下衆の勘ぐりNG
私は、斜めから物事を見る人が苦手です

先日、以前の依頼者さんからのご紹介で離婚相談に訪れた女性など正にそのパターン

お話を伺って状況を把握させて頂いた上で、私は静観を提案しました

調査はまだ不要、先に動くと損、このまま暫く泳がせましょう、などそれぞれの理由を1つ1つ説明させて頂いたのです

と同時に、彼女の言葉の端々に表れる邪推にもサクッと釘を刺しました

お気持ちはわかるけどそういう思い込みは危険ですよ、その考え方は解決の邪魔をしますよ、少し冷静になりましょう...とね

「どーせ〇〇〇なんです」

「□□□だから絶対そうに決まってます」

「目つきが馬鹿にしてた」

「多分~~~だから許さない」

「△△△してるから間違いない」

「否定しないから認めたのと同じでしょう」

「*****と言ったと伝え聞いたので証拠になる」

「私は勘がイイので全部わかるんです」

「みんな私の味方です」

などなど、こんな愚痴や不満を織り交ぜた邪推のオンパレードです

つうか、そもそも証拠があると言い張るなら私への相談は不要では???ってな話でもあったんですよね(苦笑)

まぁ何とか納得してその日は帰られました

しかし翌日には「あーだのこーだの」「やっぱりXXXだ」「許さない」、静観の話は一体どこへやら...一挙手一投足に不満タラタラのメールが入り始めました(不安は理解しますが酷かったです)

それでもご紹介いただいた方なので数日は根気よく対応させて頂きました、はい

しかし彼女の愚痴や愚行は収まらず、結局は泳がせるどころか日に日に大暴走、賢く進めるどころか体当たりで自爆の連続です

こうなったらもう私の手には負えないので、ご自身の考えが固まってるようなので弁護士に相談に行かれてはどうでしょう?と私は提案を切り替えました

そして彼女は知人を介して弁護士に相談に。。。

で、そこから戻って速攻でメールが入りました

弁護士がまともにとりあってくれなかった...と不満と文句タラタラです

そりゃあんな愚痴や斜めからの思考を延々と述べられたら弁護士さんもどうにもならないよね(心の叫び)

しかし彼女としては、お金にならない案件だから弁護士に相手にされなかった、そういう被害者的な感想

終いには、ちゃんとした弁護士を紹介して!言う通りにしてるのに解決しない!と私に嚙みついてくる始末

流石に私も我慢の限界、、、あのね、あなたのそういう考え方や態度が、夫婦の問題をひき起こし、また話を複雑にして正しく解決できないんだよ...と伝えたのです

するとピタッと連絡は途絶えました(怒った?が半分、心に届いた?の期待が半分)

そして約1か月が過ぎたころ、彼女を紹介してくれた方から連絡が入りました

紹介者曰く、、、

紹介された探偵は依頼しなかった不満から文句や嫌味ばかりを言う、と周囲に吹聴してるというものでした

しかし、その方は私がそうい卑しい人間でないことはよく知ってる方なので、とんでもない人を紹介してしまった...とお詫びの電話でした

紹介者さんには何の責任もないので、私は紹介いただいたお礼とお役に立てなかったお詫びを伝え、今後はその方からの相談は断ることの承諾を得て電話を切りました

フゥ~~~~~(ため息)

面倒臭ぇぇぇぇぇぇぇ奴

(ゆっくり大きく深呼吸3回)、、、、ハッキリ言います

ほんと斜めから物事を見る人が苦手です、いや嫌いです、いやいや大っ嫌い!!!

助言を求めるなら、人の話は聞きなさい!って話

解決したいなら、謙虚さを持ちなさい!って話

何より、嘘つくな!名誉棄損だって話

私にはそういう人の相手するのは無理!

腹を割って話す私とは考え方が全く合いません

そんな人がどうなろうと知ったこっちゃありません(間違ってないよね?)

そういうのを下衆の勘ぐりっていうのですよね、怒

そういう方は私では力になれることはありませ~ん

よってこちらには相談しないでくださ~い

気分悪いで~す

あ~スッキリ!!!

今日は何だかんだで愚痴を吐かせて頂きました(ゴメンナサイ、苦笑)

よし!明日から頑張ろう♪

、、、、と切り替えた矢先に例の方から連絡あり

素行調査を依頼します、いくら払えばいいですか!?と唐突にメールが入りました

私は、この状況では調査はおろか撮影は難しいです、と返信しました

相手の警戒で時間や料金がかさめばまた何を言われるか分かりませんからね、関わりたくないのが本音

もちろん、返信はありません

あ~助かった(苦笑)

ちなみに皆さんにもお願いしておきます

こちらのチームは下衆の勘ぐりさんは探偵仕事に限らず別れさせ屋でも一切受任はいたしません

該当者さんは何卒ご了承くださいませ

ご清聴有難う御座いました

ではでは


梟 拝