別れさせ屋の日記のカテゴリ記事一覧

別れさせたい離婚させたいなどの各種工作活動は全国対応。相談や依頼は秘密厳守のお約束、豊富な経験が自慢の安心してご利用いただける別れさせ工作専門店の実話ブログ。不倫と離婚と略奪愛に関する成功率や業界裏話など書いてます。(旧称:別れさせ屋の裏話!)

カテゴリ:別れさせ屋の日記

  • 2019/07/12別れさせ屋の日記

    どーせ悩むなら前進しようよ逆に、前進を目指さないなら悩むだけ損じゃん悩まないのが一番これって究極の正論だと思うのです悩むってのは答えや解決策を考える作業ですから、そうなるんじゃないかな、、、とそんな私なので一番苦手なのは、悩んでるという体の愚痴解決する気は無いけど不満を漏らしてるだけ、、、これ結構タチが悪いと思うのですだったら他人を巻き込むなよな、、、ってな感じむしろ、愚痴を聞いて~って言われたら...

    記事を読む

  • 2019/07/04別れさせ屋の日記

    対象者の調査を行う場合に情報を頂きますその際に、、、基本、黒シャツか白シャツ・デニム・スニーカー・黒自転車・黒リュックです!それに帽子やメガネが組み合わされます!写真は特徴のない普通の顔写真が1枚、体型も普通だし特徴なしこんな人物、どれだけ沢山いることだろうか本人からすると遠目でも見分けれるかもしれないけど、初見の私たちだとかなり近くで確認できないと識別は不可昼間ならまだ何とかなるかもしれないけど...

    記事を読む

  • 2019/04/23別れさせ屋の日記

    今朝1通のメールが届きました、、、梟 様こんにちは。以前(1年半くらい前でしょうか)メールと面談でご相談をさせていただいていた者です。(中略)昨年末くらいからは仕事や、違う人に対しても気持ちを持てるようになりました。梟様がブログやメールなどでおっしゃっていた通り、私が別の事に目を向けて、そちらが充実し始めると、彼の方から「彼女とは別れる」「結婚してほしい」と言ってくるようになりました。笑なんでもっと...

    記事を読む

  • 2019/03/15別れさせ屋の日記

    不思議なもので毎年暖かくなり始めると届く相談の数が増えてきます内容も新芽が芽吹く感じというか前向きな相談が多いですそういう意味では、今年は例年より少し早目の春の予感(暖冬でしたね)別れさせ屋に届く春、、、こんなところにも季節って出るんですね届けたもらった春には頑張って結果で返さないとね!では現場に行ってきます~とはいえ朝晩はまだまだ冷え込みます暑ければ脱げばいいけど、現場では寒いからと着るものはあ...

    記事を読む

  • 2019/03/02別れさせ屋の日記

    某媒体から取材申し込みの連絡がはいったもちろん辞退させて頂いた辞退の理由?私が扱ってるのは、人様の愛情や苦悩や本音、俗にいう愛憎劇(不倫・離婚・略奪)そこには人それぞれ誰にも知られたくないだろう別の顔があって、墓場まで持ってゆく決意で打ち明けられた相談、秘密なんですそれを扱ってる人間が表に出て何を語るの?面白おかしく取り上げられるべき題材じゃないつうの!普通のサービス業じゃないつうの!人前で語るだ...

    記事を読む

  • 2019/02/15別れさせ屋の日記

    以前、復縁したいと相談が入ったしかしよ~くお話を聴いてみると戻ったところで不倫また不倫とはいえ現実的にはセフレ扱いされてたようだし、近い将来にまた泣くようになることはほぼ確定なので、この依頼は請けれない、と伝えました誰も幸せにならない依頼は断りしている、と理由もきちんと添えてすると猛反撃が返ってきました何で!?どうして!?梟さんまで私に意地悪するの!?今度はセフレにならないから大丈夫!?彼の味方な...

    記事を読む

  • 2019/01/26別れさせ屋の日記

    ある日のこととある現場で張り込んでいましたその日の私は撮影担当です3時間くらい経過して対象者が出てきました、どこかに向かうようですA君は尾行を準備、そしてGO!私は状況を撮影しつつA君を追いかける段取り順調にことは進み次々に行動を画像に収めながら対象者の情報を集めて行きました※※※ ワンポイントアドバイス ※※※報告を裏付ける要所要所の画像添付で探偵の力量と誠実さが計れます。嘘の報告やいい加減な活動を行ってる...

    記事を読む

  • 2019/01/25別れさせ屋の日記

    数年前、別れさせ屋の新人女性スタッフのYさんと現場帰りに一緒に食事をしたすると、男の人は何で浮気するんですかね!!と唐突に質問された彼女に顔を向けることなく、何でって、、、と少し言葉に詰まる私質問の意図はなんだろう?何があったのだろうか?そんなことを考えながらも私は食事を楽しむことを優先してたん~何でだろうね、、、と軽く返して、私はチラッと彼女の顔を横目に見た箸が止まって目に涙を浮かべてたえー何何...

    記事を読む

  • 2019/01/22別れさせ屋の日記

    可愛さ余って憎さ百倍、、、愛しいと思う気持ちが強ければ強いほど、いったん憎悪の念が生じると、その憎しみは愛しいと思っていた気持ちの百倍にもなるというたとえ愛憎の表裏一体を表すことわざこういってはなんだが別れさせ屋に持ち込まれる恋愛事情ではよくある話好き⇒大好き⇒⇒もう嫌い⇒⇒⇒大嫌い⇒⇒⇒⇒やっぱり好き⇒⇒⇒⇒⇒???期待を裏切られた怒りが起因ではあると思うけど、そこにも期待の裏返しの心理があることは窺えるまた...

    記事を読む

  • 2019/01/12別れさせ屋の日記

    大至急会いたい!と、むか~しの依頼者さんから連絡が入った彼是10年くらい前にお仕事をさせてもらった記憶あり確かご主人と愛人を別れさせたいとの相談だったそして成功で終わったはずはて何だろう?また浮気かな?詳細は会ってから!ということなので、飛んで行った私お会いしてお顔を見て鮮明に全てを思い出しましたあーはいはい(色んな記憶や思いが蘇る)で、どうされました?えっ、ご主人がお亡くなりに!?えー、まだお若い...

    記事を読む

  • 2018/12/29別れさせ屋の日記

    主人が浮気していると、主人の友人(男)から聞かされた友人からの情報というのは伏せて、主人を問い詰めると最初は否定していたが最後には認めた女と別れると約束してくれたので信用し許したのが1年前その間、正直不安もあったが情報をくれた友人が色々と相談に乗ってくれていたので助かった、、、しかし先日、まだ浮気が続いてるとその友人から連絡が入ったなので今度は法的処置も視野に探偵に依頼して調査したが、ここまで密会...

    記事を読む

別れさせ屋の愚痴

愚痴が溜まる

どーせ悩むなら前進しようよ

逆に、前進を目指さないなら悩むだけ損じゃん悩まないのが一番

これって究極の正論だと思うのです

悩むってのは答えや解決策を考える作業ですから、そうなるんじゃないかな、、、と

そんな私なので一番苦手なのは、悩んでるという体の愚痴

解決する気は無いけど不満を漏らしてるだけ、、、これ結構タチが悪いと思うのです

だったら他人を巻き込むなよな、、、ってな感じ

むしろ、愚痴を聞いて~って言われたら聞けます、問題ありません、普通に対応中(お仕事でもプライベートでも)

愚痴は必要と認識してますし、そうした気持ちのゆとりは持ち合わせてます

でも、悩んでる、どうしよう、、、って相談されたら一緒に真剣に考えちゃうじゃない、何かと心配もするしね

だけど後日会って、そんな相談すら忘れたようなお気楽さんだったら驚くじゃない、ちょっとショックじゃない、えー先日の深刻な顔は何だったの!?ってな感じ

だから苦手

俺、心狭いかな??

みんなは大丈夫??平気??

まあ正論が正解って問題じゃないからね

これ以上くどくどと述べるつもりはありませんので、あくまで私は苦手とご理解くださいな

どーせ悩むなら前進したいよね

前進しないなら悩まないのが一番だよね

結局は覚悟の有無ってことなんだろうな、、、

最近そんなことがあった別れさせ屋の愚痴でした、ご静聴有難うございました、苦笑

疲れてるな俺...

よし温泉にでも行ってりラックスしてこよう!!

えっそんな暇ない!?

じゃあスーパー銭湯で我慢します

愚痴の溜まってる皆さんもご一緒にどうですか?

広いお風呂は気持ちいい♪


梟 拝

別れさせ屋の梅雨空日記

別れさせ屋の梅雨空日記

対象者の調査を行う場合に情報を頂きます

その際に、、、基本、黒シャツか白シャツ・デニム・スニーカー・黒自転車・黒リュックです!

それに帽子やメガネが組み合わされます!

写真は特徴のない普通の顔写真が1枚、体型も普通だし特徴なし

こんな人物、どれだけ沢山いることだろうか

本人からすると遠目でも見分けれるかもしれないけど、初見の私たちだとかなり近くで確認できないと識別は不可

昼間ならまだ何とかなるかもしれないけど、夜はまず無理、厳しい

だけどそれを伝えても理解できないみたい

これだけ情報があっても無理なの!?ってな感じ

それどころか、明日がチャンスなので何とかお願いします!!ってゴリ押し

厳しいですって伝えたら1cmくらいの後ろ姿のスマホ写真が送られてきた、、、一体どういうつもりだろう?

必死さは分かるけど、その思い込みというか我ままさは何だろう?

しかも少し前に、あの女とまだ続いてるの!シラを切るなら調査するよ!とまで息巻いて宣戦布告しておいて、今は仲直りしてるから警戒は大丈夫、、、なんてお気楽さ

知り合いの弁護士からの紹介でなければ絶対にお断りしていただろう調査

しかも梅雨空

雨降って傘差されたら顔なんて見えやしない

さてどうなることやら、、、

スタッフの皆、ごめんね

俺も現場に出向くから一緒に頑張ろうね

、、、ってな感じで今日も元気に頑張っています


梟 拝

別れさせ屋に届いた幸せの種

幸せの種
今朝1通のメールが届きました、、、

梟 様

こんにちは。

以前(1年半くらい前でしょうか)メールと面談でご相談をさせていただいていた者です。

(中略)

昨年末くらいからは仕事や、違う人に対しても気持ちを持てるようになりました。

梟様がブログやメールなどでおっしゃっていた通り、私が別の事に目を向けて、そちらが充実し始めると、彼の方から「彼女とは別れる」「結婚してほしい」と言ってくるようになりました。笑

なんでもっと早くいってくれないの、という気持ちや、悩んでいて仕事や人間関係がボロボロだった時間などを考えて、もったいない時間をすごしたな・・・と後悔するときもまだありますが、やっと前に進めるようになったかな、と感じています。

人生で、最もどん底の時期に梟様にご相談させていただき、借金してでも別れさせ屋に依頼して別れてもらえばどうにかなる!!!と思っていた気持ちを冷静にさせていただくキッカケをもらいました。

改めてお礼を申し上げたくメールさせていただきました。

本当にありがとうございました。


、、、私はこうしたメールを幸せのお裾分け(幸せの種)として受け取らせて頂いてます

故にお陰で朝から気分爽快

これが縁ですね、良縁

幸せは連鎖します

この幸せがまた誰かに届くといいな~そんな心境です

で、この方にお伝えしたのは(みなさんにも伝えたいのは)

解決策は1つじゃないってこと

でも輝くことは忘れちゃいけないってこと

1つ良い方向に転がり始めると人生は180度変わります

裏と表、表と裏、良くも悪くも誰もが表裏一体

だから悪い方に引っ張られたまま転がり続けると裏、裏、裏、待ってるのは裏目の苦悩

だから、輝こう!ってな起点、岐路、その提案

1つのきっかけ、良い方向へのひと転がり

別れさせ屋だからこそお伝えできることなんです

そんな仕組みを知ってるはずの別れさせ屋だからこそお伝えしなきゃいけないことなんです

お仕事をご依頼いただいて、最後にお礼を頂くのはもちろん嬉しいことです

だけどご依頼と受けずとも、後にこうしてお礼を頂くのはそれと変わらず嬉しいことなんです

その源はちっぽけなプライドですね

1件1件真剣に向き合わせて頂いてるプライドです

なので今は、よし今日も頑張ろう!ってな幸せな気分です

この幸せの種、誰かに届け~~~~♪♪♪


梟 拝

別れさせ屋に春の予感

春の予感
不思議なもので毎年暖かくなり始めると届く相談の数が増えてきます

内容も新芽が芽吹く感じというか前向きな相談が多いです

そういう意味では、今年は例年より少し早目の春の予感(暖冬でしたね)

別れさせ屋に届く春、、、

こんなところにも季節って出るんですね

届けたもらった春には頑張って結果で返さないとね!

では現場に行ってきます~

とはいえ朝晩はまだまだ冷え込みます

暑ければ脱げばいいけど、現場では寒いからと着るものはありません

よって未だ冬のようないでたちの私たち、苦笑

皆さんにも春をお届けできるように頑張っています!

別れさせ屋の春でした


梟 拝
タグ

取材は辞退の別れさせ屋

秘密は墓場まで
某媒体から取材申し込みの連絡がはいった

もちろん辞退させて頂いた

辞退の理由?

私が扱ってるのは、人様の愛情や苦悩や本音、俗にいう愛憎劇(不倫・離婚・略奪)

そこには人それぞれ誰にも知られたくないだろう別の顔があって、墓場まで持ってゆく決意で打ち明けられた相談、秘密なんです

それを扱ってる人間が表に出て何を語るの?

面白おかしく取り上げられるべき題材じゃないつうの!

普通のサービス業じゃないつうの!

人前で語るだけ軽くなる、語れるはずのないもの、それが別れさせ屋のお仕事

そんな秘密を共有するからこその存在が別れさせ屋という稼業

探偵業法はもちろん各種法令にも抵触しない、だから合法だとか、正義の味方だとか、困ってる人を助けてるだとか、そんな理屈を並べた恋愛ビジネスという体で語れるお仕事ではない!と強く認識してるから辞退させていただいたのでした

なので「やった~宣伝してもらえる♪」と喜び勇んで取材に応じるような軽いノリというか頭の悪そうな業者さんとは一緒にしないでくださいね

つうか取材に応じて事例などをベラベラ喋ってる業者や工作員って馬鹿でしょ!?

依頼者さんがそれをどんな気持ちで見たり聞いてるのか察することできないのかな!?

秘密の意味をわかってる!?

私にはそれが不思議でたまらないのでした

、、、秘密は墓場まで!

こちらはそんな別れさせ屋です


梟 拝

別れさせ屋相談物語

悪戯っ子
以前、復縁したいと相談が入った

しかしよ~くお話を聴いてみると戻ったところで不倫

また不倫とはいえ現実的にはセフレ扱いされてたようだし、近い将来にまた泣くようになることはほぼ確定

なので、この依頼は請けれない、と伝えました

誰も幸せにならない依頼は断りしている、と理由もきちんと添えて

すると猛反撃が返ってきました

何で!?どうして!?梟さんまで私に意地悪するの!?今度はセフレにならないから大丈夫!?彼の味方なの!?などと怒り全開の支離滅裂、駄々っ子かよ

とりあえず落ち着くことを若い彼女に促しました

本当はこんな展開になればスパッと終わらせてもらうのだけど、何だか不思議と憎めずその後もメールのやり取りが続いたのです

おかげ?で彼女のことを沢山知りました

過去の恋愛や育った家庭環境、いたずら好きなこと、姉に叱られてばかりのこと、職場で意地悪する人のことなど沢山語ってくれました

良いところ、もう少し頑張ったらいいのにな~ってところも知りました

で、3ヵ月をすぎたころだったか前触れもなく連絡が途絶えました

3~7日に1度のペースで届いていたメールが届かないのです

2週目に1度だけ、何かあった?と私から初めてメールを送りました

しかし返事は返らず

最後に返信した文面を読み返したけど気分を害するような事は書いていないし、、、う~ん何でだろう?

正直、心配と寂しさはあったけど、メールの無料相談ってのはこんなものだと自分に言い聞かせ、日々の多忙に飲み込まれるように彼女の記憶は徐々に薄れて行ったのです

それから2年くらいした昨年のこと

彼女の姉という人からメールが届きました

彼女は重い病を患いそんな病床から、ある人に「ごめんなさい」と伝えて欲しい、とお姉さんに頼んだという

ある人とは私、、、メールで色々相談に乗ってもらっていた別れさせ屋さん、梟っていう人

黙って彼とヨリを戻したことを隠すように連絡を断ってしまった、怒ってると思う、心配させたと思う、そのことを謝りたい、、、お姉さんに私とのやり取りを1つ1つ思いだすようにゆっくり語ったという

危惧したとおりに彼女の恋は終わっていた

病に倒れ、自分でメールも打てないくらい弱った中で、お姉さんに語り懇願したという彼女

その彼女が亡くなったというメール

嘘だろう、、、

俺の半分くらいしか生きてないのに、、、

楽しいこといっぱいあるのに、、、

怒ってないし、、、

謝ることなんてないし、、、

まだまだ沢山話も聞けたのに、、、

だけど彼女はもういない

だけども彼女の好きだった花が今年も咲いた

もう届くことのない彼女のメールアドレスに含まれていたその花の名前

その花を見あげてると会ったこともない彼女の顔がふっと目に浮かんだ

でもすぐに風に吹かれて消えた

彼女らしいな、、、

その顔はいたずらっぽく微笑んでいた

合掌


梟 拝

後悔は残さない

心霊現象
ある日のこと

とある現場で張り込んでいました

その日の私は撮影担当です

3時間くらい経過して対象者が出てきました、どこかに向かうようです

A君は尾行を準備、そしてGO!

私は状況を撮影しつつA君を追いかける段取り

順調にことは進み次々に行動を画像に収めながら対象者の情報を集めて行きました

※※※ ワンポイントアドバイス ※※※
報告を裏付ける要所要所の画像添付で探偵の力量と誠実さが計れます。嘘の報告やいい加減な活動を行ってる別れさせ屋は“不鮮明な画像しかない・添付画像が少ない”が顕著な特徴となります。要注意!


話戻って、、、

対象者がお店に入りました

私たちは中の様子を確認や撮影した後、出入口で張り込みます

日が暮れて対象者が出てきました

尾行と撮影の再開です

しかしそこで事件は起きました!!!

カメラのピントが合わない、甘い

予備のカメラに交換しました

こちらも駄目、症状同じ

ハッキリとした画像がモニターに映らない

ON、OFF、ON、OFF、駄目同じ、さすがに焦ります

えーーーーっ同時に2つのカメラが駄目になるなんて何でだ!?

暗所でピントが合わないのは仕方ないけど、そこまで暗くはない場所

何で???

ひょっとして磁場でも悪い?

あっここはお寺の裏だ!?

幽霊?

呪われてる?

誰が?

俺?

まさか!?

ひぇーーーーーっ!!!

背中の寒気をおさえながら、南無阿弥陀仏、南無阿弥陀仏、南無阿弥陀仏

とはいえその間も対象者は移動しています

念仏を唱えながら仕方なくピントが甘いまま撮影続行です

そして対象者が駅に着きました

一応ここも撮影しておきます

おっここではピントはバッチリ♪

直ったじゃん!!

念の為に予備カメラも、、、おおおっバッチリ♪

やはりあの場所が悪かったのか、、、何でよ??

で、対象者はそのまま帰宅、無事その日の尾行調査は終了です

基地に帰って画像チェック

その日の撮影を最初から確認です

うん、よ~く写っています

ここはもう少し近付いても良かったかな~などと反省しつつ次々チェック

そして例の画像、、、アレ!?

よ~く写ってる

少し暗いぶん画質は粗いけど問題なし

もう一台も問題なし

よ~く写ってる

はて?

????

これは一体どういうことだ????

謎!?

やはり心霊現象なのか!?

そういえば少し前にも似たようなことが一度あったかも!?

、、、、で、ここまで引っ張っておいて言うのもなんですが、結論を述べましょう

恥ずかしながら老眼でした

暗い場所で見えにくくなるようです

それでモニターの画像にピントが合わない

カメラのピントは合っていても、それを映すモニターに私の眼のピントが合わない

眼に映るのはピンボケのモニター

それでカメラの故障を疑った

なんという失態、というか驚き

まさか自分の身にそんなことが起こるとは!?

幽霊でないことが分かり正直ホッとはしましたが、それ以上のショックを受けたのも事実です

そんな複雑な心境とともに思ったことが1つありました

あーこんな感じでいつか俺も死ぬんだな、、、

残りの時間は減ってるんだな、、、

と、そんなことを強く感じたのでした

光陰矢のごとし

振り返ってみれば、人生なんてあっという間ですよ、本当にあっという間

やりたいことまだまだ沢山あるのにどうしよう、苦笑

焦っても仕方ないんだけど、出来るだけ後悔しないように生きよう!って思いましたよ

また私たちのお仕事にはそんな役割もあるんだな~と自らの老いを通じて痛感した別れさせ屋でした

あー!そこで失笑してる君!

君にも必ず老いは来るからね!!

今を大切に!!!


梟 拝

目指せハッピーエンド♪

炒飯は美味い
数年前、別れさせ屋の新人女性スタッフのYさんと現場帰りに一緒に食事をした

すると、男の人は何で浮気するんですかね!!と唐突に質問された

彼女に顔を向けることなく、何でって、、、と少し言葉に詰まる私

質問の意図はなんだろう?

何があったのだろうか?

そんなことを考えながらも私は食事を楽しむことを優先してた

ん~何でだろうね、、、と軽く返して、私はチラッと彼女の顔を横目に見た

箸が止まって目に涙を浮かべてた

えー何何何!?

何があった!?

どうした!?

(全て心の中の声)

カウンターの向こうの店主と目があった

彼女と私を交互に見たあとの冷たい目

店主、私を責めてるのか!?

若い娘さんを泣かせてる悪い男とでも思っているのか!?

俺じゃない!

違う!!

一体何が、、、、!?

違うんだ店主、勘違いしないでくれ!と目で訴えようとしたが目を逸らされた

ここの炒飯が気にいって3年くらい通ってたお店

無表情な店主だが、最近は私が店を入ると笑顔をくれるのが阿吽の呼吸となっていたお店

いらっしゃい♪→注文→ご馳走様♪

店主と私、互いにこの最低限のコミュニケーションで築いていたある種の信頼関係の間に、この事態を説明しうる術など存在しない

少しの沈黙ののち彼女は涙を拭って何事も無かったかのように食事を再開した

私の頭の中は、色んな思考が行ったり来たり

だが、、、それでもここの炒飯は美味い

私は黙っていつもの1.5倍くらいよく噛んで食べた

よ~く味わうことでその場から現実逃避するのがその目的

、、、食事を終えて私たちは店を出た

駅に向かい歩きながら彼女に訊いた、どうした?

ふむふむ

へ~

ふ~ん、そうだったんだ

どうやら元彼と何度か行ったことのあるお店だった模様

ノー天気に炒飯を食らう私の横顔に、元彼の面影があったらしく、悲しい記憶が蘇ったとか

そういえば、元彼とはその彼の浮気が原因で別れ、その悲しさから逃れるように彼女は別れさせ屋のスタッフになった、、、という話は聞いていたな

彼女とはあのお店は利用しないようにしよう、と私はそう決めて駅で別れた

それから彼女は1年くらいエース級の活躍をしたのちに別れさせ屋を辞めたのでした

で、先週そんな思い出のあるお店に行ったのです

最低限のコミュニケーションはそのままに、店主の笑顔も戻っています

カウンターに座り注文を終え、ふっと奥の席を目を向けると、そこにはYさんがいた

おっ男性と一緒だ

笑顔で楽しそうに食事をしている

んん、ひょっとして、、、と思い、男性が食べてるものを確認した、炒飯だ!

子供みたいに口いっぱいに頬張って食べてるよ!

きっと元彼とヨリが戻ったんだ!

彼女との思い出が思いだされたが、この店で涙を浮かべた彼女はもういない

その幸せそうな姿がとても眩しく映り嬉しくなった

ほどなくして私の目の前にも熱々の炒飯が運ばれてきたのでいつものように頬ばった

美味い♪

ここの炒飯はやっぱり美味い♪

だけど今日はいつもよりも美味い♪

お幸せに~&もう浮気しちゃダメよ彼♪と陰ながら声援を送りながら好物をほおばった別れさせ屋なのでした

、、、、、と、そんな出来事が先日あったのです

人生色々、終わりよければ全てよしってところでしょうかね

笑顔は伝染しますね

目指せハッピーエンド♪


梟 拝

略奪愛、可愛さ余って憎さ百倍

可愛さ余って憎さ百倍
可愛さ余って憎さ百倍、、、

愛しいと思う気持ちが強ければ強いほど、いったん憎悪の念が生じると、その憎しみは愛しいと思っていた気持ちの百倍にもなるというたとえ

愛憎の表裏一体を表すことわざ

こういってはなんだが別れさせ屋に持ち込まれる恋愛事情ではよくある話

好き⇒大好き⇒⇒もう嫌い⇒⇒⇒大嫌い⇒⇒⇒⇒やっぱり好き⇒⇒⇒⇒⇒???

期待を裏切られた怒りが起因ではあると思うけど、そこにも期待の裏返しの心理があることは窺える

また近い将来の失恋を予期して、その終焉のダメージに備えうる自らの心を求め、失恋を突き付けられる前に、相手のことを嫌いになっておこうとする心理作用のケースもある

まっ結局のところ憎くて怒ってるうちはまだまだ好きなんだ、何かしら期待してるんだと思う

もちろんそこに期待することは全く問題はないのだけど、怒りのベクトル(大きさと方向)を間違うと期待の夢は泡と消えるので、そこんところは要注意!

憎くくなるくらい好きなんだから、そう簡単に嫌いになれる筈もなく、それが惚れた弱みの泣きどころ

可愛さ余って憎さ百倍

恋の経過となるものか、恋の終わりとなるものか、、、

そこには人それぞれの人生があるようです

今日もまた別れさせ屋のもとには色んな略奪愛のお話が持ちこまれるのでした

よし、がんばろう!


梟 拝

別れさせた愛人を探せ!

合掌
大至急会いたい!

と、むか~しの依頼者さんから連絡が入った

彼是10年くらい前にお仕事をさせてもらった記憶あり

確かご主人と愛人を別れさせたいとの相談だった

そして成功で終わったはず

はて何だろう?

また浮気かな?

詳細は会ってから!ということなので、飛んで行った私

お会いしてお顔を見て鮮明に全てを思い出しました

あーはいはい(色んな記憶や思いが蘇る)

で、どうされました?

えっ、ご主人がお亡くなりに!?

えー、まだお若いのに、、、(確か私と同い年)

何があったのですか?

ご病気でしたか、、、それはご愁傷さまでした

えっそんなことはどうでもいい!?

では一体何を!?

えっ、別れさせた昔の愛人を探してほしい?

何で?

渡したい物!?

何?

ご主人がその女性に借りていたお金がそのまま未返済だってことが判明したって!?

なんと130万円も!?

それを返すのが目的!?

しかし内容を聞き、それは返さなくても大丈夫でしょう、と私は私見を述べた

いいえ返します!と奥さん

ならば了解です、と私

でも私の方は全て消去済み、、、奥さんも当時の報告や写真は無い?住所も無い?有るのは私たちの記憶だけ!?

氏名は確か○○だったような、勤務先は△△あたりの、、、

かくして私の活動は始まった

当時の担当者にも確認しながら情報集めと整理

現場に出向くと女性が会社を辞めたり引っ越していたので想像以上に難航した

正直舐めていました、もっと簡単に特定できると思ってました(焦)

それから3ヶ月後があったという間に流れました

あきらめムード漂う中、ひょんなところから繋がった、見つかった

Facebook!

ご主人の勤務先に当時勤めていた後輩の友達の中に女性の名前があった!

5年くらい更新されていなかったが何とか繋がった

亡くなったことと返済の旨を伝えた

亡くなった驚きと、諦めていたお金であったことや、関係性を加味すると受け取る抵抗はあったようだが、何とか承諾をもらった

但し、奥さんと会いたくはない、電話番号や口座や住所を教えるのは嫌だ、という条件付き

その旨を伝えると、私は奥さんからお金を渡すことを託された、、、だがその役は丁重にお断りした

間に入る者が「渡した」と偽って渡さない状況や、金額を誤魔化すことだって可能な状況となるから、そんな疑心やトラブルを生む可能性ある過程に関わりたくないと断りの理由を説明した

その後、授受の協議がしばらく続いたけど、なんとか着地地点を見出せた

金額は今日までの金利を含めた総額200万円が、奥さんの要望で女性に返済されました

これにて私は任務完了、奥さんは完全決着!

、、、、、愛人女性への意地、ご主人への愛情と反省かな、これらが強く滲んだ何ともあっぱれな幕引きを拝見しました

こういう言い方は変ですが、奥さんの圧勝でしたね

もし私が女性側についていたらどう戦ったろう?なんて思いも少し頭をよぎりましたが、強敵であったことだけは間違いないです

母性にはやはり強さも必要なんだな~と強く感じた別れさせ屋です

まっそれだけ男の本質が甘えん坊で駄目駄目駄目って話なんですけどね(苦笑)

で、天国か地獄かどこに行かれたかは知らんけど、ご主人!

あなたは奥さんから凄く愛されていたよ!

これからは奥さんを見守ってあげてくださいな!

さいなら~

合掌


梟 拝

別れさせ屋が見た雄雌実話

欲望に勝てない男女
主人が浮気していると、主人の友人(男)から聞かされた

友人からの情報というのは伏せて、主人を問い詰めると最初は否定していたが最後には認めた

女と別れると約束してくれたので信用し許したのが1年前

その間、正直不安もあったが情報をくれた友人が色々と相談に乗ってくれていたので助かった

、、、しかし先日、まだ浮気が続いてるとその友人から連絡が入った

なので今度は法的処置も視野に探偵に依頼して調査したが、ここまで密会現場を押されていない

家では普通に振舞ってる主人が信じられない

私は騙し続けられていたんです

辛い、苦しい、悲しい

梟さん、助けて!私はどうしたらいい!?と相談が入った

とりあえずこれまでに調査を行ったスケジュールとその報告を確認した

報告書の内容に嘘はないと感じたがスケジュール的な漏れは多々あったのでそこを指摘した

調査を依頼された

予算を抑えたいという希望もありGPSを多用しながら監視の網を広げ実施した

結果、シロ、密会なし

少なくとも監視中の4週間、女とは一切会っていない、その隙は1mmもない

別れたのか?

会う頻度が低いのか?

そんな思考が頭に浮かぶ

今一度よく考えた

あっ!と直感する仮説が浮かんだ

情報をくれたご主人の友人って何?

ご主人とはそもそもどのような関係?

奥さんはその友人の方とどうやって相談してたの?

その友人の発言内容は?

色々と質問させて頂いた

あーこれは以前にもあったパターンとよく似てる

浮気の実話

つうか間違いないな

男の横恋暮

最近で言うところの寝取り狙いだと強く感じた

その旨を奥さんに直球で告げた

奥さんからの反応は、あれやこれやと意味不明な言訳が並ぶものだった

?????

えええっ!?

ひょっとして!?

、、、そう、その友人とは既にそういう関係が構築されていたのだ

不安な相談に乗ってもらってるうちに自然にそうなった、らしい

しかしここ最近は家庭も円満で不安も治まりその男に会うことも減っていた、らしい

なので男は嘘で不安を煽り関係を繋ごうとした模様

、、、はいはい、やはりそういうことでしたか、あとはお好きにどうぞ

私の役目は終了した

つうかこの奥さん相当の役者だよ

私の目の前でご主人の浮気をどれだけ怒り悲しんでいたことか、しかしその裏では自分も浮気してたって一体何のこっちゃ!?

メンタル弱すぎってか、そのオンオフの切り替え怖いな~

しかも旦那の友人

と同時に、この友人男の狡賢さ

モテない男ってのはここまで下衆になるのかね!?

仮にも友人の奥さんですよ

性質の悪い男です

男と女ってのは難しい、いやいや、雄と雌になるとルールは無いんだな~と実感した別れさせ屋でした

欲望に勝てなかった男女のお話、これも実話♪


梟 拝
Copyright © 別れさせ屋相談室-別れさせたい略奪愛の道 All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます