浮気のタグ記事一覧

別れさせたい離婚させたいなどの各種工作活動は全国対応。相談や依頼は秘密厳守のお約束、豊富な経験が自慢の安心してご利用いただける別れさせ工作専門店の実話ブログ。不倫と離婚と略奪愛に関する成功率や業界裏話など書いてます。(旧称:別れさせ屋の裏話!)

タグ:浮気

  • 2019/07/19夫婦の話

    夫婦の再構築は可能諦めない限り可能性はある配偶者に浮気された、愛人がいる、不倫されてる、、、離婚するべきか、我慢するべきか、許すべきか、そもそも元に戻れるのか!?そんなご相談が届きますその答えが先の2つ①夫婦の再構築は可能、②諦めない限り可能性はある、ですお話を伺いながら対応策や改善点を私が一緒にお考えしていますここで気をつけて頂きたのは1点感情的にならないこと!売り言葉に買い言葉、これ最悪NO!と言っ...

    記事を読む

  • 2019/07/18別れさせ屋が見たダメな男

    男性諸君、私は個人的に浮気も不倫も風俗も、お好きにご自由にどうぞ、、、が持論です但し、あくまでも甲斐性の範囲で、、、が条件ですけどね甲斐性すなわち、遊びの範疇で、、、ということですじゃあどこまでが甲斐性の範囲かって??私は、嘘ついて相手の女性を騙したり、見栄張って借金してまで遊ばないならOKじゃないかな!?それが私の考える男の甲斐性のルール嘘ついて口説いたり、借金してまで遊ぶってのは単純に身の丈を超...

    記事を読む

  • 2019/01/25別れさせ屋の日記

    数年前、別れさせ屋の新人女性スタッフのYさんと現場帰りに一緒に食事をしたすると、男の人は何で浮気するんですかね!!と唐突に質問された彼女に顔を向けることなく、何でって、、、と少し言葉に詰まる私質問の意図はなんだろう?何があったのだろうか?そんなことを考えながらも私は食事を楽しむことを優先してたん~何でだろうね、、、と軽く返して、私はチラッと彼女の顔を横目に見た箸が止まって目に涙を浮かべてたえー何何...

    記事を読む

  • 2018/12/29別れさせ屋の日記

    主人が浮気していると、主人の友人(男)から聞かされた友人からの情報というのは伏せて、主人を問い詰めると最初は否定していたが最後には認めた女と別れると約束してくれたので信用し許したのが1年前その間、正直不安もあったが情報をくれた友人が色々と相談に乗ってくれていたので助かった、、、しかし先日、まだ浮気が続いてるとその友人から連絡が入ったなので今度は法的処置も視野に探偵に依頼して調査したが、ここまで密会...

    記事を読む

  • 2018/08/20別れさせ屋が見たダメな男

    悲しい恋が多すぎるそりゃこんなお仕事してるからそんな話ばかりが耳に入るのは仕方が無いことそれでもやっぱり多すぎると感じるその大半は男が狡い、一も二もなく男が悪い同時に女性が軽いことも否めないと付け加えておくとするその辺の需要と供給が一致してるぶんだけ悲しい恋が多くなるって仕組みなんだろうで、その上で言わせて頂くならば、、、男性諸君そんな遊び方は止めよう!これである中でも既婚男性には、恋愛を装って口...

    記事を読む

  • 2018/01/29別れさせ屋の日記

    夫を愛人と別れさせて欲しいそれでダメなら離婚します有利に離婚できるように証拠を抑えてください、、、そんな相談を頂いた数年前、ご主人はとある女性と不倫関係にあったなんやかんやで奥さんはその事実を知ることとなり、離婚騒動に発展するも子供の為にと再構築を選ぶもちろんご主人は愛人と別れた、、、いや、別れたはずであったそれが続いていたそんな情報がつい先日彼女の耳に届いた模様本当に別れたのか、許せるのか、そん...

    記事を読む

  • 2017/12/28不倫の嘘

    離婚する気が無い不倫これは典型的な浮気ただの浮気恋愛じゃないよ浮気浮ついた気持ち、浮ついた行動、それが浮気そこに根を張る気が無いから浮気離婚すると嘘をついて口説く奴よりはましだけど浮気にもルールはある逢瀬は3回まで!!!これである鼻の下を伸ばしてそれ以上重ねてると女性の情が濃くなるからねそんな罪つくりなことしちゃダメ1~3回で終わっちゃうとヤリ逃げと呼ばれちゃいそう!?それでイイんだよ!素人さんに手...

    記事を読む

  • 2017/09/21夫婦の話

    DV(ドメスティック・バイオレンス)防止法正式名称:配偶者からの暴力の防止及び被害者の保護に関する法律被害者の保護や自立支援等の体制を整え、配偶者からの暴力の防止及び被害者の保護を図ることを目的とする法律ですね男女ともに対象ですしかし女性が被害者であることが圧倒的に多く、それを加味した詳細となっているものです画期的でとても良い法律だと思いますですが以前にも少し書きましたが、これをズル賢く利用し有利に...

    記事を読む

  • 2017/08/22別れさせ屋の日記

    嫁が浮気してるので相手の男と別れさせて欲しい、と相談が入った小さな子供が2人いるので相手と別れてくれたら今回の事には目をつむり関係の修復に努めたい、とのことであったならばと、まずは浮気してると判断された状況など確認する旅行先で男と写った写真を発見した、とのこと旅行?それは誰と行くと言われてましたか?...行ったことすら知りませんんん?無断外泊ですか?...いえいえ、私が現在単身赴任中なので分からないとい...

    記事を読む

  • 2017/07/19夫婦の話

    旦那もしくは奥さんの浮気で悩んでいるなら先ずは証拠を押さえましょう押し寄せる怒りや悲しみは全身を震わせることでしょうが、ここはグッと堪えて先ずは証拠浮気問題の完全解決には証拠が無いと話にならないのですだから、何とか感情を抑えて、気付いていない振りして、油断させて、その間に頑張って、証拠集め愛人と別れさせるにも、夫婦関係を再構築するにも、慰謝料請求するにも、有利に離婚するにも浮気の証拠は絶対に必要で...

    記事を読む

  • 2017/07/04別れさせ屋の日記

    ある日の工作初めての現場で完璧なまでに尾行を巻かれてしまった(車移動)、しかも開始早々(ちなみにこういったケースで多用されるGPS発信器は取り付け不可の環境)言い訳ではないけど、対象者は尾行を相当に警戒した動きだったそのような状況で大切なのは、怪しまれながら尾行を継続することよりも、尾行を発覚させないこと(無理しないこと)とっさの判断ながら長年の経験をもとに、その結果として巻かれたのだから我々とし...

    記事を読む

夫婦の再構築に焦りは禁物

自爆は駄目

夫婦の再構築は可能

諦めない限り可能性はある

配偶者に浮気された、愛人がいる、不倫されてる、、、離婚するべきか、我慢するべきか、許すべきか、そもそも元に戻れるのか!?

そんなご相談が届きます

その答えが先の2つ

①夫婦の再構築は可能、②諦めない限り可能性はある、です

お話を伺いながら対応策や改善点を私が一緒にお考えしています

ここで気をつけて頂きたのは1点

感情的にならないこと!

売り言葉に買い言葉、これ最悪

NO!と言って欲しくて挑発するのもNG

相手に非があれどキャンキャンキャンキャンと小型犬のように吠えないこと

本気で再構築したければ、これらを守ってください

離婚するならお好きにどうぞ

相手が許せないなら感情的に罵るのもご自由に

これはあくまでも、本気で再構築したい方への助言でありお願いですからね、みなさんに無理強いするものではありません

別れさせ屋として、配偶者とヨリを戻すべく、愛人と別れさるべく、その第一歩としてのお話です

辛いよね、悲しいよね、裏切りだよね、失望だよね、酷いよね

でもでもでも、それでもやり直したなら頑張りましょう

夫婦の再構築は可能なんです

諦めない限り可能性はあるんです

別れさせ屋の私が言うのですから本当です

逆の目線でいうならば、愛人が先に自爆するか、あなたが先に自爆するか、その勝負

そういう目線や見方もあるのです

私は配偶者サイド・愛人サイドの両方から相談やご依頼を受けてるから、それぞれの心理を知っています

結論としては、先に自爆した方が負ける確率が高いのです

自爆は焦りや怒りの感情が起点です

だから感情的な言動はNGとしています

そこに不貞者本人の心理を加味して考えます、そういう心理戦

夫婦の再構築とはそういうものなのでした

よろしくです


梟 拝

罰は当たる、別れさせ屋談

罰は当たる

男性諸君、私は個人的に浮気も不倫も風俗も、お好きにご自由にどうぞ、、、が持論です

但し、あくまでも甲斐性の範囲で、、、が条件ですけどね

甲斐性すなわち、遊びの範疇で、、、ということです

じゃあどこまでが甲斐性の範囲かって??

私は、嘘ついて相手の女性を騙したり、見栄張って借金してまで遊ばないならOKじゃないかな!?

それが私の考える男の甲斐性のルール

嘘ついて口説いたり、借金してまで遊ぶってのは単純に身の丈を超えてる訳で、だからアウト

仮にセーフでも彼女さんや奥さんからしたら堪ったものじゃないかもしれない

でもでも遊びだから許してあげてよ、、、と、そんな感じ

男に甘い?

梟はそんな男だったのかって?

女性陣からのお叱りはごもっとも、たとえ遊びとはいえ浮気はいけませんね、反論の余地はありません

でもでもでも復縁や再構築を望まれる方には、そうした説明や解釈でご納得いただいてるのも事実です

もちろん手綱の締め方も伝授いたしております

それでご容赦いただけませんか、、、泣

今回のお話は、あくまでそうしたルール無用の極悪駄目男が沢山いるって意味での警鐘でした、はい

独身って嘘ついたり

離婚するからって口説いたり

ヤリたいだけで愛してると囁いたり

借金してまで見栄張ってどうすんの!?って話です

その上で別れさせ屋として一言、、、

男性諸君、浮気も不倫も風俗も、お好きにご自由にどうぞ

但し、嘘ついてたら罰は当たりますよ!!!

そうした相談が多いんだから!!!

そん時は自業自得と観念くださいな

チ~ン、ご愁傷さまでした

ではでは


梟 拝

目指せハッピーエンド♪

炒飯は美味い
数年前、別れさせ屋の新人女性スタッフのYさんと現場帰りに一緒に食事をした

すると、男の人は何で浮気するんですかね!!と唐突に質問された

彼女に顔を向けることなく、何でって、、、と少し言葉に詰まる私

質問の意図はなんだろう?

何があったのだろうか?

そんなことを考えながらも私は食事を楽しむことを優先してた

ん~何でだろうね、、、と軽く返して、私はチラッと彼女の顔を横目に見た

箸が止まって目に涙を浮かべてた

えー何何何!?

何があった!?

どうした!?

(全て心の中の声)

カウンターの向こうの店主と目があった

彼女と私を交互に見たあとの冷たい目

店主、私を責めてるのか!?

若い娘さんを泣かせてる悪い男とでも思っているのか!?

俺じゃない!

違う!!

一体何が、、、、!?

違うんだ店主、勘違いしないでくれ!と目で訴えようとしたが目を逸らされた

ここの炒飯が気にいって3年くらい通ってたお店

無表情な店主だが、最近は私が店を入ると笑顔をくれるのが阿吽の呼吸となっていたお店

いらっしゃい♪→注文→ご馳走様♪

店主と私、互いにこの最低限のコミュニケーションで築いていたある種の信頼関係の間に、この事態を説明しうる術など存在しない

少しの沈黙ののち彼女は涙を拭って何事も無かったかのように食事を再開した

私の頭の中は、色んな思考が行ったり来たり

だが、、、それでもここの炒飯は美味い

私は黙っていつもの1.5倍くらいよく噛んで食べた

よ~く味わうことでその場から現実逃避するのがその目的

、、、食事を終えて私たちは店を出た

駅に向かい歩きながら彼女に訊いた、どうした?

ふむふむ

へ~

ふ~ん、そうだったんだ

どうやら元彼と何度か行ったことのあるお店だった模様

ノー天気に炒飯を食らう私の横顔に、元彼の面影があったらしく、悲しい記憶が蘇ったとか

そういえば、元彼とはその彼の浮気が原因で別れ、その悲しさから逃れるように彼女は別れさせ屋のスタッフになった、、、という話は聞いていたな

彼女とはあのお店は利用しないようにしよう、と私はそう決めて駅で別れた

それから彼女は1年くらいエース級の活躍をしたのちに別れさせ屋を辞めたのでした

で、先週そんな思い出のあるお店に行ったのです

最低限のコミュニケーションはそのままに、店主の笑顔も戻っています

カウンターに座り注文を終え、ふっと奥の席を目を向けると、そこにはYさんがいた

おっ男性と一緒だ

笑顔で楽しそうに食事をしている

んん、ひょっとして、、、と思い、男性が食べてるものを確認した、炒飯だ!

子供みたいに口いっぱいに頬張って食べてるよ!

きっと元彼とヨリが戻ったんだ!

彼女との思い出が思いだされたが、この店で涙を浮かべた彼女はもういない

その幸せそうな姿がとても眩しく映り嬉しくなった

ほどなくして私の目の前にも熱々の炒飯が運ばれてきたのでいつものように頬ばった

美味い♪

ここの炒飯はやっぱり美味い♪

だけど今日はいつもよりも美味い♪

お幸せに~&もう浮気しちゃダメよ彼♪と陰ながら声援を送りながら好物をほおばった別れさせ屋なのでした

、、、、、と、そんな出来事が先日あったのです

人生色々、終わりよければ全てよしってところでしょうかね

笑顔は伝染しますね

目指せハッピーエンド♪


梟 拝

別れさせ屋が見た雄雌実話

欲望に勝てない男女
主人が浮気していると、主人の友人(男)から聞かされた

友人からの情報というのは伏せて、主人を問い詰めると最初は否定していたが最後には認めた

女と別れると約束してくれたので信用し許したのが1年前

その間、正直不安もあったが情報をくれた友人が色々と相談に乗ってくれていたので助かった

、、、しかし先日、まだ浮気が続いてるとその友人から連絡が入った

なので今度は法的処置も視野に探偵に依頼して調査したが、ここまで密会現場を押されていない

家では普通に振舞ってる主人が信じられない

私は騙し続けられていたんです

辛い、苦しい、悲しい

梟さん、助けて!私はどうしたらいい!?と相談が入った

とりあえずこれまでに調査を行ったスケジュールとその報告を確認した

報告書の内容に嘘はないと感じたがスケジュール的な漏れは多々あったのでそこを指摘した

調査を依頼された

予算を抑えたいという希望もありGPSを多用しながら監視の網を広げ実施した

結果、シロ、密会なし

少なくとも監視中の4週間、女とは一切会っていない、その隙は1mmもない

別れたのか?

会う頻度が低いのか?

そんな思考が頭に浮かぶ

今一度よく考えた

あっ!と直感する仮説が浮かんだ

情報をくれたご主人の友人って何?

ご主人とはそもそもどのような関係?

奥さんはその友人の方とどうやって相談してたの?

その友人の発言内容は?

色々と質問させて頂いた

あーこれは以前にもあったパターンとよく似てる

浮気の実話

つうか間違いないな

男の横恋暮

最近で言うところの寝取り狙いだと強く感じた

その旨を奥さんに直球で告げた

奥さんからの反応は、あれやこれやと意味不明な言訳が並ぶものだった

?????

えええっ!?

ひょっとして!?

、、、そう、その友人とは既にそういう関係が構築されていたのだ

不安な相談に乗ってもらってるうちに自然にそうなった、らしい

しかしここ最近は家庭も円満で不安も治まりその男に会うことも減っていた、らしい

なので男は嘘で不安を煽り関係を繋ごうとした模様

、、、はいはい、やはりそういうことでしたか、あとはお好きにどうぞ

私の役目は終了した

つうかこの奥さん相当の役者だよ

私の目の前でご主人の浮気をどれだけ怒り悲しんでいたことか、しかしその裏では自分も浮気してたって一体何のこっちゃ!?

メンタル弱すぎってか、そのオンオフの切り替え怖いな~

しかも旦那の友人

と同時に、この友人男の狡賢さ

モテない男ってのはここまで下衆になるのかね!?

仮にも友人の奥さんですよ

性質の悪い男です

男と女ってのは難しい、いやいや、雄と雌になるとルールは無いんだな~と実感した別れさせ屋でした

欲望に勝てなかった男女のお話、これも実話♪


梟 拝

本気を装い浮気しようとする男はサイテー

悲しい恋
悲しい恋が多すぎる

そりゃこんなお仕事してるからそんな話ばかりが耳に入るのは仕方が無いこと

それでもやっぱり多すぎると感じる

その大半は男が狡い、一も二もなく男が悪い

同時に女性が軽いことも否めないと付け加えておくとする

その辺の需要と供給が一致してるぶんだけ悲しい恋が多くなるって仕組みなんだろう

で、その上で言わせて頂くならば、、、男性諸君そんな遊び方は止めよう!

これである

中でも既婚男性には、恋愛を装って口説くな!と強く言いたい

浮気は浮気で終わらせるのがルール

浮気するのに本気を装い口説くから話がややこしくなる

すなわち女性の負う傷が深くなるってこと

これはダメ

それは浮気じゃない

ある種の詐欺ですよ、心の詐欺、体目的の詐欺

そんな男を私のところでは外道と呼んでます

なので外道が愛人女性と別れたいとか相談してきたら叱責してピシャリとお断り

そんな奴を助けることが別れさせ屋の仕事じゃないつうの!

だけどそんな奴にかぎって逆恨みするんだよな、超めんどくせ~怒(ネットに悪評書いたり悪戯電話や相談の数々)

提案としては外道ははなから相談してこないでくださいな

お互い気分悪いだけだから一切の相談をお断りと致します

でね、実は数日間に届いた相談が正にコレ

外道中の外道でした

部下の女性を散々おもちゃにしておきながら、その女性からストーカー行為を受けてるから助けてくれ~って話でした

それが本当なら警察に行きなよ!と突き放し叱責したら噛みついてくる始末

状況把握の為に送ってもらったLINEのやりとりで嫁の悪口や離婚をにおわせて口説いたことが発覚してるのに全く反省しません

俺よりちょっと下のイイ年したおっさんが何言ってんだか、ほんと呆れました

ほんとこんな馬鹿な男が増えてます

本気を餌に浮気しようとする男

特徴としては、同情させて口説く、離婚をにおわせて口説く、嫁の悪口を餌に口説く、、、マジ外道

女性の皆さんはくれぐれもご注意くださいな

悲しい恋が多すぎる今日この頃でした


梟 拝

奥さんからの離婚相談、男女の仲は複雑

離婚相談
夫を愛人と別れさせて欲しい

それでダメなら離婚します

有利に離婚できるように証拠を抑えてください

、、、そんな相談を頂いた

数年前、ご主人はとある女性と不倫関係にあった

なんやかんやで奥さんはその事実を知ることとなり、離婚騒動に発展するも子供の為にと再構築を選ぶ

もちろんご主人は愛人と別れた

、、、いや、別れたはずであった

それが続いていた

そんな情報がつい先日彼女の耳に届いた模様

本当に別れたのか、許せるのか、そんな日々の不安も薄まりやっと安堵を取り戻した矢先のことだけに相当なショックを受けておられた

で、状況を聞いた

ふむふむ、ふむふむ

うーん、そうか、それだとアウトだよね

今度はこちらから再度確認

で、ご主人と愛人が一緒の様子を見たというのは誰?

どういう知り合い?

その人が直接見たの?

それは何日の何時ごろのこと?

見間違いはない?

最近、ご主人に変わった様子は?

私は状況を目に浮かべるように1つ1つ質問を続けた

全て聞き終えた

何だかモヤモヤする

うーーーーん、違和感あり

更に掘り下げた質問をする

、、、すると、あーやっぱり

この話には裏があるよ、と私

奥さん:???

ご主人と元愛人が密会していた現場を情報提供者は直接は見ていないという(目撃者の名は伏せる、話をはぐらかす)

なのに情報提供者はスニーカーの色や形を知っていた(特徴もない普通の靴)

目撃者と情報提供者はともにご主人の友人というのだが、友人の目撃を友人間でいちいち特徴もないスニーカーの色や形など交えて話すだろうか?

一緒に居たのは、こんな体型で、こんな髪型で、こんな服装で、何歳くらいの女、多分昔の女だった、と会話したのならわかる、でも友人がこんなスニーカーを履いて昔の女と一緒だった、という会話の流れが理解できない

私はズバリ聞いた

情報提供者の男性、奥さんに好意持っていたでしょ?口説かれたことない?過去に付き合っていたとか?

奥さん:、、、、付き合ってはいません、主人の友人として知り合いましたので、その後に好意を持ってると伝えられました、子供が居るから無理っていいました

いつ口説かれたの?

奥さん:前回の離婚騒動の時に相談に乗ってもらってました、そして口説かれたというか、、、、

相談は電話はLINEだけ?

奥さん:いえ、後半は直接会って相談してました

やっぱり!あなた達が互いに連絡先を交換してることや会ってることは誰か知ってる?

奥さん:誰も知りません

なんで?

奥さん:そんな間柄だとバレると色々と問題があるからです

ふ~ん、じゃあ聞くけど過ちはあった?

奥さん:、、、無理って断ってました、、、、、けど、、、

けど??まあいいや

ちなみに再構築を決めてからも男性とは連絡を取っていたの?

奥さん:離婚しないと決めてから連絡は無くなりました、私もしないし、、、それが先日突然にあったのです

ふ~ん、それが「見たらしいよ、続いてるんだね」という思わせぶりな内容

奥さん:はい

で、こんな靴を履いてたでしょってスニーカーの色や形を言い当てられた、それで信じた

奥さん:はい

ご主人を見たのは事実だろうね、しかもこの男が直接見てるよ

奥さん:えっどういうことですか??

この男、偶然ご主人が1人のところを見た、でも休日だし夜だし元の愛人宅から近かったので、ひょっとして続いてるのか?と直感した

それと同時に、このネタを使えば奥さんの不安を煽りまた親しくなれると考えた

それで他人が見たことにして連絡してきた

奥さん:嘘ということですか?

私はその可能性が高いと思います

奥さん:何のためにそんな嘘を、、、

あなたに未練があったんでしょうね、楽しい記憶が蘇ったとか

奥さん:私はそんなつもりではなかったのです、あの時は不安で、、、

わたし的にはそこはどうでもいいけど、男はあの頃の記憶や気持ちが急速に蘇ったたということでしょうよ

奥さん:私どうしたら、、、

男と会う予定は?

奥さん:実はこのあと、、、私は情報を貰おうと思っただけですけど食事に行きます

きっと男はデート感覚だろうね

奥さん:どうしよう、、、

答えは簡単、あなたがご主人を選ぶか、この男を選ぶか、それだけです

とりあえず今日の予定は断ったらどう?そして2人では会わないことだね

奥さん:そうします、梟さんどう思います?

何を?ご主人の浮気?それともひょっとして男が本気かってこと?

奥さん:、、、どちらも

それは分からない、とりあえず冷静に考えて怪しさが拭えなければご主人を調査するってところでどうですか?

奥さん:はい、そうですね

それでその日の面談は終了となった

その後も男からの揺さぶりは続いたようで、結局奥さんのご主人に対する疑いは拭えるどころか高まり、後日ご主人と元の愛人を調査することになったが、ご主人がシロであったことは言うまでもない

その報告の際に奥さんが少し残念そうな表情をしたのが印象的であった

そして奥さんはご主人への不満を並べて帰っていった

男の話は出なかったし聞かなかった

奥さんと男の関係がどうなったかは知らない

このドラマのエンディングがどうなるかも知らない

だけどご主人が浮気しなければ始まらなかったドラマ

男女の仲は複雑だな、、、

とある日の離婚相談でした


梟 拝

離婚する気が無い男に告ぐ

罰が当たる
離婚する気が無い不倫

これは典型的な浮気

ただの浮気

恋愛じゃないよ浮気

浮ついた気持ち、浮ついた行動、それが浮気

そこに根を張る気が無いから浮気

離婚すると嘘をついて口説く奴よりはましだけど浮気にもルールはある

逢瀬は3回まで!!!

これである

鼻の下を伸ばしてそれ以上重ねてると女性の情が濃くなるからね

そんな罪つくりなことしちゃダメ

1~3回で終わっちゃうとヤリ逃げと呼ばれちゃいそう!?

それでイイんだよ!

素人さんに手を出すのだからその程度の汚名は男が被らなきゃって理屈

またそのくらいの覚悟が無ければ素人さんに手を出すな!っつうこと(風俗行きなさい)

遊び方にもルールはあるのです

最近の男が遊び方知らないから泣く女性が増えてんだよね

ほんと困ったもんです

だから一応女性陣にも言っておこう

3回超えると辛いよ

既婚者と一線を越えないのが最善だけど惑わされたり弱ってたりで超えたとしても3回までで相手を見極めよう

3回超えると苦しさ100倍、でも男は0、ゼロなんです

それが離婚する気が無い不倫

最後に、3回以上の逢瀬を重ねながらも離婚する気が無い男達に告ぐ、、、

お前ら、罰があたるぞ!

お気を付け下さい


梟 拝
カテゴリ

DV防止法

違う!嘘に騙されるな!
DV(ドメスティック・バイオレンス)防止法

正式名称:配偶者からの暴力の防止及び被害者の保護に関する法律

被害者の保護や自立支援等の体制を整え、配偶者からの暴力の防止及び被害者の保護を図ることを目的とする法律ですね

男女ともに対象です

しかし女性が被害者であることが圧倒的に多く、それを加味した詳細となっているものです

画期的でとても良い法律だと思います

ですが以前にも少し書きましたが、これをズル賢く利用し有利に離婚してる女性が居ることは否めません

奥さん、浮気する


旦那さん、激怒


奥さん、否定


旦那さん、乱暴な言動


奥さん、DV相談、旦那の妄想で被害


旦那さん、乱暴な言動


奥さん、浮気を否定しつつ、DVの証拠収集


旦那さん、乱暴な言動


奥さん、DV法適用申請


旦那さん、DVを働く悪者と決定


奥さん、被害者として有利な離婚&生活保護など税金での援助決定

ズル賢い流れとはこんな感じ

でも、暴力はいけない、絶対にダメ、これは旦那さんに強く言っておこう

次に、奥さん、、、アンタきっと罰が当たるよ、絶対に!!!

で、もう一度旦那さんに戻るけど、やっぱり証拠は大切、浮気の証拠が無かったことが今回の敗因

証拠があれば、やり直しも、親権も、相手の男からの慰謝料だって旦那さんの手の中にあったもの

なのに短気を起こしたばかりに、被害者の筈が加害者に!?

正に泣きっ面にハチ。。。涙

今更言っても仕方ないけど、ほんと残念、、、無念

これで泣いてる旦那さんは本当に多いので、万が一の際は証拠収集をお忘れなく

つうか、、、日々互いを思いやり夫婦円満を目指しましょう、これが最優先ですね♪

別れさせ屋の裏話でした

※あわせてこちらもお読みください ⇒ 夫婦円満の秘訣


梟 拝

仇打ち(あだうち)

悔しくて仇討ちを考える心境
嫁が浮気してるので相手の男と別れさせて欲しい、と相談が入った

小さな子供が2人いるので相手と別れてくれたら今回の事には目をつむり関係の修復に努めたい、とのことであった

ならばと、まずは浮気してると判断された状況など確認する

旅行先で男と写った写真を発見した、とのこと

旅行?それは誰と行くと言われてましたか?

...行ったことすら知りません

んん?無断外泊ですか?

...いえいえ、私が現在単身赴任中なので分からないということです

じゃあその間にお子さんは?

...多分嫁の実家に預けてると思われます(近所らしい)

浮気のことは問い詰めた?

...冗談っぽく浮気してるんじゃないか?くらいしか言ってません

その時の奥さんの反応は?

...馬鹿じゃない、と怒ってました

私は、ふ~ん、と言いながら証拠とされる写真を見ながらイメージを膨らませた

綺麗な奥さんだ

そして男と親しい関係であることは疑いようのないものだった

でも何だか少し変だな...

写真に写る2人に陰というか曇りが全く感じられない、いうならばむしろピュアな感じ

不倫カップルのそれは幾ら楽しそうでも陰と曇りは拭えない雰囲気があるはず、なのにそれがない、何故??と思いつつ質問を続けた

奥さんはお幾つですか?

...3●才です

(写真を見ながら)ほぅお若い、そしてお綺麗ですね、男は20代中盤ですね

年下の男との出会いはどこだろう?

...勤務先くらいしか思いつきません、子供の同級生の親の中には居ないと思います

相談を終え、翌週から浮気相手の特定調査に取り掛かった、奥さんの監視だ

実物も綺麗な人だった、ただ写真の方が若く見えた

数週間の監視を行ったが密会はなかった

むしろお子さんの母親としてよく頑張られてる姿が印象として残った

監視からの見解として密会の頻度が低いということは、男にも家庭がある・遠距離・喧嘩中・もう別れてる、と依頼者に可能性の説明をした

そしてこのままでは予算的に厳しい旨も伝えた

悔しいと依頼者は男泣きした

私は幾つかの現実的な提案をした

依頼者は喜んでその内の1つを選んだ

予算の問題はそれでクリアできた、あとは尻尾を掴むだけとなった

。。。3ヵ月経過した

尻尾は掴めなかった

その間に奥さんに怪しい行動はなかった

また依頼者であるご主人との関係も良好のようであった

私は見解を結論として伝えた、男とは別れていますね

依頼者は、そのようですね、と安心しつつも少し残念そうだった

単身赴任で離れてるために完全に不安は拭えないのだろうと感じた

その後、寂しそうな依頼者に誘われ少しお酒を飲みながら食事を一緒にした

食事を終え一息ついたころ、依頼者は写真を1枚出してこう言った

例の男の写真だった

旅行先で2人で撮った時の別の写真で男が1人写っているものだった

梟さん、この写真を預けますので偶然でも男を見かけてら追跡してください、もちろん費用は払いますから、と本気の目で語った

更に、実は私心臓が悪いので何かあったら仇をとってください、とも付け加えられた

私は、別れさせ屋ですよ、復讐はしませんよ、と答えた

...もちろん知ってます、でも旦那さんは浮気を知っていたぞ!と嫁や男に伝えて釘を刺して欲しい、と言った

それは、2人の再婚阻止の狙いのようであった

私は意図的に困ったような顔をしながら、男の写真に目を移した

、、、、、あれ!?

うんんんん?

写真に写ったテーブル上の小物に目が止まった

10年くらい前に流行した小物だ、今時持ってる奴などいない

?????

ご結婚は何時頃でしたっけ?

...9年前です

出会いは?

...その半年前、取引先で出会って猛プッシュして口説き速攻で結婚しました

当時奥さんに付き合っていた人は?

...居たかもしれませんが気にせず押し続けました

私の結論的見解に変更発生

あの、、、この男は以前の交際相手ではないでしょうか?

例えば、旅行はご主人と出会われる前とか

宿の浴衣で衣類の流行は計れなかったが、例の小物で時代特定できると思うのです(時期も符合する)

何より今でもお美しい奥様だけど写真は少し若すぎる、とも付け加えた

依頼者であるご主人、、、言われてみれば確かに(と大きく頷く)

二人して写真を見ては何度も顔を見合わせる

沈黙

驚き

爆笑

驚き

爆笑

単身赴任の寂しさから自宅に戻った際に奥さんの箪笥の奥にしまったあるものまでチェックしてたら発見した写真らしい(奥さんの青春の思い出)

いや~おかしいと思った、まさかウチの奴が浮気とかありえないもん、なとど依頼者の軽口がしばらく続いた

安堵がこちらにも十分に伝わってきた

途中、しかし未だに写真を持ってるなんて未練があるのですかね?と問うので

捨て忘れたんじゃないですか!?と答えると、そう言えば俺の箪笥にも元カノの写真ありますよ!と笑った

依頼者は安堵に酔った

私は良い酒に酔った

良い夜になった

こんな仕事も別れさせ屋の1ページなのでした

よかったよかった

あやうく仇討ちを頼まれるところだったので助かりましたね


梟 拝

解決したい浮気被害

浮気の証拠は必要
旦那もしくは奥さんの浮気で悩んでいるなら先ずは証拠を押さえましょう

押し寄せる怒りや悲しみは全身を震わせることでしょうが、ここはグッと堪えて先ずは証拠

浮気問題の完全解決には証拠が無いと話にならないのです

だから、何とか感情を抑えて、気付いていない振りして、油断させて、その間に頑張って、証拠集め

愛人と別れさせるにも、夫婦関係を再構築するにも、慰謝料請求するにも、有利に離婚するにも浮気の証拠は絶対に必要です

これは今後の人生をあなたが主導権を握るという意味でも大切な作業、それが浮気の証拠集め

とはいえ被害者なのに感情を抑えて我慢してそれらを行うのは精神的にもとても大変な作業となります

ですが浮気中は思考が病んでしまう一種の病気と同じ状態なので、中途半端な責めや感情論や正論は通じないものと認識し、相手より一段も二段も高い位置に陣取るつもりで事に挑まれるイメージが有効となるでしょう

それで、よくある失敗パターンとしては、証拠もなく浮気を問うと、狡猾になり証拠が掴みにくくなるリスク大。。。隠れてコソコソされたら尻尾を掴めませんね

LINEなど法的に微妙なレベルの証拠で責めると、言い訳に終始され関係悪化は必至。。。ただの友達で冗談だよ、それより何で人の持ち物を勝手に見たんだと逆ギレされる始末

だから証拠、明確な証拠が必要なんです!

それこそ証拠が無ければ負けるという覚悟で収集です

ですが、そこそこの証拠を揃えても攻め方を一歩間違うと、相手はバツの悪さから責任転嫁で更に逃避、自己正当で長期化の恐れあり(これは相当疲れます)

でもやはりとりあえずは証拠です、証拠があれば戦えるのです、これだけは間違いない事実です

一人で戦う自信が無い、、、そんなトラブルに見舞われたら一度ご相談ください

別れさせ屋の私達が豊富な経験から状況診断を行い適切なアドバイスを無料で行わせて頂くことが可能です

ですが真剣にお悩みの方限定とさせてください(厳守でお願いします)


梟 拝

浮気の清算

ある日の工作

初めての現場で完璧なまでに尾行を巻かれてしまった(車移動)、しかも開始早々(ちなみにこういったケースで多用されるGPS発信器は取り付け不可の環境)

言い訳ではないけど、対象者は尾行を相当に警戒した動きだった

そのような状況で大切なのは、怪しまれながら尾行を継続することよりも、尾行を発覚させないこと(無理しないこと)

とっさの判断ながら長年の経験をもとに、その結果として巻かれたのだから我々としては失敗とは考えなかった(発覚が失敗)

発覚さえしなければ、チャンスはある、必ず油断する、そういう考え方

また、むしろこういったタイプの方が後にやり易いことが多い、少しだがそういった思いも頭をよぎった

そしてそんな活動を何度か繰り返す

対象者の行動パターンがだんだんと見えてきた

にらんだ通りの油断あり(油断といっても並みの比ではない強敵)

それこそ職場や自宅からの1~2kmの間は超警戒態勢

ぐるぐると同じところを回る、狭い住宅街をノロノロ運転、繰り返させる車線変更、意味のない右折左折、コンビニ駐車場へ何度も出入り、、、

だけど数km先からは全く気にしていない

対象者の警戒フィルターは、そこで終わってると判明する

それこそ自宅や会社を出て、普通に移動したら、怪しくない行動と簡単に見てとれたから、無駄な尾行を割愛出来た

結果、懸念されていた浮気は発覚し、その浮気相手の身元を特定するのに時間は掛からなかった

そして本題の別れさせ工作に着手

誤解を生むといけないのだが、これが驚くほど簡単に別れた

警戒が強いということは保身が強いということで工作がとても効果的に進んだものだった

この場合の保身とは、、、バレたくない、自分の非で離婚する気はない、有責者になりたくない、風下に立ちたくない、社会的信用や家庭での威厳は失いたくない、など浮気の表面化で失うものを気にしてる傾向のこと

それが先に述べた、こういったタイプの方が後にやり易いことが多い、の真意であってそれに沿った理想的な展開となったものだった(関係清算がとにかく早かった)

また戻る場所の扉を開けておけたことが大きかったのだと思う(浮気に気付いていない振り、詳細はまた別の機会に)

浮気がバレたなんて思ってもいないし、まさか別れさせ屋なんてのが暗躍したなんて夢にも思っていない対象者

まさに闇から闇に葬られた浮気です

葬ったのは対象者ではなく、我々別れさせ屋でもなく、依頼者さんですね

こんな浮気の清算もあるのでした

ちょうど今日のような蒸し暑い日々での活動でした

成功報酬を受け取りそのあと皆で飲んだビールは旨かったな~

。。。とある日の工作模様でした


梟 拝
Copyright © 別れさせ屋相談室-別れさせたい略奪愛の道 All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます