月別アーカイブ:2014年08月

  • 2014/08/30失恋から立ち直る

    あれ!?いつの間にか真剣に恋しちゃったよ!ってなことはある遊びのつもりが本気になったり突然意識し始めてからもう寝ても覚めても気になるばかりまあ恋愛ってのは間口が広いですあんな人嫌だ~とか言ってた者同士が付き合ったり結婚してることも珍しくないパターン若いってイイな~ってな感じです逆に終わる恋は終わるべくして終わってる何故!?不思議!?ってな話は1つも無いちゃんと理由はある、無いようでも必ずあるあるか...

    記事を読む

  • 2014/08/26輝くために

    何度も何度も言ってるけど恋愛成就を願うなら、まずは輝こう別れさせたら何とかなると思ってたら大間違い密かに思いを寄せてる場合だって不倫だって元彼元カノとの復縁だって基本は同じこと、成就させたいなら輝くのです沢山の人の中から自分を選んでもらうにはそれなりのアピールが必要なのですまずは存在をアピールそして魅力をアピール但し、意中の人をピンポイントで狙ってアピールしては駄目、それは安売りにつながったり罠だ...

    記事を読む

  • 2014/08/08別れさせ屋の日記

    女性の浮気は破壊力抜群(別れさせ工作において)言い換えると男性の浮気を女性は許すことができるけど、男性は女性の浮気を許せない・・・ってこと多くの場合、男性の浮気は性欲処理で女性のそれは心の隙間を埋めるものであるから、男性の浮気は限りなく浮気であり女性の浮気は限りなく本気に近いところにあるので「許す・許せない」はその差であると考えてますそんな中、最近は許そうとする男性が増えてる傾向があるのも事実です...

    記事を読む

  • 2014/08/05輝くために

    輝くことの秘訣は何ですか!?と問われたならばこう答える   行雲流水空を漂い行く雲、とどまることなく流れる水のごとく・・・簡単に言うと、執着しないこと別に高僧のごとく無の境地に達することを諭してるのではない輝こうとするならば拘らない自然体が一番だということですそりゃ拘るから輝きたい訳だけど、そこにばかり意識が行くとどんなに頑張ってても結果的に輝けていない、空回り・・・ってなことも珍しくないのだだか...

    記事を読む

  • 2014/08/01別れさせ屋の実態

    執着は駄目だ執着するだけ狭くなる狭くなれば息苦しくもなる未来を全て失うかのような錯覚も生まれるだろうなので執着は駄目だと言ってますこれ、別れさせ屋ゆえの見解です執着するからこその別れさせ屋頼みなのではないか!?というご意見もあるだろう確かに一理あるしかし厳密には違う後悔したくない、出来ることはやっておこう・・・ここまでが別れさせ屋の守備範囲それ以上は誰も幸せにならない、なれはしない行きつく先はスト...

    記事を読む

失恋事情

あれ!?いつの間にか真剣に恋しちゃったよ!ってなことはある

遊びのつもりが本気になったり
突然意識し始めてからもう寝ても覚めても気になるばかり

まあ恋愛ってのは間口が広いです

あんな人嫌だ~とか言ってた者同士が付き合ったり結婚してることも珍しくないパターン

若いってイイな~ってな感じです

逆に終わる恋は終わるべくして終わってる

何故!?不思議!?ってな話は1つも無い

ちゃんと理由はある、無いようでも必ずある

あるから終わる、終わる理由があるから終わる、只それだけ

言い換えれば終わる恋の本質を見抜ければ終わらせずに済む可能性があるってこと

・・・だよね!?

そうとわかれば本質に沿った自己改革や環境改善を目指すのだ!

しかし何より相当な覚悟が必要!

大丈夫!?

覚悟ある?

覚悟なくして改革や改善は不可ですよ!

ちなみに工作ってのはこの辺からも可能です
もちろんお手伝いに過ぎないけど(本人の覚悟が一番重要)

別れてしまった後に、別れさせて~復縁したい~となるくらいなら、この段階で一度相談してもらうってのもアリです

まあ失って初めて気づくんだけどね、本当に大切な人ってのは(これが失恋)

それはそれでその経験を次の恋愛に生かすも良し

もうちょっと足掻くも良し

恋愛って難しいけど素晴らしい

そう考えるからこそ出来るのが工作ってこと、宜しくです


梟 拝

タグ

輝こう!

何度も何度も言ってるけど
恋愛成就を願うなら、まずは輝こう

別れさせたら何とかなると思ってたら大間違い

密かに思いを寄せてる場合だって不倫だって元彼元カノとの復縁だって基本は同じこと、成就させたいなら輝くのです

沢山の人の中から自分を選んでもらうにはそれなりのアピールが必要なのです

まずは存在をアピール

そして魅力をアピール

但し、意中の人をピンポイントで狙ってアピールしては駄目、それは安売りにつながったり罠だとバレてしまうからね

ならばどうすれば!?

異性に対して広く平等にアピールです
むしろ意中の人など眼中にないくらいの姿勢がよろし

それで異性の間であなたの株が上がってくるまで頑張ります

総合的に評価が上がってくれば意中の人だってあなたを無視できなくなります

でもまだ辛抱です
相手が意識してくれたからといって飛びついてはいけません
与えるのは素敵な笑顔くらいに止めておきましょう

それでもうちょっと頑張ります

すると!
ここくらいから立場が逆転します

欲していた立場だったのに欲せられる側に立場が変わります

輝く異性をほおって置くことなど出来ないので競争が生まれます

だから自然と立場が逆転するのです

例えるならば、新商品の売り込みで買ってください・・・とお願いしてる時は中々売れませんが、宣伝(アピール)が成功すると欠品になるくらい売れちゃいます

それと同じ仕組みです

となると、あなたは商品そのものであり、その開発担当でもあり、また宣伝担当でもあるのです

実に1人3役なのですよ!

さあ大変、大忙し!!ってな具合です

どう、イメージできましたか!?

別れさせるのは我々の仕事ならば輝くことがあなたの仕事となるのです

さあ輝こう!!!


梟 拝
カテゴリ
タグ

女性の浮気

女性の浮気は破壊力抜群(別れさせ工作において)

言い換えると男性の浮気を女性は許すことができるけど、男性は女性の浮気を許せない・・・ってこと

多くの場合、男性の浮気は性欲処理で女性のそれは心の隙間を埋めるものであるから、男性の浮気は限りなく浮気であり女性の浮気は限りなく本気に近いところにあるので「許す・許せない」はその差であると考えてます

そんな中、最近は許そうとする男性が増えてる傾向があるのも事実です、その背景は肉食女子なる者が増えていて性欲や好奇心からの浮気が増えているからだと思われます

多分、女性の社会進出や男女平等が影響してるのでしょうね

そう考えるとやはり女性が強くなってきて男性が弱くなったと言わざるえませんね
男としては何だか悲しいですね(涙

そういえば先日の工作現場で夫婦を探っていたら奥さんが浮気してましたね

全然そんな風に見えない人なのですが浮気してました
月に2~3回の密会です

恋愛関係というより相手は年下のセフレって感じで奥さんがリードしてたのが印象的でした

勿論、別れさせ工作のネタとして使わせて頂きました

結果、速攻で別居となりました

実は旦那さん、自分も浮気してて奥さんにバレていた背景あり、その上で奥さんの浮気は絶対に許せないと離婚を協議中

浮気はお互い様なので互いに慰謝料の請求は無く、財産分与を煮詰めているようです
まあ年内には離婚成立するでしょう

・・・・別れるべくして別れるご夫婦でした

やはり女性の浮気は破壊力抜群ですね、それを実感した案件でした


梟 拝

タグ

行雲流水

輝くことの秘訣は何ですか!?と問われたならばこう答える

   行雲流水

空を漂い行く雲、とどまることなく流れる水のごとく・・・

簡単に言うと、執着しないこと

別に高僧のごとく無の境地に達することを諭してるのではない
輝こうとするならば拘らない自然体が一番だということです

そりゃ拘るから輝きたい訳だけど、そこにばかり意識が行くとどんなに頑張ってても結果的に輝けていない、空回り・・・ってなことも珍しくないのだ

だから、自然体を目指すべし!という意味で使ってます

笑顔一つにしたってそう、作り笑顔と自然にこぼれる笑顔、100倍違いますって話

なので肩の力を抜いて自然体

誰の為でなく自分の為に、喰う寝る遊ぶ

輝く力はそこから生まれます

幾ら仕事を頑張ってても喰う寝る遊ぶが出来ていないと輝ききれませんからね

今に見ていろ必ず輝いてやる!!ってな人は先ずはここから頑張ってみてください

大切なのは自然体

それが一番最高の輝きへと繋がります

別れさせ屋から極意の伝授です


梟 拝

カテゴリ
タグ

別れさせ屋ゆえの

執着は駄目だ

執着するだけ狭くなる

狭くなれば息苦しくもなる

未来を全て失うかのような錯覚も生まれるだろう

なので執着は駄目だと言ってます

これ、別れさせ屋ゆえの見解です

執着するからこその別れさせ屋頼みなのではないか!?というご意見もあるだろう

確かに一理ある

しかし厳密には違う

後悔したくない、出来ることはやっておこう・・・ここまでが別れさせ屋の守備範囲

それ以上は誰も幸せにならない、なれはしない

行きつく先はストーカーという犯罪であり心の病気

それは別れさせ屋の守備範囲ではないし、間違ってそうならないように配慮することも必要

別れさせ工作は成功しても失敗しても幸せへの一歩とならなくてはいけないのだ

しかし、この分別が出来ない、するつもりすら無い業者がかなり増えた

その典型がクレジットカードで依頼を受けていること

しかも怪しい決済代行業者を使ってる
(普通の金融機関や信販会社が別れさせ工作費用を認めるはずなどないのですから当然です)

決済代行業者を経由して商品を購入したかのように装うのです(キャッシング枠の利用もある)

えっ何?なぜこれを否定するのかって!?

前にも言ったけど、工作は現金の範囲で行うべきだと考えてます(成功報酬は別にしても)

失敗した場合にローンだけ残るのは地獄です、リスタートが切れません、引きずります、執着の加速と加増

その危惧に対する配慮がないどころか、なんの根拠もなく成功率90%だの、別れさせのプロだの、実績多数などと謳って煽ってる事自体でアウトなんです

と同時に、決済代行業者経由のトラブル増えてるんです(サイトに「VISA」や「MasterCard」の表記があるから安心だろう!?とかの問題ではありません)

だけど工作屋は知らん顔です

これらがツルんでるとは考えたくは無いけど弱みに付けこまれるのです、他人には依頼のことはバレたくは無いので泣き寝入りするしかありません
(ここでは詳しく語りません、興味があれば調べてみてください)

・・・・どうですか、意味解りますか?

金儲けの為と逸脱する別れさせ屋も別れさせ屋ですが、執着するとそういった危険すら回避できなくなるのです

嘘のような本当の話です

執着心にはご注意ください
自分で自分を不幸に導いては駄目なのです・・・よ


梟 拝

タグ
Copyright © 略奪、離婚、復縁|別れさせ屋の裏話! All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます