新聞の記事を見て驚いた

10数年前の依頼者さんの名前がそこにあった

事故で亡くなったと書かれてた

記憶が蘇った

これでもかと重なる不幸と不運の経緯を笑みを交え淡々と語ってくれたのが彼女との出会いだった

彼女の笑顔はとてもチャーミングで透明だった

だけどそれを打ち消す影が時折見えたのはたび重なる苦労がそうさせたのだと一瞥できるものだった

彼女はそこから抜け出したかったんだ

そして抜け出さすべく手を差し伸べてくれた男性がいた

だけどたび重なる男運の悪さから慎重になった彼女は私に男性の調査を依頼した

結果は、、、、、アウト

男は彼女に見せていないとても大きくて黒い別の顔を持っていた

調査が終わっても2~3ヵ月くらい彼女は時々私のところを訪ねて来てくれた

お茶をしながらのたわいのない世間話

ある時、何でこんな奴ばかりあなたに寄ってくるの!?と私は少し彼女を責めるかのように質問をした

それは率直な感情だった

彼女はその質問に何も言わず少し困った顔をして微笑んでいた

月日は流れ、、、その彼女が亡くなった

たった5行の小さな記事だった

何度も何度も読み返してみたがその事実は変わらなかった

月日の流れの中を感情が行ったり来たりした

あれからの10年は幸せだったと信じたい

また切にそう願う

素敵な笑顔はもういない

。。。。。私は彼女の笑顔に恋してたのかもしれないな

合掌


梟 拝