タグ:恋

  • 2018/06/01恋愛診断と指南|別れさせ屋

    変な言い方だけど、恋は主導権を握った者の勝ち!終わるも続けるも自由自在別れようかな、、、どうしようかな、、、その選択権が自分の手元に有るのと無いのでは大違い立ち去る者はサッサと消えてゆき、とり残される者は茫然と立ち尽くすのみ主導権の行使を裏切りと呼ぶ者もいるだけど恋にルールは無い人生は自分らしく生きた者の勝ちそういう意味では選ばれる側ではなく選ぶ側として生きることが大切だとわかるはず選ぶ側ってこと...

    記事を読む

  • 2018/05/15前を向く話|別れさせ屋からの助言です

    追いかけるのも恋諦めるのも恋待つのも恋だけど執着は恋じゃない恋は淡い思い執着は強い思い込みこの2つは明確に違うもの結論的に執着してる人は自ら平気で嫌われることをやっちゃうよね恋する人は絶対にやんないよだって好きなんだもん、好きでいて欲しいんだもの、わざわざ嫌われる事なんてやりませんだけど執着すなわち思い込みの妄想に振り回されてる人にはその違いすら判断できなくなるみたい小学生の男の子が好きな女の子の...

    記事を読む

  • 2018/01/26恋愛診断と指南|別れさせ屋

    恋愛は大切性別/年齢を問わず人を育ててくれるそれこそちゃんと恋愛していたら泣いて終わったとしても必ず得るものがあるそれが恋愛全然進歩しない!?同じことを繰り返してる!?そりゃちゃんと恋愛していないからだよ恋愛じゃなく恋愛してるつもりだった、、、つうことあなた、もしくは、相手が全力ではなかったんだろうね、そんな推測それじゃ何も得れないよねそれが恋愛ちなみに片思いだって立派な恋愛幸せを運んでくれる糧と...

    記事を読む

  • 2017/12/27失恋と別れさせ工作

    この12月、幾つもの悲しい恋の相談を頂いた街はあんなに賑やかなのに眩しいのに楽しいはずなのに悲しい恋はモノクローム時は重く無駄に流れてく自分だけが取り残されたような錯覚に襲われてるんじゃない?いや錯覚じゃない恋は、現実は、とても残酷なもの傍で見てると切なくて、、、別れさせ屋は万能じゃないんだ、ごめんね来年の今頃は君に素敵な笑顔が戻ってると信じたい梟 拝...

    記事を読む

  • 2017/12/11恋愛診断と指南|別れさせ屋

    別れさせ屋として色んな恋を拝見してる立場から一言、、、悲しいことは悲しいって感じようその感覚が麻痺しちゃうと恋は恋じゃなくなる流れる涙は幸せの大切さを教えてくれるもの流れる涙は無駄じゃないだから泣きながらでも頑張ってるうちは恋って話それならば何時か幸せを掴めるでしょうよっていう1つの結論それはあなたを泣かせた人とかもしれない違う人とかもしれないどちらにせよ幸せに向かう道からは外れていないことだけは...

    記事を読む

  • 2017/08/04別れさせ屋の日記

    新聞の記事を見て驚いた10数年前の依頼者さんの名前がそこにあった事故で亡くなったと書かれてた記憶が蘇ったこれでもかと重なる不幸と不運の経緯を笑みを交え淡々と語ってくれたのが彼女との出会いだった彼女の笑顔はとてもチャーミングで透明だっただけどそれを打ち消す影が時折見えたのはたび重なる苦労がそうさせたのだと一瞥できるものだった彼女はそこから抜け出したかったんだそして抜け出さすべく手を差し伸べてくれた男性...

    記事を読む

恋は主導権を握った者の勝ち by 別れさせ屋談

恋は主導権を握った者の勝ち
変な言い方だけど、恋は主導権を握った者の勝ち!

終わるも続けるも自由自在

別れようかな、、、

どうしようかな、、、

その選択権が自分の手元に有るのと無いのでは大違い

立ち去る者はサッサと消えてゆき、とり残される者は茫然と立ち尽くすのみ

主導権の行使を裏切りと呼ぶ者もいる

だけど恋にルールは無い

人生は自分らしく生きた者の勝ち

そういう意味では選ばれる側ではなく選ぶ側として生きることが大切だとわかるはず

選ぶ側ってことは自分自身が楽したり安堵しちゃダメ

自分の人生に自分で責任を持つってことですからね

主導権を放棄しちゃだめよ、というお話

その自覚を持ちましょう、というお話

そうすれば突然とり残されて泣くはめになる悲惨な人生とはおサラバ出来ます

だ、か、ら、主導権を握ったまま恋しましょう

主導権を握った恋しましょう

、、、あなたがあなたらしくある為に

恋は主導権を握った者の勝つんです!

別れさせ屋の恋指南でした


梟 拝

恋と執着は違うからね、別れさせ屋談

恋か執着か
追いかけるのも恋

諦めるのも恋

待つのも恋

だけど執着は恋じゃない

恋は淡い思い

執着は強い思い込み

この2つは明確に違うもの

結論的に執着してる人は自ら平気で嫌われることをやっちゃうよね

恋する人は絶対にやんないよ

だって好きなんだもん、好きでいて欲しいんだもの、わざわざ嫌われる事なんてやりません

だけど執着すなわち思い込みの妄想に振り回されてる人にはその違いすら判断できなくなるみたい

小学生の男の子が好きな女の子のスカートをめくるのとはわけが違う勘違い

見てて、あーあ残念、ってなくら墓穴を掘る

苦しい辛い悲しいといいながらせっせとせっせと墓穴を掘る

それじゃ復縁や略奪は無理だよ

嫌われてなお繋ぎとめようとする自我、怖いよね執着

気持ちはわかるけどそれじゃ単なる我ままじゃん

恋ってそんなものだっけ?

それは恋じゃないってわかるよね

その強い思い込みを解くには、我慢が必要、時間も必要、あと色々

、、、ここまでの話を理解できる方は第一段階の審査クリアかな

実はクリアできない人も結構いる

稀にクリアした中にアウトな人が紛れ込んでいることもある(これは私の未熟さか)

恋のお手伝いがしたいのです

それが別れさせ屋の最低限のルールだと考えています

綺麗ごと言うな!紙一重じゃんか!だって?

うん確かに!でも大きく違う紙一重!そこを大切にしたいと考えています

成功しても失敗しても幸せに繋がる通過点が工作

でなきゃこんな仕事やってられません

ヨロシクです♪


梟 拝

恋はバランスが大切です

互いに恋愛していますか?
恋愛は大切

性別/年齢を問わず人を育ててくれる

それこそちゃんと恋愛していたら泣いて終わったとしても必ず得るものがある

それが恋愛

全然進歩しない!?

同じことを繰り返してる!?

そりゃちゃんと恋愛していないからだよ

恋愛じゃなく恋愛してるつもりだった、、、つうこと

あなた、もしくは、相手が全力ではなかったんだろうね、そんな推測

それじゃ何も得れないよね

それが恋愛

ちなみに片思いだって立派な恋愛

幸せを運んでくれる糧となる

あなたちゃんと恋愛してますか?

恋愛、、、

特定の異性に特別の愛情を感じて恋い慕うこと。また、男女が互いにそのような感情をもつこと。

この互いにってのが曲者なんだよなぁ

互いに、、、

双方が同じようなことをしあうさま。また、同じような状態にあるさま。

ふ~ん、そっか納得

あなたの恋、バランスとれてますか?

大切な確認です


梟 拝

12月の別れさせ屋

モノクロームな12月
この12月、幾つもの悲しい恋の相談を頂いた

街はあんなに賑やかなのに

眩しいのに

楽しいはずなのに

悲しい恋はモノクローム

時は重く無駄に流れてく

自分だけが取り残されたような錯覚に襲われてるんじゃない?

いや錯覚じゃない

恋は、現実は、とても残酷なもの

傍で見てると切なくて、、、

別れさせ屋は万能じゃないんだ、ごめんね

来年の今頃は君に素敵な笑顔が戻ってると信じたい


梟 拝

別れさせ屋から恋にまつわる提案

恋の提案
別れさせ屋として色んな恋を拝見してる立場から一言、、、

悲しいことは悲しいって感じよう

その感覚が麻痺しちゃうと恋は恋じゃなくなる

流れる涙は幸せの大切さを教えてくれるもの

流れる涙は無駄じゃない

だから泣きながらでも頑張ってるうちは恋って話

それならば何時か幸せを掴めるでしょうよっていう1つの結論

それはあなたを泣かせた人とかもしれない

違う人とかもしれない

どちらにせよ幸せに向かう道からは外れていないことだけは間違いない

あなた恋してますか?

正しく恋してますか?

素敵な恋には涙は必需品

大人の恋だって涙は素敵

大人の恋だからこそ涙は必要

そんなもの

それが恋

素敵な恋をしてください

、、、別れさせ屋からの提案でした


梟 拝

梟の恋

新聞の記事を見て驚いた

10数年前の依頼者さんの名前がそこにあった

事故で亡くなったと書かれてた

記憶が蘇った

これでもかと重なる不幸と不運の経緯を笑みを交え淡々と語ってくれたのが彼女との出会いだった

彼女の笑顔はとてもチャーミングで透明だった

だけどそれを打ち消す影が時折見えたのはたび重なる苦労がそうさせたのだと一瞥できるものだった

彼女はそこから抜け出したかったんだ

そして抜け出さすべく手を差し伸べてくれた男性がいた

だけどたび重なる男運の悪さから慎重になった彼女は私に男性の調査を依頼した

結果は、、、、、アウト

男は彼女に見せていないとても大きくて黒い別の顔を持っていた

調査が終わっても2~3ヵ月くらい彼女は時々私のところを訪ねて来てくれた

お茶をしながらのたわいのない世間話

ある時、何でこんな奴ばかりあなたに寄ってくるの!?と私は少し彼女を責めるかのように質問をした

それは率直な感情だった

彼女はその質問に何も言わず少し困った顔をして微笑んでいた

月日は流れ、、、その彼女が亡くなった

たった5行の小さな記事だった

何度も何度も読み返してみたがその事実は変わらなかった

月日の流れの中を感情が行ったり来たりした

あれからの10年は幸せだったと信じたい

また切にそう願う

素敵な笑顔はもういない

。。。。。私は彼女の笑顔に恋してたのかもしれないな

合掌


梟 拝
Copyright © 別れさせ屋の離婚相談|略奪への道 All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます