月別アーカイブ:2014年07月

  • 2014/07/30別れさせ屋の日記

    あ、暑い汗が止まらない汗が目に入って痛い汗を拭うタオルも重く湿気てる本来、現場に入ってる時は水分接種は控えるのだが(トイレの回数を減らす為)、今は飲む、飲まないと生命の危機となるだろうこの季節の尾行や張込みは大変なのだ対象者が水辺や百貨店にでも行ってくれればラッキーなのだが炎天下の球場に来ているそこでは高校球児が熱戦を繰り広げている最初は母校の応援?かと思ったがどうやら高校野球のファンらしいここま...

    記事を読む

  • 2014/07/29別れさせ屋の日記

    別れさせ屋である梟に持ち込まれる対等でない恋愛パターンでの相談事例それは、洗脳されてるのか!ってなくらい視野が狭くなってるケースほんと洗脳レベルです相談受けて話を聞いて一言、騙されてるだけじゃん!都合よく遊ばれてるだけじゃん!と断言できるほどしかし本人は気付かない、聞き入れない、時にそうなのかな・・・と自問するも、そんな筈はないのだ!と元に戻るなかでもちょっと変わった性癖に引きずり込まれてる女性な...

    記事を読む

  • 2014/07/28梟のつぶやき

    本来、恋愛に駆け引きなどは無用・・・なはずしかし恋愛で苦悩してる人は相手の駆け引きの餌食となってる事が多い自分もそうだから当然相手も直球勝負!・・・と思いきや実は多彩な変化球投手だったってケースは珍しくないのですバッターボックスで直球狙いで思いっきりバットを振るも投げられる球は変化球、これじゃ完全にタイミングを狂わされてます、満足に打ち返せるはずがないって話それでも信じて直球を待ち続けてバットを振...

    記事を読む

  • 2014/07/26求人、スタッフ募集

    別れさせ屋、女性工作員を募集します。不定期なお仕事となりますが希望される方はご連絡ください。・20~30歳位まで・健康で行動的な方・責任感強く誠実な方・依頼される人の心の痛みが分かる方・経験は問いません「お住まいのエリア」「活動可能な曜日と時間帯」「現在のお仕事」「志望の動機」「自己PR」などお聞かせください。別れさせ屋は遊びではありません、真剣な方のみご応募ください。尚、ご質問が御座いましたら遠慮なく...

    記事を読む

  • 2014/07/22略奪愛

    対等であってこそ恋愛女性の人は要注意男は性衝動を恋愛感情とすりかえる達人なのだ特に妻子ある男性との恋には注意が必要愚痴を聞いて母性本能を発動させてては奴らの思う壺だって(危本当に嫁を含め自分の家庭に不満があれば改善すればいいでしょ!一家の長なんだから、さあ頑張ろう!ちなみに職場ではどうしてるの!?部下などどう管理してるの?指導能力無いの?さあ自らも襟を正しつつ改善命令を下すのだ!で、それでも叶わな...

    記事を読む

夏の別れさせ屋

あ、暑い

汗が止まらない

汗が目に入って痛い

汗を拭うタオルも重く湿気てる

本来、現場に入ってる時は水分接種は控えるのだが(トイレの回数を減らす為)、今は飲む、飲まないと生命の危機となるだろう

この季節の尾行や張込みは大変なのだ

対象者が水辺や百貨店にでも行ってくれればラッキーなのだが炎天下の球場に来ている

そこでは高校球児が熱戦を繰り広げている

最初は母校の応援?かと思ったがどうやら高校野球のファンらしい

ここまで3日連続の観戦なのだ

対象者はスタンドから声援を送っている

私達は汗を拭いながらそれを観察する

得点シーンでは隣席の保護者らしき人達とハイタッチをして喜びを分かち合っていた

どうやらここだと警戒感も薄く工作員も近づけそうだ

接触のポイントは球場に決定、そう直感した

但し、この予選が終わるまでに仕込まないといけない!

今しばらく球場通いが続きそうだな~と陽を恨めしく見上げた

・・・・その後、無事に接触成功

そこから半年を要したが別れさせも成功した

・・・・これが数年前の夏の思い出

その夏は真っ黒に日に焼けた

その後も猛暑は続き日焼け止めは汗で流れ役割を果たさなかった

今年も結構焼けている

その肌色を見て思い出が蘇ったのだ

・・・・あの夏は暑かったな

どうやら今年も暑くなりそうだと窓の外を眺めつつ水分補給のペットボトルを鞄に入れて、いざ出陣

別れさせ屋の夏はこれからが本番です


梟 拝

タグ

恋愛?調教?

別れさせ屋である梟に持ち込まれる対等でない恋愛パターンでの相談事例

それは、洗脳されてるのか!ってなくらい視野が狭くなってるケース
ほんと洗脳レベルです

相談受けて話を聞いて一言、騙されてるだけじゃん!都合よく遊ばれてるだけじゃん!と断言できるほど

しかし本人は気付かない、聞き入れない、時にそうなのかな・・・と自問するも、そんな筈はないのだ!と元に戻る

なかでもちょっと変わった性癖に引きずり込まれてる女性などはかなりの重症だったりする

それをその世界の男達は「調教」と呼んでいる
表面は恋愛を装い少しずつ深い闇へと引きずり込んで調教とするのだ

まあ特殊な性癖とはいえ互いが合意の上なら何でもアリなんだけど、それに違和感を覚えつつも愛情だと信じ羞恥を忘れ受け入れ続けてるとじきに心が崩壊する、求めるものはそこに無いのだ

「お願い、君でないと駄目なんだ」と女性を誘い、時に難色を示すと「じゃあもういい」と逆切れ気味に放置、女性としては男が喜ぶならばと仕方なく受け入れる

結果的に行為は男の欲望に従いエスカレートするばかり、しかし根本的な関係性では完全に一線を引かれてるまま

この裏表の温度差は何よ!?ってな具合
本心では薄々は騙されてれることも都合よく遊ばれてる事も分かってるはず

しかし裏のエリアであれその彼を独占できるとなれば、他の女に負けてなるかとその牙城を死守しようとし更に頑張って欲望を受け入れる、欲っされるのは愛情の証だと信じてる・・・・

だがこの段階になるとそれら癖の男はその頑張ってる女性を「この女は俺以上の変態だ~」などと認識し、「お前の変態を俺が満たしてやってるんだぞ~」ってな具合に逆転です

すると女性「私の為に!?あぁ嬉しい」・・・とばかりに更なる勘違い、調教すなわち洗脳完了です

しかしその分、表の世界での冷遇は強まるばかり
当然のごとく女性の心はこの温度差について行けなくなる、そして崩壊してしまう

だけど男は緩めない、機嫌をとって、嘘ついて、その玩具に飽きるまで、他の玩具が出来るまでもて遊ぶ魂胆なのだ

・・・で、もう自力では抜け出せない、私どうしたらいいですか!?と梟に女性から相談が入る

女性から10件の相談があれば内1件はこの類です

ちなみにこのような場合、梟が行うのはまずは視野回復のお手伝いです

厳しいようですが現実を整理して突き付けます

依頼をお請けできるかどうかの判断はその先です

先ずは洗脳を解かねば・・・なのです

皆さんはどう?大丈夫?
対等でない恋愛で視野が狭くなってはいませんか?
まあ恋愛が一種の洗脳であることは否めないけどエスカレートするとこんなこともあるのです
ご注意ください!!

嘘のような本当の話、別れさせの相談事例でした


別れさせ屋の裏話
梟 拝

タグ

恋愛の特訓

本来、恋愛に駆け引きなどは無用・・・なはず

しかし恋愛で苦悩してる人は相手の駆け引きの餌食となってる事が多い

自分もそうだから当然相手も直球勝負!・・・と思いきや実は多彩な変化球投手だったってケースは珍しくないのです

バッターボックスで直球狙いで思いっきりバットを振るも投げられる球は変化球、これじゃ完全にタイミングを狂わされてます、満足に打ち返せるはずがないって話

それでも信じて直球を待ち続けてバットを振り続けるも当たらない

・・・・・そりゃ疲れます、ストレス増すばかり

でもね、ここで問題なのは変化球を投げる相手より、直球と変化球を見極めれないバッターが問題なの

変化球投げられてるのに次は直球だと決めつけて満足に球を見ないでバットを振っているってことなの

これでは進歩や改善は望めません

ヒットはおろかホームランなんて打てないのです

逆に相手はアナタの直球を楽々と打ち返します、ボール球は平気な顔して見送ります

これでは勝負になりませんね

恋愛に置き換えると対等な恋愛ではないということです
※野球のことが解らない人にはちょっと意味不明な例えとなりますが何とかついてきて下さい(汗

なので苦悩してるなら特訓しよう

変化球が打てるように特訓です(球の見極めです)

甘い言葉の裏を探るのです
言葉の通り行動は伴ってますか?
大切なところでは言い訳ばかりで逃げられてませんか?

そして自分もマウンドに立ったなら変化球を投げてみよう(従順=直球となる危険性)

全てを相手に合わせる必要はありません
自分のスケジュールは自分が決めるのです、意見や意思はちゃんと伝えよう
気分が乗らなければドタキャンだってありなのです

それでやっと対等を目指せるのです

輝くことだってここからです
直球狙いの三振ばかりでは輝くことなど出来ないのです
打つのです、ホームランを!

どうです意味解りますか!?

いや解らなくても特訓です
今日負けても明日勝てば良いのです
その為に特訓です

不振にあえいでるアナタ、さぁ特訓しましょう!

恋愛にも特訓は必要なのです

さあ頑張ろう!!!


別れさせ屋界の星一徹
梟 拝


追伸・・・
例えが何処までも昭和のオジサンである梟も何か特訓が必要なのかもしれません(謝
カテゴリ
タグ

工作員を募集します

別れさせ屋、女性工作員を募集します。
不定期なお仕事となりますが希望される方はご連絡ください。

・20~30歳位まで
・健康で行動的な方
・責任感強く誠実な方
・依頼される人の心の痛みが分かる方
・経験は問いません

「お住まいのエリア」
「活動可能な曜日と時間帯」
「現在のお仕事」
「志望の動機」
「自己PR」などお聞かせください。

別れさせ屋は遊びではありません、真剣な方のみご応募ください。
尚、ご質問が御座いましたら遠慮なくお問い合わせください。

以上、宜しくお願いします。


別れさせ屋事務局
担当:梟
タグ

別れさせ屋の忠告

対等であってこそ恋愛

女性の人は要注意

男は性衝動を恋愛感情とすりかえる達人なのだ

特に妻子ある男性との恋には注意が必要

愚痴を聞いて母性本能を発動させてては奴らの思う壺だって(危

本当に嫁を含め自分の家庭に不満があれば改善すればいいでしょ!

一家の長なんだから、さあ頑張ろう!

ちなみに職場ではどうしてるの!?

部下などどう管理してるの?

指導能力無いの?

さあ自らも襟を正しつつ改善命令を下すのだ!

で、それでも叶わなきゃ離婚すればいいだけの話!(違うかい?)

だけど口先では不満をタラタラ述べるだけ、時に離婚するとか勢いづく者もいるが、いざとなったら離婚しない不思議(これはズルイよ)

結局、ちょっとした仲たがいのレベル

互いのコミュニケーション不足

自分の言い分もあるだろうが、それと同等以上に嫁にも言い分ありってこと

ただそれだけ

それを世も末かのような愚痴や不満として口にするから聞いてる方は信じちゃう・・・よね

だけどこれが多くの場合での妻帯者との不倫の図式

女性は恋愛、男は現実逃避

これが対等でない恋愛の代表例

女性の方、お気を付け下さい

別れさせ屋としてこのパターンからのご相談は数多く頂きますが、本当に嫁に問題があると考えられるのは4~5件に1件です

半数は(表面上であれ)何事も無いように普通の夫婦として仲良く暮らしてたりしますから驚きます

対等でない恋愛に陥ってしまったら出来るだけ早い段階で相手の言動を疑うべきですね

正確には、正しく状況を知るべきです

それではじめて冷静になるべく準備が整うのです

そこから現実を整理し、それを受け入れて、それとどのように対峙するかの思案

これで主導権を握れるチャンスが生まれます

信じたい、信じてると全てを鵜呑みにしてては主導権は握れません

対等でない以上は主導権はこちらが握らないと事態の好転など望める筈もないのです

極論、騙されてるフリしてでも主導権を握るのです

別れさせ屋に協力要請を行うにしても行わないにしても、これは大切なこと

心理戦上、大切なのです

それは何より自身の価値を高めます(初期段階ではこれ以上価値を落とさない役割)

なので主導権を握れるように頑張りましょう

対等でない恋愛こそ主導権を握る必要がある、そう覚えておいてください!

百戦錬磨の別れさせ屋からの忠告です


梟 拝

カテゴリ
タグ
Copyright © 略奪、離婚、復縁|別れさせ屋の裏話! All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます