梟のタグ記事一覧

別れさせたい離婚させたいなどの各種工作活動は全国対応。相談や依頼は秘密厳守のお約束、豊富な経験が自慢の安心してご利用いただける別れさせ工作専門店の実話ブログ。不倫と離婚と略奪愛に関する成功率や業界裏話など書いてます。(旧称:別れさせ屋の裏話!)

タグ:梟

  • 2020/10/16不倫の嘘

    「別れさせ屋 梟の解説書(不倫男編)」結論、不倫男は...嘘ばかり嫁や家庭に不満があるなら正せばいいじゃんもしくは無理と諦めたなら関係の清算、離婚すりゃいいだけど、どちらもしないで被害者ヅラして外で女性に甘えてるいや都合良く寄生してるこれが不倫男の実態と言えるでしょうねで、中には家族仲良し夫婦ラブラブってなことも実は珍しくないあの愚痴や不満は一体何だったの!?その事実を突きつけても、子供の為だとか、セ...

    記事を読む

  • 2020/10/12別れさせ屋の実話

    別れさせ屋の梟です今日みなさんにお伝えしたいのは、別れさせ屋の工作は必ず成功するものではありません、という現実色んな会社のホームページで、成功が簡単に掴めるかのように書かれていますが、そういう事実はありません別れさせ屋へ依頼となる工作内容が簡単なはずがないのですもちろんそれは私や私のチームが請け負っても同じです私は長くこの業界にいますが、簡単であった仕事など一度もありませんでした最前線で活動してる...

    記事を読む

  • 2019/10/23▲事実無根・誹謗中傷・関係ありません

    事実無根「梟にお金を騙し取られた」の件、、、の犯人判明!①私が以前に相談および依頼を断った人②サイトAに事実無根の書き込みをした人③新規の相談を装いサイトAの書き込みを教えてくれた人これら三者のIPアドレスが一致しました、三者が同一人物という事の判明です!すなわち犯人は神奈川県在住・Kと名乗っていた40代女性相談者ということです私とKの関係はメールでの相談のみ、面談にすら至っていません、もちろん金銭の授受は1...

    記事を読む

  • 2017/08/04別れさせ屋の日記

    新聞の記事を見て驚いた10数年前の依頼者さんの名前がそこにあった事故で亡くなったと書かれてた記憶が蘇ったこれでもかと重なる不幸と不運の経緯を笑みを交え淡々と語ってくれたのが彼女との出会いだった彼女の笑顔はとてもチャーミングで透明だっただけどそれを打ち消す影が時折見えたのはたび重なる苦労がそうさせたのだと一瞥できるものだった彼女はそこから抜け出したかったんだそして抜け出さすべく手を差し伸べてくれた男性...

    記事を読む

別れさせ屋 梟の解説書(不倫男編)

不倫男の嘘

「別れさせ屋 梟の解説書(不倫男編)」

結論、不倫男は...嘘ばかり

嫁や家庭に不満があるなら正せばいいじゃん

もしくは無理と諦めたなら関係の清算、離婚すりゃいい

だけど、どちらもしないで被害者ヅラして外で女性に甘えてる

いや都合良く寄生してる

これが不倫男の実態と言えるでしょうね

で、中には家族仲良し夫婦ラブラブってなことも実は珍しくない

あの愚痴や不満は一体何だったの!?

その事実を突きつけても、子供の為だとか、セックスレスだから、と平気な顔で言訳する始末

あと、離婚する離婚するっていいながら、実は全く何もしてないってのが一番多い所業

掘り下げて確認すると、嫁から離婚してくれたら離婚するよってな都合の良さ

それを、嫁が離婚してくれない、と説明する不倫男

まあ一言でいえば、嘘をついてるのです

本気で離婚する気があるなら、とりあえず別居しなよって話

家にお金入れて、同じ家で寝起きして、パンツを洗濯してもらって、作ってもらったご飯食べて、、、これじゃ離婚する気が無いとしかいえないっつうの!

離婚って綺麗ごとじゃないからね!!!

親に心配かけたくないとか...

対外的に悪者になりたくないとか...

子供のことが心配とか...

金銭的に不利な離婚はさけたいとか...

全部言い訳だからね

信じて待つ身からするとただの地獄だから

1000歩譲って、待って待って約束が果たされるなら、まだ良い方

都合良く甘えられ、遊ばれ、最後はポイ

これ不倫の大半の終わり方

しかも、信じれないならもういい、待てないなら仕方ない、などと最後の最後まで都合のよい言訳が並ぶのが実情

それが不倫男の実態、別名「嘘つき男の性」ってなもんです、はい

、、、でもね、私は別に浮気するなって言ってるんじゃないよ

遊び方にはルールはあるって話

嘘つくな

嫁の悪口並べて口説くな

母性本能に甘えるな

そういうお話

やりたいだけなら風俗に行けよって話

ムードが高まってそ自然とういう関係になったとしても3回までで止めとけって話

それが遊びのルールってもんです

、、、反論のある不倫男さんいたらメールくださいな、匿名可(笑)

以上、別れさせ屋 梟の解説(不倫男編)でした

チャンチャン♪


梟 拝

別れさせ屋 梟の本音

一旦止まれ

別れさせ屋の梟です

今日みなさんにお伝えしたいのは、別れさせ屋の工作は必ず成功するものではありません、という現実

色んな会社のホームページで、成功が簡単に掴めるかのように書かれていますが、そういう事実はありません

別れさせ屋へ依頼となる工作内容が簡単なはずがないのです

もちろんそれは私や私のチームが請け負っても同じです

私は長くこの業界にいますが、簡単であった仕事など一度もありませんでした

最前線で活動してる私が言うんだから間違いありません

これは本当の話です

これが現実なのです

プロのマニュアル!?

極秘のプログラム!?

特殊な工作員!?

残念ながら、そんなものはこの世に存在しません(笑)

期待される気持ちは理解できますが、それは小説や漫画や映画の世界でのお話ですよ

非現実的です

本当の工作現場はもっと地味です、地道です

何故、こんな話をするかというと、、、、

事実と異な説明や表記を鵜呑みにし、依頼したことを後悔してる方が大変多いからです

甘く考えていた

信じてしまった

不安を煽られた

藁をも掴む思いだった

変だと思ったけど...

結論的に、後悔するお金は使わないことです

現金があれば旅行で気分転換も出来ますよ

好きな洋服も買えますよ

5年も10年もローン組まされて結果は失敗、地獄ですよ

しかも失敗するべく失敗

成功を目指していない失敗

それが甘い言葉の罠です

依頼するなら、よ~く考えましょう、よ~く考えてください

その説明大丈夫?

回数無制限の工作ってありえるの?

変なローンを勧められてませんか?

お金は大切です、大切に使いましょう、有意義に使いましょう

現実は甘くないですよ

以上、別れさせ屋 梟の本音でした

チャンチャン♪


梟 拝

事実無根!の続報

ネットでの誹謗中傷

事実無根「梟にお金を騙し取られた」の件、、、の犯人判明!

①私が以前に相談および依頼を断った人

②サイトAに事実無根の書き込みをした人

③新規の相談を装いサイトAの書き込みを教えてくれた人

これら三者のIPアドレスが一致しました、三者が同一人物という事の判明です!

すなわち犯人は神奈川県在住・Kと名乗っていた40代女性相談者ということです

私とKの関係はメールでの相談のみ、面談にすら至っていません、もちろん金銭の授受は1円もありません

自己中かつ思考がズレてるので相談の中止、依頼はお請けできない旨を伝えて終了した相手がKです

しかしながら、アンタさぁ娘さんもいるのに何してるの!?

これは悪質な犯罪だよ

上手く誤魔化したつもりでも、これは逃げれないよ

IPアドレス・電話番号・メールアドレス、どれからでも個人情報の開示請求可能な条件が揃ったのです

そんな人間だと見破ったから、私はアンタの依頼を断ったんだよ、連絡も断ったの

少しは反省するかと思えば、、、逆恨みですか!?

私としてはやはり断って大正解でしたねって結論なんですよ

こんな人間と関わっては他の依頼者さんに迷惑が掛かるってことが一番の懸念だったのです

結局、心が歪んでるのです、愛でなく自己満足、ズルくて卑怯、自分は常に正しいと勘違い、だから平気でこんなことが出来る、愛される筈もなく、略奪出来る筈もなく、それで八つ当たりかよ!?

えっ、アンタのその後の経過や状況?

全く興味ありませんよ、私には関係ありません

まぁだいたいの想像はつきますしね、苦笑

他との関連など調査を進めて後日正式に連絡させて頂きます

依頼するより高い出費になると思うけど全ては自業自得、ご愁傷さまでした

、、、、とまあ、事実無根の件はここまで解明が進みました

しかしながら、ほんと皆さんにはご心配かけて申し訳御座いません

こういう類の者の依頼を断る際には今後更に気をつけます(以前は断った男性に2chに書き込まれて、、、)

挑発、逆恨み、自己中、粘着体質、自作自演、炎上商法、無責任なまとめサイト...etc、困ったものです、まさか昨今のネット問題が我身にふりかかるとはね、、、トホホ

引き続き全容解明を目指しますね、次はサイトB

よし、今日も頑張ろう!


梟 拝

梟の恋

新聞の記事を見て驚いた

10数年前の依頼者さんの名前がそこにあった

事故で亡くなったと書かれてた

記憶が蘇った

これでもかと重なる不幸と不運の経緯を笑みを交え淡々と語ってくれたのが彼女との出会いだった

彼女の笑顔はとてもチャーミングで透明だった

だけどそれを打ち消す影が時折見えたのはたび重なる苦労がそうさせたのだと一瞥できるものだった

彼女はそこから抜け出したかったんだ

そして抜け出さすべく手を差し伸べてくれた男性がいた

だけどたび重なる男運の悪さから慎重になった彼女は私に男性の調査を依頼した

結果は、、、、、アウト

男は彼女に見せていないとても大きくて黒い別の顔を持っていた

調査が終わっても2~3ヵ月くらい彼女は時々私のところを訪ねて来てくれた

お茶をしながらのたわいのない世間話

ある時、何でこんな奴ばかりあなたに寄ってくるの!?と私は少し彼女を責めるかのように質問をした

それは率直な感情だった

彼女はその質問に何も言わず少し困った顔をして微笑んでいた

月日は流れ、、、その彼女が亡くなった

たった5行の小さな記事だった

何度も何度も読み返してみたがその事実は変わらなかった

月日の流れの中を感情が行ったり来たりした

あれからの10年は幸せだったと信じたい

また切にそう願う

素敵な笑顔はもういない

。。。。。私は彼女の笑顔に恋してたのかもしれないな

合掌


梟 拝
Copyright © 別れさせ屋相談室-別れさせたい略奪愛の道 All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます