サイコパスのカテゴリ記事一覧

別れさせ屋の相談ブログ。離婚・略奪・復縁工作専門の別れさせ屋です。実話をもとに恋愛・方法・成功率などについて書いています。活動は全国対応。

カテゴリ:サイコパス

  • 2018/09/23サイコパス

    別れさせ屋の略奪作戦を展開していますと、対象はサイコパス(精神病質者)じゃないの!?って感じること結構あるなので今回はサイコパスに関するチェックシートを日本医事新報社様より引用させて頂きました***** Check20 *****因子①対人 1.口達者/表面的な魅力 2.誇大的な自己価値観 3.病的な虚言 4.偽り騙す傾向/操作的 5.良心の呵責・罪悪感の欠如 6.浅薄な感情 7.冷淡・共感性の欠如 8.自分の感情に対して責...

    記事を読む

  • 2016/12/10サイコパス

    サイコパスの話は何度かしてるそれは、、、サイコパスと別れるには?サイコパスなのだろうか?こんな相談を頂くからだ多くの場合「別れさせたい」が依頼であるが、サイコパス絡みの場合は「別れたい」が依頼となるその「別れたい」について別れさせ屋の立場からいうと別れられないのは「別れたい」という意識が足りないからだと思う何故意識が足りないかと言うと理由は2つ①サイコパスは非常に魅力的②本当にサイコパスなのか半信半...

    記事を読む

  • 2015/08/27サイコパス

    以前書いたサイコパスの記事は反響が大きかったですその中で、どうしたら別れられるか?という相談を幾つか頂きました「刺激せずフェードアウト」は現実的に無理だというお悩みですで、刺激せず・・・というのは、サイコパスを否定したり、拒否したりしないということです否定や拒否するとタイプにもよりますが更なる自虐行動で同情を引こうとするか、コンコンと説教を始めるか、暴れる危険がありますだから刺激となる否定や拒否を...

    記事を読む

  • 2015/07/07サイコパス

    相談者女性の20人に1人くらいはその被害者だったりするというお話それは恋愛相手がサイコパス男だということサイコパス。。。簡単言うと超自己中な嘘つきですそこには罪の意識などありません満たされない自分を満たすため欲望を満たすのはゲームであり快感、ただそれだけですそれがサイコパスちなみにWikipediaでの定義は下記の通り。。。・良心が異常に欠如している・他者に冷淡で共感しない・慢性的に平然と嘘をつく・行動に対す...

    記事を読む

精神病質者、サイコパス

精神病質
別れさせ屋の略奪作戦を展開していますと、対象はサイコパス(精神病質者)じゃないの!?って感じること結構ある

なので今回はサイコパスに関するチェックシートを日本医事新報社様より引用させて頂きました

***** Check20 *****

因子①対人
 1.口達者/表面的な魅力
 2.誇大的な自己価値観
 3.病的な虚言
 4.偽り騙す傾向/操作的
 5.良心の呵責・罪悪感の欠如
 6.浅薄な感情
 7.冷淡・共感性の欠如
 8.自分の感情に対して責任がとれない

因子②衝動
 9.刺激を求める/退屈しやすい
10.寄生的生活様式
11.行動のコントロールができない
12.幼少期の問題行動
13.現実的・長期的な目標の欠如
14.衝動的
15.無責任
16.少年非行
17.仮釈放の取消

因子③どちらにも含まれない
18.放逸な性行動
19.数多くの婚姻関係
20.多種多様な犯罪歴

***** End *****

上記の20項目をそれぞれ0点・1点・2点と評点しその合計が20点未満だとサイコパスから除外される、、、という40点満点のチェックシート

30点以上はサイコパス!!

ということは20~30はグレーゾーン!?

その辺の分かれ目は評点次第となるのですが、それには訓練が必要とありました

交際相手の事となれば贔屓目もあり点数は甘くなりますものね

またサイコパスの嘘は巧みなのでそれを見抜くのは大変だから訓練が必要ということなのでしょうね

ああ怖い

さてアナタのパートナーは大丈夫だろうか、、、

ちなみに我々が略奪作戦の過程で疑わしいな~と感じる者をこのシートに当てはめると、、、やっぱり20点はおろか25点すら割る者は居ませんね

あの人は27点、あの人は30点、あの人はなんと34点!!

やっぱ歴代の外道達はサイコパスでした、ヒェ~

結局相談者さんが依頼に至る経緯を含め対象に振りまわされてる根底には嘘が隠れてるってことなんです

信じてた

でもそれは嘘だった

いやいやそんな筈はない信じたい

でもやっぱり嘘だった

工作の過程においてそれらが露見するのでした

、、、そりゃ人は大なり小なり嘘はつきますよ、見栄含め

でもサイコパスのそれは次元が違う

根回しが凄いんです

アピールが凄いんです

ほんと精神的詐欺師

結論的には嘘を見破れないとサイコパスからの脱出は難しということ

つくづく怖い人種?病気?ですね

くれぐれもお気を付け下さい


梟 拝

サイコパスの話

不誠実な人
サイコパスの話は何度かしてる

それは、、、
サイコパスと別れるには?
サイコパスなのだろうか?

こんな相談を頂くからだ

多くの場合「別れさせたい」が依頼であるが、サイコパス絡みの場合は「別れたい」が依頼となる

その「別れたい」について別れさせ屋の立場からいうと別れられないのは「別れたい」という意識が足りないからだと思う

何故意識が足りないかと言うと理由は2つ

①サイコパスは非常に魅力的
②本当にサイコパスなのか半信半疑

これです、これらが邪魔をして「別れたい」の意識がピークに向かわないから「別れられない」ものと考えてます

だから私はそういった相談を受けるとサイコパスの特徴でもある「嘘」を暴くように証拠を集め、半信半疑に決着をつけれるようにしています

それで半信半疑が崩れればおのずと魅力も半減します

そこでやっと自身が本当の意味で身の危険を感じれるようになる、それで「別れたい」の意識が進む、、、そんな感じです

だから、別れさせてもらってありがとう、といったお礼は無いです

あるのは、本当の姿を教えてもらってありがとう、となる感じです

最初は私も、単なる嘘つき不誠実なヤツ、、、くらいにしか考えていなかったのですが、このお仕事を通じ沢山のそんなヤツと対峙してると、只の嘘つき不誠実とサイコパスの違いが徐々に分かるようになったのです

まあサイコパスにもレベルはありますが難敵ほど紳士淑女・好青年やお譲さまを演じてます

本当に高学歴であったり社会的成功者であることも珍しくありません

故に厄介

攻撃というか策略は緻密

しかし防御は意外に脆い

脆いがそれを逆手にとって同情させたり、更なる攻撃の糸口にする者、それがサイコパス

誰も幸せにしない、なれない、それがサイコパス

何かあればご相談ください


梟 拝

脱サイコパス

以前書いたサイコパスの記事は反響が大きかったです

その中で、どうしたら別れられるか?という相談を幾つか頂きました

「刺激せずフェードアウト」は現実的に無理だというお悩みです

で、刺激せず・・・というのは、サイコパスを否定したり、拒否したりしないということです

否定や拒否するとタイプにもよりますが更なる自虐行動で同情を引こうとするか、コンコンと説教を始めるか、暴れる危険があります

だから刺激となる否定や拒否をしないことが大切

フェードアウト・・・というのは焦らいないということ、言い換えると長期戦の覚悟です

一刻も早く新しい人生のリスタートを切りたいことでしょうが、ここは暫く辛抱です

焦ると否定や拒否に繋がる恐れがあるのです、だから我慢

作戦としては、偽善に騙されたフリをして少しずつ距離を広げてゆく・・・です

具体的には、残念なフリして会う日を減らのです

例えば、会いたかったな~でも仕事ゴメン♪
落ち込んだ友人が相談に乗って欲しいというから今回はゴメン♪
風邪気味だから今日は帰るね♪
時には浮気しちゃだめよ~ってのも付け加えます

こんな積み重ねです

気をつけたいのは、体調が悪いとか言うと驚くほど献身的な行動を見せたりしてきます

また距離が開いたと感じられてしまうと再度猛プッシュしてきます

だけどその時そこで決して自分の決意を疑わないこと!

サイコパスと絶対に別れる!!!これです

決意を疑うとは例えば、私が間違ってるのかな?
本当はそのままのイイ人なのでは?
私はなんて酷い人間なの。。。これ

本当にこれはダメです

ここに戻ると更に長期化します

というか皆ここで失敗します、脱出失敗です

その罠こそがサイコパスがサイコパスたる所以なのでくれぐれもお気を付け下さい

で、先の積み重ね作戦が何故有効かというと、多くのサイコパスは常に獲物を狙っていますから、そうした時間とういうかチャンスがあると目移りというか浮気するんですね

自分を満たしたくてウズウズするのがサイコパスなのでその特性を利用するのです

その隙を誘発して次の人に興味を持ってくれる時間を与えるように仕向けるのです

簡単にいうと、あなたが解放されるには次なるターゲットが必要だということです

そこにサイコパスなりの価値観を見出し、その者をコントロールできると見透かすと、あなたへの興味は減少します

そして更なる関係が進めば開放のタイミングが訪れるというシナリオです

結論的にいうと、浮気されるように振舞うのです

決して別れるように振舞うのではありません

サイコパス自身がモテ期!?と勘違いするくらい調子に乗せておいて次に触手を伸ばせる時間や隙を与えるのです

目移りや浮気してくれたら成功といえるでしょう

簡単では無いですが、これが1つの手段であることは間違いありません

ご参考までに。。。


梟 拝

カテゴリ
タグ

サイコパス

相談者女性の20人に1人くらいはその被害者だったりするというお話

それは恋愛相手がサイコパス男だということ

サイコパス。。。簡単言うと超自己中な嘘つきです

そこには罪の意識などありません

満たされない自分を満たすため

欲望を満たすのはゲームであり快感、ただそれだけです

それがサイコパス

ちなみにWikipediaでの定義は下記の通り。。。

・良心が異常に欠如している
・他者に冷淡で共感しない
・慢性的に平然と嘘をつく
・行動に対する責任が全く取れない
・罪悪感が皆無
・自尊心が過大で自己中心的
・口が達者で表面は魅力的

。。。これです

はっきりいって病気です、嘘のようですが本当にそう振舞ってるのです

しかし当事者にはその面は見せていない(ボロは出さない)から見破れない

じゃあロクでもない奴かといえば逆、立派な社会人です、それを演じてます

んん!?これらが恋愛関係においてどう振舞うかって?

離婚する気も無いのに離婚するという

産んで欲しくないのに子供が欲しいと避妊しない

↑これ定番↓

過去の恋愛や結婚生活で被害者を装い同情を誘ったり。。。はお手の物

とにかくこれでもかって嘘をつくから性質が悪い

ギリギリまで真っ直ぐに迫るから疑う余地も無く信じてしまう被害者多く、最後には自分を犠牲にしたり責めることも珍しくない

・私が我慢すれば大丈夫
・彼の気持ちをもっと汲んであげないと
・私が至らないんだ頑張ろう
・彼には私が必要、それが私の生きがいだと自らに言い聞かす

↑こんな感じ

で、相談受けお話を伺ってる段階で、怪しいな~と気付くのですが確証は無し(わたし的には偽善者で嘘付きは高確率でビンゴ)

しかし依頼となってその者の行動を追ってると、あ~やっぱり!となるのです

・発言に伴わない行動が複数
・振り向いた際の表情の一変
・基本、目が死んでる(無表情)

そこまで分かると依頼者にその旨は伝えます

そういった病質が疑われると伝えます

しかし頭では理解できても心は受け入れられない、これが多くの方の反応です

当然依頼は続行となります

それで成功に至れば依頼者は望み通り昇格します

でもその幸せは永くは続きません

だって彼氏または旦那さんはサイコパスなんだから。。。

病気ならば治療も出来る、だけど大切な思考が欠落した体質なのだから治療の術すらない

そんな病質がサイコパス

間違って同情などしていたら人生を食いつぶされます

本当なのです

心身ともにボロボロになった方を沢山見てきました

その方たちの共通の言葉は、そんな嘘をつく人が世の中に居るとは思いませんでした。。。です

それとなく気付いたらフェードアウトです

自らの意思で相手を刺激せずにフェードアウトです

それしか身を守る方法はありません

お気を付け下さい

ちなみに20人に1人がサイコパス被害者だとするとサイコパスはそんなに多く居るのかというとそうではありません

嘘に振り回され泥沼化した恋愛の20人に1人という割合ですからその数はその計算より少ない筈です

でもでも確実に存在しますからこれを機会に認識は持ってください

サイコパスには要注意!

嘘のようなホントの話です


梟 拝

カテゴリ
タグ
Copyright © 別れさせ屋の離婚相談|略奪への道 All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます