月別アーカイブ:2009年11月

  • 2009/11/28別れさせ屋の日記

    先日、以前の依頼者さんから結婚の報告を頂いた(勿論、工作のターゲットと結ばれたのだ)正直かなり嬉しい(良かったね~うんうん)だけど少しマリッジブルーの様相が伺えたのが心配・・生活環境が変わる不安や相手の親族などと上手くやって行けるか・・などもあるのだろうその上、工作を仕掛けるなどの長い道のりもあったので色々と思い考えられるところも流れ的には、追う立場から守る立場に変わる訳だし知らないことになってる...

    記事を読む

  • 2009/11/24恋愛診断と指南|別れさせ屋

    一番好き!一番ってことは二番三番があるんでしょ!他に比べるものがあるんでしょ!?・・と何故疑わないの?所詮、一番二番なんてのはその時の主観での比較結果であり、いつ順位が変動しても不思議無し・・と私は思ってるそりゃ愛しい人から、○○が一番好き!ってなことを言われれば嬉しいだろうし全てを信じたくもなるだろうだけど違う違うと思う、私は!本当に大切なものは無二な訳で一番とは言わないはずどうよ! 違うかな?食...

    記事を読む

  • 2009/11/11別れさせ屋の日記

    連日物騒な事件が報道されていますが、そんな中で昔の工作依頼を思い出しました依頼者はご両親で、その内容は・・息子が熱を上げている、ネットで知り合った女性との別れさせでした何故ご両親がそれを願ったかというとネットで知り合い直接会った事も無いのに、お金や貴金属を貢いでる息子の姿に危険を感じたからとのことで貢ぐ息子も息子だが、それを受け取る女性にきな臭い臭いを感じ取ったとの事それを息子さんを告げると・・お...

    記事を読む

寿報告は寿なり

先日、以前の依頼者さんから結婚の報告を頂いた
(勿論、工作のターゲットと結ばれたのだ)

正直かなり嬉しい
(良かったね~うんうん)

だけど少しマリッジブルーの様相が伺えたのが心配・・

生活環境が変わる不安や相手の親族などと上手くやって行けるか・・などもあるのだろう

その上、工作を仕掛けるなどの長い道のりもあったので色々と思い考えられるところも

流れ的には、追う立場から守る立場に変わる訳だし知らないことになってる裏の顔(出来事)も知ってしまったし、やっぱり心中複雑なのでしょう

そして今となっては多少の罪悪感もあるようで・・

でもね、この方の場合は特に罪悪感は不要だと考える

だって仕込みなんて一切してないのだ
隙探しで見つかった既存の材料を有効に利用しただけ

だから罪悪感など無用でしょ!?

もしくは、済んだ事ですから今を大切にしながら、ここから先だけを見てください
(仮に罪悪感を抱くにしても)

例えるならば・・
釣った魚を持ち帰る以上はちゃんと食べてやるのが供養であり死んでくれた魚へのお礼となる

食べないなら釣っても持ち帰らないこと!
即放流!

相変わらず下手な例えだけど
これと同じことのように思います

昨夜食べた焼肉の牛に懺悔し続けてどうするの?

食べた魚や肉はあなたの糧となり生きるのです
そうなった以上それが運命だったのです

だから今更どうにもならない悩みに、これから先をつかさどるべき目や心をふさがれて、得れるはずの、得るべき幸せをふいにして欲しくない・・
と考えます

で、何より!!!
工作しても夢叶わぬ人も居るのです
成功したあなたが幸せを目指せなくてどうするの!?

どう!?
不安はあれど幸せ目指せそうかい?

私達はそうあって欲しいです

なので
これらを踏まえた上で改めて言わせていただこう

おめでとう
そして、末永くお幸せに・・^^

飾らない素敵な笑顔が印象的な依頼者さんから頂いた嬉しい便りでした


梟 拝


追伸・・
もしも、もしもの話で万が一、旦那さんが浮気でもしてあなたが泣くようなことがあったら速攻でご連絡ください、一緒に最善の策を講じましょう!

あなたの笑顔を応援します!
タグ

言葉の罠

一番好き!

一番ってことは二番三番があるんでしょ!
他に比べるものがあるんでしょ!?

・・と何故疑わないの?

所詮、一番二番なんてのはその時の主観での比較結果であり、いつ順位が変動しても不思議無し・・と私は思ってる

そりゃ愛しい人から、○○が一番好き!ってなことを言われれば嬉しいだろうし全てを信じたくもなるだろう

だけど違う
違うと思う、私は!

本当に大切なものは無二な訳で一番とは言わないはず

どうよ! 違うかな?
食べ物や好きなアーティストならそれでいいとは思うけど・・

実際、若かりし日の私は、愛しい女性から一番好きなんて言われた日にゃ怒ってました

  一番好き!?
  一番って何?

  じゃ二番は誰よ?
  何で俺がランキングに参加させられるのか意味不明!

  えっそんなつもりじゃない!?
  じゃあ俺が好きだけでいいじゃん!!

ってな感じです

そりゃ若かったと思います
無茶言ってるのもわかります

でも真直ぐに愛したかったし
愛されたかったから
その辺の言葉には敏感でした

今思えば結局のところ
自分に自信がなかっただけの話なんだけどね^^;
(とても恥ずかしいです)

とはいえやはり、その表現には疑問を持ち続けてるので私は姫君達に一度も一番好きなんて表現したこと無いです、はい

おっと何でこんな話になったかというと最近の相談で皆さんの共通点が「一番好き」って表現だったのです

一番好きだって言ってくれてるのに奥さんや他の女性と別れてくれない・・ってな相談が実に多かった

だから一番って言葉を疑いな!・・ってな話です
たとえ後の祭りでも現状把握として再考を促してるのです
(若き日の私ほど極端でないにしろ)

そりゃ信じたいのは分かるよ
でも自分以外に奥さんや彼女がいる人なら
それらと別れてくれて初めて一番って言葉が本当になるの!

でしょ?

違う?

ほら違わないでしょ!?

という訳で
よ~く覚えておいてね

相手が嘘つきとか言うのでなく一番って順番には局面に応じた順位変動がつきもの・・と認識し不要な安売りなどにならないようにご注意を!

一番があれば二番もあって不思議じゃないのです

でしょ?

でしょ!

そういうことです

それらを認識された上で「一番好き」で決して気を緩めず無二の存在になれるよう努力し続けることが大切だということを最後に付け加えておきましょう

ライバルに勝つためには一番といってくれた相手を責めることよりも自分を磨く事が近道だったりすることもあるのですからね

言葉の罠にはご注意を!


梟 拝

変わった工作

連日物騒な事件が報道されていますが、そんな中で昔の工作依頼を思い出しました

依頼者はご両親で、その内容は・・
息子が熱を上げている、ネットで知り合った女性との別れさせでした

何故ご両親がそれを願ったかというと
ネットで知り合い直接会った事も無いのに、お金や貴金属を貢いでる息子の姿に危険を感じたからとのことで

貢ぐ息子も息子だが、それを受け取る女性にきな臭い臭いを感じ取ったとの事

それを息子さんを告げると・・
お金は貸したんだから返って来るし貴金属はプレゼントだから勝手だろ!と反発

30前の息子さんですが学生時代はガリ勉タイプ
社会人になってからは研究職に没頭し女性との接点が無く免疫が無いだけに心配・・がご両親の本音でした

で、最初の貸付から一度の返済の無いまま1年が経過し、その間に何度か会う予定もあったらしいのだが寸前でいつも女性の都合が悪くなる・・

さすがに息子さんも少し焦り気味

でも女性の言った、お金の使い道は親の借金返済&自分の手術代・・を信じてる

で、信じ続けるためと見舞いがてらに女性の家を訪問する計画を立ててるので、それまでに別れさせて欲しい・・とのことだった

もし予想通り全てが嘘だったら息子がどんな目にあうか心配
今は物騒な世の中だから・・とご両親

ならばと何時もながらの現状確認&隙探しに着手することとなり、その女の住む地方都市へと向かった私達

で、1週間もしないうちに、女は既婚者、旦那も彼女も無職、そして子供が1名・・と判明

この事実を伝えることで工作は不要で息子さんの目も覚めるでしょう・・と、ご両親に報告し女の写真や旦那や子供のも添えて提出した

で、狙い通り事は終息した
彼の純粋な心に大きな傷を残して・・

そんな結果を数日後ご両親からのお礼の電話で知った

だがお金の回収が済んでいない
私は、どうします?と父親に問いかけた

勉強代と命の値段と思えば安いものです・・と父親が答えた

確かにそうですね
でも、こういうヤツは味をしめて犯罪を繰り返します
是非告訴を検討されるべきです・・と私は言った

父親は少し悩まれたが、それを拒まれた

その場合に矢面に立つこととなる息子さんの心労を気遣い、また逆恨みなど反撃を心配した上での決断であった

それにより数百万円の貸付を放棄される事と詐欺師夫婦がのさばる事が決定した訳で・・ちょっと複雑な心境

なので私が債権譲渡を受けて回収を行なうことも提案したが、それもやんわりと断られた(結局は息子がさせた事となるから)

息子が無事ならそれで良いのです・・
だが今後も同様の被害者が出るのは忍びない・・
息子が疑われず懲らしめる何か術はありますか?

そう言われた私は、ある策を思いつき後日投入した
彼ら親子の願いを込めてしっかりと懲らしめてやりました

・・・で、こんなことがあったので
最近の睡眠薬や練炭だの使っての殺人事件、遺体を切り刻んだ事件などを見てると、あの時に動いてなければどうなっていたのか・・という不安な気持ちが過ります

いや私以上にあの親子がそう思っていることでしょうね

ってな訳で、別れさせは愛憎劇だけにあらず、こんなケースの別れさせもあるのです


梟 拝
タグ
Copyright © 別れさせ屋の離婚相談|略奪への道 All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます