月別アーカイブ:2009年07月

  • 2009/07/22梟のつぶやき

    異常にアクセスが多い、つうか増えたどうやらブログのデザイン変更を行なった際のSEO対策が効き過ぎたみたいだ多くの方に読んでいただけるのは嬉しいが、正直ここまでのアクセスは望ましくは無いのでまた検索しても引っ掛かりにくくしないと・・何故望ましくないかというと①安易な相談が増えるから②素人業者が表面だけ真似るから③所詮は裏仕事なので表舞台に立ってはいけないから概ねこれらが理由です①は本当に困ります疲れますお...

    記事を読む

  • 2009/07/15梟のつぶやき

    いよいよ夏本番ですね色んな思いを胸に迎えられるそれぞれの夏があるのでしょうが、とりあえずは夏を楽しみましょうだって、暑いだけのギラギラ&ジトジトでは我慢大会みたいでちっとも楽しくないんですもの!それじゃ夏バテしちゃうし免疫力の低下で病気にもなっちゃうかもよなので、暑さには負けないぞ!楽しむぞ!くらいの覚悟でう~んと楽しんで欲しいと願うのですさあ、ご飯もちゃんと食べて水分も取ってUVカットの手配して...

    記事を読む

  • 2009/07/10復縁したい

    「パッとでの第三者の関与で復縁などマズありえません嫌なものは嫌なのです、誰だって・・」昨日こう書きました反響が大きかったですというか、一部勘違いされてしまった傷ついた人も居られるようで、ごめんなさい結果、私の言いたい事が伝わっていない伝わらないのは伝えていないからよって私が悪い反省・・なので補足です「パッとでの第三者の関与で復縁などマズありえません」これは本当ですこれが可能な環境ならば工作で高い費...

    記事を読む

  • 2009/07/09復縁したい

    当方は、別れさせ専門ですなので、なぜ復縁を行なわないのか?とか、復縁をお願いします・・とかの相談や依頼のメールはご勘弁を!これまでも書いたと思うんだけど、それは自分の輝き具合や言動などによって大きく左右される事だし復縁ってくらいだから一回は終ってる訳で、その終った理由にもよるし、ほんと複雑で困難な問題なのですなのでパッとでの第三者の関与で復縁などマズありえません嫌なものは嫌なのです、誰だって・・少...

    記事を読む

  • 2009/07/06梟のつぶやき

    先日、車道にうずくまる一羽の雀をみつけたその雀の周りには十数羽の雀がいた車が来ては飛び去り車が去っては降りてきて、またその雀を囲む飛び去るといっても、車に轢かれたりブツかったりするのでは・・と心配するほどかなりギリギリでの攻防であったその光景を確認した数秒後今度は私の運転する車がその攻防の対象となったが若干速度を緩めながら無事通過した少々奇妙な光景であったが先を急いだ他の車が気にも留めないのと同じ...

    記事を読む

ポジション

異常にアクセスが多い、つうか増えた

どうやらブログのデザイン変更を行なった際のSEO対策が効き過ぎたみたいだ

多くの方に読んでいただけるのは嬉しいが、正直ここまでのアクセスは望ましくは無いのでまた検索しても引っ掛かりにくくしないと・・

何故望ましくないかというと
①安易な相談が増えるから
②素人業者が表面だけ真似るから
③所詮は裏仕事なので表舞台に立ってはいけないから

概ねこれらが理由です

①は本当に困ります
疲れます

お願いします、依頼します・・と頼まれても、はいじゃあ明日から・・とかの仕事ではありません

真剣だといわれても現実を受け入れておられないから話が噛合わないのです

実際、費用の話も無いのに依頼しますって言われても、そこに現実があるとは到底思えず・・

私が、よし請けましょう!
でも1000万円です・・って言ったらどうすんだろ?

他社のHPではこれくらいが相場でした・・とか言うのだろうか?

なので、その辺の認識も勘違いだし現実を見ていないので対応するだけ疲れるのです

また面白半分で喰いついてくる
メディアの取材も邪魔なだけだしね

で次に
②も結構あるのです

当ブログをお気に入り登録してくれてる方のうち
2件は今も業者さんだしね

依頼者さんからは記事の内容が真似されてますよ・・とかの通報も結構あってビックリ

以前は記事全文をそのままパクられてたこともありこの業界のレベルの低さを垣間見ましたよ

あとは当方を教科書代わりに抜け道を勉強してるみたいでリアリティの演出に使われたり悪質手口の暴露を逆手にとって運営されたり・・

ほんとガックリ&ビックリなのです

で、最後の③はそのままです

所詮は裏仕事なのです
いくらカッコイイこと言っても綺麗ごとを書いても明るい表の仕事では無いのです

何より工作が一般に広く認識されては、もはや工作ではなくなるのです

なのでアンダーグラウンドに徹したいのです

だけど最近は表舞台に立ちたがる業者が多く、それらとの差別化や警告のためにこのブログを数年前に立ち上げたのですが、結果この様です・・(まさに痛し痒し)

よって、また少し潜ります

探して、探して、やっとめぐり合えた・・という感じの深さに戻りたいです

それが依頼者の方にとっても、我々にとっても、一番安心できる位置関係だと私は考えます

別れさせ屋なんて、そんなものでしょ?

違いますか?

何を勘違いしたか商業路線を突き進む、この業界の先を危ぶみます

本当に工作が必要な人の為だけの存在でありたいです
それが裏仕事のポジションです

ネット上で恋人に振られた人などが不自然な終り方だから別れさせ屋にやられたんだ!とか言ってる今の状態は異常なのです

情報過多&情報過誤

別れさせ工作を簡単に語る者と簡単に考える者が生み出した歪んだ空間が今ここにあります


梟 拝
カテゴリ
タグ

夏本番

いよいよ夏本番ですね

色んな思いを胸に迎えられるそれぞれの夏があるのでしょうが、とりあえずは夏を楽しみましょう

だって、暑いだけのギラギラ&ジトジトでは我慢大会みたいでちっとも楽しくないんですもの!

それじゃ夏バテしちゃうし免疫力の低下で病気にもなっちゃうかもよ

なので、暑さには負けないぞ!楽しむぞ!くらいの覚悟で
う~んと楽しんで欲しいと願うのです

さあ、ご飯もちゃんと食べて水分も取ってUVカットの手配して水の事故には気をつけながら陽の下でエネルギーを充電しよう

海もイイし山もイイです
それが夏!

河原の木陰で読書&お昼寝なんてのもイイですね

こんな感じで夏を楽しんでは如何でしょう

幸せを引き寄せる為には幸せを感じれる幸せ探しが必要不可欠で、それには身近なとこからはじめるのが良いでしょう

結果それが輝く事への入口へも繋がるのですよ

なので、夏を楽しんでみましょう!

一応これも勝手ながら、お願い・・としておきますね


梟 拝
カテゴリ
タグ

続、専門だからね

「パッとでの第三者の関与で復縁などマズありえません嫌なものは嫌なのです、誰だって・・」

昨日こう書きました

反響が大きかったです
というか、一部勘違いされてしまった

傷ついた人も居られるようで、ごめんなさい

結果、私の言いたい事が伝わっていない

伝わらないのは伝えていないから

よって私が悪い

反省・・なので補足です

「パッとでの第三者の関与で復縁などマズありえません」

これは本当です
これが可能な環境ならば工作で高い費用は不要です

だって相手が別れた事を後悔するなど復縁を望んでいる環境のみで効果なのだから高額な工作などはいらないのです

友人や知人に協力してもらえれば事は足ります

言い換えればこのレベルは私にとって工作とは言わない
そういう事です

よく考えてみてよ、前もいったけど
最近知り合った友人もしくは知人の助言にどれだけ感化される?

そいつが美味しいといえば次の日から嫌いだったピーマンを美味しく食べれるようにでもなるのかい!?

仮にそいつが凄い料理人でピーマンを上手く料理したとしても、結局それを美味しいと感じるかどうかは本人な訳で食べれるようになったとしても好物にまで変わるかっていうと少々疑問でしょ?

分かってもらえた?

そういうことを言ってるの

で次に「嫌なものは嫌なのです、誰だって・・」

これは語弊がありました
傷つかれたかたやショックを受けられた方も居られるようですみません

でもね、復縁を望むならば一回は終らせよう

事情があろうと嫌われたのであろうと一回は終らせよう

終らせないと絶対に復縁などありえない

何故ならば、終らせたい相手と終らせたくないあなたでは感覚がズレてるの、ほっておけばどんどんズレるの・・

ボタンの掛け違いのように今は一段だけど二段三段四段となるの、そうなると酷いでしょ

そうまでして服を着る必要というか着心地も悪いでしょ

それが相手が受ける感覚です

だから無理にボタンは掛けないようにしよう・・ということ

ポチッとリセットです

一回は終らせて、そこから掛け違わないようにボタンを留めてゆけるかが復縁には大切な準備となるのです

言い換えれば復縁を望む方は、新たに二人がどうやってもう一度魅かれ合うか・・と考えるべきで終らずにあの日に戻りたい・・ではNGだということです

NGなのに工作で何とか・・では虫がよすぎます
それこそ魔法

出来るという業者もなんだけど、それで何とかなると考える依頼者にも問題があるのでは?

だから一回は終らせて、そこからはじめるために、輝こう・・と言ってるのです
輝く大切さを唱えてるのです

内面外面全てをリフレッシュして行なうのです

だって新しい二人の出発を願うのならば今度は失敗しないようにランクアップしておかないとまた終ります

だから潔く一回は終っとこう

そして新しい自分を新たに愛してもらえる努力をしよう・・と言ってるの

それが輝くことであり、だから輝くことを目指しましょうと言ってるのです

どうだろ・・

復縁における自分の在り方が少しは理解いただけたであろうか?

まあこれは私の一つの理論であって納得できなければ各々の思考を優先されていっこうに構わない・・・と、付け加えておきますね

だけど私が皆さんの思い出や別れに至った理由の全てを否定しているのではないことだけはご理解くださいね

そして何より
別れさせの専門家として復縁を応援したいからこそキツイこと言ったり高いハードル与えています
なのでこれもご理解を・・

今は辛くとも悲しくとも無限の可能性を秘める未来が平等にあるわけで復縁云々抜きでも1日も早くもう一度自信を取り戻し、その無限の可能性を夢見て欲しい・・と願うのです

これが私の考え方です
説明不足で不快な思いを去れた方、ごめんなさい

これでも不快な方は
今はご縁が無いものと考えます
お許しください


梟 拝
カテゴリ
タグ

専門だからね

当方は、別れさせ専門です

なので、なぜ復縁を行なわないのか?とか、復縁をお願いします・・とかの相談や依頼のメールはご勘弁を!

これまでも書いたと思うんだけど、それは自分の輝き具合や言動などによって大きく左右される事だし復縁ってくらいだから一回は終ってる訳で、その終った理由にもよるし、ほんと複雑で困難な問題なのです

なのでパッとでの第三者の関与で復縁などマズありえません
嫌なものは嫌なのです、誰だって・・

少なくとも当方はそんな魔法は持ってません

なので請け負っていないのです

そりゃ別れさせの付録としてアドバイスはしてるよ
隙探しや工作で得た人となりの情報など交え復縁を目指すためへの協力としてはね

だけど独立したサービスとしては請け負っておりません

先のような理由や背景を加味した結果です
プロを名乗る者としての判断です

えっ何?別れさせも復縁も同じようなものではないのか?

全然違います!一緒にしないでください

よく考えたらわかるでしょう!?

嫌いや嫌になる思考は自己防衛や自分の為といった云わば本能、アンテナ張ってでもリスク回避したいのが人の常ですからね
第三者の影響は受けやすいといえる

しかし、好きになる思考は、さっきと逆に、自分をさらけ出す、相手を受け止めるなど危険に身を預ける勇気が必要である行為であるから第三者の影響を受けにくいのである・・と、私は考えてる

簡単に表したけど概ねこんな大きな違いがあるのですよ

どう理解できた?

えっ何?
じゃあ復縁やってるところは騙しかって?

そりゃ知りません・・!
そこにはそんなノウハウがあるんでしょうね

私が持ち合わせていない何かが・・ね

なので、それを持ち合わせていない・・
出来ない・・といってる私には想像すら出来きません

よって皆さんでご判断を!

今回は他社云々ではなくて私にその手の依頼をゴリ押しないでください・・というお願いです

折角のご相談ですからキチンと対応したいのですが何故駄目なの?どうして?などと、それら質問のされるやりとりが続いては少々疲れます

よってこれらでご理解を・・という意味で書きました

なので、そこらが気になる方は他力本願の前に、顕著に自らと向かい合い、何が有り何が無いかを知り、そこから何をするべきか悟ってください・・・が、私からのアドバイスとなります

復縁の最重要ポイントはそれを望まれる方の輝きだと私は考えます

今のままでも新たな出会いはあるでしょう
でもそれでは嫌だというのならば自分と向き合ってください

そして更なるパワーアップを目指してください
それが必要です

なので上記は輝くためへの入口です

そしてその次のステップのヒントとすれば、無いものをねだり続けては進歩はありません、輝けません

大切なのは、無いから何が出来るか・・なのです

無いものをねだり続けてると妬み僻み恨みの三悪が自身の長所の全てまでをも破壊します

そうなったら輝くどころの話ではありません
ご注意を!

復縁望むなら輝こう!

さぁ、あなたは輝くために何をする!?

・・・・別れさせ工作の専門家としてのお話でした


梟 拝
カテゴリ
タグ

雀の恩返し!?

先日、車道にうずくまる一羽の雀をみつけた

その雀の周りには十数羽の雀がいた

車が来ては飛び去り
車が去っては降りてきて、またその雀を囲む

飛び去るといっても、車に轢かれたりブツかったりするのでは・・と心配するほどかなりギリギリでの攻防であった

その光景を確認した数秒後
今度は私の運転する車がその攻防の対象となったが若干速度を緩めながら無事通過した

少々奇妙な光景であったが先を急いだ
他の車が気にも留めないのと同じように・・

しかしやっぱり気になって数百m走って車を路肩に停めた
空き地に突っ込んでUターンして、来た道を戻った

先ほどの場所に近づくと一羽の雀がうずくまった雀の上に乗り懸命に羽ばたいているのが見えた

上の雀は足で下の雀を掴み羽ばたいていた

他の雀はその周りをとり囲んでいた

上の雀が、うずくまった雀を、その場所から移動させようとしていた意図が見てとれた

となると周囲を囲む雀たちは、その応援や心配をしてるということなる

なんとも言い表せぬ感情に包まれた

気がつくと私は車を停車し、その様を側で見ていた、いや周囲の雀と一緒に応援していた

だけど上の雀がいくら頑張っても自分と同じ大きさの下の雀が持ち上がることはなかった

私は車を降りた

雀たちは一斉に飛び去った、一羽を残して

あがった雨が濡らすアスファルトの上にうずくまる動けぬ雀を両方の手のひらで包むように持ち上げた

生命を感じた、小さいが確実な生命であった

何だか妙にこの感覚がくすぐったく感じた

車道から外れた付近の草むらの上にそっと降ろし、かすかに震えるその小さな体についた更に小さな頭を指の腹で撫で別れの挨拶をした

何故うずくまっていたのか?
この先どうなるのか?・・などと気になるところはあったが
あとは自然の摂理に任せることとした

しかしながら、あの雀たちの関係は親子?兄弟?他人?
行動は愛情?本能?一体なんであったのだろう・・などと微笑ましく尊い光景を思い出しながら車に向かった

車に乗車し発車しようとしたその時
フロントガラスや屋根にパラパラと何か落ちてきた

よく見ると小さな木の実であったり
植物の種のようであった

側に樹木などもないので不思議に思い上空を見上げると
先ほどの雀たちが車の周りを飛んでいた

ちょっと考えた・・

多分、雀たちがお礼のつもりで好物の食料を私に運んできてくれたのだと思えた

何だか嬉しかった

先ほどまで、洗車したばかりの車を濡らした
空を見上げて恨み言を漏らしていたのが嘘のように今は空を見上げて舞う雀たちに笑みを向けた

私は沢山の木の実やその種など雀たちの感謝?の気持ちを貼り付けた到底数時間前に洗車したとは思えない一見汚れたように見える車に乗って、とても晴れやかな気持ちで次の現場へと向かったのでした


梟 拝
カテゴリ
タグ
Copyright © 略奪、離婚、復縁|別れさせ屋の裏話! All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます