悪い別れさせ屋を斬る
善い人、悪い人

悪い人だからといって全部が悪いわけじゃないだろう

善い人だからといって全部が善いわけじゃないだろう

これが人間だと思う

クズみたいな奴でも何か1つくらい善いところはあるだろう

逆に、善い人だからといって心の中まで善人とは限らない

そういうこと

以前読んだ何かの時代小説に登場したのだけど、人は殺しても虫は殺さない、という悪党がいた

虫には裏表が無くただ一生懸命生きている、だから蚊も殺さない

だけど善人を装い人を貶めてる奴はタチが悪い、そんな奴は斬って捨てる

それがその悪党の正義だった

デタラメな理屈だけど正直ちょっと理解できる気がしたのを覚えている

ていうか私も善人面したそこいらの別れさせ屋に長らく違和感を覚えている

別れさせ屋が善人なわけないじゃん

なんで善人を装うの?

なんで嘘つくの?

嘘を信じさせるために善人面が必要なの?

安心させるための善人面?

そうとしか思えない

悪党が善人面すると外道ですよ

そこには何の正義もない

往生際が悪すぎる生き方

別れさせ屋に求められるのはいつかの悪党のような生き方のはず

悪党は悪党らしく

別れさせ屋は別れさせ屋らしく

それこそ外道になっちゃおしまいです

、、、、悪党も別れさせ屋も潔くなくっちゃ務まりません


梟 拝