主役は自分

アナタも君も、それこそ私だって、それぞれの人生おいては必ず主役

その主役をきちんと演じれてれば、それなりに輝きはついてくる

逆に振り回されて脇役ばかり演じてたり、適当に主役をやってる程度だと、輝きは半減、いや皆無

半減!?皆無!?そりゃ相手も冷めるし恋も終わる、...ってな展開も仕方ないものとなるんだな、あ~残念

この意味わかる?

対等でない恋愛、倦怠期を迎えた恋愛、どちらにもこの話は当てはまる

以前にも言ったけど、始まる恋には理由はなくて終わる恋には理由はある...はまさにこれなんだよね

だから悩んでる人は主役に返り咲けるよう頑張ってみよう、輝く主役にね

別れさせ工作の相談においては、こうした輝く為に頑張っていない人や正しく頑張れていない人が結構多い

それこそ主役であることを見失ってる人が多いんだ

だから今回のお話となりました

主役は自分ですよ

アナタも君も主役です

本来の自分を見失っていませんか?

主役として輝いてますか?

ちゃんと輝こうと努力していますか?

それが大切というお話です

ねぇ、アナタの舞台の主役は誰になっていますか?

別れさせ屋からの確認でした


梟 拝