離婚と略奪|別れさせたいのカテゴリ記事一覧

別れさせ屋 縁切り梟の裏話ブログです。離婚・略奪・復縁の別れさせたい工作専門。業者の選び方や口コミや方法などについて書いています。活動は全国対応です。

  • ホーム
  • »
  • 離婚と略奪|別れさせたい

カテゴリ:離婚と略奪|別れさせたい

  • 2017/12/07離婚と略奪|別れさせたい

    女性から離婚の相談が入ったいつものように先ずはメールで状況を伺う旦那: 浮気と嘘の癖あり奥さん: 旦那に重度の依存あり何度かの質問の末、要約するとこのような夫婦と判明した別れさせ屋として離婚に向けイメージしたのは、旦那に嘘をつかせないこと、奥さんに現実を直視させること、この2点極論、旦那の浮気癖を奥さんは知ってる、それでも何度も許してる何故許せるのか、、、それは旦那が上手く立ち回っているから、嘘をつ...

    記事を読む

  • 2017/11/24離婚と略奪|別れさせたい

    別れさせ屋に「自分が離婚したいという相談」は実は珍しくないものですその状況は大きく分けて2つ①妻(夫)が離婚に応じてくれない②自分が悪者にならないように離婚したい概ねこのような感じ結論を先にいうと、離婚は出来ます但し中途半端な優しささえ捨てれば①でも②でも離婚は可能という条件付き②の「自分が悪者にならないように...」というのは実は①にも含まれる心理誰だってイイ人を演じたいのですそれは、相手に対しての情もあ...

    記事を読む

  • 2017/11/17離婚と略奪|別れさせたい

    別れさせたい別れさせたいという相談多いそりゃそうだ別れさせ屋だものねでも全ての相談をお受けする訳にはいかない別れさせて誰が幸せになるの?誰が幸せにするの?本当にそこに幸せがあるの?そんな注文をつける別れさせ屋だからあなたがもしも泥船(沈む船)ならばそこに人は乗せれないよそんなお手伝いは出来ませんん?別れてくれたら頑張って沈まない船になるって?それって今から頑張れない人が言うセリフの定番なんだよなそ...

    記事を読む

  • 2017/11/11離婚と略奪|別れさせたい

    彼が離婚してくれない、だから離婚させたいこれ、不倫に悩む彼女から別れさせ屋に持ち込まれる相談パターン離婚してくれない理由は様々それこそ最初から離婚する気は全く無いと断言する彼もいれば、奥さんが離婚に同意してくれないと困ってる彼もいる子供への愛情を理由に離婚を悩む彼もいる、そんな感じとなれば「私が何とか頑張ってみよう!」と腹をくくる彼女が「彼の離婚を手伝って!」の相談となるその場合の一番最初の作業は...

    記事を読む

  • 2017/09/01離婚と略奪|別れさせたい

    夫婦の離婚工作について当方では他社の別れさせ屋さんと比べて離婚工作の相談比率が高いです心理戦の有効性や実績が評価されてるのだと思われますその難易度は交際中の独身カップルよりも断然高く、別れさせ屋としてはノウハウを駆使した腕の見せどころではありますが、頭も体もフル回転の活躍が求められる体力勝負な現場となることも多いのも事実ですでは離婚工作を考える際の離婚問題事項ランキングを発表させて頂きます■第3位、...

    記事を読む

  • 2017/08/26離婚と略奪|別れさせたい

    「彼が離婚しました」別れさせ屋に1通のメールが届きました送り主は離婚工作の依頼者さんその文字は躍っていましたでも彼女の堅実さとここまでの苦労が更なる先の目標に向けて一段と気を引き締められたことが伝わってくるものでした***** 頂いたメールの一部抜粋 ↓ *****これで決着てはなく、今からが私達の本当のスタートになります今までのことを無駄にしないよう今から頑張っていこうと思ってますなんとか梟さんに良い報告が...

    記事を読む

  • 2017/07/07離婚と略奪|別れさせたい

    別れる夫婦には別れる理由がありますその演出を行うのが別れさせ工作ということですそんな夫婦を別れさせたい相談の大半は不倫相手の独身女性からその女性によると、私達は愛し合っているけど既婚男性が「子供がいるから別れられない」とか「子供の為に我慢する」と言ってる、是非にも力を貸して欲しいという状況「子供の為に離婚しない」というセリフというか言訳、大変よく耳にします  言訳 [いいわけ]言い訳、言い分け。。。...

    記事を読む

  • 2017/06/26離婚と略奪|別れさせたい

    ゴール目前で足踏みしてる案件が2つあるその2つより後に着手した案件での成功報告がいくつか届いてるだけに少しイライライライラといっても私の焦りとかではなく、あくまで依頼者さんの心情を考えてのイライラです、苦笑ツライ我慢の日々を知ってるだけに、またどちらも心理戦の末のゴール目前だけに心労も相当なものかと、、、なので1日も早くスッキリして頂きたいたいのですしかしながらやはり別れさせ工作ってのは心理戦ですそ...

    記事を読む

  • 2017/06/22離婚と略奪|別れさせたい

    1組の夫婦を離婚させて欲しい彼は別れたがっているのだが奥さんが別れてくれなくて。。。よくあるパターンの相談例しかしいざ工作活動に入ってみると、その約半数のいわゆる彼が、奥さんと別れようとしていないことが確認できたりする言い方を変えるならば、仲良しな夫婦であることが判明する、ということである当然この報告に依頼者である彼女は驚き落胆するやはり、、、薄々感じてたとうなだれる方もあれば、そんなの嘘だ、、、...

    記事を読む

  • 2016/12/24離婚と略奪|別れさせたい

    離婚するには(させるには)、離婚に至る理由が必要それを演出するのが別れさせ工作ですその演出において大切なのは環境把握(現状調査)今現在どういった関係性で何が効果的となるかの見極めですこの見極めが別れさえ屋としての経験値であり腕の見せ所、見極めが甘いと工作を仕掛けても効果は得られませんからとても重要なのです見極めで手ごたえを感じればGOサイン慎重に工作を仕込み仕掛けて離婚に向かうべく組み立てを行う流れ...

    記事を読む

  • 2016/10/14離婚と略奪|別れさせたい

    何度も言うけど、不倫男の「愛してる」は90% ⇒ 嘘 ⇒ 偽物 ⇒ 無責任だって「愛してる」って言葉は最上位で無二なものしかし不倫男には他に大切なものがあるという悲しい事実だから今後は不倫男の「愛してる」改め「愛してるけど。。。」と耳から脳に伝達する間に変換されるのが望ましいですそれで全ての説明がつくはず、今の悩み、見えない未来離婚しないのか、出来ないのか、する気が無いのか、ここのところの違いくらいは見極め...

    記事を読む

別れさせ屋に離婚相談、そんな方法で本当に別れるのだろうか!?

離婚させて欲しい相談
女性から離婚の相談が入った

いつものように先ずはメールで状況を伺う

旦那: 浮気と嘘の癖あり

奥さん: 旦那に重度の依存あり

何度かの質問の末、要約するとこのような夫婦と判明した

別れさせ屋として離婚に向けイメージしたのは、旦那に嘘をつかせないこと、奥さんに現実を直視させること、この2点

極論、旦那の浮気癖を奥さんは知ってる、それでも何度も許してる

何故許せるのか、、、それは旦那が上手く立ち回っているから、嘘をついて奥さんに愛情を示しているから

いわば母と子の関係

ダメな子ほど可愛い、息子を溺愛してる母親、正にこれ

ダメな旦那だけど自分への「甘え=愛情」と定義しそれは揺るがない本物と受け止め許してる

また、旦那はカッコいいから女が寄ってくるのは仕方ない、という自分への暗示で旦那の嘘を信じようとしてるのもあるだろう

旦那はそれらを全て意図してそれを装って遊んでいる、という構図(典型的なヒモ体質男の特徴)

だから嘘を遮断し現実を見せることで双方のバランスを崩すしかないという選択であり提案

その旨を相談者に告げた

すると「あのー別れさせるのに彼は関係なくないですか!?奥さんが別れてくれればイイだけの話です!!」

えっここまでの説明を聞いてなかったの?と私

すると「奥さんに男性工作員を近づけて別れさせるのが一番早くないですか!?お金の無駄は嫌ですし~!!」

、、、、、絶句する私、しかし頑張って、何でそうなるの?と問う

他社の提案を引き合いにあーだこーだと理解不能な説明が続く、、、、、

ならばその別れさせ屋さんにご依頼くださいよ、が私の答え、見立てが違うのだから仕方ない話、いつもの話、苦笑

それかあと5社でも10社でも別れさせ屋に相談してみてそれで検討されてはどうですか?とも提案した

すると「もう20社以上の別れさせ屋に相談しました!その8割以上が奥さんに女性工作員を近づけて友達になり、そこから男性を紹介し離婚させるという提案でした!男性を近づけるという意味では全部がそうでした」と告げられた

呆れた

本気で、ちょっと条件のイイ男が現れて口説いたからと言ってそれで離婚すると思って提案してるのだろうか、、、!?

若いカップルならいざ知らず、この奥さんと旦那の互いに歪んだ形の依存の高さを全く理解していない、と感じた

業者にも相談者さんにも閉口した

私の説明が理解できないなら尚更20社の中から選ばれたら良いでしょう、としか言いようのない私

しかしアレコレと食い下がってくる相談者さん

この人は頭は良いのだけど深く考える前に喋るから2度3度と繰り返し説明が必要になるタイプ、疲れる私

1から再度の説明、3歩進んでは2歩さがる

私が100%正しいとは云わないけど、でもこう考える、こう考えた、そうしたらこの作戦しかない、あなたが逆の立場ならどう?

仮説と検証の繰り返し、これが精度の高い仮説に繋がる、そこに何を行うか、何で崩れるかを検討

これが心理戦、これが別れさせ屋が工作を考える基本の仕組み

、、、、、伝わった「やはりそうですよね」と納得頂いた

「相談した別れさせ屋が例外なく‘男性を近づけて別れさせる’というからそれがスタンダードなんだと思い込んでいた、でも違和感が拭えないので次々と相談を繰り返していた」ということらしかった

ふぅ~疲れた

まあもう一度よく考えて必要ならばご連絡ください、と相談を終わろうとした

すると「お願いしいます!」との即答

いやいや急に言われても直ぐには出来ないからね

「えーーーーーーーー嫌だっ!」

、、、、、絶句の私

別れさせ屋には色んな方が相談に来られます


梟 拝

自分が離婚したいという相談

離婚したいか諦めるか
別れさせ屋に「自分が離婚したいという相談」は実は珍しくないものです

その状況は大きく分けて2つ

①妻(夫)が離婚に応じてくれない

②自分が悪者にならないように離婚したい

概ねこのような感じ

結論を先にいうと、離婚は出来ます

但し中途半端な優しささえ捨てれば①でも②でも離婚は可能という条件付き

②の「自分が悪者にならないように...」というのは実は①にも含まれる心理

誰だってイイ人を演じたいのです

それは、相手に対しての情もあれば、子供への愛情、親に対する体裁、社会的信用など様々

同時にそれは「悪者になれない=愛情が残ってる」と勘違いさせ離婚の話が進まない事態を招いています

経験的に離婚できないと嘆いてる人の大半は自らこのミスを犯していると断言させていただきます

なので極論として離婚したいなら、それら優しさや体裁を優先させるか、離婚後の自由を優先させるか、その選択となるのです

私の面談では、工作費用が掛からず尚且つ成功率の高い、覚悟を有する後者を最初に提案し説明しています

それは面談を重ね状況を整理し体裁を繕う言い訳や悩みのアレコレなどを一緒に考えることで、自力で離婚に成功という実績を多数得ているからです

その度に腹を割って相談できる人(後押しをしてくれる人)がいないんだな~と感じるのでした

またそれだけデリケートな問題なのだとも理解しています

私の場合これらを経験上熟知してるだけに、別れさせ屋ながら相談の本質でありご縁を最優先に考え、工作の提案が後回しになっているものです

それでも「やっぱり悪者は無理」と言われれば、そこからパートナーに離婚の要因を見出すべく工作活動を提案させて頂く流れですね

なので自分が離婚したいと考えてる人は、まずは悪者になる勇気があれば、離婚は現実に!貯金は減らない!と認識された上で、工作ないし別れさせ屋への相談を検討されると良いでしょう

別れさせ屋からのアドバイスでした


梟 拝

別れさせたい人の必読情報、読んで損はなし

別れさせたいけど術が分からない
別れさせたい

別れさせたいという相談多い

そりゃそうだ別れさせ屋だものね

でも全ての相談をお受けする訳にはいかない

別れさせて誰が幸せになるの?

誰が幸せにするの?

本当にそこに幸せがあるの?

そんな注文をつける別れさせ屋

だからあなたがもしも泥船(沈む船)ならばそこに人は乗せれないよ

そんなお手伝いは出来ません

ん?別れてくれたら頑張って沈まない船になるって?

それって今から頑張れない人が言うセリフの定番なんだよな

そんでもってやっぱりほとんどの船は沈んでる(後日談)

甘い考えで作った船は甘い考えとともに沈んでゆく泥船ってこと

だから最初に戻って1から考えてみよう

、、、別れさせたい

あなたは別れて欲しいんだよね?

その気持ちは伝えてるよね?

なのに相手はなんで別れてくれないんだろう?

あなたを選んでくれないのは何故だろう?

理由は?

背景は?

何でよ?

誰が悪いの?

考えられる原因は?

ま、まさか邪魔な人が去ったら自動昇格できるなんて考えていないよね?

じゃあ残る理由は1つじゃん

・・・・・・・・・って、そうなるでしょ!?

さぁ、変わらなきゃ!!!

そこを同時進行で考えるからこそ別れさせ工作に意義が生まれるのです

成功率も上がるのです

本質にそった理論です

これって成功してる人や幸せになってる人はみんな実践したことですよ

別れさせたい人の必読情報でした


梟 拝

離婚してくれない、だから離婚させたい

離婚して結婚する
彼が離婚してくれない、だから離婚させたい

これ、不倫に悩む彼女から別れさせ屋に持ち込まれる相談パターン

離婚してくれない理由は様々

それこそ最初から離婚する気は全く無いと断言する彼もいれば、奥さんが離婚に同意してくれないと困ってる彼もいる

子供への愛情を理由に離婚を悩む彼もいる、そんな感じ

となれば「私が何とか頑張ってみよう!」と腹をくくる彼女が「彼の離婚を手伝って!」の相談となる

その場合の一番最初の作業は、彼ら夫婦の観察(情報収集)

何故観察するかといえば、本当の夫婦関係や家族の様子を把握するため

彼の説明が本当かどうか確かめるのと同時に夫婦の隙を探るもの

それら集めた情報から作戦会議を行います

状況から難易度を判断し、そこから工作案など色んな事を検討するのです

それこそ困難と判断すればその旨も正直に伝えなくてはなりません

タイミング的に仕掛けるのは今なのか先なのかの判断も大切な要素となります

で、作戦が決まればあとはやるだけ作戦開始!

これが別れさせ屋の別れさせ工作、本物です

お願いしま~す! ⇒ 了~解、お任せください!は残念ながら偽物です

焦って偽物に騙されないようにお気を付けください

離婚してくれない、だから離婚させたいお悩みをお持ちの方に書きました


梟 拝

別れさせ屋と離婚

離婚する夫婦
夫婦の離婚工作について

当方では他社の別れさせ屋さんと比べて離婚工作の相談比率が高いです

心理戦の有効性や実績が評価されてるのだと思われます

その難易度は交際中の独身カップルよりも断然高く、別れさせ屋としてはノウハウを駆使した腕の見せどころではありますが、頭も体もフル回転の活躍が求められる体力勝負な現場となることも多いのも事実です

では離婚工作を考える際の離婚問題事項ランキングを発表させて頂きます

■第3位、子供の有無と年齢

これは工作によって離婚事由が生じ表面化したとしても子供の為に離婚しない(我慢する・やり直す)という選択が生まれるからです

また子供の成長を待って離婚するなど時間の経過を必要とする可能性があります

■第2位、妻の自立性

案外見落としがちなのがこの項目です

離婚を選択肢にいれるも自立に不安がある場合は、妻側が離婚に応じず抵抗するケースが大変多いです

働いている、資格を持ってる、実家の援助、この3つの有無は大切な要素となりえます

■第1位、離婚の意思、選択肢

夫婦のどちらかに明確な離婚の意思があれば工作を用いなくとも自力で離婚することは難しくありません(可能です)

この逆説的に、(親に心配をかけるから)離婚しないと決めている、(仮面夫婦であっても)その選択肢は無い、(社会的な)体裁が最優先、として離婚はしないと決めている夫婦の離婚工作は困難を極めると言わざるを得ません

このタイプの多くは夫婦であって夫婦でない暮らしを苦とせず平気な顔して続けてるのですから、工作で生じた綻びなど何の意味も持ちませんからとても厄介となる事案です

。。。と、このような結果となりました

結論的には、別れさせ工作とは全ての問題や支障を含めた底辺からの積み重ね作業ということです

心理戦を制するには攻略ポイントを探しだしそこに加点を積み重ねることが工作成功の鍵という考え方です

※こちらの記事も合わせて読んでみてください ⇒ 工作成功への道

また、それこそ情報収集を終えて全く打つ手がないと判断すれば正直に工作への展開中止を進言とすることもあるものです

こういった無駄に費用を使わないリスク判断もプロに求められる大切な要素だと考えています

プロの別れさせ屋として夫婦の離婚工作について書きました


梟 拝

別れさせ屋に離婚報告

彼が離婚しました

別れさせ屋に1通のメールが届きました

送り主は離婚工作の依頼者さん

その文字は躍っていました

でも彼女の堅実さとここまでの苦労が更なる先の目標に向けて一段と気を引き締められたことが伝わってくるものでした

***** 頂いたメールの一部抜粋 ↓ *****

これで決着てはなく、今からが私達の本当のスタートになります

今までのことを無駄にしないよう今から頑張っていこうと思ってます

なんとか梟さんに良い報告が出来て嬉しく思います

色々、アドバイスや励まして頂いて本当にありがとうございました

アドバイスがあり、私は頑張れました

これからが大変ですが頑張っていきます

まだまだ暑い日が続きますが、体調崩さないようにされ、これからも活躍されてください(私のような悩み多き人達のために頑張ってくださいね)

本当にありがとうございます!

***** 頂いたメールの一部抜粋 ↑ *****

ここまでの彼女の苦労が伺える文章ですが嬉しいお知らせに間違いないものです

なんたって私は嬉しすぎて担当したスタッフらに速攻で連絡を回したくらいです(笑)

ですが正直に言うと、この離婚は最後の工作から2年近く経っていますので我々の工作は失敗であったと言わざるをえません

ゆえにこの離婚はひとえに依頼者さんの頑張りに尽きるものといえるのでした、、、

2年前、私達は調査や工作などを通じて彼や奥さんの性格を把握できていましたので工作とともに幾つかの作戦を助言として行わせて頂いたのです

夫婦関係が破綻していても離婚しなかった彼

仕掛けた工作で有利な離婚の切っ掛けを得ても離婚しなかった彼

約束を守らなくても何度でも許してくれると彼女に甘えていた彼

そんな彼を決断に導く対応と背水の陣で挑むことの大切さを織り交ぜた作戦です

・輝くこと
・対等であること
・飴とムチ
・主導権を握ること


■別れさせ屋からの助言 ⇒ こちらも読んでみてください「略奪への道は茨の道」

それこそ、この男は決断できないから駄目だ!他の人生を考えることも視野に入れないと危険です!?と結構強めの提案も本気で行いました

しかし彼女はこの2年間ずっと作戦を信じ、自分を信じ、彼を信じ、地道に着実に作戦を実行されていたのです

そしてついに離婚!

私は「彼が離婚しました」の文字にここまで胸が弾んだことありません

そのくらい嬉しい知らせでした

そのくらい彼女の努力と苦悩を知ってる私たちなのでした

きっと離婚したから嬉しいのではなく、彼女が幸せに一歩近づけたと感じるから嬉しいのです、そんな感じ

この一歩は大きいですよね

さあ、あと一歩、頑張れ~~~!!!

同じように苦悩されてる方の励みになればとご紹介させていただきました

恋愛を理屈で語りたくはないのですが、停滞したら冷静に理に沿った対応も必要かつ有効だと強く再認識した次第です


梟 拝

別れる夫婦

別れる夫婦には別れる理由があります

その演出を行うのが別れさせ工作ということです

そんな夫婦を別れさせたい相談の大半は不倫相手の独身女性から

その女性によると、私達は愛し合っているけど既婚男性が「子供がいるから別れられない」とか「子供の為に我慢する」と言ってる、是非にも力を貸して欲しいという状況

「子供の為に離婚しない」というセリフというか言訳、大変よく耳にします

  言訳 [いいわけ]言い訳、言い分け。。。
  自分の言動を正当化するために事情を説明すること。また、その説明。弁解。

正に、正当化であり弁解の言葉(君を愛してるけど子供の為に離婚はしない)

結論的には、この言葉は嘘です

すなわちこの男性からの愛はフェイク、偽物、浮ついた気持ちの一部の感情、1番ではない、ということ

ならば、別れさせることは無理!?となるのだけど、まだそうとは決まっていない

何故ならば、この手の男性の大半は、家庭では良きパパであることは珍しくなく、奥さんに不満を伝え改善しようとした形跡すらない、といった人であることが実に多い

要は、休日など観察してみると、イイ家庭であり、イイ夫婦であることが判明するのです

イイ家庭でイイ夫婦だとチャンスは全く無いじゃん!と一見なりそうですが、実はここにこそ逆転のチャンス※の可能性あり

※チャンスの可能性についてはここでは詳しくは書けません(スミマセン、怪しい業者さんが直ぐに真似して書くのでお許しを)

まあ簡単に言うなら、良きパパもフェイク、偽物、我慢、悪者になりたくはない、ということの表れなので、その辺を最大限に利用するという考え方です(本当に良きパパならば浮気はしません)

別れる理由の演出ですね

それが別れさせるための工作となりうるのでした

不倫しないことが一番ですが、どうしても諦めたくなければ試す価値はあるかもしれません

別れる夫婦には理由があるというお話でした


梟 拝

別れさせは心理戦

ゴール目前で足踏みしてる案件が2つある

その2つより後に着手した案件での成功報告がいくつか届いてるだけに少しイライラ

イライラといっても私の焦りとかではなく、あくまで依頼者さんの心情を考えてのイライラです、苦笑

ツライ我慢の日々を知ってるだけに、またどちらも心理戦の末のゴール目前だけに心労も相当なものかと、、、なので1日も早くスッキリして頂きたいたいのです

しかしながらやはり別れさせ工作ってのは心理戦です

それだけに精神的に優位に立つことが大切といえるものです

別れさせ工作における精神的優位とは、自分が不利な状況であってもそれを正しく受け止めるということになります

正しく受け止められれば広い視野が得られます

広い視野があってこその心理戦ということです

で、工作は別れさせ屋だけで行うケースと依頼者さんの協力を得て一緒に行うケースがあります

それらの違いは依頼者さんの影響力や対象者との関係性により変わります

今回の2件はどちらも依頼者さんの協力なくしてここまでは来られませんでしたから、その心理戦における頑張りに感謝するとともに心労が気になっている次第です

あー早く離婚しないかな、、、

ここで往生際悪く粘るくらいなら、最初から互いのパートナーを大切にしておけよ!ってな心境です

首をなが~くして吉報が届くのを待っています(笑)


梟 拝

不倫と離婚の心理戦

仲良しカップル
1組の夫婦を離婚させて欲しい

彼は別れたがっているのだが奥さんが別れてくれなくて。。。

よくあるパターンの相談例

しかしいざ工作活動に入ってみると、その約半数のいわゆる彼が、奥さんと別れようとしていないことが確認できたりする

言い方を変えるならば、仲良しな夫婦であることが判明する、ということである

当然この報告に依頼者である彼女は驚き落胆する

やはり、、、薄々感じてたとうなだれる方もあれば、そんなの嘘だ、、、と絶対に受け入れられない方もいる

どちらにせよ、そこで彼の嘘が露呈したことだけは事実

そこから更に工作を続けるか止めるかは依頼者さん次第となりますが、我々経験豊富なプロの見解としては、継続を選択された場合に現実を受け入れようとしない方の成功率はあきらかに下がる、という傾向を知っておいて頂きたいです

何故成功率が下がるかというと、彼の嘘を信じ惑わされることでこちらが仕掛けた心理戦が空振りしたり後手に回ってしまったりすることとなるからです

特にこのような夫婦の別れさせの心理戦では、彼の嘘を逆手にとったり、そこに罠を仕掛けることとなるので、そこで依頼者が後手に回ってしまうと思うような効果は得れません

工作は心理戦です、絶対に優位に立つことが必要です

そういった意味で身近な彼女の立ち位置や立ち回りが大きく影響するということです

厳しい表現を用いるならば、騙されてイイように扱われている低いポジションのままでは駄目、、、ということです

残念ながら、自分だけが我慢していているならば、それは愛されてはいないということになるのです

この状況で、愛されてるから我慢する、、、は悪循環以外は何も生まないということです(不倫の悪循環ともいえるもの)

そこから脱出できないと工作の成功率はかなり厳しいものとなるでしょう

仮に成功してもその彼女が次に選ばれることはありません

これが我々が見てきた多くの現実です

故に現実を受け入れることの大切さをご理解いただけることを願うばかりです

。。。低いポジションからの脱出

彼から求められているうちに方向転換することが大切です

それは早ければ早いほど良いです

あなたはアナタ自身をこれ以上安売りしてはいけません

逆転のチャンスはそこからのみ生まれます

夫婦の離婚工作について書きました


梟 拝

離婚

離婚の手続き
離婚するには(させるには)、離婚に至る理由が必要

それを演出するのが別れさせ工作です

その演出において大切なのは環境把握(現状調査)

今現在どういった関係性で何が効果的となるかの見極めです

この見極めが別れさえ屋としての経験値であり腕の見せ所、見極めが甘いと工作を仕掛けても効果は得られませんからとても重要なのです

見極めで手ごたえを感じればGOサイン

慎重に工作を仕込み仕掛けて離婚に向かうべく組み立てを行う流れです

もし見極めで厳しい難しいと判断すれば、それ以上の展開中止の進言を行うのもプロの別れさせ屋の役割だといえるでしょう

それは根拠のない希望的観測だけで依頼者心理を煽り無駄な出費を促す悪質な業者が多数存在するからです

現実的に離婚のハードルは決して低くない、だけど悪質業者の偽るハードルは相当低い、この差が依頼者さんを待ちうける罠です

ちなみに以前の悪徳業者は最初に出来だけ高額の契約を結ばせ、そこから更に追加でお金を摂取していましたが、最近は2.30万円とかの小額で契約させ、そこからローンなどで追加費用を摂取しているようです

離婚に限らず工作を検討されてる方はくれぐれもご注意くださいね

色んな意味で工作には見極めがとても重要ということです


梟 拝

応援&相談 reset.soudan@gmail.com

愛してるって

何度も言うけど、不倫男の「愛してる」は90% ⇒ 嘘 ⇒ 偽物 ⇒ 無責任

だって「愛してる」って言葉は最上位で無二なもの

しかし不倫男には他に大切なものがあるという悲しい事実

だから今後は不倫男の「愛してる」改め「愛してるけど。。。」と耳から脳に伝達する間に変換されるのが望ましいです

それで全ての説明がつくはず、今の悩み、見えない未来

離婚しないのか、出来ないのか、する気が無いのか、ここのところの違いくらいは見極めてみよう

そした色んなものが見えてくる

本当に愛してるなら動くからね(離婚できるって)、それが男

唯一無二のものを粗末になんてできやしない、しやしない

言訳や理屈でなくまず行動

これが本物の「愛してる」

言訳や理屈先行は「愛してる+けど」

この違いわかる?

所詮こんなものこれが不倫男の愛というか性

だから無責任!

残り10%の本物愛と信じ工作に掛けるのもありでしょう

残念な90%組の中にも成功する略奪愛もあるでしょうが、そこには後に自分が浮気される側に廻る可能性も否めませんね

で、結局やっぱり、それが不倫男の愛してるってお話しです

女性の方、しっかりと見極めお選びください

そこにこそ略奪の成否がかかってるのですよ

本当の「愛してる」を見極めお探し下さいね

それが幸せへの道に繋がります


梟 拝

Copyright © 別れさせ屋の離婚相談|略奪への道 All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます