唯一無二
恋愛が成就しないのは、、、

誰かが邪魔してるんじゃなくて自分に何かが足りないから!

これが大半のケースでの答えです

別れさせ屋として数多くの相談を受けてきた私が言うんだから本当です

沢山の恋愛の一部始終を見てきた私が言うんだから本当です

相談者さんの中には邪魔者さえ居なくなれば自分が自動昇格すると勘違いしてる人が大変多い

そりゃ工作が成功すれば一時的には自動昇格するかもしれない

でもそれで不動のポジションを得た人は案外少ない

何かが足りないんだからいつの間にか元のポジションに戻ってる、時すでに遅し

二番手は二番手ってこと

それこそ二番でも三番でも五番でも十番でも同じ、本命にあらずってこと

これが現実

要は別れさせ屋に工作を依頼するとしても、足りない何かを補いながら磨きながら挑まなくちゃダメってこと

ほんとこの差は大きいのです

依頼者さんが二番目のポジションから補完しながら輝いてくれると成功率がグンとアップするのです

工作との相乗効果です

これがある種のケースでは正しい別れさせ屋の使い方となるものです

だから昇格が目標じゃダメ、無二を目指そう

それが求めてる本質でしょ?

だから厳しく言ってます

恋愛が成就しないのはあなたに何かが足りないから!

さあ補完しよう!

さあ輝こう!

恋愛成就の必須条件です

成就しない恋愛にはこういった側面もあるのでした

万全に備えるなら自身を省みることも大切といったお話です

お役にたてれば幸いです♪


梟 拝