タグ:別れさせ屋

  • 2018/03/20離婚と略奪|別れさせたい

    略奪したければ俯瞰しよう純粋な思いだけじゃ届かないからこその略奪でしょ?思いが届かないから策略を巡らせる、これが略奪高いところから見下ろすように冷静に全体を正しく把握そうしないと策略なんて絵に書いた餅に終わるだけこれは我々プロの別れさせ屋が関与しても全く同じ渦中のあなたが好き勝手やっていたんじゃ策略なんて及ばないそんな方は我々からするとむしろ迷惑であり邪魔なんで自分でお金払って自分の工作を邪魔する...

    記事を読む

  • 2018/03/19離婚と略奪|別れさせたい

    離婚できない、という相談も相変わらず多いそれらの相談を伺うと、離婚に向けたアクションが足りない、それが私の見解というか答えアクション?伝えること、本気度、具体的な行動、、、こんな感じなぜ足りない?都合の良い保身、決意不足、未練、、、こんなもの離婚したいとか言いながら受け身の姿勢そして決まりごとのように吐き出されるセリフ「別れてくれない」離婚できない、離婚してくれない、これは言訳だっつうの!本気で離...

    記事を読む

  • 2018/03/17別れさせ屋が見たダメな男

    ダメな男、残念な男、ズルい男、卑怯な男こんな男たちは存在するいや沢山いるでもね、こんな男たちを育てたのは実は女性たちあなたの前の彼女が影響したのかも知れない、その前かも知れない、母親かも知れないひょっとしたらあなた自身かも知れないよねダメな男、残念な男、ズルい男、卑怯な男、愛される男を演じた男たち愛すべき男だと見誤った女性たち昔から言ってるけど男に完成品などない完成させるのは女性それこそ伸ばすのも...

    記事を読む

  • 2018/03/16恋愛診断と指南|別れさせ屋

    本気か、遊びか、好きか、嫌いか、楽しいか、楽しくないか、そのような自問自答の巡回が恋愛です好きだから仕方ない、、、と何でも受け入れてちゃ、諦めてちゃ、それは恋愛にあらず支障があればその自問自答には大きな苦痛がともなうでしょうでもその苦痛こそが前進や改善を促す唯一のみなもと間違っても苦痛を避けるために自問自答の巡回を止められませんように、止めたら恋愛はそこで終わります終わった先で進むのは暗い闇の中で...

    記事を読む

  • 2018/03/14別れさせ屋とは!?

    別れさせ工作ってのは別れさせる工作ではないよ別れさせ工作ってのは別れる理由を意識させたり持たせてあげることこれが別れさせ屋の別れさせ工作離婚させるには、離婚を選択する理由が必要ということその理由の用意や表面化させるのが別れさせ屋の別れさせ工作、離婚工作誰もが納得してくれる理由やり直すことを反対される理由我慢できない理由終わるしかなくなる理由どちらかに被害者の立場を与える理由これが考え方が基本浮気だ...

    記事を読む

  • 2018/03/07別れさせ屋選び|悪質業者の実態

    私がこのブログで訴えてることの表面だけ真似した文章を用いた某別れさせ屋のホームページが存在します驚くことに更には相談から提案の方法や文章に至るまでそっくり真似ていますその別れさせ屋が送ったメール(11件)や報告文(6件)を確認しましたが笑うくらい類似していましたあれ?これ俺が書いたの?と間違うようなものもありましたので間違いありません複数の情報提供者から「でしょ!?」とか「同一人物の可能性を疑った」...

    記事を読む

  • 2018/03/06別れさせ屋が見たダメな男

    離婚する離婚するから離婚したいけどずるい男の三段活用嫁とは離婚すると口説いておいて口説いた後では離婚するからもう少し待ってと時間を稼ぐ業を煮やして問い詰めれば離婚したいけど今は無理だと平気で言訳する男不倫男の定番ともいえる所業です実はこれと並ぶ定番がもう1つあって、それは独身だと偽って近づき口説くものです独身だって言われたら、余程のことが無いと信じちゃいますよね!?これも不倫男の定番ともいえる所業...

    記事を読む

  • 2018/03/05前を向く話|別れさせ屋からの助言です

    ずっと昔にも書きましたがDVなどで離婚などをお考えでしたら「日本司法支援センター(通称:法テラス)」を利用されることをお勧めします・別れたいけど別れられない・離婚したいけど応じてくれない・ストーカーのように付きまとわれている・子供が虐待を受けている法テラスは簡単にいうと弱者救済を目的とした法律関連の国家機関です一定の条件を満たせば法律相談が無料で行えますし、紛争に掛かる弁護士費用が分割可能ともなりま...

    記事を読む

  • 2018/03/03別れさせ屋の日記

    お陰様で沢山の相談を頂いていますでも約半数強の方は、現実を分かっていない、と印象しますそれは、、、①自分の立ち位置を理解していない(しようとしない)②別れさせ屋を正しく理解していないこんな感じ自分の立ち位置を理解していないってのは、現実逃避などからくる事実と異なる思い込み、もしくは純粋に相手の嘘に翻弄されてる状態のこと別れさせ屋を正しく理解していないってのは、別れさせで屋の戯言を疑わないどころか魔法...

    記事を読む

  • 2018/03/02別れさせ屋の日記

    20代の風俗嬢に恋をした彼女にはヒモの彼氏がいる彼氏の暴力が怖くて逃げだせない彼女なんとか彼女を救ってあげたい、、、50代男性からそんな相談が別れさせ屋に舞い込んだ何度かのメールのやり取りを経て面談となった一通りの話を聞いて私は核心的に1つの見解を示した彼女は暴力に支配されて風俗勤めを行ってるのではないし、何だかんだ言っても彼氏のことが好きだから貢いでるだけ、、、この見解男性は動揺したでもその動揺を打...

    記事を読む

  • 2018/02/26別れさせ屋の日記

    西日本エリアからの相談が増えてきたしかも南側実はこれ春を前にした毎年の傾向暖かくなることで心が解放を求めてるのだろうそいった意味では昨年後半から依然北日本からの問い合わせは少なめやはり北の春はもう少し先のようだな、、、そういえば数年前、北の大地から依頼があったがお断りしたことがあったな豪雪地帯なのと春までにって条件の中で最初がワンチャンスしかなかったので苦渋の選択として断念したんだけど実行してたら...

    記事を読む

略奪は俯瞰から始まる、別れさせ屋の助言

別れさせ屋の助言
略奪したければ俯瞰しよう

純粋な思いだけじゃ届かないからこその略奪でしょ?

思いが届かないから策略を巡らせる、これが略奪

高いところから見下ろすように冷静に全体を正しく把握

そうしないと策略なんて絵に書いた餅に終わるだけ

これは我々プロの別れさせ屋が関与しても全く同じ

渦中のあなたが好き勝手やっていたんじゃ策略なんて及ばない

そんな方は我々からするとむしろ迷惑であり邪魔

なんで自分でお金払って自分の工作を邪魔するの!?ってな不思議

梟なに言ってるの流石にそんな人は居ないでしょ!?と思うかもしれないけど居る、居た、本当の話

しかも1~2人じゃない、累積すると結構な人数

結局そんな人達は我慢できないんだ、抑えれない嫉妬、受け入れられない現実

そして暴走

これらの共通点は現実逃避

事実から目をそらして歪んだ現実を受け入れてる人に出る傾向

意味わかる?

例えるならば、、、

好きだ~と言ってもらってるから今は1番じゃないけど愛されてると思ってる(現実として受け入れる)

でも客観的に見れば単なるセフレ、大切に扱われてはいない(この事実は受け入れない)

だけど嫌いな相手とはHしないだろうからやっぱり愛されてる、そう信じたい、そう疑わない(現実として受け入れる)

これ↑

事実は絶対的なもの

現実は自己の価値観が含まれるもの

その差が大きい人ほど危険、俯瞰できない

何故ならば事実を現実として受け入れられないからね

1人の時は自分で自分に嘘つけるからあまり摩擦は起きない

だけど私たちが間に入ると事実を晒して現実として受け止めるように行動に制限を与える

すると途端に摩擦でバーン、抑えこんでいた思いが嫉妬がはじける、そして暴走

これじゃ作戦も何もあったもんじゃない略奪なんてできません、よね?

なので略奪希望者はまず事実と現実の差を少なく正しく自分の立ち位置を理解するよう努めてください

そうしたら俯瞰できる

俯瞰しないと全体をコントロールできない仕組みが理解できる

抑えこむ感情、有効的な言動、輝ける距離感

これが略奪への道

私たちが意中の人の首根っこを押さえて連れてくることが略奪ではないので、その辺はくれぐれもお間違いのないようにお願い致します


梟 拝

離婚という名のトンネルを別れさせ屋が語る

離婚のトンネル
離婚できない、という相談も相変わらず多い

それらの相談を伺うと、離婚に向けたアクションが足りない、それが私の見解というか答え

アクション?

伝えること、本気度、具体的な行動、、、こんな感じ

なぜ足りない?

都合の良い保身、決意不足、未練、、、こんなもの

離婚したいとか言いながら受け身の姿勢

そして決まりごとのように吐き出されるセリフ「別れてくれない」

離婚できない、離婚してくれない、これは言訳だっつうの!

本気で離婚しようとしていないじゃん!これが答え

じゃあどうしたらいいの??

家を出なさい!!

これが本気の第一歩、覚悟の第一歩となるのです

その覚悟すら無いなら離婚したいとか離婚するとは口にしないことだね

子供が駄々をこねてるのと同じレベル、思考が浅い

それが離婚、結婚の責任

ちなみにこれは一応自身の離婚で悩んでる人に向けた言葉だけど、不倫で離婚するするっていいながら一向に離婚しない人にもいえること

離婚するする詐欺・詐称

夫婦関係破綻している詐欺・詐称

なのでそんな不倫相手に振り回されている人は目を覚ませ~~~!!!

その人、本気で離婚する気がないだけです

結婚も離婚も離婚を信じて待つのも人生一度きり

その選択や時間の使い方には十分にご注意ください

、、、、失った月日は戻りませんよ、涙

人は今を生きるもの

昨日や明日は生きれません

本気で離婚したければ今は離婚のことだけを全力で考えましょう

それがあなたがトンネルから脱出できる唯一の方法です

頑張れ~


梟 拝

別れさせ屋が男について語ります

男は女性が育てる
ダメな男、残念な男、ズルい男、卑怯な男

こんな男たちは存在する

いや沢山いる

でもね、こんな男たちを育てたのは実は女性たち

あなたの前の彼女が影響したのかも知れない、その前かも知れない、母親かも知れない

ひょっとしたらあなた自身かも知れないよね

ダメな男、残念な男、ズルい男、卑怯な男、愛される男を演じた男たち

愛すべき男だと見誤った女性たち

昔から言ってるけど男に完成品などない

完成させるのは女性

それこそ伸ばすのも潰すのも女性次第

結論的に立派な男なんていやしない

立派だって見えるのは、男がその一面しか見せていないから、あなたがその一面しか見ていないから

立派じゃない部分にこそ、その男が姿がある、価値がある

そこを見るように努めて欲しい、そして正しく育ててみて欲しい

きっと、ダメな男、残念な男、ズルい男、卑怯な男、は減るだろう

もちろん完成を目指そうにも手に負えない輩と巡り合うことだってあるだろう

そんな時は素直に諦めさっさとサヨナラしよう

完成を諦めて飼い慣らそうとするからこそダメな男が育ってゆく図式あり

だから捨てる

捨てたらダメには育たない

捨てたら誰かが拾ってくれて正しく育ててくれるかもしれない

捨てられたら男の目が覚めるかもしれない

そんな可能性

こんな目線で恋の終わりを考えることも大切だろう

で結論的にこれだけは覚えておいて欲しい

①男は女性が思い描いているほど立派な生き物ではない

②ダメな男を育ててるのは実は女性

情けない話だけどよろしくです

別れさせ屋は知っている


梟 拝

別れさせ屋、恋愛の自問自答のススメ

d91dbdf0d0c72185faca41b4ed90cfdb_s.jpg
本気か、遊びか、好きか、嫌いか、楽しいか、楽しくないか、そのような自問自答の巡回が恋愛です

好きだから仕方ない、、、と何でも受け入れてちゃ、諦めてちゃ、それは恋愛にあらず

支障があればその自問自答には大きな苦痛がともなうでしょう

でもその苦痛こそが前進や改善を促す唯一のみなもと

間違っても苦痛を避けるために自問自答の巡回を止められませんように、止めたら恋愛はそこで終わります

終わった先で進むのは暗い闇の中でうごめくかのような愛慾の道

輝くはずのない愛

輝けるはずのない愛

愛慾の闇

、、、泣けるうちは大丈夫!

自問自答の巡回がきっとあなたを素敵にさせるだろう

別れさせ屋の恋愛学でした♪


梟 拝

別れさせ工作は別れさせる工作ではない

別れる理由
別れさせ工作ってのは別れさせる工作ではないよ

別れさせ工作ってのは別れる理由を意識させたり持たせてあげること

これが別れさせ屋の別れさせ工作

離婚させるには、離婚を選択する理由が必要ということ

その理由の用意や表面化させるのが別れさせ屋の別れさせ工作、離婚工作

誰もが納得してくれる理由

やり直すことを反対される理由

我慢できない理由

終わるしかなくなる理由

どちらかに被害者の立場を与える理由

これが考え方が基本

浮気だって、性癖だって、嫉妬だって、束縛だって、DVだって、虐待だって、借金だって、宗教だって、犯罪だって、嫁姑だって、先の理由に結びつきそうなら何だっていい

あとはそれをどう効果的に使うかの話

それが別れさせ屋の別れさせ工作、離婚工作

要は工作の成功と失敗ってのは、、、

①そうした理由が有るのか無いのか

②理由が無ければ探るか用意できるか

③最後にその理由をどのように使うか

この3つで決まるもの

この視野で相談を受けないと工作は組立てれやしない

というか成功などイメージできない

これをアレコレと考え巡らせるのが別れさせ屋の仕事なんです

間違っても「まずは奥さんに接触します~」ってな入り口はありえないってこと

同性が近づいて友達になる?

異性が近づいて口説くって?

そんなドラマやAVみたいなシナリオが簡単に成功するわけないじゃん、、、失笑

ほんと表面だけ真似しよぷとするインチキが多くて困る

このブログ見てまた表面だけ真似するんだろうな、私たちが離婚を決意する理由を用意する、なんてね爆笑

で、私とすれば依頼を悩む人が10人読んで1人が信じてくれればいい

そんな記事を書いています

もう一度言うね、別れさせ工作ってのは別れさせる工作ではないよ

別れさせ工作ってのは別れる理由を意識させたり持たせてあげること

そうじゃなきゃ別れない、離婚しない

私たちはそこを目指してる別れさせ屋です


梟 拝

別れさせ屋の真似をする偽物の別れさせ屋のお話(某探偵編)

表面だけ真似する別れさせ屋
私がこのブログで訴えてることの表面だけ真似した文章を用いた某別れさせ屋のホームページが存在します

驚くことに更には相談から提案の方法や文章に至るまでそっくり真似ています

その別れさせ屋が送ったメール(11件)や報告文(6件)を確認しましたが笑うくらい類似していました

あれ?これ俺が書いたの?と間違うようなものもありましたので間違いありません

複数の情報提供者から「でしょ!?」とか「同一人物の可能性を疑った」「関係者では!?」と言われた次元です

※但し中身は全く違います(成功する筈のない提案、デタラメな活動プラン、誤魔化しだらけの報告文、担当者によってはスマホ画質以下の画像、そんなインチキ)

ちなみにこのように類似させる背景は、探偵業界の悪しき風習でもある丸パクリの法則や偽装相談を行って私から得た情報を使ってるのでしょう

なのでそろそろ放置できない状況なので一歩踏み込んで言及しておきます

全く関係ありません

ズル賢く立ち回っているつもりかもしれないけど勘弁してよ、○○○探偵さん

中でも担当者Fを名乗る者の報告は相当酷いよ

真似もいいけどちゃんと頑張れよな

つうか、心痛まないの?

馬鹿の1つ覚えのように繰り返す「奥さんに工作員を近づけます」の提案、、、そして築く失敗の山

成功させるつもりのない工作は人の悩みに乗じた単なる金儲け、という種明かし

そりゃアンタのところだけじゃないよな

そのほとんどが似たり寄ったりだってのも知ってる(書いている)

でも俺に寄せて来てる以上は俺も書かなくちゃなんない

だから悪く思わないでね、探偵さん!

、、、梟の相談やブログと、あれ似ているな!?と感じたらお気を付けください

それは表面だけの猿真似です

昨年の夏以降、被害報告が後を絶ちません

困ったもんです、涙


梟 拝

別れさせ屋が語る、離婚するする男と独身偽装男の本音

離婚する、独身だ、と嘘をつく
離婚する

離婚するから

離婚したいけど

ずるい男の三段活用

嫁とは離婚すると口説いておいて

口説いた後では離婚するからもう少し待ってと時間を稼ぐ

業を煮やして問い詰めれば離婚したいけど今は無理だと平気で言訳する男

不倫男の定番ともいえる所業です

実はこれと並ぶ定番がもう1つあって、それは独身だと偽って近づき口説くものです

独身だって言われたら、余程のことが無いと信じちゃいますよね!?

これも不倫男の定番ともいえる所業です

でね、これらをよーく考察してみると、離婚するする男ってのは甘えん坊型が多い※1

反対に独身偽装男は計画的犯行型が多い※2

※1、2、梟不倫男研究学会調べ

極論的に、前者は女性への依存、後者は女性への蔑視、この傾向が見てとれる傾向にあります

それこそ修羅場では、前者は行き当たりばったりで甘えて打破しようとするのです

甘え逆切れ何でもありの駄々っ子作戦

しかし女性はこの手の男に弱かったりする傾向大、お気を付け下さい

逆に後者は巧みにコントロールすることで回避しようとするものです

コントロールする自信があるといっても良いかもしれません

でも制御不能になると最後は居直りますから、ほんと馬鹿にしていますよね

更に紐解くとどちらも都合良く遊びたい人種であることは同じなのですが、前者は現実逃避するように遊び(境界線は曖昧)、後者は現実の中に遊び場所を作る遊び方(明確な境界線あり)

煮詰めて行くとこのようにそれぞれ性質が違うことが浮き彫りになるのでした

こうした観察や考察を積み重ね別れさせ工作を考え行うのが別れさせ屋のお仕事です

不倫男にもこのような種類があるように、嫁にもまた種類とその傾向があるのです

そして更に環境など様々な要素が加味され成否を左右します

これが別れさせ工作の難しさでありポイントとなる部分なのでした

雛型にはめ込むような簡単に色分けなどできるものではありませんよね!?

、、、とここまで語れば別れさせ工作を心理戦と表現してる意味を多少でもご理解いただけたかと思います

以上、ダメ男にハマってしまった方の参考になればと思います


梟 拝

DVは別れさせ屋より法テラス(日本司法支援センター)に相談

DVは別れさせ屋より法テラスに相談
ずっと昔にも書きましたがDVなどで離婚などをお考えでしたら「日本司法支援センター(通称:法テラス)」を利用されることをお勧めします

・別れたいけど別れられない

・離婚したいけど応じてくれない

・ストーカーのように付きまとわれている

・子供が虐待を受けている

法テラスは簡単にいうと弱者救済を目的とした法律関連の国家機関です

一定の条件を満たせば法律相談が無料で行えますし、紛争に掛かる弁護士費用が分割可能ともなります

こういった費用のハードルが下がるだけで諦めていた解決への道が開かれますよね

また避難や再出発用のシェルター(秘密の住処)の相談もできるので安心です

但し、当然のごとく書類などの審査があるので、そういったことを1つ1つクリアするべく、資料の準備や整理などが必要となります

以前、別れたいけどお金がない、どうしたらいい?と相談を受けたので、こちらの機関を紹介しましたが、その方は途中で断念されました

何故断念したの?と問うと、、、

書類がアレコレいるといわれ面倒臭くなった

紹介された弁護士が親身で無いと感じた

、、、というものでした

私から言わせると甘え過ぎです

DVだ何だと騒ぎ助けを求めながら、書類集めが面倒だ、ってのは甘え以外の何ものでもありません

機関に紹介された弁護士が親身で無い、というなら他の弁護士さんを探すことだって可能だったわけですしね

いくら心が弱ってるとしても、面倒臭いって言った時点で自らが解決の策を放棄した訳ですから、私ではどうにもなりません

頑張ろうとしない人の相談は単なる愚痴、それを繰り返し聞かされる苦痛は皆さんもご存じのとおりですね、、、涙

なのでほどなくしてその方との相談は打ち切らせて頂いたのでした(警察に相談してくださ~いってな感じ)

中にはこのような方もおられますが、無事解決された方ははるかに多くおられますので心強い味方としています

私はご予算とそれで行える工作で得られる効果を検証し、別れさせ屋の別れさせ工作よりもそういった機関で法律を利用されるほうが離婚や決別に向けて有益だと考えれば、その選択を提案するものです

DV・虐待・ストーカーにおいて日本司法支援センター(通称:法テラス)は心強い味方となるでしょう

別れさせ屋の私が言うんだから間違いありませんね

特にDVであれば法テラスは下手な別れさせ屋に依頼するより100倍いや1000倍有益です

そう覚えておいて損はありません

あなたは自由になれる!

ご静聴有難うございました~♪


梟 拝


詳しくは ⇒ 法テラスのホームページ

別れさせ屋のホームページで洗脳される方が増えています

別れさせ屋を正しく理解しよう
お陰様で沢山の相談を頂いています

でも約半数強の方は、現実を分かっていない、と印象します

それは、、、

①自分の立ち位置を理解していない(しようとしない)

②別れさせ屋を正しく理解していない

こんな感じ

自分の立ち位置を理解していないってのは、現実逃避などからくる事実と異なる思い込み、もしくは純粋に相手の嘘に翻弄されてる状態のこと

別れさせ屋を正しく理解していないってのは、別れさせで屋の戯言を疑わないどころか魔法のような工作が存在するとすら思ってる状態のこと

前者は相談を重ねるうちに修正は可能

正しく理解してもらって工作に協力して頂くのが狙いです

しかし後者の修正というか正しく理解してもらうことは大変難しい

そういった方は沢山の別れさせ屋のホームページやブログに無責任に書かれた「成功」の文字でいわゆる洗脳に近い状態にあるので、私が現実を説明すればするほど「なんだ梟は工作に自信が無いだけだろ」程度にしか受け止めないのです

こんなおかしな話はありませんよね

嘘や誤魔化しの説明は鵜呑みにしておきながら、正しく伝えようとして失格の烙印を押されたんじゃ割に合いません

でも洗脳というか根底から勘違いしてる相談者さんは皆さん概ねそういった傾向にあるものです

結局、苦い薬より、甘い蜜を欲する種類の人なんだ~という認識で整理させて頂いているのでした

だから正しく理解できていない方だな~と感じたら、あと数社他に相談してみてはどうですか?と提案するようにしています

だって疲れるんですもん、苦笑

何より甘いのものばかり食べてたらちょっとはアレ?と思うかもしれないでしょ?

逆療法、自己治癒に期待です、笑

こうしてブログを書いていたら先ほどもそういった相談が届きました

200文字程度の簡単な説明が書かれて、この状況からどんな方法がありますか?と質問されましたよ(他の業者さんと方法を比較するらしい)

その程度の情報で工作が提案できるはずもなく、内容が甘甘だったので先のようにお断りしました

それでも何かと食い下がられながら、何に気をつけて相談を行えばよいか?業界の本質を見抜くポイントは?と質問されたので、まずは自分自身の甘さ(甘え)を反省されることです、と書きました

そして、、、、

結論的にいうならば、あなたの思ってるような工作は存在しません(そんな別れさせ屋は1社たりと存在しません)

何かをすれば成功する工作なんて存在しないのです

成功の為に何をするか、これが工作です

そこに初めて可能性が生まれるのです

そういった目で見て考えて行けば嘘や誤魔化しに惑わされることはありません

そこで初めて現実が見えてくるでしょう


、、、、と告げ終わりにしました

伝わったかどうかは???

でも伝えたからね

このような相談を繰り返している別れさせ屋なのでした

ほんと洗脳には気をつけてくださいね

成功を簡単に語る業者さんばかりだから結果的に勘違いしてしまう落とし穴

別れさせや離婚工作はそんなに甘くはない!

悩むなら、ここがスタート地点です


梟 拝

別れさせ屋に舞い込んだとある人生模様

水商売
20代の風俗嬢に恋をした

彼女にはヒモの彼氏がいる

彼氏の暴力が怖くて逃げだせない彼女

なんとか彼女を救ってあげたい、、、50代男性からそんな相談が別れさせ屋に舞い込んだ

何度かのメールのやり取りを経て面談となった

一通りの話を聞いて私は核心的に1つの見解を示した

彼女は暴力に支配されて風俗勤めを行ってるのではないし、何だかんだ言っても彼氏のことが好きだから貢いでるだけ、、、この見解

男性は動揺した

でもその動揺を打ち消すかのように「彼女が嘘を言ってるようには思えない、私のことを好きだと言ってくれている、別れたら私と一緒に暮らしてもいいと言ってくれてる」と私に訴えるように語った

ならば聞こう、お金を支払わずに彼女に会ったことは1度でもある?と私

あ、ありません、と男性

そんな関係が何年続いてるの?

数年以上そんな関係です、と男性

私は諭すように言った、、、20代の女の子が俺らおっさんに本気で恋するわけないじゃん、仮に本気の一面があるとしたらお金の発生しないところで会ってるって、何より彼のところからとっくに逃げてるって

すると男性、だからそれだけ彼氏の暴力が怖いのですよ、と力説

何年も1週間も空けることなく会ってるんだったら彼女の顔や体にアザがあったことはあるの?

全くありません

じゃあ俺らが別れさせ工作を行ってる最中に仮にラブラブの姿が確認出来たらどうする?どう思う?と私

実はそんな姿を1度見ています、その時はとても動揺して彼女を問い詰めました、と男性

彼女は何て言ったの?

仕方ないじゃん、って言いました

その仕方がないってのは暴力が怖いからラブラブを装うことも仕方ないってこと?

、、、、、、、沈黙する男性

ほら、そこに答えが出てるじゃん、自分で自分に嘘ついてるから話がややこしくなってるだけ、彼女にとってはあなたは上得意の客ってことだよ、本当は自分でもわかってるんでしょ

えーっ、、、、、、、更に沈黙する男性

少しは目を醒まそうよ

、、、、、、、沈黙する男性

俺は工作をしないと言ってるんじゃないよ、その可能性があるけど大金を使うのか?と聞いてるの

彼女のこと諦めないといけませんか?と男性

諦めろとは言わないけどそんな存在であっても関係を維持したいなら工作など行わずに今のままでもいいんじゃない?と私

今のままは嫌です、と男性

嫌だと言っても向こうにその気があるようには感じないよ、別れさせてもあなたのものになるとは限らないってこと、と私

だったら何であんなこと言うんですか、上客だから来てっていえばイイじゃないですか!と涙目の男性

それが水商売、ピシャリと私

商売だって言ってくれればイイじゃないですか、としつこく食い下がる男性

あなたが少年で相手に騙されたってのなら同情するよ、でも親子以上に歳の離れた娘にあしらわれて、それでキレるのはおかしいよ!と私

、、、、、、、沈黙する男性

あなた俺のブログを沢山読んだって言ったよね?

はい

じゃあ男がヤリたいから愛してると嘘をつくって記事は読んだよね?

はい

どう思った?

その通りだと思いました

じゃあ水商売だって同じようなもんだろ?

あっという表情を浮かべ沈黙する男性

沈黙を経て私は聞いた、ねえ工作どうします?

男性は沈黙したままだった

男性の頭の中で満開だったお花畑が萎れてゆくのが見てとれた

こうした気付きを促すことも相談頂いた別れさせ屋の役割だと強く実感した相談でした

えっ折角の依頼を断るなんて馬鹿みたい?

うん確かにね

でもあのままだとストーカーのようになることを危惧したのでこれで良かったと思っています

でも疲れた、、、苦笑


梟 拝

別れさせ屋、神社で手を合わせる

神社で手を合わせる
西日本エリアからの相談が増えてきた

しかも南側

実はこれ春を前にした毎年の傾向

暖かくなることで心が解放を求めてるのだろう

そいった意味では昨年後半から依然北日本からの問い合わせは少なめ

やはり北の春はもう少し先のようだな

、、、そういえば数年前、北の大地から依頼があったがお断りしたことがあったな

豪雪地帯なのと春までにって条件の中で最初がワンチャンスしかなかったので苦渋の選択として断念したんだけど実行してたらどうなっていただろう

結果的に当日の天候は大丈夫だった(前日吹雪)、予定通り接触できたかな、成功に導けたかな、そんな空想

でも万が一天候がダメだとどうにもなんなかった

天候が悪いので何も出来ません、出れません、それでも費用は発生する

ギリギリまで見た天気予報では△だった、それで決断した

間違っていないよな俺、、、

でも彼女がどんな思いでその春を迎えたのか考えると今も胸がちょっと痛い

数年経った今年の春が彼女にとって良いものだといいのにな

そんな思い出を振り返ってしまったので帰り道の神社ですこし手を合わせてみよう

最後は神頼み

変な別れさせ屋だと思う


梟 拝
Copyright © 別れさせ屋の離婚相談|略奪への道 All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます