GPS発信器
ご主人と浮気相手を別れさせたい旨の相談があった

私はまずは明確な不貞の証拠を収集することを提案した

その流れで、GPS発信器をお借りしたいのですが、、、と奥さん

はい分かりました、、、と私

ちょうど持参していたので2種類の現物を鞄から出してテーブルに置く(ゴトンゴトン)

奥さん、、、(えって感じで)一瞬絶句

1つはタバコの箱サイズで車に取り付ける用、もう1つはライターサイズで鞄などに忍ばす用

私、、、(こういう物を初めて見られて驚かれたかな?)

奥さん、、、もう少し小さい物はありませんか?

私、、、どの位が希望ですか?今は持参してませんがまだ小さいタイプは2~3はありますよ

指先くらい、そうシャツのボタンくらいかな、、、と奥さん

絶句する私、、、それってTVとか映画とかで見られたのですよね?(恐る恐る質問)

そう、そうです!、、、と屈託なく奥さん

す、すみません、そのようなモノは無いんですよ

えっ梟さんのところには無いの?

いえいえ、存在しないという意味です、少なくとも民間レベルにそのように小さなモノは無いのです(GPSのモジュールだけでもシャツのボタンサイズ)

国は持ってるの?

持ってないと思います、少なくとも日本は

ではアメリカは持ってる?

どうでしょうね出力やバッテリーから考えるとあそこまで小さくできるとは思いませんが、、、

映画って映画なんですね!?

で、ですね(苦笑の私)

、、、と互いに笑って具体的に煮詰めていったのでした

しかしながら2~3年に1度はこんな会話してるような気がする

改めて映画の影響力って凄いな~と思った

考えてみればGPSのこういった技術を知ったのは16~7年くらい前だったかな

それまではこんな魔法のような道具は無かったからとても大変だったことを思い出した

そう考えると20年先にはもっと違う技術が確立されて発信器がボタンサイズになっていても不思議ではないな

ついでに証拠の撮影まで行ってくれたらイイなのにな

あっでもそうなると俺たちの仕事無くなるな

なんてことを考えながら張り込み中

ご主人の不貞の証拠を得るべくための張り込み中

雨が降ってるので外は少し肌寒い

早く出てきてくれないかな、、、そんな別れさせ屋のひとりごとでした

※ちなみに幾らGPSなどの性能や利便性が向上しても、用途や目的によってはプライバシーの侵害や犯罪となるのでくれぐれも安易な利用はなさいませんように!


梟 拝