月別アーカイブ:2014年09月

  • 2014/09/27別れさせ屋の日記

    ある日、夫と愛人を別れさせてください、と依頼があった夫は既に家を出て別居中、というか愛人宅(女性の実家)に転がり込んでいるしかしこの夫婦、実はまだ入籍していないよって夫婦ではないだが問題は奥さん(話の流れ上、このまま表記)が妊娠してると言う事実だった、お腹はかなり大きいだから一刻も早く別れさせたいそして入籍したうえでちゃんと子供を産みたいと切なる願いしかしこの夫、嫁からDVがあったから別れたいんだ...

    記事を読む

  • 2014/09/25業者選び、クチコミと成功率

    残念ながら工作に失敗はつきものですこれは絶対に目をそむけたり誤魔化したりしてはいけない事実です人の心理誘導なんてそんなに思い通りには完結しませんネット上で出鱈目な数字並べて競い合ってるインチキ業者の成功率の数字を鵜呑みにしてる人からすると信じられないでしょうがこの話は本当です私にも成功率のことを問われる方が居ますが、相談を伺っただけで成功率なんて算出なんてできません過去の実績を問われるにしても、条...

    記事を読む

  • 2014/09/22不倫

    結論的に既婚男性との不倫は密会3回目以内で関係を清算し終了とすることが望ましいです既婚男性との不倫、大きく分けてパターンは3つ①男性からの猛アプローチで始まるパターン②女性からの猛アプローチで始めるパターン③どちらともなく、なんとな~く始まったパターンこの3つ結果的に男とすれば、どれも浮気①の猛アプローチ、本気であるなら、まず離婚しなさいって話離婚しないなら結局はただの浮気なのです①で騙される女性も3回目...

    記事を読む

  • 2014/09/05別れさせ屋の日記

    某大手別れさせ屋さんで結構な数の現場を仕切ってたという人物使ってみた勿論、仮採用大局を支配しない前段階での投入まずは腕前拝見、私とコンビを組みます♪当日、現場・・・・あれれ、マジっすか!?そ、その格好は無いだろう君浮いてんだけど、TPOって知ってる?って言いたいけど我慢我慢何か考えあっての事かも知れない、私の考えの及ばない何かを見せてくれるかも!?(期待しよう!)・・・・張込みが6時間を過ぎたころ交...

    記事を読む

  • 2014/09/04略奪愛

    既婚男性が浮気相手に、妻とは体の関係は無い・・・と語るは常套文句だが実際は半数以上は嘘の模様嫁の悪口や愚痴を散々語るも、我々が夫婦を監視してみると8割以上は仲良し夫婦本当に冷えた(終わった)夫婦ってのは独特の空気があるそれは旦那・嫁それぞれの表情や行動に表れてるものだその場合、愛人の立場からすると、やった~彼は嘘をついていなかった!となるのだろうが、工作としてはこの冷戦・終戦状態が長ければ長いほど...

    記事を読む

彼岸花

ある日、夫と愛人を別れさせてください、と依頼があった

夫は既に家を出て別居中、というか愛人宅(女性の実家)に転がり込んでいる

しかしこの夫婦、実はまだ入籍していない

よって夫婦ではない

だが問題は奥さん(話の流れ上、このまま表記)が妊娠してると言う事実だった、お腹はかなり大きい

だから一刻も早く別れさせたい

そして入籍したうえでちゃんと子供を産みたいと切なる願い

しかしこの夫、嫁からDVがあったから別れたいんだ、DVで入籍はおろか婚姻生活を継続するのは不可能だ~と主張している

今の女性とはDVで家から逃げた時に出会った、だから不謹慎ではない、と主張してる

夫の母親は、息子が言うのだから間違いない、と同調してる

また、別れる女をわざわざ入籍して戸籍を汚す必要はない、そのお腹の子供も息子の子供かどうか分からない、など耳を疑う悪魔のような発言あり

まさに、この親ありてこの子あり・・・の縮図であった

・・・・・その後、結果的に奥さんは1人で子供を生んだ

出産前の入籍と言う意味では工作は間にあわなかったが子供の父親は取り戻さなくてはならない!これが使命となった

我々は転がり込んでいる女性の両親や女性本人と極秘裏に面会し単刀直入に事情を説明したが、目の前で泣きながらDV被害を語る男の話は真実としか思えない、と受け入れられなかった

で、ポイントのDVを奥さんに聞いてみた

仕事だと嘘ついて深夜に女性と密会していたことを知り、怒ってティッシュの箱を投げつけた、罵声を浴びせた・・・・ただそれだけ

それを「わぁ~DVだ!暴力だ!」と1人で大騒ぎし、争点をズラして責任逃れするので、責任を問うキツイ発言をすれば「わぁ~DVだ~言葉の暴力だ~もう無理~」と家を出たらしい

正直、呆れた

こんな馬鹿馬鹿しい展開があるのだろうか?

こんな情けなく無責任な男が本当に存在するのだろうか?

というかこんな話を誇張したものをあの親や女性は信じたのであろうか?

呆れた後に悩んだ

だが信じるのだ、いや信じてしまうだろう要因を知った

この男、元子役で役者をやっていたのだ、それで演技力が巧みなのだ

見た目もベビーフェイスで優しい系

こんなのが目の前で迫真の演技で泣きながら訴えたら誰でも信じてしまうのであろう、と納得した

ちなみに溺愛してる母親は今でも30前の息子のことを、ウチの○○はTVに出てる誰よりもカッコイイ、俳優でなくアイドル事務所に入れておけばよかった・・・・などと恥ずかしげも無くパート先で語ってるほどだ

ほんとクソがつくくらいの親馬鹿、でもって馬鹿親子

で、更に調べて行くと、実はこの男、既にバツ2であったことが判明

手繰って行くと初婚も再婚も離婚の際は今回と同じようにDVの被害者手口を使って逃げた模様

パターンも同じく、浮気がバレて詰問や叱責されるタイミングで1人で大騒ぎを始める

母親は同じく息子に同調&同情

元嫁、元々嫁から「あれは病気、親子そろって異常・・・」という答えが返ってきた

奥さんもここまで知ると流石に呆れて決断となった、子供は1人で育てます・・・と力強く語った

必然的に私達の任務は終わることとなった、残念だ、これらのネタを持って女性とその両親と再度の面会を行う手はずだったのである

その翌日、女性の親から電話があった(我々は奥さんの友人となっている)

「やはりあの男は怪しい、だが娘は信じて疑わない、力を貸して欲しい」とのこと

しかし依頼者から終了を通達されてるし勝手に動く訳にはいかない

奥さんに連絡した「私が知った事実を全て教えてあげてください、あとはそれでその女性の判断です」とのこと

私達はご両親に伝えた、唖然とされた、お母さんは泣いていた

「昨夜叱責すると2人して出て行ったきり戻って来ない」
「あの男は悪魔です、娘は洗脳されています」
「携帯に電話しても出ない」

互いに仕事も無断欠勤してるとのこと(その後、そのまま辞めたらしい)
私達は掛ける言葉も無く立ち去った

季節も変わり、女性の乗っていた車が隣街の中古車に並んでいるのを見た
きっと金に困って売ったのであろう、それで男性を支えようとしてると窺えた
と同時に、困憊される女性の両親の顔が思い出された

・・・・・・それが丁度、彼岸花の咲いてた今頃であった

別れさせ屋をやってると色んな事案はある

だけどここまで後味の悪いというか怒りと悲しみの交錯した現場は他に例が無い

そこには幸福な者が誰ひとり居ないのであった

道端に咲く彼岸花を目にしてふっと思い出した思い出


梟 拝

タグ

工作失敗

残念ながら工作に失敗はつきものです

これは絶対に目をそむけたり誤魔化したりしてはいけない事実です

人の心理誘導なんてそんなに思い通りには完結しません

ネット上で出鱈目な数字並べて競い合ってるインチキ業者の成功率の数字を鵜呑みにしてる人からすると信じられないでしょうがこの話は本当です

私にも成功率のことを問われる方が居ますが、相談を伺っただけで成功率なんて算出なんてできません

過去の実績を問われるにしても、条件の整っているものだけで計算すれば高確率にもなるでしょうが、何とかして欲しいとお願いされる実際の現場の数々を含めるとそんなに甘くないです

条件が整ってる理想的案件なんて10件に1件有るか無いか、これが現実です

よって何度も言ってますが註釈なしに80だの90%だのと書いてる業者は信じない方が良いでしょうね

ちなみにその中でも成功率90数%以上を誇示したホームページを持つ超有名?業者さんのところの失敗事案を、今年に入って3件ほど当方で扱わせて頂きましたが、その報告を見て驚き、だって失敗すべくして失敗してるんだもの!

このレベルで本当に90%以上の成功なんて言えるのが不思議

尾行もお粗末、撮影もお粗末、何より作戦がお粗末な次第

これは担当者云々ではなく組織として未熟

つうか、ハナからやる気無いでしょ!?ってな感じミエミエでした

まあ依頼者は誤魔化せても私には通用しません、報告見れば一目瞭然、現場に行ってすらいないだろう!?ってな報告箇所多数

ちなみにその3件のリベンジ作戦を当方で実行しましたが成功はここまで1件のみといった状況です

で、工作失敗にも大きく分けて3つあるのです

①満足のいく仕込みが出来たが駄目だった
②仕込みが中途半端で駄目だった
③接触が出来なかった

この3つです

もちろん私達が行っても①~③全ての可能性はある、だからこそ②~③のリスクと説明は事前に欠かせないし、それを危惧する案件だと回避すべく提案をさせて頂くなどして負担の軽減にも気を使う

家と会社が自家用車でドアtoドア、買物は週末夫婦そろって、家から全く出ない・・・など③が濃厚な状況だって現実にありえます、そんな場合は空振り多数の危険性もしくは展開中止の進言をさせて頂いてます

しかし先の業者は相談の話を1時間程度聞いたくらいで、成功率90%以上、自信があります、実績があります、何とかします・・・・で契約させて、終わってみれば、③接触できませんでした

先の3件中2件の結果報告がそれです(残り1件は②で莫大な追加を提示された模様)

何とも酷い話です

依頼者さんからすると狐につままれたような話ですが、だけどこれが現実、ホームページに偽りあり!って話です

工作に失敗はつきもの、だからこそ納得いただける失敗であり提案を目指さなくてはいけないと考えるのです

えっでも別れさせ工作って90%くらいは成功するんでしょ?

おいおい、まだ言うか(苦笑

そんな甘い世界ではありませんよ!!!

何度も読み返してください、私の言ってる事に嘘はありません

どこかに書いてある成功率90%以上とはあなたの成功率ではありません

宜しくです!


梟 拝

不倫

結論的に既婚男性との不倫は密会3回目以内で関係を清算し終了とすることが望ましいです

既婚男性との不倫、大きく分けてパターンは3つ

①男性からの猛アプローチで始まるパターン
②女性からの猛アプローチで始めるパターン
③どちらともなく、なんとな~く始まったパターン

この3つ

結果的に男とすれば、どれも浮気

①の猛アプローチ、本気であるなら、まず離婚しなさいって話

離婚しないなら結局はただの浮気なのです

①で騙される女性も3回目くらいまでには目を覚まそう見極めようって話

②は本人がセフレでOKと割り切ってても回数を重ねると情が募ります

③は「まっいっか・・・」で始まっても②と同じように情が募ります

で、結局泣くのは女性って図式です

で、引き際の逆算と言うか、状況を把握し、尚且つ、清算時のダメージを抑えたいなら、やはり密会は3回まで

そこで退散です

その上で、できるなら2回、更に1回なら尚のこと良い、退散のタイミング

遊ばれた・・・で終わるの悔しいでしょ?

辛いでしょ?

悲しいでしょ?

でも不倫を受け入れた責任は自分に半分あるのです

ならば、遊ばれた・・・ではなく、遊んでやった・・・くらいの主導権や考え方が必要

そうなると潮時は自分が選択(捨てられる前に捨てる)

そういった意味では全3回までかな、それ以上だと情が募るものね

そりゃ不倫に陥らないのが最善

でも陥ったなら早めに清算目指してください

えっ何?男は泣かないのかって?

残念ながら不倫して男が泣くパターンは、浮気がバレて嫁や子に三行半を突き付けられた時くらいです

まず泣きません、辛くは無いです

思考が全く違うのです

まあ落胆するとしたらセフレが居なくなった、恋愛ゲームが終了したと嘆くくらいです

既婚男性にとって不倫って言葉は純愛ではなく、都合よく浮気が出来る(女性もそれで満足)と勘違いして解釈してます

女性は重ねるほどに情が募り、男は重ねるほど飽きてくる

バレなきゃ続けたい、バレないように続けたい、色んなHもしてみたい

これが既婚男性の浮気です、不倫です、女性のそれとは全く違います

好きだ~なんて囁かれても額面通り受け取っては駄目ですね

それが本当ならば離婚してくださいって話です、そこは見抜かないとね

そういったのも含め限度は3回

それ以上は痛みが相当に発生します、覚悟してください

不倫を続ける以上、責任は女性側にも半分あるのです

それが既婚男性との不倫です


梟 拝


カテゴリ
タグ

別れさせ屋、仮採用

某大手別れさせ屋さんで結構な数の現場を仕切ってたという人物使ってみた

勿論、仮採用

大局を支配しない前段階での投入

まずは腕前拝見、私とコンビを組みます♪

当日、現場・・・・あれれ、マジっすか!?

そ、その格好は無いだろう

君浮いてんだけど、TPOって知ってる?って言いたいけど我慢我慢

何か考えあっての事かも知れない、私の考えの及ばない何かを見せてくれるかも!?(期待しよう!)

・・・・張込みが6時間を過ぎたころ交代で食事に行った

戻ってきた彼は言った

彼:ガッツリ食ったので当分頑張れますよ!

私:おぉ頼もしい(笑

・・・・1時間後

彼:すみません、ちょっとトイレ行ってきていいですか?

私:ほいほい、どうぞ

・・・・彼が戻って10分後、対象らが動く、追跡の開始だ

・・・・駅に到着、すると彼が言う

彼:すみません、トイレに・・・直ぐに追いつきますから

私:うん、早めにね

・・・・結局彼は対象らが乗った列車には間に合わなかったが何とか私の尾行は無事に完了した

・・・・そこに彼は30分遅れて合流してきた

彼:すみません、大事な時に、お腹下しちゃって

私:まあ仕方ないね、ところで飯何食った?

彼:(背油たっぷりの)ラーメン大盛とギョーザっす、油が合わなかったのかな???

私:張込みの時、いつもそんなに食べてたの?

彼:は、はい

私:同じようなケースで失尾(張込みや尾行の失敗)したことあるだろう?

彼:・・・・・・余程タイミングが悪くない限り大丈夫でした

私:う~ん、あのね、悪いタイミングを減らすことが大切なの!現場は君のタイミングでは動かないんだよ!

彼:・・・・・・

私:万事に備えて、それでも失敗することがあるのが尾行と張り込み、違うかい?

彼:・・・・・・

私:まあ今日は初回で緊張したのもあるんだろう、ところで服装のコンセプトを教えてよ

彼:早く終われば彼女をデートに誘おうと思って

私:(えーマジっすか、心の叫び)あー明日から来なくてよイイよ、お疲れさん

私は財布から彼の日当を渡して立ち去った

後に彼から謝罪のメールが来たけど取り合わなかった

未経験者なら指導も出来るが、長年この道で飯食ってきた奴の悪癖は抜けない(楽を覚えて嘘をつく)

現場の緊張感を舐めてる奴は使わない、この持論は譲れないのです

・・・・えっ何?梟は何食ったのかって?

私はこの時はコンビニのむすび1個とゆで玉子です

小食ではないけど張込み時はこんなものです、あとでまた食べますから大丈夫なのです

他の物も食べる時もありますが油や刺激物は避けてますね、初めて食べるもの(店)も敬遠したりします

勿論、水分は極力控えます、これが張り込みです

まあ2名×2チームくらいで動いてる時は普段通りも可能でしょうが1チームの時はこんなもんです

彼は手抜きでクビになったとかではなく、前回会社のいい加減な工作姿勢が嫌で自分から辞めたと言っていたので期待していただけに残念な出来事となりました

まあそんな会社で経験を積んだことが彼にとっての災難であったのです

ちゃんとした基本や考え方を教わっていないから・・・・・・仕方ないですね


梟 拝
タグ

愛人の勘違い(セックス編)

既婚男性が浮気相手に、妻とは体の関係は無い・・・と語るは常套文句

だが実際は半数以上は嘘の模様

嫁の悪口や愚痴を散々語るも、我々が夫婦を監視してみると8割以上は仲良し夫婦

本当に冷えた(終わった)夫婦ってのは独特の空気がある

それは旦那・嫁それぞれの表情や行動に表れてるものだ

その場合、愛人の立場からすると、やった~彼は嘘をついていなかった!となるのだろうが、工作としてはこの冷戦・終戦状態が長ければ長いほど結構厄介だったりする

その状態でも離婚を選択していないのは男と女を卓越したところで別れないことでの価値観が一致してちまってるということだからだ

お互いに好きに生きよう、干渉しない、だけど離婚はしない・・・となってる訳だから仕掛ける心理作戦もより高度なものとなる

だから厄介なのだ

言い換えれば、嘘ついてるほうがチャンスがある場合が多いといえる

ちょっとの喧嘩くらいはするが、とりあえず相手を信じてるし、何かしら期待してる所もあるだろう、そして自分もそれらに応えようとしてる・・・こんな関係だからこそ工作で、裏切られた感、失望感、人間不信、言訳で自己防衛な攻撃など誘発出来ればそれらが大きな爆弾となるわけだ

で、既婚男性が愛人に求めるセックスがちょっと趣向が変わっていたりすることも珍しくない

愛人さんからすると彼の期待に応えよう欲求を満たしてあげようと考えるわけですが、ここは注意が必要

多少の癖は問題ないけどエスカレートして変態の域まで達すると危険(どこから?の定義は難しいけど)

極論、嫁で満たせない、嫁では叶わない癖を愛人に求めると言うことは、言い換えると、嫁にはさせれないこと(自分の嫁にはそこまでは求めない、させてはいけない、と保護)だから外で試してるにすぎないって種明かしは実は珍しくないのだ

例えばカップル喫茶やハプニングバーでの露出や他人を交えての行為を楽しむ癖

店外では店内でのことは互いに秘密が暗黙のルールだとしても、そこに本当の嫁を連れて行く者はまずいない(らしい・しかし稀に存在する模様)

またビデオ撮影や露出など羞恥系の癖

勿論、癖は自由だから私の立場でアレコレ言いはしない

だけど嫁にはさせれない行為と位置付けられてるものを、愛人さんが勘違いして「あ~私愛されてる、求められてる、彼を満たせるのは私だけ」って勘違いするのは危険だって話

その線引きをされた上での関係は結局のところ玩具、性奴隷ってポジションです

「君は綺麗だ、素晴らしい、すごく興奮する」って幾ら褒められても、昼間地味に家庭を守ってる奥さんには勝てないって話

頑張って受け入れれば受け入れるほど、その差はどんどん広がります

まあ癖が一致して抵抗が無いなら言うことは無いけど、離婚してもらって私が奥さんになるんだって人は、そこまで譲歩しないことをお勧めする

結論的に「変態は自分の嫁には求めていない」という変態男の勝手なルールが存在してるのだ

最近この辺を勘違いしてる(勘違いさせられてる)愛人女性が多い感じです

これは極端な話ですが関係性がセックスに偏ってる場合は注意されるのが良いでしょう

あなたの輝く場所はそこではありません!


梟 拝
カテゴリ
タグ
Copyright © 略奪、離婚、復縁|別れさせ屋の裏話! All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます