ屋の日記

    仕事柄いろんな場所で車内で待機することが多いですそんな時はショッピングセンターや家電店やホームセンターなどの駐車場に潜むわけですが、そこでよく見かける光景がありますそれは不倫と思われる待ち合わせ(合流)互いに車でやってきます、男性が先に来ることもあれば女性が先に来てることもあります年齢も20歳くらいの女性と40代の男性ってのもあれば、男女ともに60代のカップルも居られます40代の高級車に乗ったマダムが20代...

    記事を読む

  • 2015/07/07サイコパス

    相談者女性の20人に1人くらいはその被害者だったりするというお話それは恋愛相手がサイコパス男だということサイコパス。。。簡単言うと超自己中な嘘つきですそこには罪の意識などありません満たされない自分を満たすため欲望を満たすのはゲームであり快感、ただそれだけですそれがサイコパスちなみにWikipediaでの定義は下記の通り。。。・良心が異常に欠如している・他者に冷淡で共感しない・慢性的に平然と嘘をつく・行動に対す...

    記事を読む

恋愛依存症

恋愛依存症

依頼者がこれに陥ってると何を言っても届かない

逆に反論され攻撃されてしまうことも珍しくない

いつだったか工作員を効果的に近づけ興味を持たせる為に対象者との距離を少し置いて欲しいと依頼者にお願した

一旦は快諾頂いたが、いざ誘われたら私のお願いの件などどこ吹く風で喜び勇んで逢いに行く

1度ならずもその次もまた次も。。。

それでベットの上でう~んとサービスして対象者を満たしてしまうのだから工作員に対して中々チャレンジしてこない、進展しないのだ

なので、距離を置いてもらう旨の確認をすると、好きな人に誘われて何で断らなくてはいけないのか!と逆切れされてしまった

間違ってますか!?好きな人に誘われたら嬉しいじゃないですか!?

いやいや正しい間違いでなく、作戦のことはご理解いただけましたよね?

じゃあいいです、我慢できないので他の作戦にしてください

えっ。。。

その話を持ちかえると、誰の為の何の為の工作だよ!?ってスタッフ一同シラけてしまったのを覚えてる

あれほど対象者の解析を行い作戦の趣旨を説明したのは何だったのであろう、最後は唖然とするしかなかった

まあこの手の依存に陥ってる依頼者は、対象者の術中にあるといってもいいくらい完全にコントロール(調教)されているといえる

言い換えるとそれら対象者には共通点があるということ

それはある特殊な性癖を持ってること(程度や種類の差はあれどノーマルでは無い)

そんな対象者だから自分のターゲットとなりうる者を見抜く目や調教する手腕には長けてる者が多いのだろう

だから私のお願いなど届きやしない

依存体質を見抜きながらジワジワと調教する侵略者

残念ながらそこには依頼者が求める恋愛感情など見えはしない、あるのは性癖、欲求

時間の経過とともにそれは顕著に浮かび上がる

哀れ依存者、恐るべき調教者

だけどやはり声は届かない

気がつけばいつしか私達が悪者邪魔者になっていた

恋愛依存症傾向の強い方は注意されたし!

別れさせ屋の独り言でした


梟 拝

タグ

哀しい絆

不倫って何なんですかね?

現場への移動中に女性スタッフのIさんからの突然の質問

私、う~ん。。。としかと答えれず

すると彼女は、何で不倫するんですかね?と問う

私、したことないの?

彼女、ないですよ

私、じゃあこれからもしないことだね

彼女、何なんだろって思います

私、そこは理屈じゃ語れないよね、だけど流されたり騙されて堕ちてはいけないところだということは知っておかないと女性は損をするだろうね

彼女、男性は損をしないんですか?

私、厳密には損得の話じゃないけど、男が不倫してたって言えばある種の武勇伝にもなるけど、女性が不倫してたっていうと悲しい恋のイメージが強くない?

彼女、そういうことですか、確かにそうかもしれませんね

私、永ちゃんの曲にもあるだろ「哀しい~絆を~情事と呼んだ♪」ってまさにそれさ

彼女、???知りません。。。

私、えっ。。。

彼女、有名なんですかソレ?

ガ~~~~~ン!

ジェネレーションギャップ勃発!

何と説明しようかと考えてたら、ちょうど現場に到着

私、さぁお仕事お仕事(現実逃避気味)

彼女、はい頑張ります!

・・・・・世代は違えど別れさせ屋として目指す目標はただ1つ

情事は無いけど、彼女と私の哀しい絆のお話でした(なんじゃそりゃ?)

チャンチャン♪


梟 拝

カテゴリ
タグ

馬鹿男

以前、下種な相談が届いたことがあった

彼女が妊娠したのだがどうやったら別れられる?

工作で別れさせて欲しい

内容はこれ↑

ふざけるなって話(怒

しかもイイ年した男じゃねえか!

その上、結婚して産ませてあげたら?の私の返事に、、、

結婚は考えれない

付き合うにはいいけど家庭向きではない

料理下手

理屈っぽいので面倒

毎日だとキツイ

、、、との回答

ならばと、避妊はしたの?と問えば

大丈夫だと思って中で。。。

その時はもしもの時は結婚しても良いかなってのも少しあった

でも冷静になるとやっぱり無理

、、、との回答

全く持って話にならん馬鹿男だった、目の前にいたらぶん殴ったかもしれない

だが母子のこともあり放置も出来ず何度かメールをやり取りして私の考えや思いを伝えた

勿論、そんな工作は受けれないと断りも伝えた上での対応だった

そして最後に、素直に彼女に謝りなさい、と書き加えた

「こんな父親では生まれてくる子が不幸だ」と考えたからだ

以降、連絡は途絶えた

無責任な返信を見てはイライラし腹立たしく相手にしたくなかったが途絶えると少し気になった

馬鹿男はちゃんと謝ったのか?

彼女はどうするのであろう?

こんな馬鹿男が野放しだと危険だ

。。。こんな感じであった

しかし多忙に追われいつしか忘れてた

で、先日、その馬鹿男からメールが届いた

以前彼女が妊娠して別れさせて欲しいと相談した者です

厚かましく不躾は承知の上で。。。と始まっていた

内容としてはどうやら子供が難病らしく良い医者や治療の術は無いかと知人らに相談してるところらしかった

それで地方在住であったこの男は全国を飛び回る私にも情報を求めたのであった

ほんと厚かましい男だ、思い返してちょっと不快になった

しかしその子供の年齢からするとどうやらあの時の子供と思われる(がしかし確認できない、そうであっても、なくてもこの男の真剣さは伝わってるのだ)

ちょうど医師の友人と食事をする予定があったのでその旨を伝えたところ、分野が違うし面識はないが一度そこで診てもらったらどうだと病院を紹介された

そしてそれを男に告げた(少し遠方ではあったが)

後日お礼のメールをもらった

そこで初めて聞けた、お子さんはあの時の?

答えはYESだった

その後の経過も教えてくれた(割愛)

馬鹿男がいっぱしの父親になっていた

夫婦も円満だそうだ

人が生まれ変われる可能性を痛感した

いやそれだけ子供が尊いということかもしれないとも思った

・・・・穏やかな午後が訪れた

イイことがあったので今日は一杯ひっかけて帰ろう♪

ある日の出来事でした


梟 拝

ぺしゃんこになる前に

悩み事の落とし所は自分との対話

恋愛であっても同じ

恋愛で悩んでるなら相手に問題があることも大いにあるだろうが最後は自分との対話

そこに答えはある

なので悩んで悩んで悩み疲れて思考停止気味の人などは自分との対話を正しく行えていないということになる

恋愛において何故正常しく自分と対話できないかというと、悩みからは解放されるかもしれない選択肢には大きな喪失感や孤独感が伴うので、それを希望的観測が打ち消してるのだろう

いわば心の悩みを頭で考え対処しようとすると心の騒ぎ出した不安が頭に待ったをかける

それで申し訳程度の材料に希望的観測を見出したかのように頭から心に伝達する

もう少し信じてみよう、頑張ってみよう、何とかなるさ・・・・それで元の鞘に収まるのだろう

程度の大小はあれど誰でも似たような思考経験はあると考える

その上であえて言わせていただこうと思う

。。。選択肢は、現状を受け入れるか受け入れないか、只それだけ

もっというならば受け入れないし我慢もしないとする拒否カードは自分が持ってるということ

なのでそれを使わないのは自分の責任

相手が駄目な奴ほど自分の責任

孤独や不安から逃げたのは自分なんだから自分の責任

どんなに巡り巡ったって最後の最後は自分の責任

だから悩みの落としどころは自分との対話なの

決して駄目な奴を擁護してる訳じゃない

愛した人を信じたいがために希望的観測で逃避した人を責めてる訳でもない

只々自分との対話を大切にしてほしいと思うし切に願ってるのです

心がぺしゃんこになる前に届けばいいなと願うのです

ぺしゃんこになられた方の前では私は無力です

傷は浅い方がいい。。。


梟 拝

タグ

弱肉強食

恋愛は弱肉強食

選ぶも選ばれるも戦い

平和に共存共栄なんてのはあり得ない

これ本当です

もしも平和に暮らし恋愛成就してる人がいるとしたら戦い方を知ってた(悟ってた)ってこと

弱肉強食を認識してたからこそ優位に戦い勝ち得たのだ

そういう人に限って、そんなの知らな~い。。。って顔してるけど隠してるだけ

戦士の顔を武器を隠してるだけ

それが恋愛

これは肉食男子や肉食女子が勝つってこといってる訳じゃない

草食系には草食系の戦い方があるってことです

肉食系だって上手に戦わないと強敵には勝てないということです、はい

となるとまずは自己分析でしょうね

自分は肉食?草食?

自分のスキルは?戦闘能力は?武器は?

その上で相手を見る目を養い戦い方を考え覚える

間違っても草食なのに肉食系の友人にふら~っとついて行って何の対策も無く肉食系の檻に入ったりしたら駄目

あっという間に食い散らかされて終わりです

あのひと夏の悪夢は何だったの!?ってことにもなるのです

なので彼氏欲しい~彼女欲しい~で簡単に動いてはいけません

だからまずは自己分析、これが大切です

そしてそこから戦う覚悟を持つ

幸せになるんだ!幸せになりたいんだ!って認識です

全てはここから始まります

ちなみにカッコイイとか綺麗とか可愛いとかの評価を得てる人が戦いに敗れる確率が高いです

それはチヤホヤされて勘違いしてしまったのがその敗因だと考えられます

自ら考えたり努力することを怠ったからですね

恋愛は弱肉強食!

選ぶも選ばれるも戦いです!


梟 拝


※「別れさせ屋の裏話」は「復讐工作の●組」とは一切関係御座いません、1mmも関係ありません、お間違いなきようお願い致します。

正しく輝く

輝けない人の特徴として、輝きを見て欲しい人を意識しすぎ!というのがある

まあ意識するのは仕方がないことなんだけど、でもそれじゃ駄目

輝くってのは誰かのものじゃなくアナタ自身が輝くってこと

当然その光は1人の人を照らすのではなく周囲の沢山の人を照らすもの

そうでないと本当の魅力とはならない

また1人の人を照らすように追いかけてると照らされた者も迷惑だし、周囲の人達も明らかな一方向への明かりが点いたり消えたり、あっちに行ったりこっちに来たりで裏表のある人間性に疑問すら持たれていたら応援なんてのも望めもしない

それってむしろマイナスでしょ!?

輝けていないでしょ!?

そういうこと!!

それでも私は大丈夫、上手くやってるから大丈夫って勘違いしてる人が多数いる

その勘違いの筆頭が、中途半端にモテてる人

他の人から誘われたり好意を持たれてるから上手く輝けてると勘違いしてる

それで余計でも周囲への明かり以上に1人の人を照らすからそれが安売りに繋がってると気付かない

結局、意識しすぎてるのは同じなのです

主導権を握ろうとして振り回されているのです

これじゃ輝いたことにならないのです、輝けていないのです

だから言っておきます

目指すべき輝くイメージとは部屋の照明で例えるならばズバリ!天井の蛍光灯です

間違っても懐中電灯であってはいけません

スポットライトやデスクライトでもありません

全方向に輝けるならシャンデリアでもかまいません

間接照明ならば隅よりは真ん中、低いよりは高いところをイメージしてください

その位置関係が大切です

アナタは誰のものでもなくアナタ自身のものです

アナタの人生はアナタが中心なのです

意識しないとはそんな感じのものです

それが自然体への道です

輝ける自然体です

その位置感覚が自分で理解出来てくると思考が心に勝るので無駄に振り回されて苦しむことは大幅に減ります

だから大切なのです、正しく輝くこと

いかがでしょうか?


梟 拝

ある日の観察

仕事柄いろんな場所で車内で待機することが多いです

そんな時はショッピングセンターや家電店やホームセンターなどの駐車場に潜むわけですが、そこでよく見かける光景があります

それは不倫と思われる待ち合わせ(合流)

互いに車でやってきます、男性が先に来ることもあれば女性が先に来てることもあります

年齢も20歳くらいの女性と40代の男性ってのもあれば、男女ともに60代のカップルも居られます

40代の高級車に乗ったマダムが20代の軽自動車に乗った青年をピックアップして何処かに消えることもありました

んん?

何で不倫だと分かるかって?

それにはある共通点があるんですよね

まず車を止める位置、そして合流した時の様子、何より普通のカップルとは違う空気が流れてます

あと結構な割合で女性が艶っぽいです

男もおしゃれして恰好つけてる方もいますがどちらかというと表情などから打算的な印象が多いです

そんなところからも不倫であっても女性は心から動いてて、男は下半身から動いてるなってのが表れてるなと感じます

先日も浅い夜でしたが見かけました

あっ間違いないなと私は直感しました

一緒に居たR君に、あの人達は不倫だねというと、えっ何故ですか?歳も同じくらいで普通のカップルでしょ?と彼は言いました

私は、いや違うな男は結婚してるよ、そしてこの関係を面倒に感じ始めてるはず・・・と解説しました(だって全然楽しそうでなかったのです)

R君は、え~何故分かるんですか?と問うので私は感じた要因を幾つか伝えました

私は続けて、だからこの後に飯にも行かないよ、このまま車内で話して終わりか、どこか近場で車内でHして終わり、そんなパターンだね、とまで加えました

R君が、じゃあ今夜の仕事が終わったあとの食事代を賭けますか!?というのであと1時間半くらいの時間を持てあましていた私は受けました

そして観察開始

車内で約10分くらいカップルは話をしていた(男性の車に女性が乗車)

すると車は動きだし駐車場を出る。。。もちろん追跡

飲食店に入れば私の負けが確定する

ほどなく国道を走り脇道へ、そして誰もいない暗い川土手下りていく車

どう考えてもそこで出来ることは1つだけ

雨が降ってるから花火も出来ません

R君は負けを認めました

私達の車は土手を下りることなく来た道を戻りました

駐車場に戻って待機してると30分くらいして例の車が戻ってきました

そしてカップルは互いの車でそれぞれの方角に消えました

その後、私達は仕事を終えR君の支払いで食事に行きました

彼は、何でもいいですよ!と言ったが私は牛丼にしました

実はR君には言いませんでしたが男の左手の薬指に指輪を見出していたのです

それで申し訳なくて謙虚に牛丼です

でもそれ以上にそんな空気が漏れてたのです、あるのです不倫臭ってものが、見えるのですよねそれが私には。。。

食事をしながら別れ際の女性の笑顔が悲しかったことを思いだしました

観察能力や訓練は大切だけどこんな時はマイナスですね

何だかちょっと後味悪くて私はR君を飲みに誘って夜の街に消えたのでした

チャンチャン♪

。。。ある日の出来事でした


梟 拝

タグ

サイコパス

相談者女性の20人に1人くらいはその被害者だったりするというお話

それは恋愛相手がサイコパス男だということ

サイコパス。。。簡単言うと超自己中な嘘つきです

そこには罪の意識などありません

満たされない自分を満たすため

欲望を満たすのはゲームであり快感、ただそれだけです

それがサイコパス

ちなみにWikipediaでの定義は下記の通り。。。

・良心が異常に欠如している
・他者に冷淡で共感しない
・慢性的に平然と嘘をつく
・行動に対する責任が全く取れない
・罪悪感が皆無
・自尊心が過大で自己中心的
・口が達者で表面は魅力的

。。。これです

はっきりいって病気です、嘘のようですが本当にそう振舞ってるのです

しかし当事者にはその面は見せていない(ボロは出さない)から見破れない

じゃあロクでもない奴かといえば逆、立派な社会人です、それを演じてます

んん!?これらが恋愛関係においてどう振舞うかって?

離婚する気も無いのに離婚するという

産んで欲しくないのに子供が欲しいと避妊しない

↑これ定番↓

過去の恋愛や結婚生活で被害者を装い同情を誘ったり。。。はお手の物

とにかくこれでもかって嘘をつくから性質が悪い

ギリギリまで真っ直ぐに迫るから疑う余地も無く信じてしまう被害者多く、最後には自分を犠牲にしたり責めることも珍しくない

・私が我慢すれば大丈夫
・彼の気持ちをもっと汲んであげないと
・私が至らないんだ頑張ろう
・彼には私が必要、それが私の生きがいだと自らに言い聞かす

↑こんな感じ

で、相談受けお話を伺ってる段階で、怪しいな~と気付くのですが確証は無し(わたし的には偽善者で嘘付きは高確率でビンゴ)

しかし依頼となってその者の行動を追ってると、あ~やっぱり!となるのです

・発言に伴わない行動が複数
・振り向いた際の表情の一変
・基本、目が死んでる(無表情)

そこまで分かると依頼者にその旨は伝えます

そういった病質が疑われると伝えます

しかし頭では理解できても心は受け入れられない、これが多くの方の反応です

当然依頼は続行となります

それで成功に至れば依頼者は望み通り昇格します

でもその幸せは永くは続きません

だって彼氏または旦那さんはサイコパスなんだから。。。

病気ならば治療も出来る、だけど大切な思考が欠落した体質なのだから治療の術すらない

そんな病質がサイコパス

間違って同情などしていたら人生を食いつぶされます

本当なのです

心身ともにボロボロになった方を沢山見てきました

その方たちの共通の言葉は、そんな嘘をつく人が世の中に居るとは思いませんでした。。。です

それとなく気付いたらフェードアウトです

自らの意思で相手を刺激せずにフェードアウトです

それしか身を守る方法はありません

お気を付け下さい

ちなみに20人に1人がサイコパス被害者だとするとサイコパスはそんなに多く居るのかというとそうではありません

嘘に振り回され泥沼化した恋愛の20人に1人という割合ですからその数はその計算より少ない筈です

でもでも確実に存在しますからこれを機会に認識は持ってください

サイコパスには要注意!

嘘のようなホントの話です


梟 拝

カテゴリ
タグ
Copyright © 別れさせ屋の離婚相談|略奪への道 All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます

まとめ