タグ:浮気

  • 2017/09/21夫婦の話

    DV(ドメスティック・バイオレンス)防止法正式名称:配偶者からの暴力の防止及び被害者の保護に関する法律被害者の保護や自立支援等の体制を整え、配偶者からの暴力の防止及び被害者の保護を図ることを目的とする法律ですね男女ともに対象ですしかし女性が被害者であることが圧倒的に多く、それを加味した詳細となっているものです画期的でとても良い法律だと思いますですが以前にも少し書きましたが、これをズル賢く利用し有利に...

    記事を読む

  • 2017/08/22別れさせ屋の日記

    嫁が浮気してるので相手の男と別れさせて欲しい、と相談が入った小さな子供が2人いるので相手と別れてくれたら今回の事には目をつむり関係の修復に努めたい、とのことであったならばと、まずは浮気してると判断された状況など確認する旅行先で男と写った写真を発見した、とのこと旅行?それは誰と行くと言われてましたか?...行ったことすら知りませんんん?無断外泊ですか?...いえいえ、私が現在単身赴任中なので分からないとい...

    記事を読む

  • 2017/07/19夫婦の話

    旦那もしくは奥さんの浮気で悩んでいるなら先ずは証拠を押さえましょう押し寄せる怒りや悲しみは全身を震わせることでしょうが、ここはグッと堪えて先ずは証拠浮気問題の完全解決には証拠が無いと話にならないのですだから、何とか感情を抑えて、気付いていない振りして、油断させて、その間に頑張って、証拠集め愛人と別れさせるにも、夫婦関係を再構築するにも、慰謝料請求するにも、有利に離婚するにも浮気の証拠は絶対に必要で...

    記事を読む

  • 2017/07/04別れさせ屋の日記

    ある日の工作初めての現場で完璧なまでに尾行を巻かれてしまった(車移動)、しかも開始早々(ちなみにこういったケースで多用されるGPS発信器は取り付け不可の環境)言い訳ではないけど、対象者は尾行を相当に警戒した動きだったそのような状況で大切なのは、怪しまれながら尾行を継続することよりも、尾行を発覚させないこと(無理しないこと)とっさの判断ながら長年の経験をもとに、その結果として巻かれたのだから我々とし...

    記事を読む

  • 2017/05/27夫婦の話

    愛人の排除を望む奥さんは多いもちろん浮気してる旦那が悪いでもね奥さんにも原因というか問題があることは珍しくない、これ現実ならば、奥さんに原因があれば旦那は浮気してもいいのか!?別にそんなことは言っていない、言うつもりもないだけど、自分の非を認めず改善せずに浮気は悪いことだからヤメろ!ってのじゃ根本的な解決はしないということですそれこそ、旦那さんとどうしたの?って話浮気 → 悪いこと → 許せない →...

    記事を読む

DV防止法

違う!嘘に騙されるな!
DV(ドメスティック・バイオレンス)防止法

正式名称:配偶者からの暴力の防止及び被害者の保護に関する法律

被害者の保護や自立支援等の体制を整え、配偶者からの暴力の防止及び被害者の保護を図ることを目的とする法律ですね

男女ともに対象です

しかし女性が被害者であることが圧倒的に多く、それを加味した詳細となっているものです

画期的でとても良い法律だと思います

ですが以前にも少し書きましたが、これをズル賢く利用し有利に離婚してる女性が居ることは否めません

奥さん、浮気する


旦那さん、激怒


奥さん、否定


旦那さん、乱暴な言動


奥さん、DV相談、旦那の妄想で被害


旦那さん、乱暴な言動


奥さん、浮気を否定しつつ、DVの証拠収集


旦那さん、乱暴な言動


奥さん、DV法適用申請


旦那さん、DVを働く悪者と決定


奥さん、被害者として有利な離婚&生活保護など税金での援助決定

ズル賢い流れとはこんな感じ

でも、暴力はいけない、絶対にダメ、これは旦那さんに強く言っておこう

次に、奥さん、、、アンタきっと罰が当たるよ、絶対に!!!

で、もう一度旦那さんに戻るけど、やっぱり証拠は大切、浮気の証拠が無かったことが今回の敗因

証拠があれば、やり直しも、親権も、相手の男からの慰謝料だって旦那さんの手の中にあったもの

なのに短気を起こしたばかりに、被害者の筈が加害者に!?

正に泣きっ面にハチ。。。涙

今更言っても仕方ないけど、ほんと残念、、、無念

これで泣いてる旦那さんは本当に多いので、万が一の際は証拠収集をお忘れなく

つうか、、、日々互いを思いやり夫婦円満を目指しましょう、これが最優先ですね♪

別れさせ屋の裏話でした

※あわせてこちらもお読みください ⇒ 夫婦円満の秘訣


梟 拝

仇打ち(あだうち)

悔しくて仇討ちを考える心境
嫁が浮気してるので相手の男と別れさせて欲しい、と相談が入った

小さな子供が2人いるので相手と別れてくれたら今回の事には目をつむり関係の修復に努めたい、とのことであった

ならばと、まずは浮気してると判断された状況など確認する

旅行先で男と写った写真を発見した、とのこと

旅行?それは誰と行くと言われてましたか?

...行ったことすら知りません

んん?無断外泊ですか?

...いえいえ、私が現在単身赴任中なので分からないということです

じゃあその間にお子さんは?

...多分嫁の実家に預けてると思われます(近所らしい)

浮気のことは問い詰めた?

...冗談っぽく浮気してるんじゃないか?くらいしか言ってません

その時の奥さんの反応は?

...馬鹿じゃない、と怒ってました

私は、ふ~ん、と言いながら証拠とされる写真を見ながらイメージを膨らませた

綺麗な奥さんだ

そして男と親しい関係であることは疑いようのないものだった

でも何だか少し変だな...

写真に写る2人に陰というか曇りが全く感じられない、いうならばむしろピュアな感じ

不倫カップルのそれは幾ら楽しそうでも陰と曇りは拭えない雰囲気があるはず、なのにそれがない、何故??と思いつつ質問を続けた

奥さんはお幾つですか?

...3●才です

(写真を見ながら)ほぅお若い、そしてお綺麗ですね、男は20代中盤ですね

年下の男との出会いはどこだろう?

...勤務先くらいしか思いつきません、子供の同級生の親の中には居ないと思います

相談を終え、翌週から浮気相手の特定調査に取り掛かった、奥さんの監視だ

実物も綺麗な人だった、ただ写真の方が若く見えた

数週間の監視を行ったが密会はなかった

むしろお子さんの母親としてよく頑張られてる姿が印象として残った

監視からの見解として密会の頻度が低いということは、男にも家庭がある・遠距離・喧嘩中・もう別れてる、と依頼者に可能性の説明をした

そしてこのままでは予算的に厳しい旨も伝えた

悔しいと依頼者は男泣きした

私は幾つかの現実的な提案をした

依頼者は喜んでその内の1つを選んだ

予算の問題はそれでクリアできた、あとは尻尾を掴むだけとなった

。。。3ヵ月経過した

尻尾は掴めなかった

その間に奥さんに怪しい行動はなかった

また依頼者であるご主人との関係も良好のようであった

私は見解を結論として伝えた、男とは別れていますね

依頼者は、そのようですね、と安心しつつも少し残念そうだった

単身赴任で離れてるために完全に不安は拭えないのだろうと感じた

その後、寂しそうな依頼者に誘われ少しお酒を飲みながら食事を一緒にした

食事を終え一息ついたころ、依頼者は写真を1枚出してこう言った

例の男の写真だった

旅行先で2人で撮った時の別の写真で男が1人写っているものだった

梟さん、この写真を預けますので偶然でも男を見かけてら追跡してください、もちろん費用は払いますから、と本気の目で語った

更に、実は私心臓が悪いので何かあったら仇をとってください、とも付け加えられた

私は、別れさせ屋ですよ、復讐はしませんよ、と答えた

...もちろん知ってます、でも旦那さんは浮気を知っていたぞ!と嫁や男に伝えて釘を刺して欲しい、と言った

それは、2人の再婚阻止の狙いのようであった

私は意図的に困ったような顔をしながら、男の写真に目を移した

、、、、、あれ!?

うんんんん?

写真に写ったテーブル上の小物に目が止まった

10年くらい前に流行した小物だ、今時持ってる奴などいない

?????

ご結婚は何時頃でしたっけ?

...9年前です

出会いは?

...その半年前、取引先で出会って猛プッシュして口説き速攻で結婚しました

当時奥さんに付き合っていた人は?

...居たかもしれませんが気にせず押し続けました

私の結論的見解に変更発生

あの、、、この男は以前の交際相手ではないでしょうか?

例えば、旅行はご主人と出会われる前とか

宿の浴衣で衣類の流行は計れなかったが、例の小物で時代特定できると思うのです(時期も符合する)

何より今でもお美しい奥様だけど写真は少し若すぎる、とも付け加えた

依頼者であるご主人、、、言われてみれば確かに(と大きく頷く)

二人して写真を見ては何度も顔を見合わせる

沈黙

驚き

爆笑

驚き

爆笑

単身赴任の寂しさから自宅に戻った際に奥さんの箪笥の奥にしまったあるものまでチェックしてたら発見した写真らしい(奥さんの青春の思い出)

いや~おかしいと思った、まさかウチの奴が浮気とかありえないもん、なとど依頼者の軽口がしばらく続いた

安堵がこちらにも十分に伝わってきた

途中、しかし未だに写真を持ってるなんて未練があるのですかね?と問うので

捨て忘れたんじゃないですか!?と答えると、そう言えば俺の箪笥にも元カノの写真ありますよ!と笑った

依頼者は安堵に酔った

私は良い酒に酔った

良い夜になった

こんな仕事も別れさせ屋の1ページなのでした

よかったよかった

あやうく仇討ちを頼まれるところだったので助かりましたね


梟 拝

解決したい浮気被害

浮気の証拠は必要
旦那もしくは奥さんの浮気で悩んでいるなら先ずは証拠を押さえましょう

押し寄せる怒りや悲しみは全身を震わせることでしょうが、ここはグッと堪えて先ずは証拠

浮気問題の完全解決には証拠が無いと話にならないのです

だから、何とか感情を抑えて、気付いていない振りして、油断させて、その間に頑張って、証拠集め

愛人と別れさせるにも、夫婦関係を再構築するにも、慰謝料請求するにも、有利に離婚するにも浮気の証拠は絶対に必要です

これは今後の人生をあなたが主導権を握るという意味でも大切な作業、それが浮気の証拠集め

とはいえ被害者なのに感情を抑えて我慢してそれらを行うのは精神的にもとても大変な作業となります

ですが浮気中は思考が病んでしまう一種の病気と同じ状態なので、中途半端な責めや感情論や正論は通じないものと認識し、相手より一段も二段も高い位置に陣取るつもりで事に挑まれるイメージが有効となるでしょう

それで、よくある失敗パターンとしては、証拠もなく浮気を問うと、狡猾になり証拠が掴みにくくなるリスク大。。。隠れてコソコソされたら尻尾を掴めませんね

LINEなど法的に微妙なレベルの証拠で責めると、言い訳に終始され関係悪化は必至。。。ただの友達で冗談だよ、それより何で人の持ち物を勝手に見たんだと逆ギレされる始末

だから証拠、明確な証拠が必要なんです!

それこそ証拠が無ければ負けるという覚悟で収集です

ですが、そこそこの証拠を揃えても攻め方を一歩間違うと、相手はバツの悪さから責任転嫁で更に逃避、自己正当で長期化の恐れあり(これは相当疲れます)

でもやはりとりあえずは証拠です、証拠があれば戦えるのです、これだけは間違いない事実です

一人で戦う自信が無い、、、そんなトラブルに見舞われたら一度ご相談ください

別れさせ屋の私達が豊富な経験から状況診断を行い適切なアドバイスを無料で行わせて頂くことが可能です

ですが真剣にお悩みの方限定とさせてください(厳守でお願いします)


梟 拝

浮気の清算

ある日の工作

初めての現場で完璧なまでに尾行を巻かれてしまった(車移動)、しかも開始早々(ちなみにこういったケースで多用されるGPS発信器は取り付け不可の環境)

言い訳ではないけど、対象者は尾行を相当に警戒した動きだった

そのような状況で大切なのは、怪しまれながら尾行を継続することよりも、尾行を発覚させないこと(無理しないこと)

とっさの判断ながら長年の経験をもとに、その結果として巻かれたのだから我々としては失敗とは考えなかった(発覚が失敗)

発覚さえしなければ、チャンスはある、必ず油断する、そういう考え方

また、むしろこういったタイプの方が後にやり易いことが多い、少しだがそういった思いも頭をよぎった

そしてそんな活動を何度か繰り返す

対象者の行動パターンがだんだんと見えてきた

にらんだ通りの油断あり(油断といっても並みの比ではない強敵)

それこそ職場や自宅からの1~2kmの間は超警戒態勢

ぐるぐると同じところを回る、狭い住宅街をノロノロ運転、繰り返させる車線変更、意味のない右折左折、コンビニ駐車場へ何度も出入り、、、

だけど数km先からは全く気にしていない

対象者の警戒フィルターは、そこで終わってると判明する

それこそ自宅や会社を出て、普通に移動したら、怪しくない行動と簡単に見てとれたから、無駄な尾行を割愛出来た

結果、懸念されていた浮気は発覚し、その浮気相手の身元を特定するのに時間は掛からなかった

そして本題の別れさせ工作に着手

誤解を生むといけないのだが、これが驚くほど簡単に別れた

警戒が強いということは保身が強いということで工作がとても効果的に進んだものだった

この場合の保身とは、、、バレたくない、自分の非で離婚する気はない、有責者になりたくない、風下に立ちたくない、社会的信用や家庭での威厳は失いたくない、など浮気の表面化で失うものを気にしてる傾向のこと

それが先に述べた、こういったタイプの方が後にやり易いことが多い、の真意であってそれに沿った理想的な展開となったものだった(関係清算がとにかく早かった)

また戻る場所の扉を開けておけたことが大きかったのだと思う(浮気に気付いていない振り、詳細はまた別の機会に)

浮気がバレたなんて思ってもいないし、まさか別れさせ屋なんてのが暗躍したなんて夢にも思っていない対象者

まさに闇から闇に葬られた浮気です

葬ったのは対象者ではなく、我々別れさせ屋でもなく、依頼者さんですね

こんな浮気の清算もあるのでした

ちょうど今日のような蒸し暑い日々での活動でした

成功報酬を受け取りそのあと皆で飲んだビールは旨かったな~

。。。とある日の工作模様でした


梟 拝

浮気模様

三角関係
愛人の排除を望む奥さんは多い

もちろん浮気してる旦那が悪い

でもね奥さんにも原因というか問題があることは珍しくない、これ現実

ならば、奥さんに原因があれば旦那は浮気してもいいのか!?

別にそんなことは言っていない、言うつもりもない

だけど、自分の非を認めず改善せずに浮気は悪いことだからヤメろ!ってのじゃ根本的な解決はしないということです

それこそ、旦那さんとどうしたの?って話

浮気 → 悪いこと → 許せない → 離婚、、、と考えてるならば有利となる材料や証拠を揃えて慰謝料ガッポリとってください、この方達にはこれ以上言うことはありませんよ(証拠などの収集は別途相談として)

でも、浮気 → 許せない → だけど → やり直したい、、、と考えてるなら自らの非も認め改善は必要というお話

で、私には奥さん側・愛人さん側の両方から相談はあります

奥さん側から依頼されて愛人排除に成功するのは圧倒的に後者の奥さんです

逆に愛人さん側から依頼をされて厄介なのは後者の奥さんだということなのです

当然っちゃ当然の話、いわば基本中の基本

でも浮気されて裏切られて傷ついてるのに反省?

違う違う、浮気に至るところまでの関係性を反省するの、浮気されたから反省するのじゃ話が違うの、そういう理屈

なんとなくでもいいからイメージしてみて

どう、できそう?

そのイメージの有無の差が大きく今後を左右しますから、その振りかえりの意識を大切にしてみてください、、、と悩める奥さん側への助言です

、、、、、で結局のところ旦那の浮気で泣いているのは女性なのですよね

奥さんもしくは愛人さんのどちらかが必ず敗者となる

そりゃ心の問題に勝者も敗者もないのだけれど、この三角関係でのwin-winはないという意味

泣くのは女性、必ず女性

男性諸君にはこの事実をこの罪を強く認識してほしい

奥さんを泣かせる、愛人さんも泣いている

甲斐性のない奴に限って泣かせてる

お前は一体何様なんだ!?

奥さんと決別の意思なく愛人さんに「愛してる」というのは最低のクズ男の所業なり

別れさせ屋から浮気模様のお話でした


梟 拝

相談or質問メールはこちらまで→ reset.soudan@gmail.com
Copyright © 別れさせ屋の離婚相談|略奪への道 All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます