タグ:別れさせ工作

  • 2017/09/19別れさせ屋選び|クチコミと成功率の罠

    沢山の別れさせ屋が存在します業者を選ぶ際に料金や費用は目安の一つとなるでしょうしかし料金の比較はとても難しいです何故ならば同じ条件で示されていないからですそれこそ見積もりから算出して1回いくらの計算は成り立ちますが、それでは正しく比べれないのです・工作員人数・サポート人数・活動時間・車両台数・撮影機材・報告形態これらが費用に大きく影響する要素ですまた宣伝広告費、ネットの上位表示費用などの先行投資分...

    記事を読む

  • 2017/07/07離婚と略奪|別れさせたい

    別れる夫婦には別れる理由がありますその演出を行うのが別れさせ工作ということですそんな夫婦を別れさせたい相談の大半は不倫相手の独身女性からその女性によると、私達は愛し合っているけど既婚男性が「子供がいるから別れられない」とか「子供の為に我慢する」と言ってる、是非にも力を貸して欲しいという状況「子供の為に離婚しない」というセリフというか言訳、大変よく耳にします  言訳 [いいわけ]言い訳、言い分け。。。...

    記事を読む

  • 2017/05/02別れさせ屋の日記

    実は現在、私達の活動報告をもとに裁判中となってる事件がある私達はとある別れさせ工作活動中に対象者の交際相手となる者の犯罪の証拠を得たのだその報告を受けた依頼者が警察に相談し事件・逮捕となったもの結果、工作を成功に導く事が出来たお約束の成功報酬も受け取り、めでたしめでたし、と言いたいところなのだが素直に喜べない何故なら犯人が未だ全面否認してるらしいのだ逮捕は全国ニュースであったが、続報はローカルのみ...

    記事を読む

  • 2017/02/10別れさせ屋の日記

    別れさせ工作が成功しても喜べない時があるそりゃそれを目標に頑張った訳だし、その結果が出て嬉しくないはずがないまた成功報酬も頂けるので嬉しいちゃ嬉しいだけど素直に喜べない時がある、いや正確にはあったんだ常日頃、工作で別れる者達の間には、工作を要因としない別れる理由が既に存在してるのだから、工作により別れたとしても罪の意識はさほど感じはしない、と公言してる訳だがその時は違ったちなみに、別れる要因は例え...

    記事を読む

料金・費用のお話

沢山の別れさせ屋が存在します

業者を選ぶ際に料金や費用は目安の一つとなるでしょう

しかし料金の比較はとても難しいです

何故ならば同じ条件で示されていないからです

それこそ見積もりから算出して1回いくらの計算は成り立ちますが、それでは正しく比べれないのです

工作員人数
サポート人数
活動時間
車両台数
撮影機材
報告形態

これらが費用に大きく影響する要素です

また宣伝広告費ネットの上位表示費用などの先行投資分の回収もそこに加算されるものとなります

何よりそこに経験能力という決定的な要素が加味されないと工作は成り立ちません

電化製品のカタログのように一覧できると比べようもありますが別れさせ屋にはそのような指標となるものはありませんので比較は難しいのが現実です

そこで料金の目安として活動内容を察することが出来る方法を1つ紹介しましょう

これは以前にも紹介し好評でしたので是非お試しください

①別れさせ屋部門を営む探偵社に架空の浮気調査の相談を入れる
②旦那(嫁)の浮気調査を依頼したい
③退社後18時から帰宅まで(午前11時から保育園に迎え行く15時まで)の尾行を月曜~金曜までの5日間
④調査員の人数、その他の費用が発生する可能性の確認

これら同じ条件にして数社に電話を入れるかメールで見積もりを求めればデータが揃います

比較してみてください

但し、業者もこのブログを読んでますから、内容や時間帯を変えるなどの工夫は行ってください

あと、電話は非通知、メールは捨てアドを用意して行われるとよいでしょう

ですが、いくら探りとはいえ先方の業務に関わることです、失礼のないように検討ないしお断りの旨を伝えられるとことまでしっかりとお願いするものです

これで各社のベース(基準値)が判明します

それで得られた情報と、本線で相談しておられる別れさせ工作の費用と活動日数を重ねてみれば、その活動の内容が見えてくるという仕組みです

私の経験値や寄せられた情報ですと、同じ会社で浮気調査と別れさせ工作を比較すると別れさせ工作の方が薄っぺらいことが明確に判明しています

またそういった薄っぺらい別れさせ工作で成功結果が出ていないことも明確に判明しているものです

業者選びでお悩みに方は是非お試しになると良いでしょう

必ず何かしらの目安が得られ役立ちますよ!

別れさせ屋の裏話でした


梟 拝

別れる夫婦

別れる夫婦には別れる理由があります

その演出を行うのが別れさせ工作ということです

そんな夫婦を別れさせたい相談の大半は不倫相手の独身女性から

その女性によると、私達は愛し合っているけど既婚男性が「子供がいるから別れられない」とか「子供の為に我慢する」と言ってる、是非にも力を貸して欲しいという状況

「子供の為に離婚しない」というセリフというか言訳、大変よく耳にします

  言訳 [いいわけ]言い訳、言い分け。。。
  自分の言動を正当化するために事情を説明すること。また、その説明。弁解。

正に、正当化であり弁解の言葉(君を愛してるけど子供の為に離婚はしない)

結論的には、この言葉は嘘です

すなわちこの男性からの愛はフェイク、偽物、浮ついた気持ちの一部の感情、1番ではない、ということ

ならば、別れさせることは無理!?となるのだけど、まだそうとは決まっていない

何故ならば、この手の男性の大半は、家庭では良きパパであることは珍しくなく、奥さんに不満を伝え改善しようとした形跡すらない、といった人であることが実に多い

要は、休日など観察してみると、イイ家庭であり、イイ夫婦であることが判明するのです

イイ家庭でイイ夫婦だとチャンスは全く無いじゃん!と一見なりそうですが、実はここにこそ逆転のチャンス※の可能性あり

※チャンスの可能性についてはここでは詳しくは書けません(スミマセン、怪しい業者さんが直ぐに真似して書くのでお許しを)

まあ簡単に言うなら、良きパパもフェイク、偽物、我慢、悪者になりたくはない、ということの表れなので、その辺を最大限に利用するという考え方です(本当に良きパパならば浮気はしません)

別れる理由の演出ですね

それが別れさせるための工作となりうるのでした

不倫しないことが一番ですが、どうしても諦めたくなければ試す価値はあるかもしれません

別れる夫婦には理由があるというお話でした


梟 拝

別れさせの現場で事件です

事件です
実は現在、私達の活動報告をもとに裁判中となってる事件がある

私達はとある別れさせ工作活動中に対象者の交際相手となる者の犯罪の証拠を得たのだ

その報告を受けた依頼者が警察に相談し事件・逮捕となったもの

結果、工作を成功に導く事が出来た

お約束の成功報酬も受け取り、めでたしめでたし、と言いたいところなのだが素直に喜べない

何故なら犯人が未だ全面否認してるらしいのだ

逮捕は全国ニュースであったが、続報はローカルのみの扱いらしく、私は依頼者から連絡を受けてそのことを知った

状況が状況だけに詳しくは書けないのだけど、その否認は対象者を深く傷つけることとなっている

犯人は自身の社会的地位や名誉を守りたいのであろうが、それこそ有罪が確定して服役を終えて出てきても無罪を主張する気なのであろう

そうでもして否定しておかないと地位や名誉はおろか自らの妻や子供も失うのは明らかな犯罪

だから嘘をついて諍っている

結局、1mmも反省はしていないのだ

そしてそれが対象者を深く深く傷つけている

これじゃ対象者が前に進めない

許せないの感情を通り越してる

人間不信なんてもんじゃない

その心情を察するだけでもスレた私の心すら痛い

怒りより悲しみ、そして人の業の深さをあらためて知った気がする、そんな事件

なので公訴された元交際相手には一刻も早くこれ以上争うことなく正直に罪を認め謝罪し深く反省してほしい

それが気がかりで素直に成功を喜べていない、このような状況なのでした

。。。。。このお仕事してると色んな出来事があるのです


梟 拝

相談or質問メールはこちらまで→ reset.soudan@gmail.com

ゲームオーバー

恋愛ゲームの終わり。
別れさせ工作が成功しても喜べない時がある

そりゃそれを目標に頑張った訳だし、その結果が出て嬉しくないはずがない

また成功報酬も頂けるので嬉しいちゃ嬉しい

だけど素直に喜べない時がある、いや正確にはあったんだ

常日頃、工作で別れる者達の間には、工作を要因としない別れる理由が既に存在してるのだから、工作により別れたとしても罪の意識はさほど感じはしない、と公言してる訳だがその時は違った

ちなみに、別れる要因は例えるならば種であって、工作は水や肥料を与えること、その種が芽を出しすくすく育ち開花であり実をつけると別れに至る、そういったい認識

で、その案件にも確かに要因はあった

我々は水を撒き肥料を与えた

少し時間は掛かったのだが結果的に最後は別れた、成功である

だが喜べなかった、というお話

何故喜べなかったか、、、、

それは依頼者さんの嘘というか不誠実が露見したから

私達が騙されてというか、私がそれを見抜けなかったというか、そういうこと

契約書にも明記してるように犯罪には手は貸さない

そんな気配が発覚したら即刻中止

しかしその不誠実は犯罪ではない

依頼者いわく、気が変わっただけ

更にいうなら、他にもっと好きな人が出来ただけ、そう言われた

咎めようがない、咎めたところで何も変わらない、男と女とはそんなもの

工作は誰かを幸せにすると信じてるから頑張れるもの

真剣だと信じるから頑張れるもの

だけど誰も幸せにならない結末をみた

そんなドラマに加担した後味の悪さ

約束だから支払いますけど、、、とばかりに喜ばれていない成功報酬の入金

依頼者にとってはゲームのようなものだったのであろうか、、、

成功しても喜べなかった日の苦い思い出

綺麗事を語れる立場にないのはわかってる

だが喜べなかったんだ、そういうお話


梟 拝

応援&相談 reset.soudan@gmail.com
Copyright © 別れさせ屋の離婚相談|略奪への道 All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます