月別アーカイブ:2014年04月

  • 2014/04/08別れさせ屋とは!?

    目の前の現実を受け入れること、これ大切結論的には受け入れないと前進はありません、望めませんだから辛くとも謙虚に冷静にその現実を受け入れないとねこの前も言ったけど、過去は戻らないものなの戻らないからこそ、そこから何かを学ぶの、学ばなきゃいけないの学ぶから前進できるんだって話新しい恋愛を探すのも、復縁を目指すのも、全てここから始まるのだからその為には、目の前の現実を受け入れないといけない・・・そういう...

    記事を読む

  • 2014/04/03恋愛診断と指南|別れさせ屋

    突然ですが・・・旦那さんや彼氏に浮気されてる、もしくは遊んで捨てられる女性には共通点がありますそれは食事、料理が駄目なんだな~男は胃袋で掴め!って言うでしょ!?これ本当だと思います!!私は仕事柄、色んなカップルを見てる訳だけど、外食が多かったり、自炊の買物がインスタント系の多様してる人などがそれらに該当する結婚してる場合は、子守りが大変とか共働きだったりとかで、そこまで手が回らないってのもあるでし...

    記事を読む

現実から逃げるべからず

目の前の現実を受け入れること、これ大切

結論的には受け入れないと前進はありません、望めません

だから辛くとも謙虚に冷静にその現実を受け入れないとね

この前も言ったけど、過去は戻らないものなの

戻らないからこそ、そこから何かを学ぶの、学ばなきゃいけないの

学ぶから前進できるんだって話

新しい恋愛を探すのも、復縁を目指すのも、全てここから始まるの

だからその為には、目の前の現実を受け入れないといけない・・・そういうこと

まあ理屈では簡単な仕組みなのだが悲しみや苦しみの中では言うほど簡単な作業ではない

だけど絶対に絶対に大切なことだから今こうして言ってる次第

絶望の今にあってもいつかまた幸せになりたければ、それを目指すならばその通過点は絶対に必要!

ほんとだって!

でもって工作はそこから初めて考えていいもの、現実逃避先で立ち寄る場所ではない!

でないと余計でも現実を受け入れられず泥沼必至

現実逃避に拍車が掛かると幸せなんて絶対に巡っては来ない

仮に工作で相手が別れたって、そんな現実逃避してる人間と復縁を望むなんてありえない

更に工作が失敗に終わったならば200%決定的、不幸街道まっしぐら

自己正当・責任転嫁・嫉妬の嵐、まさに負の連鎖

だから言ってる、別れさせの工作なんてのは現実を受け入れて冷静になって、そこから初めて考えてもいい手段だといってる次第

他所は知らない、だけど梟のところはそういうところ

・・・そういうことです

相談内容が復讐である場合に依頼を断るのは、こういった考えに基づいて別れさせを行っているからなのでご理解ください

幸せへの一歩となるべくお手伝いだと考えるから出来るんだっつうの

人の不幸を金に換えて笑って出来る仕事じゃないんだって

対象者らは別れるべく不実や失望の種があるから別れるの、そうでない人は別れません

だから工作は心理戦だと言ってるの

その種を蒔けるか、大きく育てるのが、別れさせ工作なの・・・どう?ご理解いただけただろうか!?

そういえば最近は別れさせと復讐を同じと考えてる相談者多い

そんな相談があるから業者も金を生むネタと認識して依頼を受ける

結果、犯罪を金で請け負うか、犯罪を依頼した後ろめたさを逆手にとって何もしないか、この2者となる

そりゃトラブル増えるわって話

もう一度幸せになりたければ・・・&トラブル避けたければ・・・、目の前の現実をとりあえず受け入れようって話、以上宜しく!

チャンチャン♪


梟 拝
タグ

女性の方は必見!?

突然ですが・・・
旦那さんや彼氏に浮気されてる、もしくは遊んで捨てられる女性には共通点があります

それは食事、料理が駄目なんだな~

男は胃袋で掴め!って言うでしょ!?これ本当だと思います!!

私は仕事柄、色んなカップルを見てる訳だけど、外食が多かったり、自炊の買物がインスタント系の多様してる人などがそれらに該当する

結婚してる場合は、子守りが大変とか共働きだったりとかで、そこまで手が回らないってのもあるでしょう

何より当の旦那や彼氏が文句を言わないからOKでしょ!?とも思うよね

だけど、そこが踏ん張りどころ!&勘違いしてはいけない

そこにこそ女子力の差が出てると私は思うのです

なので夫婦円満を願われる方(修復を目指される方)は、頑張って料理の手を抜かない、もしくは手を抜く回数を減らすというという認識を持たれるのが良いんじゃないでしょうかね

彼氏彼女の関係だってそれは同じ、料理をキチンと作れる女性になら結婚して家庭を任そうと思うし、やりくりして頑張ってくれる女性だと思うのは世の男性の大半の共通認識と考えてよいでしょうね

女性の社会進出や男女平等が唱えられて久しいですが、男性が女性に求める本音(本能?)の部分としては、ここは譲れないのだろうな~と見受けてる次第です

よって、家事は半分ずつとか、料理が苦手なのは仕方ない・・・という言葉を鵜呑みしてはいけません

男は胃袋で掴め!これで行きましょう

該当する女性はちょっと頑張ってみられることを強くお勧めします(誰の為でなく自分の為に)

・・・で、工作としてはこれらを逆手にとって男性対象者との距離を詰める時などに利用してますから、効果有りの実績有りということも付け加えておきますね

別れさせ屋の裏話でした♪


梟 拝

Copyright © 別れさせ屋の離婚相談|略奪への道 All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます