カテゴリ:梟のつぶやき

  • 2017/10/07梟のつぶやき

    別れさせ屋以外の名称呼称を考えています何か良い名はないでしょうか、、、巷のインチキ業者と一緒にされるのがツライです、嫌です被害話が届く度に強くそう思います昨日届いた被害を訴えるメールにも、所詮別れさせ屋なんてのは、、、の言葉が頭から離れません違う、一緒じゃない、と言ってはみても、悪い奴らも私も同じ別れさせ屋裏仕事である自負はあるけど、あんな奴らとは一緒にはされたくないメールくださった方も、梟さんに...

    記事を読む

  • 2017/09/15梟のつぶやき

    男は夢を追いかけるように恋に溺れ女は現実を見据えて選んだ恋に溺れる私は男女の恋愛観をこのように感じてます平たくいうと一般論として述べられてるように、男性は理想主義、女性は現実主義ってお話だからか、男は夢破れる(理想と違うと覚る)と次の夢を探す者だけど、女性は自分の選択を信じ、相手を信じて待つ、というか待てる者どう、こんな見立ては違うかな!?まぁ真偽はともかく1つの仮説ですよこういった見解を個人に当...

    記事を読む

  • 2017/09/11梟のつぶやき

    別れさせ屋と奥さんと愛人さん奥さんと愛人さんにとって別れさせ屋は時には心強い味方、時にとんだ邪魔者相反する2人に対し2つの顔を持つのが別れさせ屋もちろんどちら側に立つかは依頼者さん次第となるものなんとも因果な商売だ敵であり味方味方であり敵故に奥さんと愛人さんのお互いの強み弱みは知っている因果だからこその唯一の財産ってことそれこそ浮気する男には理由があるんだな離婚しない男にも理由があるんだよなそれらを...

    記事を読む

  • 2017/08/17梟のつぶやき

    別れさせ工作において私の持論。。。①独身同士のカップルは放っておけばいずれ半数以上は自然に別れるそれも若ければ若いほどその確立は上がるなので焦って工作を考えてはいけない②不倫男は平気で嘘をついている中でも子供の為に離婚しないってのは大嘘つきの証し工作の過程においてその嘘が露呈するお金は大切だから冷静によく考えて依頼する③恋愛は対等が絶対条件対等でない原因は自分自身が作っている対等を目指さないと工作が...

    記事を読む

  • 2017/07/20梟のつぶやき

    年のせいでしょうか、今年は暑さが堪えます、涙張り込みで日影にいてもジメジメ、ジリジリ追跡してたら汗がダラダラと止まりませんですが年を重ねたことよりも他に、ふっと頭をよぎるように思い当たることが1点浮かびましたそれはここ数年は夏の陽を避けていたことです避けていたすなわち陽をあまり浴びていように努めていたのです(陽=直射日光)だからその辺にも原因があるものと考える次第です(耐久力が落ちたかも!?)基本...

    記事を読む

脱別れさせ屋

業者選びのコツを説明する別れさせ屋
別れさせ屋以外の名称呼称を考えています

何か良い名はないでしょうか、、、

巷のインチキ業者と一緒にされるのがツライです、嫌です

被害話が届く度に強くそう思います

昨日届いた被害を訴えるメールにも、所詮別れさせ屋なんてのは、、、の言葉が頭から離れません

違う、一緒じゃない、と言ってはみても、悪い奴らも私も同じ別れさせ屋

裏仕事である自負はあるけど、あんな奴らとは一緒にはされたくない

メールくださった方も、梟さんに依頼すれば良かった、、、とは書いてくださっていましたが、そんな酷い奴らも私も同じ別れさせ屋なのです

嫌ですね、ツライですね

そんな思いです

もちろん報告くださった方に罪はありません(●●さんお気になさらずに、謝)

悪いのはそんな別れさせ屋たちです

同じくくりにいる私です

だから何か良い名前は無いか思案中です

しっかしながらこのブログのタイトルである‘別れさせ屋の裏話’も私のコードネームである‘梟’もそんな奴らにパクられて利用されてるよな、、、

タイトルなんかこちらが被らないように何度か変更してる訳で、何だかな~ってな感じです

あー嫌だ嫌だ

ねぇ何か良い名称呼称はありませんかね?

皆さまからのご提案もお待ちしてます

宜しくお願いします

目指せ、脱別れさせ屋


梟 拝


別れさせ屋の裏話!は離婚/不倫の相談にも対応しています♪
<無料相談メール>
reset.soudan@gmail.com

別れさせ屋の必要能力

男は夢を追いかけるように恋に溺れ

女は現実を見据えて選んだ恋に溺れる

私は男女の恋愛観をこのように感じてます

平たくいうと一般論として述べられてるように、男性は理想主義、女性は現実主義ってお話

だからか、男は夢破れる(理想と違うと覚る)と次の夢を探す者

だけど、女性は自分の選択を信じ、相手を信じて待つ、というか待てる者

どう、こんな見立ては違うかな!?

まぁ真偽はともかく1つの仮説ですよ

こういった見解を個人に当て嵌めながら、別れさせるには何が有効か、復縁には何が必要かを考え行うのが工作となるものです

人を見抜く力

流れを読む力

感情移入しない冷静さ

この3つは別れさせ屋にとって最低限必要な能力といえるでしょう

その感性は磨かないと備わらないし維持できないものです

だから私は日々鍛えています

例えば、相談メールから面談に至るまでの間に相談者さんのイメージを仮想してゆきます

そして面談の際に答え合わせ(勝手に1人でやっています、すみません)

見立てとの一致もあれば修正が必要なこともあります

ですが情報量が比較的多いので大きく外れることは少ないものです

あと駅や街角で待ち合わせをしてる人を見かけると、そこから仮想することもやっています

相手は誰?

男?

女?

仕事?

プライベート?

合流して何処に行くのだろう?

こんな思考を張り巡らし観察します

服装、持ち物、時間、目線、様子、立ち方、待ち方

そんなところから情報を探ります

というかそんな訓練というか鍛錬です

それこそ当たりもしますし外れもします

ですがその考える行為が感じる力となるので大切なのです

考えて感じて得た当たりも外れも経験値として蓄積されます

人を見抜く力と流れを読む力はこのような作業で鍛えられるのでした(もちろんスタッフにも実施を促しています)

感じること、考えること、大切です

工作の成功率UP!には欠かせないことですね

別れさせ屋ってのはとっても奥が深いお仕事なのでした

※関連記事 こちらも読んでみてください ⇒ 別れさせ屋・ある日の観察


梟 拝

奥さんと愛人さん

騙す者と騙される者
別れさせ屋と奥さんと愛人さん

奥さんと愛人さんにとって別れさせ屋は時には心強い味方、時にとんだ邪魔者

相反する2人に対し2つの顔を持つのが別れさせ屋

もちろんどちら側に立つかは依頼者さん次第となるもの

なんとも因果な商売だ

敵であり味方

味方であり敵

故に奥さんと愛人さんのお互いの強み弱みは知っている

因果だからこその唯一の財産ってこと

それこそ浮気する男には理由があるんだな

離婚しない男にも理由があるんだよな

それらを紐解き出来るだけ正しく把握し、そしてまた組み立て行うのが別れさせ工作となるもの

だから工作は心理戦だと10年前から言ってます

仕掛ける側の経験値が必要不可欠な心理戦

奥さんの心理

愛人さんの心理

そして男の心理

+、-、×、÷、+、-、×、+、+、-、これが心理戦

素人業者さんには到底無理な心理戦

大手?に存在するというシナリオライターを名乗る小僧はそれを分かってるのだろうか?

現場を仕切る探偵崩れのチンピラに一体何が出来るのだろうか?

昨日も今日もそんなインチキ工作がどこかで繰り広げられ、きっと明日明後日もそうだろう

そんな業者に騙されるのは奥さん?愛人さん?

それで助かるのは愛人さん?奥さん?

何とも皮肉な話

別れさせ屋と奥さんと愛人さんの不思議な関係のお話でした

色んな業者が居るからね、お気を付けください


梟 拝

持論ながら

持論の展開
別れさせ工作において私の持論。。。

①独身同士のカップルは放っておけばいずれ半数以上は自然に別れる

それも若ければ若いほどその確立は上がる

なので焦って工作を考えてはいけない

②不倫男は平気で嘘をついている

中でも子供の為に離婚しないってのは大嘘つきの証し

工作の過程においてその嘘が露呈する

お金は大切だから冷静によく考えて依頼する

③恋愛は対等が絶対条件

対等でない原因は自分自身が作っている

対等を目指さないと工作が成功しても幸せは訪れない、すなわち無駄

なんの為の工作ですか!?

と、こんな感じ

なので依頼相談の際にはこの辺をじっくり説明と確認させて頂いてます

これら持論が意味するのは、視野の広さであり冷静さの確認です

どれだけ関係性の本質を理解されているかという確認です

これはとても大切なことなのです

それは自分の正しい立ち位置を確認して、正しく関係性を理解して、そこから正しく歩んで頂くお手伝いが、我々が手掛ける別れさせ工作であり復縁に繋がる術だと考えているからです

また違う角度からいうならば、意味のある工作でないと費用を掛けても何も得れないということです(失敗成功以前の問題)

これらの考えをこうして活字にして読んで頂くと多少なりと理解も深まるのですが、口頭での説明だけだと自分自身とすり合わせて頂くのが難しかったりするようなので(時間が必要?)、こういった機会に説明させて頂いた次第です

そうした気付きのきっかけを促すのも別れさせ屋の大切な使命だと考えています

今回の投稿を読まれて何か思われることがあったでしょうか?


梟 拝

別れさせ屋の夏

年のせいでしょうか、今年は暑さが堪えます、涙

張り込みで日影にいてもジメジメ、ジリジリ

追跡してたら汗がダラダラと止まりません

ですが年を重ねたことよりも他に、ふっと頭をよぎるように思い当たることが1点浮かびました

それはここ数年は夏の陽を避けていたことです

避けていたすなわち陽をあまり浴びていように努めていたのです(陽=直射日光)

だからその辺にも原因があるものと考える次第です(耐久力が落ちたかも!?)

基本的に私は健康を考える場合、労わる派と鍛える派のどちらかといえば後者の鍛える派です

更に言うならば、根拠もなく免疫力を上げるイメージでしょうか、そんな鍛え方(本当に鍛えてるかどうかは不明、苦笑)

陽に負けそうなら、慣れないと、鍛えないと、慣れたり鍛えるなら浴びないと、そんな単純思考です

なので今年はあえて夏の日差しを浴びて体内にも取り入れようかと考えています

鈍った免疫力を鍛えるのです、笑

もちろん過度の日焼けや熱中症には気をつけながら行わないと本末転倒ですから気をつけますよ、はい

、、、ってな訳で、ねぇこれを機会に労わる派も鍛える派の方もご一緒にどうですか?

恋に悩んでる人だって夏は楽しまなきゃ損ですよ

日差しからエネルギー補充しましょうよ

一緒に輝く汗を流しませんか!?

えっオジさんの汗は勘弁して欲しいだって...

あーはいはい、わかりました、直ぐに拭きますよ、シャツも着替えますよ

まぁ、私は迷惑にならないように頑張ります、はい

兎にも角にも別れさせ屋の夏は大変なのでした

今年は黒くなって頑張る所存です、笑


梟 拝
Copyright © 略奪、離婚、復縁|別れさせ屋の裏話! All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます