月別アーカイブ:2015年06月

  • 2015/06/25略奪愛

    不倫に本気も遊びもあったもんじゃないんだけど休日の使い方でその本気度というか現実逃避度は見えてくる(既婚者側の話)簡単にいうと平日しか会ってないならほぼ間違いなくセフレで終わる(97%以上)離婚するだの、好きだの、愛してるだの、子供を産んで欲しいだの、何を言われてたとしてもセフレです結局、仕事を理由に遊んでる範疇ってこと帰宅が遅くなる理由、外泊になる理由、全て仕事言い換えると、浮気を仕事と偽り、家庭...

    記事を読む

  • 2015/06/23駄目な男

    女性の方から意外によく質問されること・・・・ダメ男をどう思うか?はいはい、実は男は皆ダメ男(これ本当)何?そのレベルの話じゃない!?(こりゃ失礼しました)うーん、浮気、ギャンブル、嘘に関するものはある意味定番中には仕事しないってのもあるけど、そりゃ論外かなつうかそれらは本当は既に自分でアウトって思ってる彼氏を、私や他の一般ではどうなのか?の確認というか一種のフィルターを介して再評価してみたいっての...

    記事を読む

  • 2015/06/22夫婦の話

    ある日、浮気してる女を別れさせてくれますか?と女性から相談を受けたその問いにはいつものように、詳しく状況を伺わせてください・・・と質問へと発展し、結果的に後にお受けした状況は簡単に言うとW不倫であった自分の旦那とよその女房が浮気してるってことで、そのよその女房の排除を目論み、浮気してる女を別れさせて欲しい!との最初の一言に繋がった模様まっこういっては何だけど状況としてはよくある話でもね、ちょっと違...

    記事を読む

  • 2015/06/20梟が考える別れさせ屋

    別れさせ屋ってのはゼロから100を作れる者ではないです別れうる可能性を1でも2でも見出し(理想は10でも30でも多い方が良いに決まってる)、それを50.60.70と増幅させ(積み重ね)100を目指すのが工作です言い換えるとカップルの双方が何かの価値観に基づき絶対に別れないと考えてる状態があるとしたこれはゼロそこに工作の効果は得られません、何をしても無駄(糠に釘と同じようなもの)諦めるか、時期をズラすべきでしょう、これ...

    記事を読む

  • 2015/06/03夫婦の話

    元の関係に戻りたかったら許しなさい今すぐでなくってもいいから許すチャンスをあげなさい、そういうこと結論的に許せるわけないなら別れるしかないです恨み辛みを並べ続けて針のむしろの上で飼い殺しにでもできると勘違いしてたら大間違い愛しさ余って憎さ百倍ってのは理解出来るけど、それじゃ何も解決しないまたいつかあなたは必ず取り残されるそん時は自業自得だよそこからの修復はほぼ可能性ゼロだよその覚悟があるなら好きに...

    記事を読む

不倫の休日

不倫に本気も遊びもあったもんじゃないんだけど

休日の使い方でその本気度というか現実逃避度は見えてくる(既婚者側の話)

簡単にいうと平日しか会ってないならほぼ間違いなくセフレで終わる(97%以上)

離婚するだの、好きだの、愛してるだの、子供を産んで欲しいだの、何を言われてたとしてもセフレです

結局、仕事を理由に遊んでる範疇ってこと

帰宅が遅くなる理由、外泊になる理由、全て仕事

言い換えると、浮気を仕事と偽り、家庭では良い夫や妻を演じ続けてるのです

休日は家族の為に、家族と共に、そこに無意識にしろ結論が出てるといえるのです

だから、今浮気がバレると離婚の時に不利になるから休日は我慢して~なんてのにも騙されちゃダメ

断言するよ、3年5年いや10年待っても状況変わらず、離婚はしません、できません

こう言っちゃなんだけど本人が離婚する気が無いんだから話が進むはずはないのです

本気で離婚する気があれば休日の使い方が違います

数多くの不倫してる者の休日を見てきた私が言うのだから間違いありません

じゃあ休みの日に逢ってる私たちは本物ね、な~んて思い込みは危険

そこにも言訳できる背景があるなら、それ以上の進展は望めない

その言訳:家族を傷つけず犠牲にしていないもの、それである

前者後者の共通点は家族に嘘ついて遊んでるだけって話

本当のことをいって遊んでるなら、ひょっとしての本気(極めて少数)か現実逃避(九分九厘)ってことですね

ちなみにこの現実逃避、被害者意識が原動力です

だから被害者ではないと分かれば(気づけば)、嘘のように元の鞘に収まります

嘘のような本当の話!

・・・・・で、何が言いたかったかっていうと

それはね、工作の時はこれらのいわばある種の法則を逆手に取ることが大切ということ

嘘をついて遊んでる人には事実を晒すとダメージはのぞめるでしょう(演じていたものが崩れる、信頼関係の崩壊、もちろん使い方が重要)

でも現実逃避してる人の事実を晒すと元に戻ることの手助けとなる逆効果もあるから慎重に材料を集めたり使い方を更に検討する必要があるということ

ん、なぜ逆効果になるか?

それはね、逃避ってのは拗ねてすれ違いを演じてるだけだから。。。

なんで浮気したの! → どうせ必要ないんでしょ! → そんなこと無いよ、でもゴメン! → えっ必要なの?許してくれるの? → 戦意喪失で逃避止み修復

こんな嘘のような展開があるので注意が必要

いうならば前者(平日のみ)は浮気がバレたら取り返しがつかないと考えてる証

後者(休日あり)はバレても許してもらえるとも思ってる甘さあり

このように色々あるのです、だから工作は心理戦、これは基本中の基本だけどね

まあ何にしても不倫してる人の休日の過ごし方は大切な情報源となるのでした


梟 拝

カテゴリ
タグ

避けるべし

女性の方から意外によく質問されること・・・・ダメ男をどう思うか?

はいはい、実は男は皆ダメ男(これ本当)

何?そのレベルの話じゃない!?(こりゃ失礼しました)

うーん、浮気、ギャンブル、嘘に関するものはある意味定番

中には仕事しないってのもあるけど、そりゃ論外かな

つうかそれらは本当は既に自分でアウトって思ってる彼氏を、私や他の一般ではどうなのか?の確認というか一種のフィルターを介して再評価してみたいってのが本音のようだ

なので、あなた自身が幸せなら、その彼氏が必要なら、それでいいじゃん!仕方ないじゃん!って話になります

これはまだ彼氏でなくともこれから出会う相手であっても同じこと、本当にダメなら受け入れられないって、彼氏にしないって、そのレベルの話です

よって他人の評価なんて何にも意味は持たない

浮気したって戻ってくるんだろう!?(許すよね)

ギャンブルだって盗んだ金でやってるわけではないんだろう!?(一緒に楽しんだこともあるのでは?)

嘘にしたって仕事しないのだって、そこに何かしら母性本能をくすぐられたりしてんでしょ!?

だからアウトって思いながらも受け入れてんでしょ?

じゃあいいじゃん、仕方ないよ

本当に受け入れられなくなれば、そん時が別れ時

世間じゃ情だの腐れ縁だのいうけど、そこで悩んでる人ってのは実はそんなダメ男だからこその心地良さを得てるんだよな、だから続くし続けれる(違う?)

それは単純に守ってあげたい母性本能、もしくは自らもダラしない一面を持ってる、このどちらかが当てはまるはず

なので受け入れれる限りは受け入れるがヨロシ(というか仕方ないじゃん、何かしら必要としてるんだから)

すなわち、需要と供給の一致、もしくは、似合いのカップルってこと

こんな見解です

えっ何?

そんなのは自分でも薄々気づいてるって?

そんなんじゃなく事前に受け入れては危険だってのを教えてくれって!?

はいはい、了解

う~ん、どれにしよう、あーやっぱりこれかな。。。

それは過去にも何度も言ってるんだけど、嫁や彼女の悪口や不満を言って口説いてくる男は避けておくのが鉄則

あなたがそれを真に受けて受け入れるならば泥沼に足を踏み入れると覚悟すべし

仮にポジションアップしてあなたが彼女になろうと嫁になろうと泥沼に変わりなし

私なら彼を幸せにしてあげれる・・・大間違い

今度は外であなたの悪口や不満が流れ出るだけです

それを聞いて、あぁなんて可愛そうな人~なんて思ってくれる新たな女性が現れたら、あなたは過去の人、はいサイナラ~とお払い箱

そういうことです

もしくは悪口や不満はタラタラ言うけど実際の関係はラブラブってオチも珍しくない

稀に本当に不仲だったりするけど、それは単なる喧嘩であって、驚く短期間で仲直りしてたりします、こちらも珍しくないです(まさに夫婦喧嘩は犬も食わない)

どちらにしてもそん時は彼女にも嫁にも昇格はできません

愛人もしくはセフレで終わり

そういうことです

だから嫁や彼女の悪口言って口説いてくる男は避けるべし、間違いないと思います

いかがでしょうか?


梟 拝

カテゴリ
タグ

大切なこと

ある日、浮気してる女を別れさせてくれますか?と女性から相談を受けた

その問いにはいつものように、詳しく状況を伺わせてください・・・と質問へと発展し、結果的に後にお受けした

状況は簡単に言うとW不倫であった

自分の旦那とよその女房が浮気してるってこと

で、そのよその女房の排除を目論み、浮気してる女を別れさせて欲しい!との最初の一言に繋がった模様

まっこういっては何だけど状況としてはよくある話

でもね、ちょっと違和感あり

そう、この事態の本質は彼女にとって、よその女房が浮気してるんじゃなくて自分の旦那が浮気してるってこと

しかし彼女にそういった認識は全くなし(避けてる感じ)

あくまでも旦那と浮気してる(旦那を誘惑した!?)その女を排除したい、そのようだった

私は工作の前に旦那さんとの対峙をお勧めした

しかし彼女の答えはNO!

別れさせてくれたらそれでいい、その一点張りだった

仕方なく私たちは工作に入った

次第に情報は集まった

どうやらこの不倫は互いに再婚を目指してることが判明した

その為にあれこれと動いてることも確認できた

と同時に、その間の彼女と旦那さんは互いに挑発してるようでもあり、無視してるようでもあった(結果的に歪んだ関係、互いに潰し合い!?)

なので再度、旦那さんとの対峙を勧めた(旦那さんの様子から戻れる場所の模索が見えた気がしたから)

しかし彼女の答えはここでもNO!

別れたらそこから何とかするから今は触れたくない、そんな感じだった

私たちは継続した

相手の旦那さんが何も知らないことだったので、それらを軸にこの不倫を潰した

結果は成功である

しかし彼女のもとに旦那さんは戻らなかった

女とも別れ、彼女とも別れたのだ

彼女の目論みは大きく外れたといえる

落胆は見てとれた

やはり違和感を感じた思考や言動の歪がその運命を導いたのだろう

彼女ら夫婦に何があってそうなったのかは知らないが、あの時逃げずに旦那さんと対峙してたら彼女にとっての結果は変わったかもしれない、強くそう思う

もう少し強く勧めるべきだったか、その反省もあるし、あれ以上は言えない、この狭間である

契約に基づき成功報酬を受け取ったが、あまり嬉しくなかったのを覚えている

蒸し暑い初夏の思い出だ


梟 拝


※教訓:逃げちゃダメ、意地を張らずに本音は言おう、対峙は大切向かい合おう

カテゴリ
タグ

別れさせ工作を語る

別れさせ屋ってのはゼロから100を作れる者ではないです

別れうる可能性を1でも2でも見出し(理想は10でも30でも多い方が良いに決まってる)、それを50.60.70と増幅させ(積み重ね)100を目指すのが工作です

言い換えるとカップルの双方が何かの価値観に基づき絶対に別れないと考えてる状態があるとしたこれはゼロ

そこに工作の効果は得られません、何をしても無駄(糠に釘と同じようなもの)

諦めるか、時期をズラすべきでしょう、これがプロの見解です

そういった見極めも大切なのです

ただこれを外から見極め見定めるのは簡単ではない

依頼者が対象者らと接点があるならば、その内からの情報も大切でじっくりと伺うのです

また依頼者の言動でそれら情報を引き出せたり関係性の変化も望める可能性もあるので助言など行うことも珍しくは無いです

そして色んな情報を得て重ねて考察するのです

・・・・これが工作

しかし、そんなところはどうでもいいから別れさせてくれりゃいいって人もいる

考えは分かるが、そんな簡単なものじゃないのです

なんでそんなに簡単に考えれるのだろう

簡単だと謳うヤツがいるから?

だとしたら、もうこれだけ長年ブログで書いてるんだから目を覚まそう

それともお金で何でも買えると勘違いしてるからだろうか?

もしもお金で人の心が買えると考えるなら、依頼費用を全部プレゼントに回したらいい(キャッシュでも物品でも)、それがその金額の最高価値であり効果となるでしょうよ

そんなことです

工作は心理戦

可能性あってこその心理戦

お忘れなく&勘違いされませんように


梟 拝


※このブログの主である梟と梟組なる業者とは1mmたりと関係ありません、お間違いなきようお願します


タグ

浮気(されちゃった編)

元の関係に戻りたかったら許しなさい

今すぐでなくってもいいから許すチャンスをあげなさい、そういうこと

結論的に許せるわけないなら別れるしかないです

恨み辛みを並べ続けて針のむしろの上で飼い殺しにでもできると勘違いしてたら大間違い

愛しさ余って憎さ百倍ってのは理解出来るけど、それじゃ何も解決しない

またいつかあなたは必ず取り残される

そん時は自業自得だよ

そこからの修復はほぼ可能性ゼロだよ

その覚悟があるなら好きにされると良いでしょう、私がアレコレいうことじゃない

そりゃ妻や夫の場合その権利は主張できるよね

でもね寂しいよね

本当は望んでるのは求めてるのはそんなものじゃないでしょ?

そりゃ浮気は許されることじゃない

でもやり直したけりゃ許さなきゃ

反省のチャンスをあげなきゃどうしようもないです

と同時に自らも反省

自分磨きを怠っているんじゃない?

異性として向き合えてる?

結婚って手抜きで相手を拘束できる魔法じゃないからね

そのまま一生安泰ってエスカレーターでもないからね

結婚で得られる権利があるように離婚って制度も法律は認めてます

そこが多くの場合の落とし穴って言うか見えていない人多いよね

だから反省も大切って話

もう一度言っておくけど浮気は良くないこと、されれば悲しいし、多くの人が傷つく

だけど仲直りするには許さなきゃ

許すチャンスあげなきゃ、そして自分もちょっと反省、それが愛

そしたら光も見えてくるって話

愛人の排除もそこから始まるんだな

・・・・っていうと何だか節操がないようだけど、俺はどちら側の味方かって?

そりゃ愛の有る方の味方です、ってか愛に勝る工作ありません

工作に崩されるようなら所詮はフェイク

崩せなきゃ、工作が悪いか、本物の愛ってことですかね

いかがでしょうか!?


梟 拝


※当方、復讐工作代行業者とは一切関係ございません、復讐やってません、くれぐれもお間違えなきようお願い申し上げます。

カテゴリ
タグ
Copyright © 略奪、離婚、復縁|別れさせ屋の裏話! All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます